Cisco MDS 9000 ファミリー SAN Volume Controller コンフィギュレーション ガイド
バックエンド ストレージの管理
バックエンド ストレージの管理
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

バックエンド ストレージの管理

管理対象ディスクの概要

Mディスク グループの概要

エクステント

Mディスク モード

バックエンド ストレージ トラフィックの隔離

トラフィック隔離の確認

LUNマスキングの設定

Mディスクの識別

Mディスク グループの設定

バックエンド ストレージの管理

クラスタ内の各ノードは、バックエンド ストレージ コントローラを、管理対象ディスク(Mディスク)と呼ばれる個別のディスクとして認識します。

この章の内容は、次のとおりです。

「管理対象ディスクの概要」

「Mディスク グループの概要」

「エクステント」

「Mディスク モード」

「バックエンド ストレージ トラフィックの隔離」

「トラフィック隔離の確認」

「LUNマスキングの設定」

「Mディスクの識別」

「Mディスク グループの設定」

管理対象ディスクの概要

SVCノードは、SANに提供された一連のバックエンド ストレージ コントローラを、管理対象ディスク(Mディスク)と呼ばれる複数の独立したディスクとして認識します。SVCでは、バックエンド コントローラ内部の物理ディスク障害からの回復機能は提供されません。この理由から通常、MディスクはRAIDアレイですが、必ずしもこれに限定するわけではありません。

クラスタ内の全ノードが、各バックエンド コントローラ上の同じバックエンド ストレージ ポートの集合を認識できる必要があります。2つのノードが同じコントローラ上のそれぞれ異なるポートの集合を認識するモードでは、性能が低下し、システムはエラーを記録して修復を要求するメッセージを表示します。ファブリックに不適切なゾーニングが設定された場合、または不適切なLUNマスキングが使用された場合に、この状況が発生します。このルールは、ストレージ パーティションをマッピングできるHBA WWNに関して排他的なルールを適用するFastTなどのバックエンド ストレージの場合、特に重要です。このようなストレージ デバイスでは、クラスタ内の全ノードのイニシエータNポートpWWNが、同じLUNの集合にマッピングされている必要があります。

Mディスク グループの概要

Mディスク グループは、Mディスクの集合です。1つのMディスクは、ただ1つのMディスク グループに属します。Mディスク グループは、Mディスクがエクステント(一群のディスク ブロック)を提供し、Vディスク(I/Oグループのノードと対応づけられた論理ディスク)がこれらのエクステントのストレージを消費するための容器としての役割を果たします。

エクステント

エクステントは、Mディスクのストレージを割り当てる単位です。各Mディスクは、いくつかのエクステントに論理的に分割されます。Mディスクは、エクステント サイズの整数倍である必要はありません。SVCでは、Mディスクの最後の部分的なエクステントがサポートされます。

一方、Vディスクはエクステントの整数倍を占有し、これはVディスク サイズがエクステント サイズの整数倍でなくても同様です。Vディスクの最後のエクステントにある残りのスペースは、使用されません。

Mディスク モード

Mディスクには、Image、Managed、Unmanagedの3つのモードがあります。

Imageモード

Imageモードでは、MディスクからVディスクへの仮想化をブロック単位で直接実行することができます。このモードを使用して、すでにデータが入っているMディスクを仮想化することができます。このモードを使用すると、既存のストレージ構成のデータ パスへのSVCの導入を最低限のダウンタイムで実行できます。Imageモードを使用してデータ パスにSVCを導入すると、SVCのマイグレーション機能を使用して、データをManagedモードに移行し、アプリケーションにそのデータをアクセスさせながら、データを再編成することができます。

Managedモード

Managedモードで動作中のディスクでは、Vディスク エクステントとMディスク エクステントの間で任意の対応関係が使用できます。エクステントの実際のマッピングは、Vディスクの作成ポリシーに基づいて行われます。Mディスク上の未使用のエクステントを利用して、新しいVディスク データ マイグレーションを作成できます。

Unmanagedモード

このモードのMディスクは、どのMディスク グループにも属していません。

バックエンド ストレージ トラフィックの隔離

SampleClusterのすべてのイニシエータNポートについて、バックエンド ストレージ ポートと同じVSANまたはゾーンへのトラフィック隔離を設定します。

イニシエータNポートを隔離する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 このクラスタがアクセスできるまたはすべきターゲットNポートを作成します。この例では、
SampleClusterがアクセスするNポートは、20:12:00:05:30:00:8d:e0(インターフェイスfc 1/7)および20:22:00:05:30:00:8d:e0(インターフェイスfc 1/8)です。

ステップ 2 SampleClusterのターゲット トラフィック用にVSAN 3を作成します。

switch# conf t
switch(config)# vsan database
switch(config-vsan-db)# vsan 3
 

ステップ 3 ターゲットに接続された2つのFibre Channel NポートをVSAN 3に追加します。

switch(config-vsan-db)# vsan 3 interface fc1/7
switch(config-vsan-db)# vsan 3 interface fc1/8
switch(config-vsan-db)# exit
switch(config)#
 

ステップ 4 SampleClusterのCSMノードのイニシエータNポートをVSAN 3に追加します。


) 各イニシエータをVSAN 1から明示的に削除する必要があります。


switch(config)# interface svc3/1
switch(config-if)# initiator vsan 3
switch(config-if)# no initiator vsan 1
switch(config-if)# exit
switch(config)# interface svc3/2
switch(config-if)# initiator vsan 3
switch(config-if)# no initiator vsan 1
switch(config-if)# exit
switch(config)# interface svc7/1
switch(config-if)# initiator vsan 3
switch(config-if)# no initiator vsan 1
switch(config-if)# exit
switch(config)# interface svc 7/2
switch(config-if)# initiator vsan 3
switch(config-if)# no initiator vsan 1
switch(config-if)# exit
 

ステップ 5 VSAN 3のデフォルト ゾーン設定をpermitに設定します。

switch(config)# zone default-zone permit vsan 3
 

以上でディスクVSANが作成されました(図 4-1を参照)。

図 4-1 ターゲットVSANを使用したトラフィック隔離の作成

 


 

トラフィック隔離の確認

ターゲット イニシエータ ポートが設定され、トラフィック隔離が実現されているかどうかを確認するには、VSAN 3についてshow fcns databaseコマンドを発行します。

switch# show fcns database vsan 3
VSAN 3:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x730000 N 50:05:07:63:00:c5:9c:f9 (IBM) scsi-fcp:target fc..
0x730001 N 50:05:07:63:00:cf:9c:f9 (IBM) scsi-fcp:target fc..
0x730002 N 22:36:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:init svc
0x730003 N 22:37:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:init svc
0x730004 N 22:38:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:init svc
0x730005 N 22:39:00:05:30:00:11:69 (Cisco) scsi-fcp:init svc
 
Total number of entries = 6

LUNマスキングの設定

クラスタに存在する4つのノードすべてのイニシエータNポートpWWNを使用して、バックエンド ストレージ コントローラにLUNマスキングを設定する必要があります。

switch# show interface svc 3/1
svc2/1 is up
Node WWN is 2e:ab:00:05:30:00:1a:e0
Fabric WWN is 20:01:00:05:30:00:1a:de
Target N-port WWN is 2e:a5:00:05:30:00:1a:e0, vsan is 1, FCID is 0xe80003
Initiator N-port WWN is 21:2e:00:05:30:00:00:21, vsan is 3, FCID is 0xea0004
Mgmt N-port WWN is 2f:af:00:05:30:00:1a:e0, vsan is 2, FCID is 0xe80000
5 minutes input rate 2392 bits/sec, 299 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 2240 bits/sec, 280 bytes/sec, 0 frames/sec
272 frames input, 89764 bytes
0 discards, 0 errors
232 frames output, 84176 bytes
0 discards, 0 errors
 

Mディスクの識別

Mディスクを識別する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show cluster cluster-name mdisk コマンドを使用して、各Mディスクの詳細情報を表示します。このコマンドでは、Mディスクによってアクセス可能なバックエンド コントローラ ポートが一覧表示されます。このMディスクはまだ、どのMディスク グループにも属していません。

switch# svc-config
switch(svc)# show cluster SampleCluster mdisk
-------------------------------------------------------------------------------
id nwwn mdisk-grp capacity status
-------------------------------------------------------------------------------
1 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB online
2 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB online
3 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB online
4 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB online
5 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB online
6 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB online
7 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB online
8 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB online
9 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB online
10 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB online
 

ステップ 2 show cluster cluster-name mdisk id コマンドを使用して、必要なMディスクの詳細情報を表示します。

switch(svc)# show cluster SampleCluster mdisk id 1
mdisk id 1 is online
Is unmanaged
Controller node WWN is 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 --> IBM ESSストレージ デバイスのnWWN
Controller port WWN is 50:05:07:63:00:cf:9c:f9, LUN 00:00:00:00:00:00:00:00
Controller port WWN is 50:05:07:63:00:c5:9c:f9, LUN 00:00:00:00:00:00:00:00
Controller serial number is 07B24417
Capacity is 953 MB
 


 

Mディスク グループの設定

Mディスク グループを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show cluster cluster-name mdisk candidate コマンドを使用して、候補Mディスクのリストを取得します。設定したMディスクを追加するグループを選択します。

switch(svc)# show cluster SampleCluster mdisk candidate
----------------------------------------------------
id nwwn capacity
----------------------------------------------------
1 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB
2 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB
3 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB
4 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB
5 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB
6 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB
7 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB
8 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB
9 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 1.86 GB
10 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 953 MB
 

ステップ 2 financeという名前のMディスク グループを作成します。

switch(svc)# cluster config SampleCluster
switch(svc-cluster)# mdisk-grp add finance extent 16
switch(svc-cluster)# mdisk-grp name finance
switch(svc-cluster-mdisk-grp)#
 

ステップ 3 Mディスク1~5をMディスク グループfinanceに追加します。

switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 1
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 2
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 3
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 4
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 5
 

ステップ 4 SVCクラスタ コンフィギュレーション モードに戻ります。

switch(svc-cluster-mdisk-grp)# exit
switch(svc-cluster)#
 

ステップ 5 marketing という名前のMディスク グループを作成します。

switch(svc-cluster)# mdisk-grp name marketing
switch(svc-cluster)# mdisk-grp add marketing extent 32
switch(svc-cluster-mdisk-grp)#
 

ステップ 6 Mディスク6~10を、Mディスク グループmarketingに追加します。

switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 6
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 7
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 8
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 9
switch(svc-cluster-mdisk-grp)# mdisk id 10
 

ステップ 7 SVCコンフィギュレーション モードに戻ります。

switch(svc-cluster-mdisk-grp)# exit
switch(svc-cluster)# exit
switch(svc)#
 

ステップ 8 設定したMディスクがすべて、それぞれのMディスク グループに割り当てられていることを確認します。

switch(svc)# show cluster SampleCluster mdisk
-------------------------------------------------------------------------------
id nwwn mdisk-grp capacity status
-------------------------------------------------------------------------------
1 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 finance 953 MB online
2 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 finance 1.86 GB online
3 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 finance 1.86 GB online
4 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 finance 1.86 GB online
5 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 finance 1.86 GB online
6 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 marketing 953 MB online
7 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 marketing 1.86 GB online
8 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 marketing 953 MB online
9 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 marketing 1.86 GB online
10 50:05:07:63:00:c0:9c:f9 marketing 953 MB online
 

ステップ 9 各Mディスク グループの詳細情報を表示し、Mディスク グループそれぞれに5つのMディスクがあることを確認します。この時点ではVディスクは割り当てていません。

switch(svc)# show cluster SampleCluster mdisk-grp
-------------------------------------------------------------------------------
name Capacity free extent number number status
size(MB) of mdisks of vdisks
-------------------------------------------------------------------------------
finance 7.56 GB 7.56 GB 16 5 0 online
marketing 6.48 GB 6.48 GB 16 5 0 online

) ストレージ容量(953 MB)がエクステント サイズの整数倍ではないので、最後の部分的なエクステントは使用されません。


ステップ 10 Mディスク1の空いているエクステント数を調べるため、 show cluster cluster-name mdisk id コマンドを使用します。

switch(svc)# show cluster SampleCluster mdisk id 1
mdisk id 1 is online
Is member of mdisk-grp finance
Controller node WWN is 50:05:07:63:00:c0:9c:f9
Controller port WWN is 50:05:07:63:00:cf:9c:f9, LUN 00:00:00:00:00:00:00:00
Controller port WWN is 50:05:07:63:00:c5:9c:f9, LUN 00:00:00:00:00:00:00:00
Controller serial number is 07B24417
Capacity is 953 MB
Number of free extents is 42
Is quorum disk number 0

) MディスクID 1は、定数ディスクです。SVCノードは定数ディスク上の一部のストレージをクラスタ管理用に予約します。