Cisco MDS 9000 ファミリー Fabric Manager/Device Manager ユーザ ガイド
追加および更新情報
追加および更新情報
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

追加および更新情報

追加および更新情報

表 1 に、『Cisco Fabric Manager Use's Guide/Online Help』の概要、および入手方法を示します。リリース内で機能が変更されている場合は、「説明」カラムに変更内容を簡潔に示し、「変更されたリリース」カラムに該当するリリースを示します。

 

表 1 『Fabric Manager User’s Guide/Online Help』に記載されている機能

機能
説明
変更されたリリース
記載場所

新規インストレーション プロセス

このリリースで、インストレーション プロセスが少し変更されました。

1.3(1)

概要

Fabric Manager Server

Fabric Manager Serverは、製品の機能を拡張するFabric Managerのサーバ コンポーネントです。

1.3(1)

Fabric Manager Serverの使用法

FICONのサポート

Device Managerは、現在FICON管理をサポートしています。FICONを使用するには、Device ManagerおよびFICONに関する章を参照してください。

1.3(1)

FICONの管理

Inter-VSAN Zoning(IVZ)

Fabric Managerは現在IVZおよびInter-VSAN Zoneset(IVZS)をサポートしています。

1.3(1)

ゾーンおよびゾーン セットの管理

ライセンス

各機能をイネーブルにするには、現在、ラインセンスが必要です。これらの機能のリストについては、コンフィギュレーション ガイドを参照してください。Fabric Managerのライセンス設定プロセスについては、このマニュアルを参照してください。

1.3(1)

概要

仮想化

Fabric Managerは現在、仮想エンド デバイスおよびストレージ デバイスを認識します。

1.2(2)

Cisco Fabric Managerの使用方法

ポート セキュリティ

現在、Fabric Managerを使用してVSANベース ポート セキュリティを管理および設定できます。

1.2(1a)

インターフェイスの管理

IPフィルタ

Fabric Managerを使用してIPプロファイルおよびフィルタを設定および管理して、スイッチへのIPアクセスを制御することができます。

1.2(1a)

IPプロフィルの設定

共通役割

現在、Fabric ManagerまたはDevice Managerで設定可能な共通役割を使用して、VSANセキュリティの有効範囲を設定できます。

1.2(1a)

管理者アクセスの管理

SPAN

現在、Fabric ManagerおよびDevice Managerを使用して、SPANセッションおよび送信元を作成できます。

1.2(1a)

管理サービス

NTP

現在、Fabric ManagerおよびDevice Managerを使用して、NTPピアおよびサーバを作成したり表示することができます。

1.2(1a)

管理サービス

LUNゾーニング

現在、Fabric Managerを使用してストレージを割り当てる(中央管理またはプール作成を行う)ことができます。

1.2(1a)

ゾーンおよびゾーン セットの管理

読み取り専用ゾーン

現在、読み取り専用ゾーンを設定したり、表示することができます。

1.2(1a)

ゾーンおよびゾーン セットの管理

Device Manager Summaryビュー

Device Manager Summaryビューが変更されました。

1.2(1a)

Cisco Fabric ManagerおよびDevice Managerの使用法

Software Upgrade Wizard

Fabric ManagerのEditメニューに、ソフトウェア アップグレードを実行できる新しいウィザードが追加されました。

1.2(1a)

記載されていません。

show tech support

現在、複数のスイッチのFabric Managerから show tech support を同時に実行できます。

1.2(1a)

Cisco Fabric ManagerおよびDevice Managerの使用法

Fabric Manager VSANリストのオープン

現在、このリストはAll VSANメニューのVSAN Attributesで使用できます。

1.2(1a)

VSANの管理

ラック

現在、 Physical タブのメニュー ツリーで Connectivity > Storage を選択することにより、Fabric ManagerのInformationペインでラックを作成することができます。Release 1.1(1a)より前のリリースでは、ラックを作成する場合、マップ オブジェクトを右クリックし、ポップアップ メニューで Enclosures を選択していました。

1.1(1a)

Cisco Fabric ManagerおよびDevice Managerの使用法

表 2 に『 Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager User's Guide/Online Help , Release 1.3(1)』の履歴を示します。次回リリースで文書が更新された場合は、これらの変更点が新しいリビジョンに組み込まれ、この表から除外されます。

 

表 2 『Fabric Manager User’s Guide/Online Help, Release 1.2(2)』の変更履歴

日付
変更の説明
変更点

2003年10月20日

文書を作成しました。

---