Cisco SCMS SM SCE-Sniffer RADIUS LEG リファレンス ガイド Release 3.1
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 264KB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの変更履歴

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびシスコのセキュリティ ガイドライン

Japan TAC Web サイト

はじめに

May 30, 2007, OL-8234-04-J

このマニュアルでは、RADIUS スニファをベースとする Remote Authentication Dial-In User Service(RADIUS)Login Event Generator(LEG)の概要、およびこの LEG を SCMS Subscriber Manager(SM)プラットフォームにインストールして設定する手順を説明します。


) このマニュアルは、電気通信機器とそのインストレーション手順、Cisco SCMS サブスクライバ管理とサブスクライバ統合の概要、および RADIUS プロトコルについて基本的な知識がある読者を対象としています。


シスコのサブスクライバ統合の概念に関する詳細は、『 Cisco SCMS Subscriber Manager User Guide 』を参照してください。

ここでは、次の内容について説明します。

「対象読者」

「マニュアルの変更履歴」

「マニュアルの構成」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびシスコのセキュリティ ガイドライン」

対象読者

このマニュアルは、SCE-Sniffer RADIUS LEG および Cisco SCMS サブスクライバ管理とサブスクライバ統合の概念について詳しい知識を持つシステム管理者およびシステム インテグレータを対象としています。

マニュアルの変更履歴

 

Cisco Service Control リリース
Part Number
発行日

Release 3.1.0

OL-8234-04

2007 年 5 月

変更点

3.1.0 リリースへの更新

 

Cisco Service Control リリース
Part Number
発行日

Release 3.0.5

OL-8234-03

2006 年 11 月

変更点

サブスクライバ IP の関連付けに関する新規セクションが追加されました( サブスクライバ IP の関連付けを参照)。

サブスクライバ IP アドレスの設定に関する新規セクションが追加されました( サブスクライバ IP アドレスの設定を参照)。

このマニュアルの本文全体に小さな変更が加えられました。

 

Cisco Service Control リリース
Part Number
発行日

Release 3.0.3

OL-8234-02

2006 年 5 月

変更点

Accounting-Interim-Update パケットに関する新規セクションが追加されました( Accounting-Interim-Update パケットを参照)。

このマニュアルの本文全体に小さな変更が加えられました。

 

Cisco Service Control リリース
Part Number
発行日

Release 3.0

OL-8234-01

2005 年 12 月

変更点

このマニュアルの初版

マニュアルの構成

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

表1

タイトル
説明

第 1 章

SCE-Sniffer RADIUS LEG の概要

SCE-Sniffer RADIUS LEG ソフトウェア モジュールおよび用語と概念について説明します。

第 2 章

SCE-Sniffer RADIUS LEG の機能

ログインおよびログアウト動作での SCE-Sniffer
RADIUS LEG のトランザクションについて説明します。

第 3 章

SCE-Sniffer RADIUS LEG のインストール

SM SCE-Sniffer RADIUS LEG のインストール手順について説明します。

第 4 章

SCE-Sniffer RADIUS LEG の設定

SCE-Sniffer RADIUS LEG の設定手順について説明します。

第 5 章

SCE-Sniffer RADIUS LEG CLU の使用方法

LEG についての情報および統計を取得するためのコマンドライン ユーティリティについて説明します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

太字 はコマンド、キーワード、ボタンを表します。

イタリック体 は、ユーザが入力する引数を表します。

screen フォントは、画面に表示される情報の例を表します。

太字 screen フォントは、ユーザが入力しなければならない情報を表します。

縦棒( | )は、選択要素の区切りを表します。

角カッコ([ ])は、省略可能な要素を表します。

波カッコ({})は、必須の選択肢を表します。

角カッコ内の波カッコ([{}])は、省略可能な要素の中の必須選択肢を表します。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



ワンポイント・アドバイス 「時間の節約に役立つ操作」です。記述されている操作を実行すると時間を節約できます。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


関連資料

この『 Cisco SCMS SM SCE-Sniffer RADIUS LEG リファレンス ガイド 』と併せて、SCMS のサブスクライバ マネージャ ユーザ ガイド、API ガイド、およびリファレンス ガイドを参照してください。

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびシスコのセキュリティ ガイドライン

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、マニュアルに関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、および推奨する他のシスコ マニュアルに関する情報については、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。『 What's New in Cisco Product Documentation 』には、シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧が示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/