Cisco MDS 9000 ファミリー Fabric Manager/Device Manager ユーザ ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法

WWW

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイト

Japan TAC Webサイト

TAC Escalation Center

はじめに

ここでは、『Cisco MDS 9000 ファミリー Fabric Manager/Device Manager ユーザ ガイド』の対象読者、構成、および表記法について説明します。また、関連資料の入手方法についても説明します。

対象読者

このマニュアルは、Cisco Fabric Managerを使用して、ネットワーク ファブリックを構成するスイッチを設定およびモニタするシステム管理者を対象としています。

読者は、インターネットワーキングで使用される基本的な概念および用語について精通し、ネットワーク内の装置が対応するネットワーク トポロジーおよびプロトコルについて理解する必要があります。またMicrosoft Windows、Linux、SolarisなどのFabric Managerが稼働するオペレーティング システムの作業に関する知識も必要です。

マニュアルの構成

このマニュアルでは、次の手順および概念について説明します。参照情報(ウィンドウやダイアログボックスのフィールドの説明など)については、『Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager Online Help』を参照してください。このヘルプにアクセスするには、Fabric ManagerまたはDevice ManagerのメニューでHelpをクリックします。このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

タイトル
説明

第1章

Cisco Fabric Managerの概要

Cisco Fabric Manager、Device Manager、Fabric Manager Server、およびPerformance Managerの概要や、これらのインストール方法について説明します。

第2章

Fabric Manager Serverの使用法

Fabric Manager Serverの概要を示します。

第3章

Fabric Manager Clientの使用法

Fabric Manager Clientの概要を示します。

第4章

Device Managerの使用法

Device Managerの概要を示します。

第5章

Performance Managerの使用法

Performance Managerの概要および使用方法を示します。

第6章

システムおよびコンポーネントの管理

システム固有のタスク、およびコンポーネント固有のタスクの実行方法について説明します。

第7章

VSANの管理

Virtual Storage Area Networks(VSAN;仮想SAN)の設定方法について説明します。

第8章

インターフェイスの管理

物理ポート インターフェイスおよびポート チャネルの表示方法や設定方法について説明します。

第9章

ゾーンおよびゾーン セットの管理

ゾーンおよびゾーン セットの設定方法について説明します。

第10章

管理者アクセスの管理

管理タスクの実行方法について説明します。

第11章

IPストレージの管理

FCIPおよびiSCSIストレージ サービスの設定方法について説明します。

第12章

IPサービスの管理

その他のすべてのIPストレージ サービスの設定方法について説明します。

第13章

FICONの管理

FICONサービスの設定方法および管理方法について説明します。

第14章

ファブリックのトラブルシューティング

Fabric Managerを使用してスイッチおよびファブリックに関する情報を取得する例を示します。

第15章

Fabric Managerに関する問題のトラブルシューティング

Fabric Managerのさまざまな問題のトラブルシューティング方法について説明します。

第16章

拡張機能の管理

次のような高度な機能について説明します。

World Wide Name(WWN)

ドメイン パラメータ

ネーム サーバ

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意 「要注意」の意味です。データ損失を予防するための注意事項が記述されています。

関連資料

Fabric ManagerおよびDevice Managerのフィールドの説明については、『Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager Online Help』を参照してください。詳細については、次の資料を参照してください。

『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco MDS 9000 Family』

『Cisco MDS 9100 Series Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9200 Series Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9500 Series Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9000 Family Configuration Guide』

『Cisco MDS 9000 Family Command Reference』

『Cisco MDS 9000 Family Troubleshooting Guide』

『Cisco MDS 9000 Family System Messages Guide』

『Cisco MDS 9000 Family MIB Reference Guide』

シスコ 製ソフトウェアであるVERITAS Storage Foundation™ for Networks 1.0については、http://support.veritas.com/にある、次のVeritasのマニュアルを参照してください。

『VERITAS Storage Foundation for Networks Overview』

『VERITAS Storage Foundation for Networks Installation and Configuration Guide』

『VERITAS Storage Foundation for Networks Obtaining and Installing Licenses』

『VERITAS Storage Foundation for Networks GUI Administrator's Guide』

『VERITAS Storage Foundation for Networks CLI Administrator's Guide』

『VERITAS Storage Foundation for Networks README』

Cisco MDS 9000対応のIBM SAN Volume Controller Storage Softwareについては、IBM TotalStorage Support Webサイトにある次のIBMのマニュアルを参照してください。http://www.ibm.com/storage/support/2062-2300

『IBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Software for Cisco MDS 9000 - Getting Started』

『IBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Software for Cisco MDS 9000 - Configuration Guide』

『IBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Software for Cisco MDS 9000 - Supported Hardware List』

『IBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Software for Cisco MDS 9000 -Supported Software Levels』

『IBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Software for Cisco MDS 9000 - Command Line Interface User's Guide』

『IBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Software - Host Attachment Guide』

『Subsystem Device Driver User's Guide』

マニュアルの入手方法

ここでは、シスコ製品のマニュアルを入手する方法について説明します。

WWW

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

各国語版のマニュアルは、次のURLから入手できます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com登録ユーザの場合、Subscription StoreからオンラインでDocumentation CD-ROMを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート


) シスコ代理店を通してこの製品を購入した場合は、テクニカル サポートについて直接代理店にお問い合わせください。この製品をシスコ社から直接購入された場合は、次のURLにあるシスコ テクニカル サポートにお問い合わせください。
http://www.cisco.com/warp/public/687Directory/DirTAC.shtml


シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口としてCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーは、Technical Assistance Center(TAC)Webサイトのオンライン ツールからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、TAC Webサイトで提供するすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラム、およびリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスです。

Cisco.comは統合インターネット アプリケーションであり、優れた使いやすいツールとして、広範囲の機能やサービスを通してお客様に次のような利点を提供します。

業務の円滑化と生産性の向上

オンライン サポートによる技術上の問題の解決

ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト

シスコのトレーニング資料および製品の発注

スキル査定、トレーニング、認定プログラムへのオンライン登録

また、Cisco.comに登録することにより、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

TAC

シスコの製品、テクノロジー、またはソリューションについて技術的な支援が必要な場合には、TACをご利用いただくことができます。TACでは、2種類のサポートを提供しています。TAC WebサイトとTAC Escalation Centerです。

TACへの問い合わせは、問題の緊急性に応じて分類されます。

プライオリティ レベル4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

プライオリティ レベル3(P3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下している。ネットワークが十分に機能していないが、ほとんどの業務運用を継続できる場合。

プライオリティ レベル2(P2) ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下したため業務に重大な影響があるにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

プライオリティ レベル1(P1) ― ネットワークがダウンし、すぐにサービスを回復しなければ業務に致命的な損害が発生するにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

問題のプライオリティおよびサービス契約の内容に応じて、適切なTACサービスを選択してください。

TAC Webサイト

P3およびP4レベルの問題については、TAC Webサイトを利用して、お客様ご自身で問題を解決し、コストと時間を節約することができます。このサイトでは各種のオンライン ツール、ナレッジ ベース、およびソフトウェアを、いつでも必要なときに利用できます。TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラーは、TAC Webサイトのすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、TAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。TAC Case OpenツールのURLは次のとおりです。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

インターネットでアクセスする場合には、TAC WebサイトでP3およびP4レベルの情報を参照することをお勧めします。

Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TAC Escalation Center

TAC Escalation Centerでは、P1およびP2レベルの問題に対応しています。このレベルに分類されるのは、ネットワークの機能が著しく低下し、業務の運用に重大な影響がある場合です。TAC Escalation Centerにお問い合わせいただいたP1またはP2の問題には、TACエンジニアが対応します。

TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

ご連絡に先立って、お客様が契約しているシスコ サポート サービスがどのレベルの契約となっているか(たとえば、SMARTnet、SMARTnet Onsite、またはNetwork Supported Accounts[NSA;ネットワーク サポート アカウント]など)、お客様のネットワーク管理部門にご確認ください。また、お客様のサービス契約番号およびご使用の製品のシリアル番号をお手元にご用意ください。