Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
MPLS/VPN BGP LEG のインストール
MPLS/VPN BGP LEG のインストール
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

MPLS/VPN BGP LEG のインストール

パッケージの内容

MPLS/VPN BGP LEG のソフトウェアのインストール

BGP LEG への VCS リソースの追加

BGP LEG からの VCS リソースの削除

MPLS/VPN BGP LEG のインストール

ここでは、SM MPLS/VPN BGP LEG のインストールおよびアンインストールする手順を説明します。

SM MPLS/VPN BGP LEG は Subscriber Manager(SM)上にインストールする外部コンポーネントです。SM MPLS/VPN BGP LEG の配布は、SM LEG 配布の一部です。

SM MPLS/VPN BGP LEG インストール パッケージには、コンフィギュレーション ファイルおよび Command-Line Utility(CLU; コマンドライン ユーティリティ)のセットが含まれています。

SM MPLS/VPN BGP LEG をインストールできるのは、Red Hat Linux プラットフォーム上のみです。

「パッケージの内容」

「MPLS/VPN BGP LEG のソフトウェアのインストール」

「BGP LEG への VCS リソースの追加」

「BGP LEG からの VCS リソースの削除」

パッケージの内容

次の表に、シスコ社が提供している SM MPLS/VPN BGP LEG 配布パッケージの内容を示します。

 

表29-1 SM MPLS/VPN BGP LEG 配布パッケージの内容

パス
ファイル名
説明

DIST_ROOT/bgp_leg

SM MPLS/VPN BGP LEG ファイル

bgp_leg.tar.gz

SM MPLS/VPN BGP LEG 配布

install-bgp-leg.sh

SM MPLS/VPN BGP LEG インストレーション スクリプト

linux-def.sh

Linux 特定の定義スクリプト

sm-common.sh

一般インストレーション スクリプト

MPLS/VPN BGP LEG のソフトウェアのインストール


ステップ 1 SM マシンに SM LEG 配布ファイルをコピーし、 gunzip コマンドを使用してこれを展開します。

>gunzip SM_LEG_3.1.5_Bbbb.tar.gz
>tar -xvf SM_LEG_3.1.5_Bbbb.tar.gz
>cd bgp_leg
 

ステップ 2 BGP LEG インストレーション スクリプトを実行します。

#/install-bgp-leg.sh
 

SM に SM MPLS/VPN BGP LEG が自動的にインストールされ、インストレーションのオペレーティング システムに応じて OS 特定の定義スクリプトが実行されます。


) インストレーション スクリプトは、ルート権限のもとで実行されなければいけません。


ステップ 3 BGP LEG に VCS リソースを追加します。


 

BGP LEG への VCS リソースの追加

SM クラスタ トポロジでは、Veritas Cluster Server(VCS)が BGP LEG プロセスをモニタして、プロセスが実行されていることを確認する必要があります。これを実行するには、LEG をモニタおよび制御するリソースを VCS に設定する必要があります。


ステップ 1 /opt/VRTSvcs/bin/OnOnlyProcess/OnOnlyProcess.cf ファイルから、OnOnlyProcess エージェントのタイプをインポートします。

ステップ 2 サービス グループに BGP_LEG という OnOnlyProcess リソースを追加します。

ステップ 3 各サーバ上で、telnet を介して >ps -ea -o pid,s,args コマンドを実行します。

ステップ 4 テキスト内の「bgpleg」を含む行を検索します。

この行に、次の手順で使用する BGP LEG のパスおよび引数が含まれています。

ステップ 5 OnlineCmd PathName 、および Arguments パラメータを定義します。

OnlineCmd ― BGP LEG start コマンドを入力します。例:

/opt/pcube/sm/server/bin/p3bgp --start
 

PathName ― BGP LEG プロセス パス(前の手順で取得したパス)を入力します。例:

/opt/pcube/sm/server/addons/bgpleg/bgpleg
 

Arguments ― BGP LEG プロセスの引数(前の手順で取得した引数)を入力します。例:

-launch /opt/pcube/sm/server/root/config/p3bgpleg.cfg

ステップ 6 OK をクリックします。

次の図に、Add Resource ウィンドウを示します。

図29-1 Add VCS Resource ウィンドウ

 


) 引数の行は、実際の完全な引数値よりも短いことがありますが、問題はありません。



 

BGP LEG からの VCS リソースの削除


ステップ 1 削除したい BGP LEG リソースのアイコンを右クリックします。

ステップ 2 ドロップダウン リストから、 Delete を選択します。

図29-2 VCS リソースの削除

 


) VCS リソースが存在しなくなると、BGP LEG は非アクティブになります。BGP LEG をアクティブにするには、最低 1 つのリソースが必要です。