Cisco MDS 9000 ファミリー Fabric Manager クイック コンフィギュレーション ガイド
VSAN および インターフェイスの設定
VSAN および インターフェイスの設定
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

VSAN および インターフェイスの設定

VSAN の作成

デフォルト VSAN

インターフェイスの設定

VSAN へのインターフェイスの追加

インターフェイスのイネーブル化またはディセーブル化

VSAN および インターフェイスの設定

VSAN およびインターフェイスを設定する前に、ワークステーションから Fabric Manager を起動してログインしてください。詳細については、「Fabric Manager のインストール」を参照してください。

Virtual Storage Area Network(VSAN; 仮想ストレージ エリア ネットワーク)を使用することによって、ファイバ チャネル ファブリックでより高度なセキュリティと安定性を得ることができます。VSAN は同じファブリックに物理的に接続されたデバイスを分離します。

インターフェイスは VSAN のメンバーです。インターフェイスによって、VSAN 内にあるスイッチ間での通信が可能になります。同じ VSAN のメンバーになっているインターフェイスは相互に通信することができますが、異なる VSAN のメンバーになっているインターフェイスどうしは通信することができません。

図5-1 に、VSAN およびインターフェイスを設定する手順を示します。

図5-1 VSAN およびインターフェイス

 

この章の内容は、次のとおりです。

「VSAN の作成」

「インターフェイスの設定」

VSAN の作成

VSAN では、共通の物理インフラストラクチャ上に複数の論理 SAN を作成することができます。各 VSAN には最大 239 のスイッチを含めることができ、それぞれが独立したアドレス領域を持っているため、複数の VSAN で同時に同じ FCID(ファイバ チャネル ID)を使用できます。

デフォルト VSAN

VSAN 1 は「デフォルト VSAN」とも呼ばれ、通常は、通信、管理、またはテストの目的で使用されます。VSAN 1 を実稼働環境用の VSAN として使用しないことを推奨します。いくつかの機能は、設定されている場合に VSAN 1 上のトラフィックを中断します。VSAN 1 を実稼働環境用の VSAN として使用すると、これらの機能を設定したときにトラフィックが中断されてしまうことがあります。


) デフォルトでは VSAN 1 はイネーブルになっています。実稼働環境用の VSAN には、他の利用可能な VSAN を使用することを推奨します。


VSAN を追加および設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Create VSAN アイコンをクリックします(図5-2 を参照)。

図5-2 Create VSAN アイコン

 


) Fabric Manager で使用されるアイコンとボタンの詳細については、「Fabric Manager Client」を参照してください。


Create VSAN ダイアログボックスが表示されます(図5-3 を参照)。

図5-3 Create VSAN ダイアログボックス

 

ステップ 2 Create VSAN ダイアログボックスの各フィールドで、必要な設定を行います。

VSAN に割り当てるスイッチを選択します。たとえば、図5-3 では、VSAN に割り当てられるスイッチとして switch_name が選択されています。

VSAN の VSAN ID を選択します。

VSAN に名前を割り当てます。たとえば、図5-3 では、VSAN 名として VSAN_test が割り当てられています。

この VSAN で使用されるロード バランシング(LoadBalancing)のタイプを選択します。ここでは、デフォルト オプションである srcdst Ox-ld オプションの選択を推奨します。

srcdst ― パス選択に発信元 ID および宛先 ID を使用します。

srcdst Ox-ld ― 発信元 ID、宛先 ID、および交換 ID を使用します。

この VSAN 上のローカル スイッチに設定される相互運用値(InterOperValue)を選択します。ここでは、 default オプションの選択を推奨します。

VSAN の管理ステート(AdminState)を選択します。ここでは、デフォルトで選択されている active オプションの使用を推奨します。

Static Domain IDs チェックボックスをオンにして、永続的なドメイン ID を VSAN に割り当てます。たとえば、図5-3 ではスイッチのドメイン ID が 1 になっており、このドメイン ID は VSAN_test 上のスイッチに割り当てられます。

詳細については、 付録 C「スタティック ドメイン ID および永続的な FC ID の設定」 を参照してください。


) HP-UX および AIX の 2 つのオペレーティング システムでは、ストレージへのデバイス パスに FC ID を使用します。スイッチがデバイスに常に同じ FC ID を割り当てるようにするには、VSAN に永続的な FC ID およびスタティック ドメイン ID を設定する必要があります。


VSAN が FICON 対応の場合は、 FICON チェックボックスをオンにします。

ステップ 3 Create をクリックして VSAN を追加します。


 

インターフェイスの設定

スイッチの主要な機能は、1 つのデータ リンクから別のデータ リンクへとフレームをリレーすることです。フレーム リレーを行うには、フレームが送受信されるインターフェイスの特性を定義する必要があります。設定されるインターフェイスは、ファイバ チャネル インターフェイス、管理インターフェイス(mgmt0)、または VSAN インターフェイスになります。

次の手順は、以前に作成された VSAN のスイッチ上にあるポートの移動、インターフェイスの設定、および VSAN へのインターフェイスの追加に使用されます。

VSAN へのインターフェイスの追加

ファイバ チャネル インターフェイスを設定する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、Switches > Interfaces を展開し、続けて FC Physical を選択します。

Information ペインにインターフェイス設定が表示されます。

ステップ 2 General タブで、Mode Admin、Port VSAN membership、Status Admin に値を設定します。

ステップ 3 (任意)その他のタブを使用して、その他の設定パラメータを設定します。

ステップ 4 Apply Changes をクリックします。

ステップ 5 Yes をクリックします。


 

インターフェイスのイネーブル化またはディセーブル化


) セットアップ スクリプトでポートのデフォルト ステートが noshut に設定されている場合は、インターフェイスをイネーブルにする必要はありません。詳細については、「スイッチ セットアップ ユーティリティの使用法」を参照してください。


Fabric Manager を使用してインターフェイスをイネーブルにする手順は、次のとおりです。


ステップ 1 Physical Attributes ペインで、Switches > Interfaces を展開し、続いて FC Physical を選択します。

ステップ 2 General タブを選択して、Status > Admin を up(イネーブル)または down(ディセーブル)に設定します。

ステップ 3 (任意)その他のタブを使用して、その他の設定パラメータを設定します。

ステップ 4 Apply Changes をクリックします。


 

インターフェイスをイネーブルにしたあとは、ケーブルが接続されていることを確認してください。ケーブルが接続されていないと、ホストはストレージ デバイスとの通信ができません。次の例にある linkFailure というメッセージは、ケーブルが接続されていない可能性を示しています(図5-4 を参照)。

図5-4 障害が発生しているスイッチ