Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
製品概要
製品概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

製品概要

特長

電源コンセント

スイッチ LED

入力電力 LED

ハートビート LED

システム障害 LED

ファイバ チャネル ポート ログイン LED

ファイバ チャネル ポート アクティビティ LED

メンテナンス ボタン

スイッチのリセット

スイッチをメンテナンス モードにする

ファイバ チャネル ポート

サポート対象の SFP トランシーバ

イーサネット ポート

コンソール ポート

製品概要

この章では、Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチおよびその物理的な特長について概要を説明します。

「特長」

「電源コンセント」

「スイッチ LED」

「メンテナンス ボタン」

「ファイバ チャネル ポート」

「サポート対象の SFP トランシーバ」

「イーサネット ポート」

「コンソール ポート」

特長

Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチは、20 ポート ファイバ チャネル スイッチです。 スイッチは、ポートがリンクの他端の速度をネゴシエートできる自動ネゴシエーション機能を備えています。 ファイバ チャネル ポートは、接続されたデバイスの機能に応じて、1 Gbps、2 Gbps、または 4 Gbps を自動ネゴシエートします。 各スイッチは、1 RU のラックに格納されています。 管理アクセスは、10/100 イーサネット インターフェイスおよびシリアル コンソール インターフェイスを介して実行できます。

Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチは、次の特長を備えています。

1 RU あたり 20 ポート

単一のデバイス、ループ デバイス、またはその他のスイッチへのファイバ チャネル接続の自動検出

ポート伝送速度を 1 Gbps、2 Gbps、または 4 Gbps に自動ネゴシエーション

ポート インターフェイスでの、フィールド交換可能なホットスワップ対応 Small Form Factor Pluggable(SFP)トランシーバのサポート

前面から背面への通気

Cisco MDS 9000 FabricWare ソフトウェア

Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチの設定方法の詳細については、 『Cisco MDS 9020 Fabric Switch Configuration Guide and Command Reference』 を参照してください。

Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチをサードパーティ製スイッチと相互運用するように設定する方法の詳細については、『 Cisco MDS 9000 Family Switch-to-Switch Interoperability Configuration Guide 』を参照してください。

電源コンセント

スイッチに電力を供給するには、電源コードの一方を、図1-1 に示すスイッチ AC 電源コンセントに、もう一方を 110 または 230 VAC 電源に差し込みます。

図1-1 電源コンセント

 

 

1

AC 電源コンセント

スイッチ LED

図1-2 に示すスイッチ LED は、スイッチの動作ステータスに関する情報を提供します。 スイッチ LED には、次のものがあります。

「入力電力 LED」

「ハートビート LED」

「システム障害 LED」

「ファイバ チャネル ポート ログイン LED」

「ファイバ チャネル ポート アクティビティ LED」

各ポートには、専用のログイン LED とアクティビティ LED があります。

図1-2 スイッチ LED

 

 

1

入力電力 LED(緑)

4

ポート ログイン LED(緑)

2

ハードビート LED(緑)

5

ポート アクティビティ LED(緑)

3

システム障害 LED(黄)

入力電力 LED

入力電力 LED は、スイッチ論理回路の電圧ステータスを示します。 正常な動作時には、この LED がオンになり、スイッチ論理回路が適切な DC 電圧を受け取っていることを示します。 スイッチがメンテナンス モードになると、この LED はオフになります。

ハートビート LED

ハートビート LED は、内部スイッチ プロセッサのステータスおよび Power-On Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)の結果を示します。 正常に電源が投入されると、ハートビート LED が 1 秒間に 1 回程度の間隔で点滅し、スイッチが POST に合格し、内部スイッチ プロセッサが稼働中であることを示します。 メンテナンス モードでは、ハートビート LED は継続してオンになります。 ハートビート LED の点滅パターンの詳細については、「Power-On Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)診断」を参照してください。

システム障害 LED

システム障害 LED がオンになると、スイッチ ファームウェアまたはハードウェアに障害が存在することを示しています。 障害状態には、POST エラーと過熱状態が含まれます。 ハートビート LED は、個別の点滅パターンによって、POST エラーと過熱状態を示します。 ハートビート LED の点滅パターンの詳細については、「Power-On Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)診断」を参照してください。

ファイバ チャネル ポート ログイン LED

ログイン LED(緑)は、接続されたデバイスのログイン ステータスまたは初期ステータスを示します。 POST が正常に完了すると、スイッチのログイン LED はすべてオフになります。 ループの初期化またはポートのログインが正常に終了すると、スイッチは該当するポートのログイン LED をオンにします。 これは、ポートが適切に接続され、接続されたデバイスと通信可能であることを示しています。 ログイン LED は、ポートが初期化されているか、ログインされているかぎりオンのままです。ポート接続が切断されたか、ポートを無効にするエラーが発生した場合、ログイン LED は点滅します。 ログイン LED の詳細については、「ログイン LED の表示」を参照してください。

ファイバ チャネル ポート アクティビティ LED

アクティビティ LED は、データがポートを経由していることを示します。 ポートが送信または受信するフレームごとに、この LED は 50 ミリ秒間オンになります。 これによって、単一のフレームの伝送を監視することができます。

メンテナンス ボタン

図1-3 に示すメンテナンス ボタンは、フロント パネルにある 2 つの役割を持った一時的なスイッチです。 目的は、スイッチをリセットすることと、スイッチをメンテナンス モードにすることです。 メンテナンス モードでは、IP アドレスが 10.0.0.1 に設定され、メンテナンス目的でスイッチにアクセスできます。 メンテナンス モードの使用方法の詳細については、「メンテナンス モードを使用したスイッチの回復」を参照してください。

図1-3 メンテナンス ボタン

 

 

1

メンテナンス ボタン

スイッチのリセット

スイッチをリセットするには、先の尖った工具で一瞬メンテナンス ボタンを押し、離します(2 秒未満)。 スイッチは次のように動作します。

1. システム障害 LED 以外のスイッチ LED はすべてオンになります。

2. 約 1 分後、POST が開始し、ハートビート LED がオフになります。

3. POST が終了すると、入力電力 LED がオンになり、ハートビート LED が 1 秒間に 1 回程度の間隔で点滅します。

スイッチをメンテナンス モードにする

スイッチをメンテナンス モードにするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 スイッチをファブリックから切り離します。

ステップ 2 次のいずれかの方法で、PC コンソールをスイッチに接続します。

10/100BASE-T クロス ケーブルを管理イーサネット ポートに接続する

コンソール ケーブル(ヌルモデム F/F DB9)を RS-232 コンソール ポートに接続する

ステップ 3 先の尖った工具で メンテナンス ボタンを押し続けます。 ハートビート LED がオンのままになったら、ボタンを離します。


 

スイッチがメンテナンス モードの間は、ハートビート LED はオンのままです。 メンテナンス モードを終了し、正常動作に戻るには、メンテナンス ボタンを一瞬押して離し、スイッチをリセットします。

ファイバ チャネル ポート

Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチには、1 ~ 20 までの番号が付いた 20 個のファイバ チャネル ポートがあります。各ファイバ チャネル ポートは SFP オプティカル トランシーバによって使用され、1.0625 Gbps、2.125 Gbps、または 4.250 Gbps の速度に対応します。 スイッチは、次のポート動作モードをサポートします。

E―拡張ポート(E ポート)は、2 つのファイバ チャネル スイッチを相互接続します。 E ポートは、Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)を使用してスイッチ間でフレームを搬送して、ファブリックの設定と管理を可能にします。

F―ファブリック ポート(F ポート)は、Point-to-Point(PTP; ポイントツーポイント)リンクを使用して、スイッチを周辺ホストまたはファブリック終端ノード(N ポート)に接続します。 F ポートは、1つの N ポートだけに接続できます。

FL―ファブリック ループ ポート(FL ポート)は、スイッチをパブリック ループに接続します。

Fx―F ポート モードまたは FL ポート モードのどちらかとして動作できます。 Fx ポートのモードは、インターフェイスの初期設定中に決定されます。

Auto―E ポート、F ポート、FL ポートのいずれかのモードで動作します。 Auto モードは、インターフェイスの初期設定中に決定されます。

『Cisco MDS 9020 Fabric Switch Configuration Guide and Command Reference』 を参照してください。

サポート対象の SFP トランシーバ

Short Wavelength(SWL; 短波)または Long Wavelength(LWL; 長波)のファイバ チャネル SFP トランシーバは、シスコから入手可能で、Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチでサポートされています。 SFP トランシーバは、フィールド交換可能です。 スイッチでサポートされている SFP トランシーバであれば、どのような組み合わせでも使用できます。 唯一の制限は、SWL トランシーバは SWL トランシーバとペアにし、LWL トランシーバは LWL トランシーバとペアにする必要があることです。また、信頼性のある伝送を行うには、規定ケーブル長を超えるケーブルを使用すべきではありません。

シスコのファイバ チャネル SFP トランシーバは LC コネクタを備えており、FC-PI 10.0 2 に定義されている 1 Gbps、2 Gbps、および 4 Gbps のファイバ チャネル規格に適合しています。

2 Gbps の伝送距離は、次のとおりです。

LWL: 9 ミクロン Single Mode Fiber(SMF; シングル モード光ファイバ)で最大 10 km

SWS: 50 ミクロン Multi-Mode Fiber(MMF; マルチモード光ファイバ)で最大 300 m

SWS: 62.5 ミクロン MMF で最大 150 m

トランシーバの仕様の詳細については、 付録 D「ケーブルおよびポートの仕様」 を参照してください。

サポートされる SFP トランシーバのリストについては、 『Release Notes for Cisco MDS 9020 Fabric Switch for FabricWare Release 2.1(2)』 を参照してください。 特定の Cisco SFP トランシーバの詳細については、「Cisco ファイバ チャネル SFP トランシーバの仕様」を参照してください。 SFP トランシーバは、個別に、または Cisco MDS 9020 ファブリック スイッチと一緒に発注することができます。

イーサネット ポート

イーサネット ポートは、10/100 Base-T イーサネット ケーブルを使用して管理ワークステーションへ接続するための RJ-45 コネクタです。 イーサネット ポートには、図1-4 に示すとおり、 リンク ステータス LED(緑)とアクティビティ LED(緑)の 2 つの LED があります。 リンク ステータス LED は、イーサネット接続が確立されているときに継続してオンになります。 アクティビティ LED は、イーサネット接続を介してデータを送信中または受信中にオンになります。

図1-4 イーサネット ポート LED

 

1

リンク ステータス LED

2

アクティビティ LED

コンソール ポート

スイッチには、図1-5 に示すとおり、メンテナンス目的で使用するための RS-232 シリアル コンソール ポートがあります。 Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)を使用し、コンソール ポートを介してスイッチを管理できます。 コンソール ポートの接続には、ヌルモデム DB9 ケーブルを使用してください。 コンソール ポートをワークステーションに接続する方法の詳細については、「コンソール ポートの接続」を参照してください。

図1-5 コンソール ポート

 

1

コンソール シリアル ポート