Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
MPLS/VPN BGP LEG の設定
MPLS/VPN BGP LEG の設定
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

MPLS/VPN BGP LEG の設定

MPLS/VPN BGP LEG の設定

コンフィギュレーション ファイルの例

MPLS/VPN BGP LEG の SM の設定

MPLS/VPN BGP LEG の設定

ここでは、MPLS/VPN BGP LEG の設定手順について説明します。

Subscriber Manager(SM)MPLS/VPN BGP LEG は、コンフィギュレーション ファイルである p3bgpleg.cfg ファイルを使用して設定します。このファイルは sm-inst-dir/sm/server/root/config ディレクトリにあります( sm-inst-dir は、SM のインストレーション ディレクトリです)。コンフィギュレーション ファイルがロードされるのは、SM MPLS/VPN BGP LEG の起動時のみです。

コンフィギュレーション ファイルには、ルーティング情報の収集先である PE の IP アドレスが保持されます。コンフィギュレーション ファイルをリロードすると、すべての BGP 接続が終了し、BGP LEG はコンフィギュレーション ファイルに設定されている IP アドレスからの接続の再確立を待機します。

コンフィギュレーション ファイルは複数のセクションで構成されていて、各セクションには、一般設定セクションの [General] など、カッコ付きのタイトルが付いています。各セクションには、 parameter=value 形式の 1 つ以上のパラメータが含まれています。番号記号(#)で始まる行は、コメント行です。

「MPLS/VPN BGP LEG の設定」

「コンフィギュレーション ファイルの例」

「MPLS/VPN BGP LEG の SM の設定」

MPLS/VPN BGP LEG の設定

このセクションでは、各セクションのコンフィギュレーション ファイルについて説明します。

[General] セクションには、次のパラメータが含まれています。

as-num

BGP LEG の自律システム番号を定義します。このパラメータは必須で、デフォルト値はありません。

指定できる値は 1 ~ 65535 です。

max-route-burst

PE 接続時または refresh-all 実行時のルート バーストの推定値を定義します。

このパラメータにより、BGP LEG と SM との間の PRPC バッファ サイズが設定されます。

このパラメータは必須で、p3bgpcfg コンフィギュレーション ファイルのデフォルト値は 100,000 ルートです。

[PE.xxxxxxxx] セクションには、PE またはルート リフレクタ情報が含まれます。各 PE セクションに、固有の PE/ルート リフレクタ名を設定する必要があります。このセクションには、次のパラメータがあります。

access

PE/ルート リフレクタがアクセスする 1 つ以上の IP アドレスを定義します(ドット付き表記)。最低 1 つのアクセス用 IP アドレスを設定する必要があります。必要ならば、追加の IP アドレスをカンマで区切って同じ行に指定します。2 つの PE セクションに同じ IP アドレスを設定することはできません。

as-num

PE/ルート リフレクタに接続する自律システム番号を定義します。このパラメータは任意です。指定しない場合、 [General] セクションに定義されている自律システム番号が使用されます。

コンフィギュレーション ファイルの例

次に、MPLS/VPN BGP LEG コンフィギュレーション ファイルの例を示します。

[General]
as-num=255
max-route-burst=100000
[PE.site104]
access=10.56.211.80, 10.0.1.2, 10.55.123.56
[PE.site110]
access=10.28.233.129
as-num=110
[PE.10.56.211.81]
access=10.56.211.81

MPLS/VPN BGP LEG の SM の設定

SM MPLS/VPN BGP LEG をサポートするには、SM を設定する必要があります。SM コンフィギュレーション ファイルである p3sm.cfg ファイルに、 [MPLS/VPN] という MPLS/VPN の設定セクションが含まれています。このセクションには、次のパラメータがあります。

vpn_id

VPN の識別に使用する BGP 属性を定義します。

このパラメータに指定できる値は、 RD または RT です。

デフォルトの値は、 RT です。

log_all

BGP LEG のロギング レベルを定義します。

このパラメータの設定値は、 true または false です。

デフォルトの値は、 false です。

このパラメータを true に設定すると、 SM は受信したすべての BGP パケットをロギングします。統合/テストの実行中は、このパラメータを true に設定します。

SM の設定の詳細については、『 Cisco SCMS Subscriber Manager User Guide 』を参照してください。