Cisco SCMS SM DHCP Lease Query LEG リファレンス ガイド
DHCP Forwarder アプリケーション
DHCP Forwarder アプリケーション
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 477KB) | フィードバック

目次

DHCP Forwarder アプリケーション

DHCP Forwarder のインストール

DHCP Forwarder のアンインストール

DHCP Forwarder VCS エージェント

DHCP Forwarder リソースの追加

DHCP Forwarder リソースの削除

DHCP Forwarder アプリケーション

ここでは、DHCP Forwarder アプリケーションのインストール方法、およびリソースの追加と削除について説明します。


) DHCP Lease Query LEG が Subscriber Manager(SM)サーバにインストールされている場合のみ、この付録を参照してください。


DHCP Forwarder アプリケーションは、DHCP Lease Query LEG と DHCP サーバの間でブリッジとして動作します。LEG は DHCP Forwarder に要求を送信し、その後 DHCP Forwarder は該当する DHCP サーバに要求を転送します。DHCP Forwarder は DHCP サーバから LEG に応答を渡します。LEG は DHCP Forwarder に対して各要求を受信するサーバを示します。したがって、このアプリケーションには特別な設定は不要です。

ルート権限のあるアプリケーションのみが 1024 未満のポートを開くことができるため(DHCP はポート 67 および 68 を使用)、DHCP Forwarder はルート権限で実行されます。

「DHCP Forwarder のインストール」

「DHCP Forwarder のアンインストール」

「DHCP Forwarder VCS エージェント」

DHCP Forwarder のインストール


ステップ 1 SM DIST ルート ディレクトリの Lease_Query_LEG ディレクトリから、DHCP Forwarder インストレーション スクリプトを実行します。

DHCP Forwarder インストレーション スクリプトを ルート として実行する必要があります。

#./install-forwarder.sh
 

インストレーション スクリプトにより、DHCP Forwarder ディストリビューションが sm-inst-dir \sm\server\addons\dhcp-forwarder ディレクトリに抽出されます( sm-inst-dir は SM のインストール先ディレクトリを表します)。初期化スクリプトがコンピュータの OS に応じてそれぞれの場所に追加されます。

ステップ 2 DHCP Forwarder アプリケーションを実行します。

DHCP Forwarder アプリケーションは、以下のいずれかの方法を使用して実行することができます。

コンピュータを再起動します。初期化スクリプトが自動的にアプリケーションを起動します。

ルート として次のコマンドを実行します。

#/etc/init.d/p3dhcpforwarder start

/etc/motd ファイルが存在する場合、スクリプトを実行することはできません。ファイルは、install-forwarder.sh スクリプトを実行する前に移動または削除する必要があります。



 

DHCP Forwarder のアンインストール


ステップ 1 DHCP Forwarder アプリケーションを停止します。

アプリケーションを停止するには、 ルート として次のコマンドを実行します。

#/etc/init.d/p3dhcpforwarder stop
 

ステップ 2 DHCP Forwarder アプリケーションの起動スクリプトおよびシャットダウン スクリプトを削除します。

起動スクリプトおよびシャットダウン スクリプトを削除するには、 ルート として次のコマンドを実行します。

Solaris の場合:

# rm /etc/rc*.d/[SK]*p3dhcpforwarder
# rm /etc/init.d/p3dhcpforwarder
 

Red Hat の場合:

# rm /etc/rc.d/rc*.d/[SK]*p3dhcpforwarder
# rm /etc/rc.d/init.d/p3dhcpforwarder
 

ステップ 3 DHCP Forwarder アプリケーション ディレクトリを削除します。

アプリケーションを削除するには、次のコマンドを実行します。

# rm -r ~pcube/sm/server/addons/dhcp-forwarder
 


 

DHCP Forwarder VCS エージェント

DHCP Forwarder プロセスが常時アクティブであることを確認するために、タイプ OnOnlyProcess の Veritas Cluster Server(VCS)エージェントをリソースとして追加します。

「DHCP Forwarder リソースの追加」

「DHCP Forwarder リソースの削除」

DHCP Forwarder リソースの追加


ステップ 1 /opt/VRTSvcs/bin/OnOnlyProcess/OnOnlyProcess.cf ファイルから、OnOnlyProcess エージェントのタイプをインポートします。

ステップ 2 サービス グループに、 DHCP_Forwarder という名前の OnOnlyProcess リソースを追加します。

ステップ 3 DHCP Forwarder のパスおよび引数をメモします。

サーバごとに次のコマンドを Telnet 経由で実行します。

>ps -ea -o pid,s,args

[DHCP_FORWARDER] というテキストの入った行を探します。この行には、次のステップで使用する、DHCP Forwarder のパスおよび引数が含まれています。

ステップ 4 OnlineCmd PathName 、および Arguments パラメータを定義します。

次のようにパラメータを定義します。

OnlineCmd ― DHCP Forwarder の start コマンドを入力します。

/etc/init.d/p3dhcpforwarder start
 

PathName ― DHCP Forwarder のプロセス パス(前のステップで確認)を入力します(たとえば /opt/pcube/j2re1.4.2_05/bin/java )。

Auguments ― DHCP Forwarder のプロセス引数(前のステップで確認)を入力します(たとえば DAPP=DHCP_FORWARDER -jar /opt/pcube/sm/server )。

パラメータに関する詳細については、次の図を参照してください。

図A-1 DHCP Forwarder リソースの追加

 


) 引数行は、実際の完全な引数一覧よりも短く見えるかもしれません。これで問題はありません。



 

DHCP Forwarder リソースの削除


ステップ 1 DHCP Forwarder リソースアイコンを右クリックして、ドロップダウン メニューから Delete を選択します。

図A-2 DHCP Forwarder リソースの削除