Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
SCE-Sniffer DHCP LEG の概要
SCE-Sniffer DHCP LEG の概要
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

SCE-Sniffer DHCP LEG の概要

SCE-Sniffer DHCP LEG の概要

SCE-Sniffer DHCP LEG の動作

SCE-Sniffer DHCP LEG 機能の概要

DHCP 初期ログイン トランザクション

DHCP リース延長トランザクション

DHCP リリース トランザクション

SCE-Sniffer DHCP LEG の概要

ここでは、Service Control Management Suite(SCMS)Subscriber Manager(SM)SCE-Sniffer DHCP Login Event Generator(LEG)ソフトウェア モジュールについて説明します。

「SCE-Sniffer DHCP LEG の概要」

「SCE-Sniffer DHCP LEG 機能の概要」

SCE-Sniffer DHCP LEG の概要

SCMS SM SCE-Sniffer DHCP LEG は、DHCP スニファ サービスが設定された Service Control Engine(SCE)デバイスからの DHCP 情報を含んだ Raw Data Record(RDR)メッセージを受信するソフトウェア モジュールです。SCE-Sniffer DHCP LEG は、SM ソフトウェアの拡張機能であり、SM の一部として動作します。

SCE-Sniffer DHCP LEG の動作

SCE デバイスは DHCP トラフィックを分析し、RDR プロトコルを使用して DHCP トランザクションを SM デバイスにレポートします。SM は RDR からモデムの Media Access Control(MAC; メディア アクセス制御)アドレス、Customer Premise Equipment(CPE; 顧客宅内機器)の IP アドレス、および任意でサブスクライバ パッケージ情報を抽出し、SM へのログインまたはログアウト動作を実行します。

図13-1 に、SCE-Sniffer DHCP LEG の動作を示します。

図13-1 SCE-Sniffer DHCP LEG の動作

 

SCE-Sniffer DHCP LEG 機能の概要

SCE デバイスは、DHCP トランザクションの DHCP ACK パケットを分析し、その情報を SM にある SCE-Sniffer DHCP LEG に送信します。LEG は、SCE デバイスから送信された情報を使用して、SM へのログインおよびログアウト動作を実行します。LEG の動作に関連した DHCP トランザクションは、初期ログイン、リース延長、およびリリースです。

「DHCP 初期ログイン トランザクション」

「DHCP リース延長トランザクション」

「DHCP リリース トランザクション」

DHCP 初期ログイン トランザクション

次に、DHCP 初期ログイン トランザクションから抽出されたアトリビュートについて詳しく説明します。

サブスクライバ ID

ケーブル環境の場合 ― デフォルトでは、サブスクライバ ID はモデムの MAC アドレスで、Option 82(DHCP リレー エージェント情報オプションのリモート ID サブオプション)から抽出されます。したがって、正常なログイン動作のためには、DHCP 初期ログイン トランザクションで、Option 82 にモデムの MAC アドレスが含まれている必要があります。Option 82 が存在しない場合、ログイン動作は実行できません。また、Option 82 の値を haddr フィールドと比較してモデム トランザクションを特定し、SM へのモデムの IP アドレスにログインできません。

非ケーブル DHCP 環境の場合 ― LEG はサブスクライバ ID の他の DHCP オプションを使用することをサポートします。パケットに DHCP オプションが含まれていない場合、IP アドレスをフォールバックとして使用できません。この場合、サブスクライバ ID は IP_a.b.c.d 形式です。

サブスクライバ ID に関する決定チェーンは次のとおりです。

a. DHCP オプションが設定されている場合、これをサブスクライバ ID として使用します。

b. それ以外の場合で、IP へのフォールバックがイネーブルの場合、IP アドレスを使用します。

c. それ以外の場合は、IP アドレスにのみ基づいてリースを延長しようとします(データベースに IP アドレスが登録されている場合にのみ有効)。

IP アドレス

モデムに接続された CPE デバイスの数に応じて、各サブスクライバが複数の IP アドレスを持っている場合があります。DHCP メッセージの 割り当てられた IP アドレス ごとにログイン動作が実行されます。

トランザクションが CPE デバイスと関連付けられている場合、その CPE デバイスに割り当てられた IP アドレスが SM データベースに追加されます。モデムの IP アドレスは SM データベースに追加されません。トランザクションがモデム デバイスと関連付けられている場合、IP マッピングは SM データベースに追加されませんが、ログイン動作は実行され、パッケージ情報が更新されます

リース期限

トランザクションが CPE デバイスと関連付けられている場合、Option 51(リース期限オプション)のリース期限を使用して、割り当てられた IP アドレスが SM データベースに追加されます。Option 51 にはリース期限が含まれている必要があります。含まれていない場合、ログイン動作は実行されません。

ポリシー

ポリシー情報は、DHCP メッセージの設定可能なオプションに従って割り当てられます。LEG には、DHCP パケットからのパッケージ情報データをサブスクライバ パッケージ ID に変換するコンポーネントが含まれます。パケットにパッケージ情報が含まれていない場合は、デフォルトのパッケージを使用してサブスクライバをログインさせたり、パッケージ情報をまったく使用せずにサブスクライバをログインさせたりすることもできます。

上記の情報を抽出したあと、LEG は SM へのログイン動作を実行します。

DHCP リース延長トランザクション

DHCP 初期ログイン トランザクションに関する DHCP リース延長トランザクションから同じアトリビュートが抽出されますが、Option 82 の存在は必須ではありません。Option 82 からモデムの MAC アドレスを取得できない場合、SM データベースでこの情報が照会されます。

DHCP リリース トランザクション

DHCP リリース トランザクションは、他の DHCP トランザクションと異なって処理されます。トランザクションが CPE デバイスと関連付けられている場合、LEG は CPE の IP アドレス(パケット内では解放された IP アドレスとして表示)を使用して、SM のログアウト動作を実行します。


) ログアウト動作は、サブスクライバのリース期限が満了したとき、および自動ログアウトを実行するよう SM が設定されている場合にも実行されます。リリース トランザクションもログアウト動作を実行しますが、SM の自動ログアウト メカニズムに代わるものではありません。