Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
CNR LEG の概要
CNR LEG の概要
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

CNR LEG の概要

CNR LEG モジュール

CNR LEG の概要

ここでは、Subscriber Manager CNR LEG ソフトウェア モジュールについて説明します。

Cisco Network Registrar(CNR; Cisco ネットワーク レジストラ)Login Event Generator(LEG)は、CNR から Cisco Service Control Management Suite Subscriber Manager(SCMS SM)にログインおよびログアウト イベントを転送するソフトウェア モジュールです。The CNR LEG は、実際には C++ で開発された CNR 拡張機能です。CNR LEG が使用する拡張ポイントは次のとおりです。

init-entry

post-send-packet

post-packet-decode

CNR LEG モジュール

CNR LEG モジュールのすべての DHCP 要求は、Option 82 Sub Option 2(リレーエージェント情報オプション、リモート ID サブオプション)を使用し、CM-MAC が含まれている必要があります。Option 82 が更新トランザクションに存在しない場合、IP アドレスにのみ基づいてリース期限を延長する試みが行われます。リース期間が延長されるのは、この IP アドレスが LEG によって Subscriber Manager(SM)にログインした場合(完全な DHCP トランザクションの場合)か、他のインターフェイス経由で SM にログインした場合だけです。

CNR LEG は、CNR で実行される DHCP DoS 攻撃(サービス拒絶攻撃)から、SM および SM への接続を保護します。SM へのログイン回数を減らすため、LEG は CNR が承認した同一の DHCP 要求を無視します。この要求は短いインターバルで CNR に送信されます。

拡張ポイントを使用した CNR 機能の拡張については、『 CNR CLI Reference Guide 』を参照してください。

CNR LEG は、機能的な正確性および堅牢性を配慮して開発され、Solaris および Windows プラットフォームで十分にテスト済みです。CNR の安定性や信頼性を損なうことはありません。