Cisco MDS 9000 ファミリー SAN Volume Controller コンフィギュレーション ガイド
ホストの設定
ホストの設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

ホストの設定

ホストの概要

ホスト トラフィックの隔離

ホストの作成

ホストへのVディスクのマッピング

ホストの設定

Cisco MDS 9216スイッチまたはCisco MDS 9500ファミリーのいずれかのスイッチ用のSVCアプリケーションの設定を続けるには、ホスト数を判別し、VSAN 1へのホスト トラフィックを隔離し、ホストにVディスクをマッピングする必要があります。

この章の内容は、次のとおりです。

「ホストの概要」

「ホスト トラフィックの隔離」

「ホストの作成」

「ホストへのVディスクのマッピング」

ホストの概要

クラスタはユーザ設定を通じてホストを認識します。どのホストからどのVディスクをアクセスできるかを制御するには、LUNマッピング機能を使用します。ホストにはSANに接続する複数のポートが含まれる場合があります。設定プロセスを簡易化するために、すべてのホスト ポートをグループで設定できます。ホスト ポートは対応するpWWNで参照します。LUNマップを設定する際、特定のLUN番号を任意に指定できます。LUN番号を指定しない場合、クラスタが選ぶLUN番号が自動的に使用されます。

ホスト トラフィックの隔離

SVCターゲットNポートは、2台のホストとともにVSAN 1に存在します。ホストとターゲットを隔離するために、この例ではSAN-OSゾーニング機能を使用します。

ゾーニング機能を使用してホストを隔離する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show fcns database vsan 1 コマンドを使用して、VSAN 1のホストおよびターゲットを表示します。

switch# show fcns database vsan 1
VSAN 1:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x6a0200 N 21:00:00:e0:8b:09:e7:04 (QLogic) scsi-fcp:init
0x6a0300 N 21:00:00:e0:8b:09:f0:04 (QLogic) scsi-fcp:init
0x6a0003 N 22:20:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:target svc
0x6a0006 N 21:23:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:target svc
0x6a0009 N 22:23:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:target svc
0x6a000c N 21:20:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:target svc
Total number of entries = 6
 

ステップ 2 MDSコンフィギュレーション モードを開始し、VSAN 1にhost-financeという名前のゾーンを作成します。

switch# config t
switch(config)# zone name host-finance vsan 1
switch(config-zone)#
 

ステップ 3 host-financeゾーンにメンバーを割り当てます。

switch(config-zone)# member pwwn 21:00:00:e0:8b:09:e7:04 --> host-finance
switch(config-zone)# member pwwn 22:20:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
switch(config-zone)# member pwwn 21:23:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
switch(config-zone)# member pwwn 22:23:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
switch(config-zone)# member pwwn 21:20:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
 

ステップ 4 VSAN 1にhost-marketingという名前のゾーンを作成します。

switch(config)# zone name host-marketing vsan 1
switch(config-zone)#
 

ステップ 5 host-marketingゾーンにメンバーを割り当てます。

switch(config-zone)# member pwwn 21:00:00:e0:8b:09:f0:04 --> host-marketing
switch(config-zone)# member pwwn 22:20:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポートswitch(config-zone)# member pwwn 21:23:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
switch(config-zone)# member pwwn 22:23:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
switch(config-zone)# member pwwn 21:20:00:05:30:00:11:69 --> SVCターゲットNポート
 

ステップ 6 MDSコンフィギュレーション モードに戻り、VSAN 1に main-zset という名前のゾーン セットを作成します。

switch(config-zone)# exit
switch(config)# zoneset name main-zset vsan 1
switch(config-zoneset)#
 

ステップ 7 main-zsetゾーン セットのメンバーとして、host-financeゾーンおよびhost-marketingゾーンを割り当てます。

switch(config-zoneset)# member host-finance
switch(config-zoneset)# member host-marketing
 

ステップ 8 MDSコンフィギュレーション モードに戻ります。

switch(config-zoneset)# exit
switch(config-zone)# exit
switch(config)#
 

ステップ 9 VSAN 1のmain-zsetゾーンセットをアクティブにします。

switch(config)# zoneset activate name main-zset vsan 1
Zoneset activation initiated. check zone status
 

ステップ 10 MDSのEXECモードに戻り、VSAN 1のアクティブ ゾーンセットを確認します。

switch(config)# exit
switch# show zoneset active vsan 1
zoneset name main-zset vsan 1
zone name host-finance vsan 1
* fcid 0x6a0200 [pwwn 21:00:00:e0:8b:09:e7:04]
* fcid 0x6a0003 [pwwn 22:20:00:05:30:00:11:69]
* fcid 0x6a0006 [pwwn 21:23:00:05:30:00:11:69]
* fcid 0x6a0009 [pwwn 22:23:00:05:30:00:11:69]
* fcid 0x6a000c [pwwn 21:20:00:05:30:00:11:69]
 
zone name host-marketing vsan 1
* fcid 0x6a0300 [pwwn 21:00:00:e0:8b:09:f0:04]
* fcid 0x6a0003 [pwwn 22:20:00:05:30:00:11:69]
* fcid 0x6a0006 [pwwn 21:23:00:05:30:00:11:69]
* fcid 0x6a0009 [pwwn 22:23:00:05:30:00:11:69]
* fcid 0x6a000c [pwwn 21:20:00:05:30:00:11:69]
 
zone name $default_zone$ vsan 1
 

これで、ホストVSANと2つのゾーンhost-financeおよびhost-marketingの作成が完了しました(図 6-1を参照)。

図 6-1 ターゲットNポートの識別

 


 

ホストの作成

ホストを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show cluster cluster-name host candidate コマンドを使用して、候補ホストのリストを取得します。

switch# svc-config
switch(svc)# show cluster SampleCluster host candidate
-------------------------------------------------------------------------------
id pwwn
-------------------------------------------------------------------------------
1 21:00:00:e0:8b:09:e7:04
 

ホスト候補のpWWNを使用して、マッピングするホストを識別します。

ステップ 2 クラスタ コンフィギュレーション サブモードを開始します。

switch(svc)# cluster config SampleCluster
switch(svc-cluster)#
 

ステップ 3 ステップ 1で識別したpWWNを使用して、 Finance1 という名前のホストを作成します。

switch(svc-cluster)# host add Finance1 hostport 21:00:00:e0:8b:09:e7:04
 

ステップ 4 SVCコンフィギュレーション モードに戻ります。

switch(svc-cluster)# exit
switch(svc)#
 

ステップ 5 show cluster cluster-name host コマンドを使用して、新しく追加したホストおよび設定済みのポート数が表示されることを確認します。

switch(svc)# show cluster SampleCluster host
-------------------------------------------
name number of ports
-------------------------------------------
Finance1 1
 


 

ホストへのVディスクのマッピング

ホストにVディスクをマッピングする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 クラスタ コンフィギュレーション サブモードを開始します。

switch(svc)# cluster config SampleCluster
switch(svc-cluster)#
 

ステップ 2 Finance1に関するホスト コンフィギュレーション サブモードを開始します。

switch(svc-cluster)# host name Finance1
switch(svc-cluster-host)#
 

ステップ 3 Finance1に3つのVディスクをマッピングします。

switch(svc-cluster-host)# map vdisk crm-data SCSI-lun 10
switch(svc-cluster-host)# map vdisk crm-idx
switch(svc-cluster-host)# map vdisk crm-log
 

) SCSI-lun 10オプションを使用すると、このVディスクにマッピングするLUN値をユーザが指定できます。このオプションを使用しない場合、使用可能な最小のLUN値がクラスタによって自動的に選択されます。


ステップ 4 SVCコンフィギュレーション モードに戻ります。

switch(svc-cluster-host)# exit
switch(svc-cluster)# exit
switch(svc)#
 

ステップ 5 Finance1に、pWWNが設定されたポートが1つあることを確認します。

switch(svc)# show cluster SampleCluster host Finance1
host Finance1:
Number of port is 1
Port WWN is 21:00:00:e0:8b:09:e7:04
LUN0: vdik crm-idx
LUN1: vdisk crm-log
LUN10: vdisk crm-data