Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール
SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール

SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール

前提条件

SCE-Sniffer DHCP LEG のアンインストール

SCE-Sniffer DHCP LEG のアップグレード

SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール

ここでは、Subscriber Manager(SM)に、SCE-Sniffer DHCP Login Event Generator(LEG)をインストールし、アンインストールし、アップグレードする手順について説明します。

SCE-Sniffer DHCP LEG は、SM ソフトウェアの外部コンポーネント(PQI ファイル)であり、SM コマンドライン ユーティリティ(CLU)を使用して個別にインストールする必要があります。SCE-Sniffer DHCP LEG ディストリビューションは、SM LEG ディストリビューションの一部です。

LEG のインストレーション パッケージには、SCE-Sniffer DHCP LEG のコンフィギュレーション ファイルおよび CLU コマンド一式が含まれています。

「SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール」

「SCE-Sniffer DHCP LEG のアンインストール」

「SCE-Sniffer DHCP LEG のアップグレード」

SCE-Sniffer DHCP LEG のインストール

前提条件

すべての SM および SCE デバイスに Service Control Application for Broadband(SCA BB)がインストールされていることを確認します。アプリケーションがインストールされていない場合、『 Cisco Service Control Application for Broadband User Guide 』に従ってアプリケーションをインストールします。


ステップ 1 SCE-Sniffer DHCP LEG の PQI ファイルをインストールします。

SM CLU ディレクトリ ~pcube/sm/server/bin から p3inst CLU を実行します。

>p3inst --install -f dhcpsnif.pqi

) PQI ファイルをインストールしたあと、SM は自動的に再起動します。


ステップ 2 SCE-Sniffer DHCP LEG のコンフィギュレーション ファイルを編集します。

SCE-Sniffer DHCP LEG には ~pcube/sm/server/root/config の下に次の 2 つのコンフィギュレーション ファイルがあります。

dhcpsnif.cfg ― LEG の一般的なアトリビュートを設定します。

dhcp_pkg.cfg ― パッケージ割り当てのためのルールを設定します。


) 最初のインストールの直後に、これらのファイルの扱いに慣れておき、必要に応じて編集することを推奨します。詳細については、「SCE-Sniffer DHCP LEG の設定」を参照してください。


ステップ 3 p3sm CLU を使用して、コンフィギュレーション ファイルを SM にロードします。

SM CLU から p3sm CLU を実行します。

この CLU により、新しい設定が SM にロードされ、アクティブになります。

>p3sm --load-config
 

ステップ 4 RDR を LEG に送信するよう SCE を設定します。

SCE プラットフォームで RDR フォーマッタ Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)を実行し、LEG をカテゴリ 3 の RDR の宛先として追加します。SM の RDR サーバによって定義されているのと同じポート番号を使用する必要があります。デフォルトのポート番号は 33001 です。


) SM クラスタ トポロジをサポートするには、次の CLI でクラスタ VIP を SM-IP として設定します。


SCE2000>configure
SCE2000(config)>RDR-formatter destination SM-IP port port category number 3 priority 100
SCE2000(config)>exit
 


 

SCE-Sniffer DHCP LEG のアンインストール


ステップ 1 RDR フォーマッタの設定を削除します。

SCE プラットフォームで RDR フォーマッタ CLI を実行し、カテゴリ 3 の RDR の宛先としての LEG を削除します。

SCE2000>configure
SCE2000(config)>no RDR-formatter destination SM-IP port port
SCE2000(config)>exit
 

ステップ 2 p3inst CLU を実行して、SCE-Sniffer DHCP LEG をアンインストールします。

>p3inst --uninstall -f dhcpsnif.pqi

) アンインストール プロセスのあと、SM は自動的に再起動します。



 

SCE-Sniffer DHCP LEG のアップグレード

SCE-Sniffer DHCP LEG と SM のバージョンは同一でなければいけません。したがって、SM アップグレード プロセスの一部として SCE-Sniffer DHCP LEG をアップグレードする必要があります。SCE-Sniffer DHCP LEG のアップグレードは、SM のアップグレード プロセスと一緒に実行します。


ステップ 1 SCE-Sniffer DHCP LEG のコンフィギュレーション ファイルをバックアップします。

次のステップのアンインストール プロセスで、オリジナルのコンフィギュレーション ファイルは削除されます。

ステップ 2 アップグレード中に、SCE に RDR を保存させます。

SCE に RDR を保存させるには、RDR Server セクションの start パラメータを false に設定して、SM の RDR サーバをディセーブルにし、次の CLU を実行することで設定をロードします。

>p3sm --load-config
 

ステップ 3 p3inst CLU を実行して、SCE-Sniffer DHCP LEG をアンインストールします。

>p3inst --uninstall -f dhcpsnif.pqi

) アンインストール プロセスが正常に終了したら、SM は自動的に再起動します。


ステップ 4 SM のアップグレードを実行します。

SM のアップグレード手順については、『 Cisco SCMS Subscriber Manager User Guide 』を参照してください。

ステップ 5 p3inst CLU を実行して、新しいバージョンの SCE-Sniffer DHCP LEG をインストールします。

>p3inst --install -f dhcpsnif.pqi
 

ステップ 6 SCE-Sniffer DHCP LEG のコンフィギュレーション ファイルを復元します。

ステップ 7 SCE が、アップグレード中に保存された RDR を送信するには、RDR Server セクションで、start パラメータを true に設定して、SM の RDR サーバをイネーブルにします。

ステップ 8 p3sm CLU を実行して、SM の新しい設定をロードします。

>p3sm --load-config