Cisco SCMS SM LEGs ユーザ ガイド Release 3.1.6
SCE の統合
SCE の統合
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

SCE の統合

SCE 上での DHCP Lease Query LEG のインストール

SCE 上での DHCP Lease Query LEG のアンインストール

DHCP Lease Query LEG のアップグレード

SCE の統合


) このマニュアルが該当するのは、SM なしの構成で DHCP Lease Query LEG を Service Control Engine(SCE)デバイスに直接インストールする場合だけです。


ここでは、SCE での DHCP Lease Query LEG のインストール、アンインストール、およびアップグレード手順について説明します。

SM なしの統合では、カスケード型の SCE インストールをサポートします。

「SCE 上での DHCP Lease Query LEG のインストール」

「SCE 上での DHCP Lease Query LEG のアンインストール」

「DHCP Lease Query LEG のアップグレード」

SCE 上での DHCP Lease Query LEG のインストール


ステップ 1 DHCP Lease Query LEG の PQI ファイルをインストールします。

SCE デバイスで次の Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)を実行します。

SCE2000#>configure
SCE2000(config)#>interface LineCard 0
SCE2000(config if)#>pqi install file LEG-PQI

) PQI ファイルをインストールしたあと、管理エージェントは自動的に再起動します。管理エージェントがアップ状態になるまで待機してから、LEG の設定に進みます。


ステップ 2 SCE CLI を使用して LEG を設定します。

LEG の使用を開始する前に、DHCP サーバを設定して LEG 動作を開始する必要があります。詳細については、「 CLI による設定 」を参照してください。


 

SCE 上での DHCP Lease Query LEG のアンインストール


ステップ 1 SCE デバイス上で CLI を使用して DHCP Lease Query LEG をアンインストールします。

SCE デバイスで次の CLI を実行します。

SCE2000#>configure
SCE2000(config)#>interface LineCard 0
SCE2000(config if)#>pqi uninstall file LEG-PQI

) PQI ファイルをアンインストールしたあと、管理エージェントは自動的に再起動します。管理エージェントがアップ状態になるまで待機してから、SCE デバイスを使用します。



 

DHCP Lease Query LEG のアップグレード

DHCP Lease Query LEG は、SCE アップグレード プロセスの一部としてアップグレードする必要があります。DHCP Lease Query LEG の以前のバージョンは SM 3.x バージョンと互換性がないからです。DHCP Lease Query LEG のアップグレードは、SCE のアップグレード プロセスと一緒に実行します。


ステップ 1 DHCP Lease Query LEG のコンフィギュレーション ファイルをバックアップします。

次のステップのアンインストール プロセスで、オリジナルのコンフィギュレーション ファイルは削除されます。

バックアップするファイルは leaseq.cfg および dhcp_pkg.cfg です。これらのファイルは ~pcube/sm/server/root/config ディレクトリにあります。

ステップ 2 DHCP Lease Query LEG をアンインストールします。

SCE デバイスで次の CLI を実行します。

SCE2000#>configure
SCE2000(config)#>interface LineCard 0
SCE2000(config if)#>pqi uninstall file LEG-PQI

) PQI ファイルをアンインストールしたあと、管理エージェントは自動的に再起動します。管理エージェントがアップ状態になるまで待機してから、SCE デバイスを使用します。


ステップ 3 SCE のアップグレードを実行します。

SCE のアップグレード手順については、『 Cisco SCE Software Configuration Guide 』を参照してください。

ステップ 4 新しいバージョンの DHCP Lease Query LEG をインストールします。

SCE デバイスで次の CLI を実行します。

SCE2000#>configure
SCE2000(config)#>interface LineCard 0
SCE2000(config if)#>pqi install file LEG-PQI

) PQI ファイルをインストールしたあと、管理エージェントは自動的に再起動します。管理エージェントがアップ状態になるまで待機してから、LEG の設定に進みます。


ステップ 5 SCE CLI を使用して LEG を設定します。