Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
RADIUS Listener LEG のインストール
RADIUS Listener LEG のインストール
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

RADIUS Listener LEG のインストール

RADIUS Listener LEG ソフトウェアのインストール

RADIUS Listener LEG のアンインストール

RADIUS Listener LEG のインストール

ここでは、Subscriber Manager(SM)上にソフトウェアをインストールする手順を説明します。また、ソフトウェアのアンインストールについても説明します。

RADIUS Listener LEG は、SM インストール パッケージの一部です。インストール パッケージには LEG のコンフィギュレーション ファイルと Command-line Utility(CLU; コマンドライン ユーティリティ)も含まれています。

「RADIUS Listener LEG ソフトウェアのインストール」

「RADIUS Listener LEG のアンインストール」

RADIUS Listener LEG ソフトウェアのインストール


ステップ 1 RADIUS Listener LEG コンフィギュレーション ファイルを編集します。

SM 起動時に RADIUS Listener LEG を実行するには、 start パラメータを yes に設定します。「基本設定」を参照してください。

ステップ 2 p3sm CLU を使用してコンフィギュレーション ファイルをロードします。

SM CLU sm-inst-dir/sm/server/bin から、 p3sm CLU を実行します( sm-inst-dir は、SM のインストール ディレクトリです)。

>p3sm --load-config

ステップ 3 RADIUS Listener LEG に RADIUS アカウンティング メッセージを送信する NAS デバイスを設定します。

RADIUS アカウンティング メッセージを RADIUS Listener にプロキシまたは転送する RADIUS クライアントとして動作している RADIUS サーバを NAS デバイスにしてもかまいません。

これらの RADIUS クライアントは、上記のステップ 1 で修正した RADIUS Listener コンフィギュレーションに従って設定される必要があります。異なる多数の RADIUS クライアント デバイスがある場合は、それぞれを異なる方法で設定します。RADIUS クライアントの設定手順については、「 NAS デバイスの設定 」を参照してください。


 

RADIUS Listener LEG のアンインストール


ステップ 1 SM コンフィギュレーション ファイルを編集して、RADIUS Listener start パラメータを no に設定します。

詳細については、「基本設定」を参照してください。


start パラメータを no に設定しても、SM インストレーションから RADIUS Listener LEG は削除されません。start パラメータを yes に設定すれば、このソフトウェアを再インストールできます。


ステップ 2 p3sm CLU を実行します。

>p3sm --load-config