Cisco MDS 9000 ファミリー Fabric Manager/Device Manager ユーザ ガイド
IPサービスの管理
IPサービスの管理
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

IPサービスの管理

IP Filter Wizardの使用法

IPプロファイルの作成

プロファイルへのIPフィルタの追加

インターフェイスへのIPプロファイルの対応づけ

IPプロファイルの削除

IPフィルタの削除

IPサービスの管理

Fabric Managerを使用すると、IPフィルタおよびプロファイルを設定できます。これらを設定するには、通常、IPプロファイルを作成し、プロファイルにフィルタを追加してから、プロファイルを1つ以上のインターフェイスに対応づけます。フィルタを作成できるのは、対応するフィルタ プロファイルがすでにProfileTableに存在する場合のみです。

ProfileTable内のプロファイルを削除すると、FilterTable内の対応するフィルタもすべて削除され、ProfileTable内の対応する「アクティブな」フィルタ プロファイルの状態が[notReady]に変更されます。


) 通常、IPフィルタを管理するには、IP Wizardを使用します。ここに記載された手順は、IPフィルタを手動で管理する場合に使用してください。


Fabric Managerで実行可能なIPフィルタ作業を次に示します。Device Managerでは、IPフィルタを使用できません。

「IP Filter Wizardの使用法」

「IPプロファイルの作成」

「プロファイルへのIPフィルタの追加」

「インターフェイスへのIPプロファイルの対応づけ」

「IPプロファイルの削除」

「IPフィルタの削除」

IP Filter Wizardの使用法

IPフィルタを管理するには、IP Filter Wizardを使用します。


ステップ 1 Fabric Managerの Edit メニューで IP Filter を選択します。

IP Filter Wizard が表示されます。

ステップ 2 ウィザードのプロンプトに従って、IPフィルタを管理します。


 

IPプロファイルの作成

IPプロファイルを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Fabric Managerのメニュー ツリーで Security > IP Filter を選択します。

Fabric ManagerのInformationペインに、IPフィルタ情報が表示されます。

ステップ 2 Profiles タブをクリックします。

プロファイル リストが表示されます。

ステップ 3 Create Rowアイコンをクリックします。

Create Profileダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 スイッチのアドレスの横にあるチェックボックスをオンにして、プロファイルに追加するスイッチを選択します。

ステップ 5 Nameフィールドにプロファイル名を入力します。

ステップ 6 プロファイルを追加するには、 Create ボタンをクリックします。プロファイルを作成しないでCreate Profileダイアログボックスを閉じるには、 Close ボタンをクリックします。

新規作成されたプロファイルがプロファイル リストに表示されます。

ステップ 7 別のプロファイルを作成する場合は、ステップ6を繰り返します。それ以外の場合は、 Close ボタンをクリックして、Create Profileダイアログボックスを閉じます。


) この手順で使用するウィンドウまたはダイアログボックスのフィールドの説明については、Fabric ManagerまたはDevice Managerヘルプ システムのReferenceを参照してください。



 

プロファイルへのIPフィルタの追加

プロファイルにIPプロファイルを追加する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Fabric Managerのメニュー ツリーで Security > IP Filter を選択します。

Fabric ManagerのInformationペインに、IPフィルタ情報が表示されます。

ステップ 2 Profiles タブをクリックします。

スイッチおよび対応するプロファイルのリストが表示されます。

ステップ 3 フィルタを追加するスイッチのIPアドレスをクリックします。

Rulesボタンが使用可能になります。

ステップ 4 Rules ボタンをクリックします。

IP Filter Edit ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 5 Create Rowボタンをクリックします。

Create IP Filterダイアログボックスが表示されます。

ステップ 6 Create IP Filter ダイアログボックスにフィールドを入力します。

ステップ 7 フィルタを作成するには、 Create ボタンをクリックします。フィルタを作成しないでCreate IP Filterダイアログボックスを閉じるには、 Close ボタンをクリックします。

新規作成されたフィルタがフィルタ リストに表示されます。

ステップ 8 別のフィルタを作成する場合は、ステップ7を繰り返します。それ以外の場合は、 Close ボタンをクリックして、Create IP Filterダイアログボックスを閉じます。

ステップ 9 Apply Changesボタンをクリックして、新規作成されたフィルタをプロファイルに追加します。


) この手順で使用するウィンドウまたはダイアログボックスのフィールドの説明については、Fabric ManagerまたはDevice Managerヘルプ システムのReferenceを参照してください。



 

インターフェイスへのIPプロファイルの対応づけ

インターフェイスにプロファイルを対応づける手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Fabric Managerのメニュー ツリーで Security > IP Filter を選択します。

Fabric ManagerのInformationペインに、IPフィルタ情報が表示されます。

ステップ 2 Interfaces タブをクリックします。

インターフェイスおよび対応するプロファイルのリストが表示されます。

ステップ 3 Create Rowアイコンをクリックします。

Create Interfaceダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 スイッチのアドレスの横にあるチェックボックスをオンにして、プロファイルに追加するスイッチを選択します。

ステップ 5 Nameフィールドにインターフェイス名を入力します。

ステップ 6 プロファイルの方向(着信および発信)を選択します。

ステップ 7 Profile Nameフィールドにプロファイル名を入力します(このプロファイル名は、Create Profilesダイアログを使用して作成しておく必要があります)。このようにしないと、Create Profilesダイアログを開いてプロファイルを作成するまで、どのフィルタもイネーブルになりません。

ステップ 8 プロファイルを対応づけるには、 Create ボタンをクリックします。プロファイルを対応づけないでCreate Interfacesダイアログボックスを閉じるには、 Close ボタンをクリックします。

新規に対応づけられたプロファイルがプロファイル リストに表示されます。

ステップ 9 別のプロファイルを対応づける場合は、ステップ8を繰り返します。それ以外の場合は、 Close ボタンをクリックして、Create Interfacesダイアログボックスを閉じます。


) この手順で使用するウィンドウまたはダイアログボックスのフィールドの説明については、Fabric ManagerまたはDevice Managerヘルプ システムのReferenceを参照してください。



 

IPプロファイルの削除

IPプロファイルを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Fabric Managerのメニュー ツリーで Security > IP Filter を選択します。

Fabric ManagerのInformationペインに、IPフィルタ情報が表示されます。

ステップ 2 Profiles タブをクリックします。

スイッチ、プロファイル名、およびプロファイル タイプのリストが表示されます。

ステップ 3 削除する行を選択します。複数の行を削除する場合は、Shiftキーを押しながら、行を選択します。

ステップ 4 Delete Rowアイコンをクリックします。

プロファイルが削除されます。


) この手順で使用するウィンドウまたはダイアログボックスのフィールドの説明については、Fabric ManagerまたはDevice Managerヘルプ システムのReferenceを参照してください。



 

IPフィルタの削除

IPフィルタを削除する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Fabric Managerのメニュー ツリーで Security > IP Filter を選択します。

Fabric ManagerのInformationペインに、IPフィルタ情報が表示されます。

ステップ 2 Interfaces タブをクリックします。

スイッチ、フィルタ、およびプロファイル名のリストが表示されます。

ステップ 3 削除する行を選択します。複数の行を削除する場合は、Shiftキーを押しながら、行を選択します。

ステップ 4 Delete Rowアイコンをクリックします。

プロファイルからフィルタが削除されます。


) この手順で使用するウィンドウまたはダイアログボックスのフィールドの説明については、Fabric ManagerまたはDevice Managerヘルプ システムのReferenceを参照してください。