Cisco SCMS SM DHCP Lease Query LEG リファレンス ガイド
SCE との統合 — 設定
SCE との統合 -- 設定
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 477KB) | フィードバック

目次

SCE との統合 -- 設定

SCE 上での DHCP Lease Query LEG の設定

DHCP Lease Query LEG CLI

CLI による設定

CLI による表示

SCE との統合 -- 設定

ここでは、SCE 上での DHCP Lease Query LEG の設定方法と Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)について説明します。

「SCE 上での DHCP Lease Query LEG の設定」

「DHCP Lease Query LEG CLI」

SCE 上での DHCP Lease Query LEG の設定

SCE 上の DHCP Lease Query LEG は CLI を使用して設定されます。

DHCP Lease Query LEG CLI

「CLI による設定」

「CLI による表示」

CLI による設定

DHCP Lease Query LEG の一般的な LEG 設定を行うには、CLI を使用します。

LEG をイネーブルにする場合:

SCE(config)# subscriber LEG dhcp-lease-query

LEG をディセーブルにする場合:

SCE(config)# no subscriber LEG dhcp-lease-query

DHCP サーバの IP アドレスを設定する場合(1 つまたは 2 つのアドレス):

SCE(config)# subscriber LEG dhcp-lease-query servers STRING STRING
 

DHCP サーバをリセットする場合:

SCE(config)# no subscriber LEG dhcp-lease-query servers

session_timeout 設定変数を設定する場合( DHCP Lease Query LEG の設定も参照):

SCE(config)# subscriber LEG dhcp-lease-query session-timeout DECIMAL
 

session_timeout 変数をデフォルト値に設定する場合:

SCE(config)# default subscriber LEG dhcp-lease-query session_timeout

フェールオーバー基準設定変数によって、要求が連続して失敗(タイムアウト)し、フェールオーバーをトリガーするまでの回数が定義されます。サーバに障害が発生した場合クエリーには応答しないので、これらのクエリーはタイムアウトします。連続的にクエリーがタイムアウトした回数がカウントされ、このしきい値に達したときに、セカンダリ サーバがアクティブになります。デフォルト値は 3 です。

fail_over_criteria を設定する場合:

SCE(config)# subscriber LEG dhcp-lease-query failover-criteria DECIMAL

fail_over_criteria 変数をデフォルト値に設定する場合:

SCE(config)# default subscriber LEG dhcp-lease-query failover-criteria

サブスクライバ ID のフォーマットは、バイナリまたはストリングのいずれかに設定可能です。サブスクライバ ID をバイナリに設定した場合、ASCII 16 進数ストリングに変換されたバイナリ ストリングを表します。ストリングに設定した場合、ASCII ストリングを表します。DHCP オプションがパケット内で検出されない場合に、IP をサブスクライバ ID に設定するには、ip-fallback パラメータを使用します。

サブスクライバ ID オプションを設定する場合:

SCE(config)# subscriber LEG dhcp-lease-query sub-id-option STRING binary|string [ip-fallback]
 

例:

subscriber LEG dhcp-lease-query sub-id-option 82:2 binary

この例では、サブスクライバ ID に DHCP オプション 82:2 を使用し、タイプはバイナリです。オプションが検出されない場合、フォールバックは実行されません。

subscriber LEG dhcp-lease-query sub-id-option 43:1 string ip-fallback

この例では、サブスクライバ ID に DHCP オプション 32:1 を使用し、タイプはストリングです。DHCP オプションが検出されない場合、IP がサブスクライバ ID として使用されます。

サブスクライバ ID オプションをデフォルト値に設定する場合:

SCE(config)# default subscriber LEG dhcp-lease-query sub-id-option

ポリシー アソシエーションの場合、LEG は「 ポリシー アソシエーションの設定」で説明されているのとまったく同じファイルを使用します。次の CLI を使用してコンフィギュレーション ファイルを設定してロードします(フル パスとファイル名を指定する必要があります)。

SCE(config)# subscriber LEG dhcp-lease-query package-association-file STRING
 

デフォルトのパッケージ アソシエーション コンフィギュレーションは、パッケージ情報を割り当てません。

コンフィギュレーションをデフォルトのコンフィギュレーション ファイルに戻す場合:

SCE(config)# default subscriber LEG dhcp-lease-query package-association-file

DHCP Lease Query LEG の全パラメータをデフォルトに設定するには、次の CLI を使用します。

SCE(config)# default subscriber LEG dhcp-lease-query

CLI による表示

LEG の全般的な設定を表示するには、次のコマンドを入力します。

SCE# show subscriber LEG dhcp-lease-query

LEG の統計カウンタを表示する場合:

SCE# show subscriber LEG dhcp-lease-query counters

LEG の統計カウンタをリセットする場合:

SCE# clear subscriber LEG dhcp-lease-query counters