Cisco MDS 9000 ファミリー Fabric Manager クイック コンフィギュレーション ガイド
コンフィギュレーション ファイル
コンフィギュレーション ファイル
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

コンフィギュレーション ファイル

コンフィギュレーション ファイルの保存

コンフィギュレーション ファイル

コンフィギュレーション ファイルは、1 つまたは複数のスイッチを設定するのに必要とされる一部またはすべてのコマンドを含むことができます。たとえば、同一のコンフィギュレーション ファイルを同一のハードウェア構成を持つ複数のスイッチにダウンロードし、同一のモジュールおよびポート構成を持つようにする場合などです。

別のスイッチから作成またはダウンロードされたコンフィギュレーション ファイルを使用して、Cisco MDS 9000 ファミリのスイッチを設定できます。さらに、スーパーバイザ モジュール上のブートフラッシュ デバイスにコンフィギュレーション ファイルを保存し、外部の CompactFlash ディスクに保存されたコンフィギュレーションを使用してスイッチを設定できます。リモート サーバを使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードを始める前に、次の作業を行います。

ダウンロードするコンフィギュレーション ファイルが、リモート サーバの正しいディレクトリにあることを確認します。

ファイル上の権限が正しく設定されていることを確認します。ファイル上の権限は、 world-read に設定されている必要があります。

スイッチがリモート サーバへのルートを持つことを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするルータまたはデフォルト ゲートウェイがない場合は、スイッチおよびリモート サーバは同一のサブネットワーク上にある必要があります。

ping コマンドを使用してリモート サーバへの接続を確認します。

コンフィギュレーション ファイルの保存

コンフィギュレーション ファイルの保存とは、実行コンフィギュレーション ファイルをスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーすることです。

Cisco MDS SAN-OS Release 2.1(1a) 以降では、Copy Configuration オプションを使用して、ファブリック全体で実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーできます。このオプションを使用すると、ファブリック内のすべてのスイッチで、実行コンフィギュレーションがスタートアップ コンフィギュレーションにコピーされます。


) ファブリック全体でのコピー中にいずれかのスイッチに障害が発生した場合は、該当スイッチおよびこのコピー コマンドを開始するのに使用されたスイッチで、既存のスタートアップ コンフィギュレーションが維持されます。このコマンドでは、ファブリック内にある他のスイッチは影響を受けません。


コンフィギュレーション ファイルをコピーするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、 Switches > Copy Configuration を展開します。

ステップ 2 保存する各スイッチ コンフィギュレーションのチェックボックスをオンにします。各スイッチの From フィールドと To フィールドを設定します。

ステップ 3 Apply をクリックします。

既存の Fabric Manager が変更をコンフィギュレーション ファイルに保存するように、プロンプトが表示されます(図D-1 を参照)。Fabric Manager セッションの実行中に、コンフィギュレーション ファイルの任意のパラメータが変更された場合にのみ、このダイアログボックスは表示されます。

図D-1 コンフィギュレーション ファイルの保存