Cisco MDS 9000 ファミリー コンフィギュレーション ガイド Release 2.x
ファイバ チャネル ルーティング サー ビスおよびプロトコルの設定
ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの設定
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの設定

FSPFの機能

FSPFの例

フォールトトレラント ファブリック

冗長リンク

ポート チャネルおよびFSPFリンクのフェールオーバー シナリオ

FSPFのグローバル設定

グローバルなFSPFの設定

FSPF設定の削除

FSPFルーティング プロトコルの使用

LSRのデフォルト

FSPFのインターフェイスでの設定

FSPFのリンク コスト

helloタイム インターバル

デッド タイム インターバル

インターフェイス単位でのFSPFのディセーブル化

再送信インターバル

ファイバ チャネル ルートの設定

FSPFカウンタのクリア

ブロードキャストおよびマルチキャスト ルーティング

順序どおりの配信

ネットワーク フレームの順序変更

ポート チャネル フレームの順序変更

順序どおりの配信のイネーブル化

IODのグローバルなイネーブル化

VSANでのIODのイネーブル化

IODステータスの表示

廃棄遅延時間の設定

遅延情報の表示

フロー統計情報の設定

フロー統計情報の設定

フロー統計情報の設定

FIB統計情報のクリア

フロー統計情報の表示

ルーティングおよび転送情報の表示

グローバルFSPF情報の表示

FSPFデータベースの表示

FSPFインターフェイスの表示

デフォルト設定値

ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの設定

Fabric Shortest Path First(FSPF)は、ファイバ チャネル ファブリックで使用される標準パス選択プロトコルです。FSPF機能は、すべてのファイバ チャネル スイッチでデフォルトでイネーブルです。特殊な考慮事項を必要とする設定を除き、FSPFサービスを設定する必要はありません。FSPFはファブリック内の任意の2つのスイッチ間の最適パスを自動的に計算します。FSPFは、特に次の場合に使用します。

任意の2つのスイッチ間に最短の、最もすばやく通過可能なパスを確立して、ファブリック全体で動的にルートを計算する場合

特定のパスに障害が発生したときに代替パスを選択する場合。FSPFは複数のパスをサポートし、障害リンクを迂回する代替パスを自動的に計算します。同等な2つのパスが使用可能な場合は、推奨ルートが提供されます。

この章では、ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの詳細について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「FSPFの機能」

「FSPFの例」

「FSPFのグローバル設定」

「FSPFのインターフェイスでの設定」

「ファイバ チャネル ルートの設定」

「FSPFカウンタのクリア」

「ブロードキャストおよびマルチキャスト ルーティング」

「ブロードキャストおよびマルチキャスト ルーティング」

「順序どおりの配信」

「フロー統計情報の設定」

「ルーティングおよび転送情報の表示」

「デフォルト設定値」

FSPFの機能

FSPFは、ファイバ チャネル ネットワーク内でのルーティング用として、T11委員会によって現在標準化されているプロトコルです。FSPFプロトコルには、次の特性および機能があります。

複数パスのルーティングをサポートします。

パス ステータスはリンク ステート プロトコルによって決まります。

ドメインIDにのみ基づいて、ホップ単位ルーティングを行います。

EポートまたはTEポートでのみ稼働し、ループのないトポロジーを形成します。

VSAN単位で稼働します。ファブリック内の各VSANでは、このVSANに設定されたスイッチとの接続のみが保証されます。

トポロジー データベースを使用して、ファブリック内のすべてのスイッチのリンク ステートを追跡し、各リンクにコストを対応づけます。

トポロジーが変更された場合、高速な再コンバージェンス タイムを保証します。標準ダイクストラ アルゴリズムを使用します。ただし、より強固で、効率的な差分ダイクストラ アルゴリズムを静的に、あるいは動的に選択することができます。VSAN単位でルートが計算されるため、再コンバージェンス タイムは高速かつ効率的です。

FSPFの例

ここでは、FSPFの利点を示すトポロジーおよびアプリケーション例について説明します。


) FSPF機能は任意のトポロジーで使用できます。


フォールトトレラント ファブリック

図 24-1に、部分的メッシュ トポロジーを使用するフォールトトレラント ファブリックを示します。ファブリック内のどこでリンク ダウンが発生しても、各スイッチはファブリック内の他のすべてのスイッチと通信できます。同様に、どのスイッチがダウンしても、ファブリックの残りの接続は維持されます。

図 24-1 フォールトトレラント ファブリック

 

たとえば、すべてのリンク速度が等しい場合、FSPFはA~C間の同等な2つのパス(A-D-C [グリーン]とA-E-C[ブルー])を計算します。

冗長リンク

図 24-1のトポロジーをさらに改善するには、任意のスイッチ ペア間の接続をそれぞれ複製します。スイッチ ペア間には複数のリンクを設定することができます。図 24-2に、この配置例を示します。Cisco MDS 9000ファミリー スイッチはポートチャネリングをサポートするため、FSPFプロトコルは物理リンクのペアをそれぞれ単一の論理リンクとして認識できます。

物理リンク ペアをバンドルすることにより、データベース サイズは小さくなり、リンク更新頻度が削減されるため、FSPFの効率が大幅に改善されます。物理リンクが集約されると、障害は単一リンクでなく、ポート チャネル全体に対応づけられます。この設定により、ネットワークの復元力も向上します。ポート チャネル内にリンク障害が発生してもルートが変更されないため、ルーティング ループ、トラフィックの消失、またはルート再設定によるファブリック ダウンタイムが生じるリスクが軽減されます。

図 24-2 冗長リンクを持つフォールトトレラント ファブリック

 

たとえば、すべてのリンク速度が等しく、ポート チャネルが存在しない場合、FSPFはA~C間の4つの同等なパス(A1-E-C、A2-E-C、A3-D-C、およびA4-D-C)を計算します。ポート チャネルが存在する場合は、パスの数は2つに減ります。

ポート チャネルおよびFSPFリンクのフェールオーバー シナリオ

SmartBitsトラフィック ジェネレータを使用して、図 24-3に示すシナリオを評価しました。スイッチ1とスイッチ2間の2つのリンクは、等価コストISL(スイッチ間リンク)またはポート チャネルとして存在します。トラフィック ジェネレータ1からトラフィック ジェネレータ2へのフローが1つ存在します。次に示す2つのシナリオで、1 Gbpsでの利用率100%のトラフィックをテストしました。

ケーブルを物理的に取り外して、トラフィック リンクをディセーブルにします( 表 24-1 を参照)。

スイッチ1またはスイッチ2をシャットダウンします( 表 24-2 を参照)。

図 24-3 トラフィック ジェネレータによるフェールオーバー シナリオ

 

 

表 24-1 ケーブルを物理的に取り外した場合のSmartBitsシナリオ

ポート チャネル シナリオ
FSPFシナリオ(等価コストのISL)
スイッチ1
スイッチ2
スイッチ1
スイッチ2

110 ms(~2 K個のフレーム廃棄)

130 ms+(~4 K個のフレーム廃棄)

100 ms(規格では信号損失が必須と報告された場合のホールド タイム)

 

表 24-2 スイッチをシャットダウンした場合のSmartBitsシナリオ

ポート チャネル シナリオ
FSPFシナリオ(等価コストのISL)
スイッチ1
スイッチ2
スイッチ1
スイッチ2

~0 ms(~8個のフレーム廃棄)

110 ms(~2 K個のフレーム廃棄)

130 ms+(~4 K個のフレーム廃棄)

ホールド タイムは不要

スイッチ1で信号損失

ホールド タイムは不要

スイッチ1で信号損失

FSPFのグローバル設定

デフォルトでは、Cisco MDS 9000ファミリー スイッチのFSPFはイネーブルになっています。

一部のFSPF機能は、VSANごとにグローバルに設定できます。VSAN全体に機能を設定すると、コマンドごとにVSAN番号を指定する必要がなくなります。このグローバル設定機能を使用すると、タイプ ミスや、その他のマイナーな設定エラーの可能性も低減されます。


) FSPFはデフォルトでイネーブルです。通常、これらの高度な機能は設定する必要がありません。



注意 バックボーン リージョンのデフォルトは0(ゼロ)です。この設定を変更する必要があるのは、デフォルト以外のリージョンを使用する場合のみです。バックボーン リージョンを使用して別のベンダー製品と併用する場合は、これらの製品の設定と互換性が保たれるようにこのデフォルトを変更することができます。

グローバルなFSPFの設定

VSAN全体にFSPF機能を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# fspf config vsan 1

指定されたVSANに対してFSPFグローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch-config-(fspf-config)# spf static

ダイナミック(デフォルト)差分VSANに対してスタティックSPF計算を強制実行します。

ステップ 4

switch-config-(fspf-config)# spf hold-time 10

VSAN全体に対して、2つのルート計算間のホールド タイムをミリ秒(ms)単位で設定します。デフォルト値は0です。


) 指定期間が短いほど、ルーティングは高速化されます。ただし、それに応じて、プロセッサ消費量が増大します。


ステップ 5

switch-config-(fspf-config)# region 7

現在のVSANに自律リージョンを設定し、リージョンID(7)を指定します。

FSPF設定の削除

VSAN全体のFSPF設定を削除する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# no fspf config vsan 3

VSAN 3のFSPF設定を削除します。

FSPFルーティング プロトコルの使用

FSPFルーティング プロトコルをイネーブルまたはディセーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# no fspf enable vsan 5

VSAN 5内でFSPFルーティング プロトコルをディセーブルにします。

switch(config)# fspf enable vsan 7

VSAN 7内でFSPFルーティング プロトコルをイネーブルにします。

LSRのデフォルト

ファブリックに新しいスイッチが追加されるたびに、Link State Record(LSR)が近接スイッチに送信されて、ファブリック全体にフラッディングされます。 表 24-3 に、スイッチ応答に関するデフォルト設定を示します。

 

表 24-3 LSRのデフォルト設定

LSRオプション
デフォルト
説明

確認応答インターバル(RxmtInterval)

5秒

再送信するまで、スイッチがLSRからの確認応答を待機する期間

リフレッシュ タイム(LSRefreshTime)

30分

LSRリフレッシュを送信するまで、スイッチが待機する期間

最大エージング(MaxAge)

60分

データベースからLSRを削除するまで、スイッチが待機する期間

FSPFのインターフェイスでの設定

一部のFSPFコマンドは、インターフェイス単位で使用できます。次に示す設定手順は、特定のVSAN内の1つのインターフェイスに適用されます。

FSPFのリンク コスト

FSPFはファブリック内のすべてのスイッチのリンク ステートを追跡し、データベース内の各リンクにコストを対応づけ、コストが最小なパスを選択します。FSPFルート選択を実行する場合は、インターフェイスに対応づけられたコストを管理的に変更することができます。コストを指定する整数値の有効な範囲は、1~65,535秒です。デフォルト コストは、1 Gbpsの場合は1000秒、2 Gbpsの場合は500秒です。

FSPFリンク コストを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface fc1/4

switch(config-if)#

指定されたインターフェイスを設定します。すでに設定されている場合は、指定されたインターフェイスに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# fspf cost 5 vsan 90

VSAN 90内の選択されたインターフェイスにコストを設定します。

helloタイム インターバル

FSPF helloタイム インターバルを設定すると、リンク状態を確認するために送信される定期的なhelloメッセージの間隔を指定することができます。指定できる整数値は1~65,535秒です。


) この値は、ISLの両端のポートで同じでなければなりません。


FSPF helloタイム インターバルを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface fc1/4

switch(config-if)#

指定されたインターフェイスを設定します。すでに設定されている場合は、指定されたインターフェイスに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# fspf hello-interval 15 vsan 175

switch(config-if)#

VSAN 175のリンク状態を確認するために、helloメッセージ インターバル(15秒)を指定します。デフォルトは20秒です。

デッド タイム インターバル

FSPFデッド タイム インターバルを設定すると、helloメッセージを受信しなければならない最大間隔を指定できます。この期間が経過すると、ネイバは消失したとみなされ、データベースから削除されます。指定できる整数値は1~65,535秒です。


) この値は、ISLの両端のポートで同じでなければなりません。



注意 設定されたデッド タイム インターバルがhelloタイム インターバルより小さい場合は、コマンド プロンプトにエラーが報告されます。

FSPFデッド タイム インターバルを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface fc1/4

switch(config-if)#

指定されたインターフェイスを設定します。すでに設定されている場合は、指定されたインターフェイスに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# fspf dead-interval 25 vsan 7

switch(config-if)#

VSAN 7に、選択されたインターフェイスでhelloメッセージを受信しなければならない最大間隔を指定します。この期間が経過すると、ネイバは消失したとみなされます。デフォルトは80秒です。

インターフェイス単位でのFSPFのディセーブル化

選択されたインターフェイスでFSPFプロトコルをディセーブルにすることができます。デフォルトで、FSPFはすべてのEポートおよびTEポートでイネーブルです。このデフォルト設定をディセーブルにするには、インターフェイスをパッシブに設定します。


) プロトコルを機能させるには、インターフェイスの両端でFSPFをイネーブルにする必要があります。


特定のインターフェイスでFSPFをディセーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface fc1/4

switch(config-if)#

指定されたインターフェイスを設定します。すでに設定されている場合は、指定されたインターフェイスに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# fspf passive vsan 1

switch(config-if)#

指定されたVSAN内の特定のインターフェイスに対してFSFPプロトコルをディセーブルにします。

switch(config-if)# no fspf passive vsan 1

switch(config-if)#

指定されたVSAN内の特定のインターフェイスに対してFSFPプロトコルを再度イネーブルにします。

再送信インターバル

インターフェイス上で未確認応答リンク ステート アップデートを送信するまでの期間を指定します。再送信インターバルを指定する整数値の有効範囲は、1~65,535秒です。


) この値は、インターフェイスの両端のスイッチで同じでなければなりません。


FSPF再送信タイム インターバルを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# interface fc1/4

switch(config-if)#

指定されたインターフェイスを設定します。すでに設定されている場合は、指定されたインターフェイスに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

switch(config-if)# fspf retransmit-interval 15 vsan 12

switch(config-if)#

VSAN 12の未確認応答リンク ステート アップデートの再送信タイム インターバルを指定します。デフォルトは5秒です。

ファイバ チャネル ルートの設定

各ポートは、FC IDに基づいてフレームを転送する転送ロジックを実行します。指定されたインターフェイスおよびドメインにFC IDを設定するには、ドメインIDが1のスイッチに、指定されたルート(FC ID 111211やドメインID 3など)を設定します(図 24-4を参照)。

図 24-4 ファイバ チャネルのルート

 


) VSAN外に設定された中断中のスタティック ルートでは、実行時チェックが行われません。


FCルートを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# fcroute 0x111211 interface fc1/1 domain 3 vsan 2

switch(config)#

指定されたファイバ チャネル インターフェイスおよびドメインに対応するルートを設定します。この例では、インターフェイスfc1/1にFC ID(0x111211)、およびネクスト ホップ スイッチに対するドメインID(3)が割り当てられます。

switch(config)# fcroute 0x111211 interface port-channel 1 domain 3 vsan 4

switch(config)#

指定されたポート チャネル インターフェイスおよびドメインに対応するルートを設定します。この例では、インターフェイスport-channel 1にFC ID(0x111211)、およびネクスト ホップ スイッチに対するドメインID(3)が割り当てられます。

switch(config)# fcroute 0x031211 interface fc1/1 domain 3 metric 1 vsan 1

switch(config-if)#

特定のFC IDおよびネクスト ホップ ドメインIDに対応するスタティック ルートを設定し、ルートのコストも割り当てます。

remote宛先オプションを指定しない場合、デフォルトはdirectです。

switch(config)# fcroute 0x111112 interface fc1/1 domain 3 metric 3 remote vsan 3

RIBにスタティック ルートを追加します。このルートがアクティブ ルートであり、FIB1レコードに空きがある場合は、FIBにもこのルートが追加されます。

ルートのコスト(メトリック)を指定しない場合、デフォルトは10です。

ステップ 3

switch(config)# fcroute 0x610000 0xff0000 interface fc 1/1 domain 1 vsan 2

switch(config)#

インターフェイスfc1/1(またはポート チャネル)に指定されたルートのネットマスクを設定します。ff0000(ドメインとのみ一致)、ffff00(ドメインおよびエリアと一致)、およびffffff(ドメイン、エリア、およびポートと一致)の3つのルートのうちのいずれかを指定できます。

1.FIB = Forwarding Information Base(転送情報ベース)

FSPFカウンタのクリア

特定のインターフェイスまたはVSAN全体のFSPF統計カウンタをクリアする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# clear fspf counters vsan 1

switch#

指定されたVSANのFSPF統計情報カウンタをクリアします。インターフェイス参照番号を指定しない場合は、すべてのカウンタがクリアされます。

switch# clear fspf counters vsan 200 interface fc1/1

switch#

VSAN 200内の指定されたインターフェイスのFSPF統計情報カウンタをクリアします。

ブロードキャストおよびマルチキャスト ルーティング

ファイバ チャネル ファブリック内のブロードキャストおよびマルチキャストは、配信ツリーの概念を使用して、ファブリック内のすべてのスイッチに到達します。

FSPFは、配信ツリーを計算するためのトポロジー情報を提供します。ファイバ チャネルはVSANごとに256個のマルチキャスト グループ、および1個のブロードキャスト アドレスを定義します。Cisco MDS 9000ファミリー スイッチは、ブロードキャスト ルーティングのみを使用します。デフォルトでは、これらのスイッチは主要スイッチをルート ノードとして使用して、VSAN内のマルチキャストおよびブロードキャスト ルーティングに対するループのない配信ツリーを実現します。


注意 ファブリック内のすべてのスイッチで同じ配信ツリーを使用するには、同じマルチキャスト/ブロードキャスト配信ツリー アルゴリズムを実行する必要があります。

Cisco SAN-OS Release 2.0(1b)よりも前のリリースでは、SAN-OSソフトウェアは主要スイッチを使用してマルチキャスト ツリーを算出していました。

Cisco SAN-OS Release 2.0(1b)以降で他社製スイッチ(FC-SW3規格準拠)と同時に使用する場合、SAN-OSソフトウェアは最下位ドメインのスイッチをルートとして使用して、interopモードでマルチキャスト ツリーを算出します。

デフォルトでは、 native (non-interop)モードは主要スイッチをルートとして使用します。デフォルト設定を変更する場合は、ファブリック内のすべてのスイッチで同じモードを使用してください。同じモードを使用しないと、マルチキャスト トラフィックでループやフレーム廃棄が発生する可能性があります。


) 動作モードは、設定されたinteropモードと異なっていても構いません。interopモードでは、必ず最下位ドメインのスイッチがルートとして使用されます。


マルチキャストのルートを主要スイッチから最下位ドメイン スイッチに変更するには、 mcast root lowest vsan コマンドを使用します。

マルチキャスト ツリーの計算に最下位ドメイン スイッチを使用する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# mcast root lowest vsan 1

最下位ドメイン スイッチを使用してマルチキャスト ツリーを計算します。

switch(config)# mcast root principal vsan 1

主要スイッチを使用してマルチキャスト ツリーを計算するデフォルト設定に戻します。

マルチキャストの設定モードと動作モード、および選択されたルート ドメインを表示するには、 show mcast コマンドを使用します。

switch# show mcast vsan 1
Multicast root for VSAN 1
Configured root mode : Principal switch
Operational root mode : Principal switch
Root Domain ID : 0xef(239)

順序どおりの配信

データ フレームに関してIn-Order Delivery(IOD;順序どおりの配信)を行うと、送信元が送信した順番で宛先にフレームが配信されることが保証されます。

一部のファイバ チャネル プロトコルまたはアプリケーションでは、順序外のフレーム配信を処理できません。このような場合、Cisco MDS 9000ファミリー スイッチはフレーム フロー内のフレーム順序を保持します。フレームのフローはSID(送信元ID)、DID(宛先ID)、およびオプションのOX ID(送信元Exchange ID)で識別されます。

単一スイッチの場合、特定の入力ポートで受信され、特定の出力ポートに送信されるすべてのフレームは、常に受信された順番で配信されます。


ヒント IOD機能をイネーブルにすると、グレースフル シャットダウン機能は実行されません。


ネットワーク フレームの順序変更

ネットワーク内でルートが変更されると、新規に選択されたパスが元のルートよりも高速になったり、輻輳が軽減されることがあります(図 24-5を参照)。

図 24-5 ルート変更の配信

 

図 24-5では、スイッチ1からスイッチ4への新しいパスの方が高速です。したがって、フレーム3およびフレーム4は、フレーム1およびフレーム2よりも先に配信されることがあります。

順序保証機能がイネーブルの場合、ネットワーク内のフレームは次のように処理されます。

ネットワーク内のフレームは送信された順番で配信されます。

ネットワーク遅延廃棄期間内に順番どおりに配信できないフレームは、ネットワーク内で廃棄されます。

ポート チャネル フレームの順序変更

ポート チャネル内でリンクが変更されると、同じ交換または同じフローに対応するフレームが、より高速なパスに切り替わることがあります(図 24-6を参照)。

図 24-6 リンクが輻輳している場合の配信

 

図 24-6では、元のパス(赤い点線)のポートが輻輳しています。したがって、フレーム3およびフレーム4は、フレーム1およびフレーム2よりも先に配信されることがあります。

順序保証機能がイネーブルの場合、ポート チャネルを通過するフレームは次のように処理されます。

古いパスを使用するフレームが配信されてから、新しいフレームが許可されます。

古いパスを経由するフレームをスイッチ遅延廃棄期間内に順番どおりに配信できない場合は、これらのフレームは廃棄されます。

新しいフレームは、スイッチ遅延廃棄期間が経過した後に、新しいパスを通して配信されます。

順序どおりの配信のイネーブル化

順序どおりの配信は、Cisco MDS 9000ファミリー スイッチでデフォルトでディセーブルです。

Cisco MDS SAN-OS Release 1.3(4)以降では、特定のVSANまたはスイッチ全体に対して順序どおりの配信をイネーブルにできます。


ヒント この機能をイネーブルにするのは、順序に従わないフレームを処理できないデバイスがスイッチに搭載されている場合に限定してください。Cisco MDS 9000ファミリー内のロードバランシングアルゴリズムを使用すると、通常のファブリック処理中に、フレームを順序どおりに配信することができます。送信元FC ID、宛先FC ID、およびXIDに基づくロードバランシングアルゴリズムをハードウェアで実行しても、パフォーマンスは低下しません。ただし、この機能がイネーブルの場合にファブリックに障害が発生すると、ファブリック転送が意図的に中断され、順序に従わずに転送される可能性のあるフレームがファブリックから除去されるため、回復が遅れます。


IODのグローバルなイネーブル化

すべてのVSANでIODパラメータが統一されていることを確認するには、IODをグローバルにイネーブル化したあとに、Cisco MDS SAN-OS Release1.3(3)以前のリリースにダウングレードします。

すべてのVSANでIODパラメータを統一するには、 in-order-guarantee コマンドを使用します。

スイッチで順序どおりの配信をイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# in-order-guarantee

スイッチ内で順序どおりの配信をイネーブルにします。

switch(config)# no in-order-guarantee

スイッチを出荷時の設定に戻し、順序どおりの配信機能をディセーブルにします。

VSANでのIODのイネーブル化

VSANを新しく作成すると、グローバルな順序保証値が自動的に継承されます。

その後、新しいVSANの順序保証を変更するには、 in-order-guarantee vsan コマンドを使用します。グローバルな値およびVSAN単位の値を表示するには、 show in-order-guarantee コマンドを使用します。

特定のVLANで順序どおりの配信をイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# in-order-guarantee vsan 3452

VSAN 3452内で順序どおりの配信をイネーブルにします。

switch(config)# no in-order-guarantee 101

スイッチを出荷時の設定に戻し、順序どおりの配信機能をディセーブルにします。

IODステータスの表示

現在の設定ステータスを表示するには、 show in-order-guarantee コマンドを使用します。

switch# show in-order-guarantee
global inorder delivery configuration:guaranteed
 
VSAN specific settings
vsan 1 inorder delivery:guaranteed
vsan 101 inorder delivery:not guaranteed
vsan 1000 inorder delivery:guaranteed
vsan 1001 inorder delivery:guaranteed
vsan 1682 inorder delivery:guaranteed
vsan 2001 inorder delivery:guaranteed
vsan 2009 inorder delivery:guaranteed
vsan 2456 inorder delivery:guaranteed
vsan 3277 inorder delivery:guaranteed
vsan 3451 inorder delivery:guaranteed
vsan 3452 inorder delivery:guaranteed
vsan 3453 inorder delivery:guaranteed
 

廃棄遅延時間の設定

ネットワーク、ネットワーク内の指定されたVSAN、またはスイッチ全体のデフォルト遅延時間を変更するには、 fcdroplatency network コマンドを使用します。

ネットワークおよびスイッチの廃棄遅延時間を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# fcdroplatency network 5000

ネットワークのネットワーク廃棄遅延時間を5000ミリ秒に設定します。指定できる範囲は0~60,000ミリ秒です。デフォルトは2000ミリ秒です。


) ネットワーク廃棄遅延時間は、ネットワーク内の最長パスのすべてのスイッチ遅延の合計として計算する必要があります。


switch(config)# fcdroplatency network 6000 vsan 3

VSAN 3のネットワーク廃棄遅延時間を6000ミリ秒に設定します。

switch(config)# no fcdroplatency network 4500

現在のfcdroplatecyネットワーク設定(4500)を削除し、出荷時の設定に戻します。

ステップ 3

switch(config)# fcdroplatency switch 4000

スイッチのスイッチ廃棄遅延時間を4000ミリ秒に設定します。指定できる範囲は0~60,000ミリ秒です。デフォルトは500ミリ秒です。


) スイッチ廃棄遅延パラメータは、ネットワーク内のすべてのスイッチで同じに設定する必要があります。


switch(config)# no fcdroplatency switch 4500

現在のfcdroplatecyスイッチ設定(4500)を削除し、出荷時の設定に戻します。

遅延情報の表示

設定された遅延パラメータを表示するには、 show fcdroplatency コマンドを使用します(例24-1を参照)。

例24-1 管理距離の表示

switch# show fcdroplatency
switch latency value:500 milliseconds
global network latency value:2000 milliseconds
 
VSAN specific network latency settings
vsan 1 network latency:5000 milliseconds
vsan 2 network latency:2000 milliseconds
vsan 103 network latency:2000 milliseconds
vsan 460 network latency:500 milliseconds
 

フロー統計情報の設定

フロー統計情報は、集約統計情報テーブル内の入力トラフィックをカウントします。次の2つの種類の統計情報を収集できます。

VSANのトラフィックをカウントする集約フロー統計情報

VSAN内の送信元/宛先IDペアに対応するトラフィックをカウントするフロー統計情報

フロー カウンタがイネーブルの場合は、集約フローおよびフロー統計情報用に最大1K個のエントリを使用できます。新規フローごとに、未使用のフロー インデックスをモジュールに割り当ててください。フロー インデックスは別のモジュールで再使用できます。フロー インデックスの番号スペースは、集約フロー統計情報とフロー統計情報で共有されます。

フロー統計情報の設定

VSANの集約フロー統計情報をカウントする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# fcflow stats aggregated module 1 index 1005 vsan 1

switch(config)#

集約フロー カウンタをイネーブルにします。

switch(config)# no fcflow stats aggregated module 1 index 1005 vsan 1

switch(config)#

集約フロー カウンタをディセーブルにします。

フロー統計情報の設定

VSAN内の送信元および宛先FC IDに対応するフロー統計情報をカウントする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# fcflow stats module 1 index 1 0x145601 0x5601ff ffffff vsan 1

switch(config)#

フロー カウンタをイネーブルにします。


) 送信元IDおよび宛先IDは、16進形式のFC ID(0x123affなど)で指定します。マスクに指定できる範囲は、ff0000~ffffffです。


ステップ 3

switch(config)# no fcflow stats aggregated module 2 index 1001 vsan 2

switch(config)#

フロー カウンタをディセーブルにします。

FIB統計情報のクリア

集約フロー カウンタをクリアするには、 clear fcflow stats コマンドを使用します(例 24-2 および 24-3 を参照)。

例24-2 集約フロー カウンタのクリア

switch# clear fcflow stats aggregated module 2 index 1
 

例24-3 送信元および宛先FC IDに対応するフロー カウンタのクリア

switch# clear fcflow stats module 2 index 1
 

フロー統計情報の表示

フロー統計情報を表示するには、 show fcflow stats コマンドを使用します(例 24-4 24-6 を参照)。

例24-4 指定されたモジュールの集約fcflowの詳細表示

switch# show fcflow stats aggregated module 2

Idx VSAN # frames # bytes

---- ---- -------- -------

0000 4 387,653 674,235,875

0001 6 34,402 2,896,628

 

例24-5 指定されたモジュールのfcflowの詳細表示

switch# show fcflow stats module 2

Idx VSAN D ID S ID mask # frames # bytes

---- ---- ----------- ----------- ----- -------- -------

0000 4 032.001.002 007.081.012 ff.ff.ff 387,653 674,235,875

0001 6 004.002.001 019.002.004 ff.00.00 34,402 2,896,628

 

例24-6 指定されたモジュールで使用されているfcflowインデックスの表示

switch# show fcflow stats usage module 2
2 flows configured
configured flow : 3,7
 

ルーティングおよび転送情報の表示

ファイバ チャネルおよびFSPFの既存の設定に関する具体的な情報を表示することができます(例 24-7 24-15 を参照)。

例24-7 管理距離の表示

switch# show fcroute distance
 
Route
UUID Distance Name
---- -------- ----
10 20 RIB
22 40 FCDOMAIN
39 80 RIB-CONFIG
12 100 FSPF
17 120 FLOGI
21 140 TLPM
14 180 MCAST
64 200 RIB-TEST
 

) コマンド出力にルートの数が表示されている場合、ルート総数には表示されているルートと、非表示ルートが両方とも含まれています。非表示ルートはカウントに含まれますが、表示されません。


例24-8 マルチキャスト ルーティング情報の表示

switch# show fcroute multicast
VSAN FC ID # Interfaces
---- -------- ------------
1 0xffffff 0
2 0xffffff 1
3 0xffffff 1
4 0xffffff 0
5 0xffffff 0
6 0xffffff 0
7 0xffffff 0
8 0xffffff 0
9 0xffffff 0
10 0xffffff 0
 

例24-9 指定されたVSANのFCID情報の表示

switch# show fcroute multicast vsan 3
 
VSAN FC ID # Interfaces
---- -------- ------------
3 0xffffff 1
 

例24-10 指定されたVSANのFCIDおよびインターフェイス情報の表示

switch# show fcroute multicast 0xffffff vsan 2
VSAN FC ID # Interfaces
---- -------- ------------
2 0xffffff 1
fc1/1
 

例24-11 ユニキャスト ルーティング情報の表示

switch# show fcroute unicast
D:direct R:remote P:permanent V:volatile A:active N:non-active
# Next
Protocol VSAN FC ID/Mask RCtl/Mask Flags Hops Cost
-------- ---- -------- -------- ---- ---- ----- ------ ----
static 1 0x010101 0xffffff 0x00 0x00 D P A 1 10
static 2 0x111211 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 10
fspf 3 0x610000 0xff0000 0x00 0x00 D P A 4 500
static 4 0x040101 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040102 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040103 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040104 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x111211 0xffffff 0x00 0x00 D P A 1 10
 

例24-12 指定されたVSANのユニキャスト ルーティング情報の表示

switch# show fcroute unicast vsan 4
D:direct R:remote P:permanent V:volatile A:active N:non-active
# Next
Protocol VSAN FC ID/Mask RCtl/Mask Flags Hops Cost
-------- ---- -------- -------- ---- ---- ----- ------ ----
static 4 0x040101 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040102 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040103 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040104 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x111211 0xffffff 0x00 0x00 D P A 1 10
 

例24-13 指定されたFCIDのユニキャスト ルーティング情報の表示

switch# show fcroute unicast 0x040101 0xffffff vsan 4
D:direct R:remote P:permanent V:volatile A:active N:non-active
# Next
Protocol VSAN FC ID/Mask RCtl/Mask Flags Hops Cost
-------- ---- -------- -------- ---- ---- ----- ------ ----
static 4 0x040101 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
fc1/2 Domain 0xa6(166)
 

例24-14 ルート データベース情報の表示

switch# show fcroute summary
FC Route Database Created Thu Feb 13 07:21:52 2003
VSAN Ucast Mcast Label Last Modified Time
----- -------- -------- -------- ------------------------
1 5 1 0 Thu Feb 13 10:21:06 2003
2 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:07 2003
3 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:08 2003
4 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:09 2003
5 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:10 2003
6 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:11 2003
7 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:12 2003
8 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:13 2003
9 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:14 2003
10 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:15 2003
11 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:16 2003
12 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:17 2003
13 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:18 2003
14 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:18 2003
15 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:19 2003
----- -------- -------- -------- ------------------------
Total 61 15 0
 

例24-15 指定されたVSANのルート データベース情報の表示

switch# show fcroute summary vsan 5
FC Route Database Created Thu Feb 13 07:21:52 2003
 
VSAN Ucast Mcast Label Last Modified Time
----- -------- -------- -------- ------------------------
5 4 1 0 Thu Feb 13 10:21:10 2003
----- -------- -------- -------- ------------------------
Total 4 1 0
 

グローバルFSPF情報の表示

例24-16は、特定のVSANに関する次のグローバルFSPF情報を表示しています。

スイッチのドメイン番号

スイッチの自律リージョン

Min_LS_arrival:スイッチがLSRアップデートを受け入れるまでの最小期間

Min_LS_interval:スイッチがLSRを送信するまでの最小期間


ヒント Min_LS_intervalが10秒を超える場合、グレースフル シャットダウンの機能は実行されません。

LS_refresh_time:リフレッシュLSRの送信間隔

Max_age:削除するまでにLSRを保持できる最大期間

例24-16 指定されたVSANのFSPF情報の表示

switch# show fspf vsan 1
FSPF routing for VSAN 1
FSPF routing administration status is enabled
FSPF routing operational status is UP
It is an intra-domain router
Autonomous region is 0
SPF hold time is 0 msec
MinLsArrival = 1000 msec , MinLsInterval = 5000 msec
Local Domain is 0x65(101)
Number of LSRs = 3, Total Checksum = 0x0001288b
 
Protocol constants :
LS_REFRESH_TIME = 1800 sec
MAX_AGE = 3600 sec
 
Statistics counters :
Number of LSR that reached MaxAge = 0
Number of SPF computations = 7
Number of Checksum Errors = 0
Number of Transmitted packets : LSU 65 LSA 55 Hello 474 Retranmsitted LSU 0
Number of received packets : LSU 55 LSA 60 Hello 464 Error packets 10
 

FSPFデータベースの表示

例24-17は、指定されたVSANのFSPFデータベースのサマリーを示しています。その他のパラメータを指定しない場合、データベース内のすべてのLSRが表示されます。

LSRタイプ

LSR所有者のドメインID

アドバタイズ ルータのドメインID

LSRエージ

LSRを示す番号

リンク数

LSR所有者のドメインIDに関する追加パラメータを発行して、より具体的な情報が表示されるように範囲を狭めることができます。インターフェイスごとに、次の情報も使用できます。

近接スイッチのドメインID

Eポート インデックス

近接スイッチのポート インデックス

リンク タイプおよびコスト

例24-17 FSPFデータベース情報の表示

switch# show fspf database vsan 1
 
FSPF Link State Database for VSAN 1 Domain 0x0c(12)
LSR Type = 1
Advertising domain ID = 0x0c(12)
LSR Age = 1686
LSR Incarnation number = 0x80000024
LSR Checksum = 0x3caf
Number of links = 2
NbrDomainId IfIndex NbrIfIndex Link Type Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0x65(101) 0x0000100e 0x00001081 1 500
0x65(101) 0x0000100f 0x00001080 1 500
 
FSPF Link State Database for VSAN 1 Domain 0x65(101)
LSR Type = 1
Advertising domain ID = 0x65(101)
LSR Age = 1685
LSR Incarnation number = 0x80000028
LSR Checksum = 0x8443
Number of links = 6
NbrDomainId IfIndex NbrIfIndex Link Type Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0xc3(195) 0x00001085 0x00001095 1 500
0xc3(195) 0x00001086 0x00001096 1 500
0xc3(195) 0x00001087 0x00001097 1 500
0xc3(195) 0x00001084 0x00001094 1 500
0x0c(12) 0x00001081 0x0000100e 1 500
0x0c(12) 0x00001080 0x0000100f 1 500
 
FSPF Link State Database for VSAN 1 Domain 0xc3(195)
LSR Type = 1
Advertising domain ID = 0xc3(195)
LSR Age = 1686
LSR Incarnation number = 0x80000033
LSR Checksum = 0x6799
Number of links = 4
NbrDomainId IfIndex NbrIfIndex Link Type Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0x65(101) 0x00001095 0x00001085 1 500
0x65(101) 0x00001096 0x00001086 1 500
0x65(101) 0x00001097 0x00001087 1 500
0x65(101) 0x00001094 0x00001084 1 500
 

FSPFインターフェイスの表示

例24-18は、選択された各インターフェイスについて、次の情報を示しています。

リンク コスト

タイマー値

ネイバのドメインID(既知の場合)

ローカル インターフェイス番号

リモート インターフェイス番号(既知の場合)

インターフェイスのFSPFステート

インターフェイス カウンタ

例24-18 FSPFインターフェイス情報の表示

switch# show fspf vsan 1 interface fc1/1
FSPF interface fc1/1 in VSAN 1
FSPF routing administrative state is active
Interface cost is 500
Timer intervals configured, Hello 20 s, Dead 80 s, Retransmit 5 s
FSPF State is FULL
Neighbor Domain Id is 0x0c(12), Neighbor Interface index is 0x0f100000
Statistics counters :
Number of packets received : LSU 8 LSA 8 Hello 118 Error packets 0
Number of packets transmitted : LSU 8 LSA 8 Hello 119 Retransmitted LSU 0
Number of times inactivity timer expired for the interface = 0
 

デフォルト設定値

表 24-4 に、FSPF機能のデフォルト設定を示します。

 

表 24-4 FSPFのデフォルト設定

パラメータ
デフォルト

FSPF

すべてのEポートおよびTEポートでイネーブルです。

SPF計算

ダイナミック

SPFホールド タイム

0

バックボーン リージョン

0

確認応答インターバル(RxmtInterval)

5秒

リフレッシュ タイム(LSRefreshTime)

30分

最大エージング(MaxAge)

60分

helloインターバル

20秒

デッド インターバル

80秒

配信ツリー情報

主要スイッチ(ルート ノード)から取得します。

ルーティング テーブル

FSPFは指定された宛先への等価コスト パスを16個まで格納します。

ロードバランシング

複数の等価コスト パスの宛先IDおよび送信元IDに基づきます。

順序どおりの配信

ディセーブル

廃棄遅延

ディセーブル

スタティック ルート コスト

ルートのコスト(メトリック)を指定しない場合、デフォルトは10です。

リモート宛先スイッチ

リモート宛先スイッチを指定しない場合、デフォルトは、directです。

マルチキャスト ルーティング

主要スイッチを使用してマルチキャスト ツリーを計算します。