Cisco Service Control Engine (SCE) ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Rel. 3.1
独自 MIB のリファレンス
独自 MIB のリファレンス
発行日;2012/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

独自 MIB のリファレンス

pcube エンタープライズ MIB

アプリケーション MIB の統合

アプリケーションおよびサブスクライバグループ

Engage MIB(pcubeEngageMIB)

リファレンスの使用法

pcubeModules (1.3.6.1.4.1.5655.2)

pcubeSeMIB (1.3.6.1.4.1.5655.2.3)

pcubeSeMIB オブジェクト グループ (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1)

pcubeCompliances (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.2)

pcubeWorkgroup (1.3.6.1.4.1.5655.4)

通知タイプ

operationalStatusOperationalTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.1)

operationalStatusWarningTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.2)

operationalStatusFailureTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.3)

systemResetTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.4)

chassisTempAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.5)

chassisTempAlarmOffTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.6)

chassisVoltageAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.7)

chassisFansAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.8)

chassisPowerSupplyAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.9)

rdrActiveConnectionTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.10)

rdrNoActiveConnectionTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.11)

rdrConnectionUpTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.12)

rdrConnectionDownTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.13)

loggerUserLogIsFullTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.18)

sntpClockDriftWarnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.19)

linkModeBypassTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.20)

linkModeForwardingTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.21)

linkModeCutoffTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.22)

moduleAttackFilterActivatedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.25)

moduleAttackFilterDeactivatedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.26)

moduleEmAgentGenericTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.27)

linkModeSniffingTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.28)

moduleRedundancyReadyTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.29)

moduleRedundantConfigurationMismatchTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.30)

moduleLostRedundancyTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.31)

moduleSmConnectionDownTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.32)

moduleSmConnectionUpTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.33)

moduleOperStatusChangeTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.34)

portOperStatusChangeTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.35)

chassisLineFeedAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.36)

rdrFormatterCategoryDiscardingReportsTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.37)

rdrFormatterCategoryStoppedDiscardingReportsTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.38)

sessionStartedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.39)

sessionEndedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.40)

sessionDeniedAccessTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.41)

sessionBadLoginTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.42)

illegalSubscriberMappingTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.43)

loggerLineAttackLogFullTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.44)

vasServerOperationalStatusChangeTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.45)

pullRequestNumber (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.46)

pullRequestRetryFailedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.47)

mplsVpnTotalHWMappingsThresholdExceededTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.48)

pcubeSe オブジェクト

sysOperationalStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.1)

sysFailureRecovery (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.2)

sysVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.3)

pchassisSysType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.1)

pchassisPowerSupplyAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.2)

pchassisFansAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.3)

pchassisTempAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.4)

pchassisVoltageAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.5)

pchassisNumSlots (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.6)

pchassisSlotConfig (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.7)

pchassisPsuType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.8)

pchassisLineFeedAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.9)

pmoduleTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1)

pmoduleEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1)

pmoduleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.1)

pmoduleType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.2)

pmoduleNumTrafficProcessors (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.3)

pmoduleSlotNum (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.4)

pmoduleHwVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.5)

pmoduleNumPorts (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.6)

pmoduleNumLinks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.7)

pmoduleConnectionMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.8)

pmoduleSerialNumber (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.9)

pmoduleUpStreamAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.10)

pmoduleUpStreamLastAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.11)

pmoduleDownStreamAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.12)

pmoduleDownStreamLastAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.13)

pmoduleAttackObjectsClearTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.14)

pmoduleAdminStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.15)

pmoduleOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.16)

linkTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1)

linkEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1)

linkModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.1)

linkIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.2)

linkAdminModeOnActive (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.3)

linkAdminModeOnFailure (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.4)

linkOperMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.5)

linkStatusReflectionEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.6)

linkSubscriberSidePortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.7)

linkNetworkSidePortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.8)

diskNumUsedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.5.1)

diskNumFreeBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.5.2)

rdrFormatterEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.1)

rdrFormatterDestTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2)

rdrFormatterDestEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1)

rdrFormatterDestIPAddr (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.1)

rdrFormatterDestPort (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.2)

rdrFormatterDestPriority (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.3)

rdrFormatterDestStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.4)

rdrFormatterDestConnectionStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.5)

rdrFormatterDestNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.6)

rdrFormatterDestNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.7)

rdrFormatterDestReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.8)

rdrFormatterDestReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.9)

rdrFormatterDestReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.10)

rdrFormatterNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.3)

rdrFormatterNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.4)

rdrFormatterClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.5)

rdrFormatterReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.6)

rdrFormatterReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.7)

rdrFormatterReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.8)

rdrFormatterProtocol (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.9)

rdrFormatterForwardingMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.10)

rdrFormatterCategoryTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11)

rdrFormatterCategoryEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1)

rdrFormatterCategoryIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.1)

rdrFormatterCategoryName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.2)

rdrFormatterCategoryNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.3)

rdrFormatterCategoryNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.4)

rdrFormatterCategoryReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.5)

rdrFormatterCategoryReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.6)

rdrFormatterCategoryReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.7)

rdrFormatterCategoryNumReportsQueued (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.8)

rdrFormatterCategoryDestTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12)

rdrFormatterCategoryDestEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1)

rdrFormatterCategoryDestPriority (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1.1)

rdrFormatterCategoryDestStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1.2)

loggerUserLogEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.1)

loggerUserLogNumInfo (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.2)

loggerUserLogNumWarning (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.3)

loggerUserLogNumError (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.4)

loggerUserLogNumFatal (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.5)

loggerUserLogClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.6)

subscribersInfoTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1)

subscribersInfoEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1)

subscribersNumIntroduced (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.1)

subscribersNumFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.2)

subscribersNumIpAddrMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.3)

subscribersNumIpAddrMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.4)

subscribersNumIpRangeMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.5)

subscribersNumIpRangeMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.6)

subscribersNumVlanMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.7)

subscribersNumVlanMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.8)

subscribersNumActive (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.9)

subscribersNumActivePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.10)

subscribersNumActivePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.11)

subscribersNumUpdates (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.12)

subscribersCountersClearTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.13)

subscribersNumTpIpRangeMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.14)

subscribersNumTpIpRangeMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.15)

subscribersNumAnonymous (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.16)

subscribersNumWithSessions (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.17)

subscribersPropertiesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2)

subscribersPropertiesEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1)

spIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.1)

spName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.2)

spType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.3)

subscriberPropertiesValuesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3)

subscriberPropertiesValueEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1)

spvIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.1)

spvSubName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.2)

spvPropertyName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.3)

spvRowStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.4)

spvPropertyStringValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.5)

spvPropertyUintValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.6)

spvPropertyCounter64Value (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.7)

tpInfoTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1)

tpInfoEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1)

tpModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.1)

tpIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.2)

tpTotalNumHandledPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.3)

tpTotalNumHandledFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.4)

tpNumActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.5)

tpNumActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.6)

tpNumActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.7)

tpNumTcpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.8)

TpNumTcpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.9)

tpNumTcpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.10)

tpNumUdpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.11)

tpNumUdpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.12)

tpNumUdpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.13)

tpNumNonTcpUdpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.14)

tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.15)

tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.16)

tpTotalNumBlockedPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.17)

tpTotalNumBlockedFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.18)

tpTotalNumDiscardedPacketsDueToBwLimit (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.19)

tpTotalNumWredDiscardedPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.20)

tpTotalNumFragments (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.21)

tpTotalNumNonIpPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.22)

tpTotalNumIpCrcErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.23)

tpTotalNumIpLengthErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.24)

tpTotalNumIpBroadcastPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.25)

tpTotalNumTtlErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.26)

tpTotalNumTcpUdpCrcErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.27)

tpClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.28)

tpHandledPacketsRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.29)

tpHandledPacketsRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.30)

tpHandledPacketsRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.31)

tpHandledFlowsRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.32)

tpHandledFlowsRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.33)

tpHandledFlowsRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.34)

tpCpuUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.35)

tpCpuUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.36)

tpCpuUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.37)

tpFlowsCapacityUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.38)

tpFlowsCapacityUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.39)

tpFlowsCapacityUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.40)

tpServiceLoss (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.41)

pportTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1)

pportEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1)

pportModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.1)

pportIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.2)

pportType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.3)

pportNumTxQueues (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.4)

pportIfIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.5)

pportAdminSpeed (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.6)

pportAdminDuplex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.7)

pportOperDuplex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.8)

pportLinkIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.9)

pportOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.10)

txQueuesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1)

txQueuesEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1)

txQueuesModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.1)

txQueuesPortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.2)

txQueuesQueueIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.3)

txQueuesDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.4)

txQueuesBandwidth (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.5)

txQueuesUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.6)

txQueuesUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.7)

txQueuesUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.8)

txQueuesClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.9)

txQueuesDroppedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.10)

globalControllersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1)

globalControllersEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1)

globalControllersModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.1)

globalControllersPortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.2)

globalControllersIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.3)

globalControllersDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.4)

globalControllersBandwidth (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.5)

globalControllersUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.6)

globalControllersUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.7)

globalControllersUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.8)

globalControllersClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.9)

globalControllersDroppedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.10)

appInfoTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1)

appInfoEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1)

appName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.1)

appDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.2)

appVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.3)

appPropertiesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2)

appPropertiesEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1)

apIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.1)

apName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.2)

apType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.3)

appPropertiesValuesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3)

appPropertiesValueEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1)

apvIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.1)

apvPropertyName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.2)

apvRowStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.3)

apvPropertyStringValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.4)

apvPropertyUintValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.5)

apvPropertyCounter64Value (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.6)

trafficCountersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1)

trafficCountersEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1)

trafficCounterIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.1)

trafficCounterValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.2)

trafficCounterName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.3)

trafficCounterType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.4)

attackTypeTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1)

attackTypeEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1)

attackTypeIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.1)

attackTypeName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.2)

attackTypeCurrentNumAttacks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.3)

attackTypeTotalNumAttacks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.4)

attackTypeTotalNumFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.5)

attackTypeTotalNumSeconds (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.6)

vasServersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1)

vasServerEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1)

vasServerIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.1)

vasServerId (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.2)

vasServerAdminStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.3)

vasServerOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.4)

mplsVpnSoftwareCountersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1)

mplsVpnSoftwareCountersEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1)

mplsVpnMaxHWMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1.1)

mplsVpnCurrentHWMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1.2)

サポートする規格

独自 MIB のリファレンス

この付録では、SCE プラットフォームでサポートされる pcube 独自の MIB(管理情報ベース)について説明します。MIB は、Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)によってモニタ可能なオブジェクトのデータベースです。SCE プラットフォームは、標準のMIB-II および独自の Service Control Enterprise MIB をサポートしています。外部の管理システムで、この独自の pcube MIB を使用することにより、標準 MIB では不可能な、SCE プラットフォーム固有の設定、パフォーマンス、トラブルシューティング、およびアラート処理を実行できます。


) SCOS でサポートされている情報および独自の MIB ファイルは、Cisco Service Routing Products セクション内にあるhttp://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtmlからダウンロードできます。


pcube エンタープライズ MIB

pcube エンタープライズ MIBは、次の 4 つのメイン グループに分かれます。

製品

モジュール

管理

ワークグループ

pcube エンタープライズのツリー構造は、 PCUBE-SMI.my の名前が付いた MIB ファイルに定義されています。


) 次のオブジェクト ID は、pcube Enterprise MIB を表します。1.3.6.1.4.1.5655または iso.org.dod.internet.private.enterprise.pcube


次の図に、 pcube Service Control Enterprise MIB 構造を示します。

図で使用される表記法:

ユニットを囲む点線の矢印は、線の下で指定された MIB ファイル内でコンポーネントが記述されていることを示します。

影付きボックスは、コンポーネントが独自 MIB ファイル内で記述されていることを示します。

図B-1 Cisco Service Control MIB の構造

 

pcubeProducts サブツリー

pcubeProducts サブツリーには、Cisco Service Control 製品の OID が格納されています。これらの OID は、Cisco Service Control プラットフォームを記述する場合のみ使用し、その他の OID のルートとしては使用されません。

このサブツリーにオンライン データは格納されません。グローバル定義のみが格納されます。

pcubeProductsMIB は、次の MIB ファイル内で定義されています。 PCUBE-PRODUCTS-MIB.my

pcubeModules サブツリー

pcubeModules サブツリーは、MIB モジュールを定義する元となるルート オブジェクト ID を提供します。

このサブツリーにオンライン データは格納されません。グローバル定義のみが格納されます。

pcubeMgmt サブツリー

pcubeMgmt サブツリーは、複数の製品に関連した pcube MIB のルートです。

pcubeWorkgroups サブツリー

pcubeWorkgroups サブツリーには、Cisco Service Control デバイスおよびサブデバイスの実際の MIB が格納されます。SCE プラットフォーム、ディスパッチャ、および SCA BB アプリケーションはこのサブツリーで、実際の OID および通知をフックします。つまり、このサブツリーのブランチは、複数の MIB ファイルで定義されます。

pcubeConfigCopyMib サブツリー

pcubeConfigCopy MIB は、 pcube エンタープライズ サブツリーに移植された Cisco Config-Copy-MIB のサブセットです。実行コンフィギュレーションからスタートアップ コンフィギュレーションへのローカル コピーのみがサポートされています。

pcubeConfigCopyMIB は、次の MIB ファイル内で定義されています。 PCUBE-CONFIG-COPY-MIB.my

pcubeConfigCopy MIB はすべての pcube 製品で使用できるように、pcubeMgmt サブツリーに格納されています。

The pcubeSE MIB

pcubeSE MIB には 2 つのブランチがあります。

 

pcubeSeEvents

エンタープライズ固有の通知を送信するために使用される OID が格納されます。

pcubeSEObjs

SCE プラットフォームに属する OID が、機能に従ってグループ別に格納されます。

アプリケーション MIB の統合

上記の pcubeSeMIB には、SCE プラットフォームに関する情報が格納されています。SCE プラットフォームで動作中の SML アプリケーションに関する情報を取得するには、次の2 つのインターフェイスを使用します。

pcubeSeMIB アプリケーション および サブスクライバ グループ

pcubeEngageMIB

アプリケーションおよびサブスクライバグループ

オペレータはこれらのグループを使用して、アプリケーションから公開される情報を表示できます。本来、これらのグループにはテーブルが格納されていて、そこから、インストール済みの SML アプリケーションで定義された、表示可能プロパティおよび調整可能プロパティにアクセスできます。このメカニズムは汎用であり、アプリケーションのために SCOS プラットフォームを特に調整する必要はありません。インストールされたすべてのアプリケーションで変数を定義できます。定義した変数は、自動的に、アプリケーションまたはサブスクライバ グループからアクセスできるようになります。

アプリケーション グループ

アプリケーション グループには、アプリケーション自体の情報が格納されています。また、次の 2 つのテーブルも格納されています。

appPropertiesTable:

アプリケーションのプロパティのリストが格納されています。これらのプロパティは、グローバルな範囲内で定義された、SML の表示可能プロパティおよび調整可能プロパティです。各プロパティには、名前およびタイプがあります(両方ともストリング)。

このテーブルには読み取り専用アクセス権が設定されていて、アプリケーションをインストールすると更新されます。したがって、このテーブルの管理はエージェント(SCOS)で行われます。

appPropertiesValueTable:

上記の appPropertiesTable 内のアプリケーション プロパティに関する情報が格納されています。このようなプロパティでは、必要に応じて、値を 1 つ以上のフォーマットで使用できます。

ストリング

整数

64 ビット整数

このテーブルは、行ステータス メカに済みを使用する読み書きテーブルですこのメカニズムを使用すると、管理ステーションは疑似アトミック方法で SNMP テーブルに行を追加できます。RowStatus のタイプは SNMPv2-SMI で定義されます。

アプリケーションをアンロードするか、またはシステムをリセットすると、このテーブルがクリアされます。マネージャはシステム起動後にテーブルに行を追加し、 appPropertiesTable からプロパティを取得できます。その後、これらの変数値をポーリングできます。値を( appPropertiesTable の「type」フィールドに従って)正しいフォーマットで読み込むのは、マネージャの役割です。

これらの値を SNMP を通して変更することはできません。この点では、調整可能プロパティと表示可能プロパティは同じで、表示のみが可能です。

また、アプリケーション グループ内のすべてのプロパティは、グローバル プロパティであることにも注意してください。

サブスクライバ グループ

サブスクライバ グループには、サブスクライバに関するグローバル統計情報が格納されています。また、上記のアプリケーション プロパティ テーブルと非常に似たメカニズムで動作する 2 つのテーブルも格納されています。

subscribersPropertiesTable:

インストールされたアプリケーションが定義されている「サブスクライバ プロパティ」のリストが格納されています。これらのプロパティは、サブスクライバの範囲内で定義された、SML の表示可能プロパティおよび調整可能プロパティです。各プロパティには、名前およびタイプがあります(両方ともストリング)。

このテーブルには読み取り専用アクセス権が設定されていて、アプリケーションをインストールすると更新されます。したがって、このテーブルの管理はエージェント(SCOS)で行われます。

subscribersPropertiesValueTable:

appPropertiesValueTable と同様に、マネージャはこのテーブルに RowStatus メカニズムを使用して、行を追加および削除できます。 subscriberValueTable に行が作成されると、要求されたサブスクライバに関して、プロパティ値をポーリングできるようになります。値は 3 つのフォーマット(string、integer、64 ビット integer)をとります。プロパティのタイプに従って適切なフィールドを読み取るのは、マネージャの役割です。

サブスクライバのプロパティ値を取得するために、マネージャは次の情報を指定する必要があります。

プロパティ名( subscriberPropertyTable から取得)

この値をポーリングするサブスクライバの名前(サブスクライバ名をマネージャに通知する必要があります。SNMP を通してサブスクライブ名を入手することはできません)。

表示可能プロパティおよび調整可能プロパティの値は、同様に読み取り専用です。

このテーブルは、 pcubeEngageMIB でも使用されます。

Engage MIB(pcubeEngageMIB)

マネージャは pcubeSeMIB のアプリケーション グループを使用して、アプリケーションに関する情報を取得できます。ただし、このグループは汎用性があるため、管理ステーションで非常にインテリジェントな処理が必要です。 pcubeEngageMIB は SCA BB(Engage)アプリケーションにのみ関連した情報をサポートする、アプリケーション特有の MIB です。

アプリケーションがパブリッシュできるすべての情報は、表示可能プロパティおよび調整可能プロパティに格納されます。ただし、現在は、特定の OID に特定のアプリケーション変数を反映させる必要があることを、アプリケーションから自動的に宣言することはできません。このため、 Engage アプリケーション MIB は、実際は SCOS によって実装されます。

Engage サブスクライバ テーブルは、上記の SCOS サブスクライバ値テーブルを使用します。システムにサブスクライバ リストを格納するテーブルがないため、SCOS subscribersPropertiesValueTable に表示されるのは、 Engage テーブル内で参照されたサブスクライバのみです。同様に、
pcubeEngageMIB
内のサブスクライバにインデックスを設定する場合は、 spvIndex を使用します。

リファレンスの使用法

このリファレンスでは、既存のすべての MIB オブジェクトについて説明します。オブジェクトごとに次の情報を示します。

 

ID

MIB の記述子名および OID

説明

オブジェクトの説明。該当する場合、フォーマットや有効な値も示します。

アクセス

オブジェクトに関連付けられたアクセス制御:

RO (読み取り専用)

RW (読み取り/書き込み)

構文

オブジェクトの一般的なフォーマット

pcubeModules (1.3.6.1.4.1.5655.2)

pcubeModules は、モジュールの識別値の割り当て元となるルート オブジェクト ID を提供します。

モジュール:

PCUBE-SE-MIB:pcubeSeMIB (1.3.6.1.4.1.5655.2.3)

CISCO-SCAS-BB-MIB:pcubeEngageMIB (1.3.6.1.4.1.5655.2.4)(CISCO-SCAS-BB-MIB の説明については、『 Cisco SCA BB Reference Guide 』の「SCA BB Proprietary MIB Reference」の章を参照)

pcubeSeMIB (1.3.6.1.4.1.5655.2.3)

シスコ製の SCE 製品(SCE 2000、SCE 1000など)のメイン SNMP MIBです。このMIBは、SCOS システムのシャーシ、コントロール モジュール、ライン モジュールのコンフィギュレーションおよび実行時ステータスを提供します。

pcubeSeMIB オブジェクト グループ (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1)

次に、pcubeSeMIB オブジェクト グループのリストを示します。各オブジェクト グループは、複数の関連オブジェクトで構成されます。pcubeWorkgroup セクションに、すべてのオブジェクトとその説明を示します。

 

pcubeSystemGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.1}

pcubeChassisGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.2}

pcubeModuleGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.3}

pcubeLinkGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.4}

pcubeDiskGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.5}

pcubeRdrFormatterGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.6}

pcubeLoggerGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.7}

pcubeSubscribersGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.8}

pcubeTrafficProcessorGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.9}

pcubePortGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.10}

pcubeTxQueuesGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.11}

pcubeGlobalControllersGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.12}

pcubeApplicationGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.13}

pcubeTrafficCountersGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.14}

pcubeAttackGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.15}

pcubeVasTrafficForwardingGroup

{1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.16}

pcubeMplsVpnAutoLearnGroup

(1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.17)

pcubeTrapObjectsGroup

(1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.18)

システム グループ:pcubeSystemGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.1)

システム グループは、SCE プラットフォームのシステム全体の機能に関するデータを提供します。

オブジェクト:

1. 「sysOperationalStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.1)」

2. 「sysFailureRecovery (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.2)」

3. 「sysVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.3)」

シャーシ グループ:pcubeChassisGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.2)

シャーシ グループは、シャーシおよびシャーシ関連の環境アラームを定義および識別します。

オブジェクト:

1. 「pchassisSysType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.1)」

2. 「pchassisPowerSupplyAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.2)」

3. 「pchassisFansAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.3)」

4. 「pchassisTempAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.4)」

5. 「pchassisVoltageAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.5)」

6. 「pchassisNumSlots (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.6)」

7. 「pchassisSlotConfig (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.7)」

8. 「pchassisPsuType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.8)」

9. 「pchassisLineFeedAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.9)」

モジュール グループ:pcubeModuleGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.3)

モジュール グループは、SCE プラットフォーム上のモジュール(カード)を識別および定義します。

オブジェクト:

1. 「pmoduleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.1)」

2. 「pmoduleType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.2)」

3. 「pmoduleNumTrafficProcessors (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.3)」

4. 「pmoduleSlotNum (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.4)」

5. 「pmoduleHwVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.5)」

6. 「pmoduleNumPorts (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.6)」

7. 「pmoduleNumLinks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.7)」

8. 「pmoduleConnectionMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.8)」

9. 「pmoduleSerialNumber (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.9)」

10. 「pmoduleUpStreamAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.10)」

11. 「pmoduleUpStreamLastAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.11)」

12. 「pmoduleDownStreamAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.12)」

13. 「pmoduleDownStreamLastAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.13)」

14. 「pmoduleAttackObjectsClearTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.14)」

15. 「pmoduleAdminStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.15)」

16. 「pmoduleOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.16)」

リンク グループ:pcubeLinkGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.4)

リンク グループは、リンクを定義および識別します。プラットフォームのステータス別に定義されたリンクの動作モードに関する情報を提供します。

オブジェクト:

1. 「linkModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.1)」

2. 「linkIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.2)」

3. 「linkAdminModeOnActive (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.3)」

4. 「linkAdminModeOnFailure (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.4)」

5. 「linkOperMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.5)」

6. 「linkStatusReflectionEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.6)」

7. 「linkSubscriberSidePortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.7)」

8. 「linkNetworkSidePortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.8)」

ディスク グループ:pcubeDiskGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.5)

ディスク グループは、ディスク上のスペース利用状況に関するデータを提供します。

オブジェクト:

1. 「diskNumUsedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.5.1)」

2. 「diskNumFreeBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.5.2)」

RDR フォーマッタ グループ:pcubeRdrFormatterGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.6)

RDR フォーマッタは、RDR フォーマッタの送信先(Collection Manager)に関する情報と RDR 統計情報を提供します。

オブジェクト:

1. 「rdrFormatterEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.1)」

2. 「rdrFormatterDestIPAddr (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.1)」

3. 「rdrFormatterDestPort (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.2)」

4. 「rdrFormatterDestPriority (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.3)」

5. 「rdrFormatterDestStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.4)」

6. 「rdrFormatterDestConnectionStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.5)」

7. 「rdrFormatterDestNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.6)」

8. 「rdrFormatterDestNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.7)」

9. 「rdrFormatterDestReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.8)」

10. 「rdrFormatterDestReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.9)」

11. 「rdrFormatterDestReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.10)」

12. 「rdrFormatterNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.3)」

13. 「rdrFormatterNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.4)」

14. 「rdrFormatterClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.5)」

15. 「rdrFormatterReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.6)」

16. 「rdrFormatterReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.7)」

17. 「rdrFormatterReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.8)」

18. 「rdrFormatterProtocol (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.9)」

19. 「rdrFormatterForwardingMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.10)」

20. 「rdrFormatterCategoryIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.1)」

21. 「rdrFormatterCategoryName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.2)」

22. 「rdrFormatterCategoryNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.3)」

23. 「rdrFormatterCategoryNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.4)」

24. 「rdrFormatterCategoryReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.5)」

25. 「rdrFormatterCategoryReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.6)」

26. 「rdrFormatterCategoryReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.7)」

27. 「rdrFormatterCategoryNumReportsQueued (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.8)」

28. 「rdrFormatterCategoryDestPriority (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1.1)」

29. 「rdrFormatterCategoryDestStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1.2)」

ロガー グループ:pcubeLoggerGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.7)

ロガー グループは、システムの同期および非同期イベントのロギングを処理します。

オブジェクト:

1. 「loggerUserLogEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.1)」

2. 「loggerUserLogNumInfo (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.2)」

3. 「loggerUserLogNumWarning (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.3)」

4. 「loggerUserLogNumError (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.4)」

5. 「loggerUserLogNumFatal (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.5)」

6. 「loggerUserLogClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.6)」

サブスクライバ グループ:pcubeSubscribersGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.8)

サブスクライバ グループは、サブスクライバ数およびサブスクライバ マッピングに関する統計情報を提供します。また、サブスクライバ プロパティのデータおよび特定のサブスクライバに関するこれらのプロパティ値も提供します。

オブジェクト:

1. 「subscribersNumIntroduced (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.1)」

2. 「subscribersNumFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.2)」

3. 「subscribersNumIpAddrMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.3)」

4. 「subscribersNumIpAddrMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.4)」

5. 「subscribersNumIpRangeMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.5)」

6. 「subscribersNumIpRangeMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.6)」

7. 「subscribersNumVlanMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.7)」

8. 「subscribersNumVlanMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.8)」

9. 「subscribersNumActive (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.9)」

10. 「subscribersNumActivePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.10)」

11. 「subscribersNumActivePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.11)」

12. 「subscribersNumUpdates (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.12)」

13. 「subscribersCountersClearTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.13)」

14. 「subscribersNumTpIpRangeMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.14)」

15. 「subscribersNumTpIpRangeMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.15)」

16. 「subscribersNumAnonymous (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.16)」

17. 「subscribersNumWithSessions (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.17)」

18. 「spIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.1)」

19. 「spName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.2)」

20. 「spType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.3)」

21. 「spvSubName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.2)」

22. 「spvPropertyName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.3)」

23. 「spvRowStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.4)」

24. 「spvPropertyStringValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.5)」

25. 「spvPropertyUintValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.6)」

26. 「spvPropertyCounter64Value (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.7)」

トラフィック プロセッサ グループ:pcubeTrafficProcessorGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.9)

トラフィック プロセッサ グループは、各トラフィック プロセッサが処理するトラフィック フローに関する統計情報を提供します。

オブジェクト:

1. 「tpModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.1)」

2. 「tpIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.2)」

3. 「tpTotalNumHandledPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.3)」

4. 「tpTotalNumHandledFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.4)」

5. 「tpNumActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.5)」

6. 「tpNumActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.6)」

7. 「tpNumActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.7)」

8. 「tpNumTcpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.8)」

9. 「TpNumTcpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.9)」

10. 「tpNumTcpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.10)」

11. 「tpNumUdpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.11)」

12. 「tpNumUdpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.12)」

13. 「tpNumUdpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.13)」

14. 「tpNumNonTcpUdpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.14)」

15. 「tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.15)」

16. 「tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.16)」

17. 「tpTotalNumBlockedPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.17)」

18. 「tpTotalNumBlockedFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.18)」

19. 「tpTotalNumDiscardedPacketsDueToBwLimit (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.19)」

20. 「tpTotalNumWredDiscardedPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.20)」

21. 「tpTotalNumFragments (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.21)」

22. 「tpTotalNumNonIpPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.22)」

23. 「tpTotalNumIpCrcErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.23)」

24. 「tpTotalNumIpLengthErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.24)」

25. 「tpTotalNumIpBroadcastPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.25)」

26. 「tpTotalNumTtlErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.26)」

27. 「tpTotalNumTcpUdpCrcErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.27)」

28. 「tpClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.28)」

29. 「tpHandledPacketsRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.29)」

30. 「tpHandledPacketsRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.30)」

31. 「tpHandledPacketsRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.31)」

32. 「tpHandledFlowsRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.32)」

33. 「tpHandledFlowsRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.33)」

34. 「tpHandledFlowsRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.34)」

35. 「tpCpuUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.35)」

36. 「tpCpuUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.36)」

37. 「tpCpuUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.37)」

38. 「tpFlowsCapacityUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.38)」

39. 「tpFlowsCapacityUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.39)」

40. 「tpFlowsCapacityUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.40)」

41. 「tpServiceLoss (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.41)」

ポート グループ:pcubePortGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.10)

ポート グループは、ポートに関するデータ(ポート タイプ、速度など)を提供します。

オブジェクト:

1. 「pportModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.1)」

2. 「pportIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.2)」

3. 「pportType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.3)」

4. 「pportNumTxQueues (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.4)」

5. 「pportIfIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.5)」

6. 「pportAdminSpeed (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.6)」

7. 「pportAdminDuplex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.7)」

8. 「pportOperDuplex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.8)」

9. 「pportLinkIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.9)」

10. 「pportOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.10)」

送信キュー グループ:pcubeTxQueuesGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.11)

送信キュー グループは、送信キュー カウンタに関するデータを提供します。

オブジェクト:

1. 「txQueuesModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.1)」

2. 「txQueuesPortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.2)」

3. 「txQueuesQueueIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.3)」

4. 「txQueuesDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.4)」

5. 「txQueuesBandwidth (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.5)」

6. 「txQueuesUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.6)」

7. 「txQueuesUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.7)」

8. 「txQueuesUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.8)」

9. 「txQueuesClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.9)」

10. 「txQueuesDroppedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.10)」

グローバル コントローラ グループ:pcubeGlobalControllersGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.12)

グローバル コントローラ グループは、グローバル コントローラの設定およびカウンタに関するデータを提供します。

オブジェクト:

1. 「globalControllersModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.1)」

2. 「globalControllersPortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.2)」

3. 「globalControllersIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.3)」

4. 「globalControllersDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.4)」

5. 「globalControllersBandwidth (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.5)」

6. 「globalControllersUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.6)」

7. 「globalControllersUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.7)」

8. 「globalControllersUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.8)」

9. 「globalControllersClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.9)」

10. 「globalControllersDroppedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.10)」

アプリケーション グループ:pcubeApplicationGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.13)

アプリケーション グループは、SCE プラットフォームにインストールされているアプリケーションと、そのアプリケーションのプロパティおよびプロパティ値を表します。

オブジェクト:

1. 「appName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.1)」

2. 「appDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.2)」

3. 「appVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.3)」

4. 「apIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.1)」

5. 「apName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.2)」

6. 「apType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.3)」

7. 「apvPropertyName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.2)」

8. 「apvRowStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.3)」

9. 「apvPropertyStringValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.4)」

10. 「apvPropertyUintValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.5)」

11. 「apvPropertyCounter64Value (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.6)」

トラフィック カウンタ グループ:pcubeTrafficCountersGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.14)

トラフィック カウンタ グループは、各種のトラフィック カウンタの値に関する情報を提供します。

オブジェクト:

1. 「trafficCounterIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.1)」

2. 「trafficCounterValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.2)」

3. 「trafficCounterName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.3)」

4. 「trafficCounterType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.4)」

攻撃グループ:pcubeaAtackGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.15)

攻撃グループは、検出された攻撃に関する情報を、攻撃タイプ別に集約して提供します。

オブジェクト:

1. 「attackTypeIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.1)」

2. 「attackTypeName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.2)」

3. 「attackTypeCurrentNumAttacks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.3)」

4. 「attackTypeTotalNumAttacks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.4)」

5. 「attackTypeTotalNumFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.5)」

6. 「attackTypeTotalNumSeconds (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.6)」

VAS グループ:pcubeVasTrafficForwardingGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.16)

VAS グループは、VAS サービスのステータスに関する情報を提供します。

オブジェクト:

1. 「vasServerIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.1)」

2. 「vasServerId (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.2)」

3. 「vasServerAdminStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.3)」

4. 「vasServerOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.4)」

MPLS/VPN グループ:pcubeMplsVpnAutoLearnGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.17)

MPLS/VPN グループは、MPLS/VPN 自動学習に関するデータを提供します。

オブジェクト:

1. 「mplsVpnMaxHWMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1.1)」

2. 「mplsVpnCurrentHWMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1.2)」

トラップ グループ:pcubeTrapObjectsGroup (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.1.18)

トラップ グループには、通知に使用されるストリングが含まれます。

オブジェクト:

1. pcubeSeEventGenericString1

2. pcubeSeEventGenericString2

3. pullRequestNumber

pcubeCompliances (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.2)

モジュール コンプライアンスは、実装しなけらばならないグループを定義する、この MIB モジュール内で定義された準拠宣言です。

pcubeCompliance モジュールコンプライアンス (1.3.6.1.4.1.5655.2.3.1.2.1)

SCE プラットフォーム SNMP エージェント用に、この MIB モジュールで定義された準拠宣言

モジュール名:

pcubeSeMIB

必須グループ

1. pcubeSystemGroup

2. pcubeChassisGroup

3. pcubeModuleGroup

4. pcubeLinkGroup

5. pcubeDiskGroup

6. pcubeRdrFormatterGroup

7. pcubeLoggerGroup

8. pcubeSubscribersGroup

9. pcubeTrafficProcessorGroup

10. pcubePortGroup

11. pcubeTxQueuesGroup

12. pcubeGlobalControllersGroup

13. pcubeApplicationGroup

14. pcubeTrafficCountersGroup

15. pcubeAttackGroup

16. pcubeVasTrafficForwardingGroup

17. pcubeMplsVpnAutoLearnGroup

18. pcubeTrapObjectsGroup

pcubeWorkgroup (1.3.6.1.4.1.5655.4)

pcubeWorkgroup は、シスコ製 SCE プラットフォーム製品のオブジェクトおよびイベントの主要サブツリーです。

通知タイプ

次に、SCE プラットフォーム通知タイプのリストを示します。

 

operationalStatusOperationalTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.1}

operationalStatusWarningTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.2}

operationalStatusFailureTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.3}

systemResetTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.4}

chassisTempAlarmOnTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.5}

chassisTempAlarmOffTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.6}

chassisVoltageAlarmOnTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.7}

chassisFansAlarmOnTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.8}

chassisPowerSupplyAlarmOnTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.9}

rdrActiveConnectionTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.10}

rdrNoActiveConnectionTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.11}

rdrConnectionUpTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.12}

rdrConnectionDownTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.13}

loggerUserLogIsFullTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.18}

sntpClockDriftWarnTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.19}

linkModeBypassTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.20}

linkModeForwardingTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.21}

linkModeCutoffTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.22}

moduleAttackFilterActivatedTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.25}

moduleAttackFilterDeactivatedTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.26}

moduleEmAgentGenericTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.27}

linkModeSniffingTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.28}

moduleRedundancyReadyTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.29}

moduleRedundantConfigurationMismatchTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.30}

moduleLostRedundancyTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.31}

moduleSmConnectionDownTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.32}

moduleSmConnectionUpTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.33}

moduleOperStatusChangeTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.34}

portOperStatusChangeTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.35}

chassisLineFeedAlarmOnTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.36}

rdrFormatterCategoryDiscardingReportsTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.37}

rdrFormatterCategoryStoppedDiscardingReportsTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.38}

sessionStartedTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.39}

sessionEndedTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.40}

sessionDeniedAccessTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.41}

sessionBadLoginTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.42}

illegalSubscriberMappingTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.43}

loggerLineAttackLogFullTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.44}

vasServerOperationStatusChangeTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.45}

pullRequestNumber

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.46}

pullRequestRetryFailedTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.47}

mplsVpnTotalHWMappingsThresholdExceededTrap

{1.3.6.1.4.1.5655.4.0.48}

operationalStatusOperationalTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.1)

SCE プラットフォームのシステム動作ステートが Operational (3)に変わりました。

operationalStatusWarningTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.2)

SCE プラットフォームのシステム動作ステートが Warning (4)に変わりました。

operationalStatusFailureTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.3)

SCE プラットフォームのシステム動作ステートが Failure (5)に変わりました。

systemResetTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.4)

ユーザ要求または致命的イベントにより、エージェント エンティティは自身をリセットします。

chassisTempAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.5)

この MIB の chassisTempAlarm オブジェクトが On (3) ステートに変化し、過熱状態を示しています。

chassisTempAlarmOffTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.6)

この MIB の chassisTempAlarm オブジェクトが Off (2) ステートに変化し、温度レベルが正常に戻ったことを示しています。

chassisVoltageAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.7)

この MIB の chassisVoltageAlarm オブジェクトが On (3) ステートに変化し、電圧レベルが安全境界を超えたことを示しています。

chassisFansAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.8)

この MIB の chassisFansAlarm オブジェクトが On (3) ステートに変化し、ファンの故障を示しています。

chassisPowerSupplyAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.9)

この MIB の chassisFansAlarm オブジェクトが On (3) ステートに変化し、ファンの故障を示しています。

rdrActiveConnectionTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.10)

RDR フォーマッタ接続の 1 つがアクティブな接続になりました。

rdrNoActiveConnectionTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.11)

RDR フォーマッタと Collection Manager の間にアクティブな接続がありません。

rdrConnectionUpTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.12)

この MIB の rdrFormatterDestConnectionStatus オブジェクトが Up (2) に変化し、RDR フォーマッタ接続の 1 つが確立されたことを示しています。

rdrConnectionDownTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.13)

この MIB の rdrFormatterDestConnectionStatus オブジェクトが Down (3) に変化し、RDR フォーマッタ接続の 1 つが切断されたことを示しています。

loggerUserLogIsFullTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.18)

ユーザ ログ ファイルが一杯です。エージェント エンティティは次のファイルに進みます。

sntpClockDriftWarnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.19)

SNTP エージェントは長時間にわたって SNTP タイム アップデートを受信していないので、エージェント エンティティのクロックにずれが生じる可能性があります。

linkModeBypassTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.20)

リンク モードがバイパスに変化しました。

linkModeForwardingTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.21)

リンク モードがフォワーディングに変化しました。

linkModeCutoffTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.22)

リンク モードがカットオフに変化しました。

moduleAttackFilterActivatedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.25)

アタック フィルタ モジュールが攻撃を検出してフィルタをアクティブ化しました。アクティブ化したアタック フィルタのタイプは、pcubeSeEventGenericString1 で返されます。

次に、さまざまな状況での pcubeSeEventGenericString1 の例をいくつか示します。

攻撃が自動的に検出された場合 (オープン フローまたは ddos-suspected フローの数が、アタック ディテクタで設定されている最大値を超えた場合)

攻撃元が検出された場合 (サブスクライバ側、IP アドレス = 10.1.4.134、UDP を使用してネットワーク側を攻撃中、オープン フローの数 = 10000、設定されているアクションは「report」の場合):

Attack detected:Attack from IP address 10.1.4.134, from subscriber side, protocol UDP.10000 concurrent open flows detected, 57 concurrent Ddos-suspected flows detected.Action is:Report.

攻撃先が検出された場合 (ネットワーク側、IP アドレス = 10.1.4.135、サブスクライバ側から ICMP を使用して攻撃されつつある、ddos-suspected フローの数 = 500、設定されているアクションは「block」の場合):

Attack detected:Attack on IP address 10.1.4.135, from subscriber side, protocol ICMP.745 concurrent open flows detected, 500 concurrent Ddos-suspected flows detected.Action is:Block.

「force-filter」コマンドによる 強制的フィルタリング:

アクションは「block」、方向は攻撃元、サブスクライバ側、IPアドレス = 10.1.1.1、プロトコルは TCP の場合:

Attack filter:Forced block of flows from IP address 10.1.1.1, from subscriber side, protocol TCP.Attack forced using a force-filter command.

アクションは「report」、方向は攻撃先、サブスクライバ側、IPアドレス = 10.1.1.1、プロトコルは Other の場合:

Attack filter:Forced report to IP address 10.1.1.1, from network side, protocol Other.Attack forced using a force-filter command.

moduleAttackFilterDeactivatedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.26)

アタック フィルタ モジュールが、それまでアクティブ化されていたフィルタを削除しました。

アタック フィルタ タイプ -- pcubeSeEventGenericString1にあります(対応する moduleAttackFilterActivatedTrap を参照)。

フィルタを無効にする理由 -- pcubeSeEventGenericString2 内にあります。

次に、さまざまな状況での pcubeSeEventGenericString1 の例をいくつか示します。

攻撃の終了が自動的に検出された場合 (オープン フローまたは ddos-suspected フローの数が減り、アタック ディテクタで設定されている最小値に達しなくなった場合)

End-of-attack detected -- Attack on IP address 10.1.4.135, from subscriber side, protocol UDP.Action is:Report.Duration 20 seconds, attack comprised of 11736 flows.

End-of-attack detected -- Attack from IP address 10.1.4.134, from subscriber side, protocol ICMP.Action is:Block.Duration 10 seconds, attack comprised of 2093 flows.

「dont-filter」または前の「force-filter」コマンドの削除による 強制的な攻撃終了

Attack filter -- Forced to end block of flows from IP address 10.1.1.1, from subscriber side, protocol TCP.Attack end forced using a 'no force-filter' or a 'dont-filter' command.Duration 6 seconds, 1 flows blocked.

Attack filter -- Forced to end report to IP address 10.1.1.1, from network side, protocol Other.Attack end forced using a 'no force-filter' or a 'dont-filter' command.Duration 13 seconds, attack comprised of 1 flows.

moduleEmAgentGenericTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.27)

シスコ製管理エージェントが使用する汎用的トラップ

トラップ名 -- pcubeSeEventGenericString1 にあります(対応する moduleAttackFilterActivatedTrap を参照)。

関連パラメータ -- pcubeSeEventGenericString2 にあります。

linkModeSniffingTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.28)

エージェント エンティティは、この MIB の linkOperMode オブジェクトが sniffing (5)に変化したことを検出しました。

moduleRedundancyReadyTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.29)

モジュールは冗長エンティティに接続して同期化できました。現在、必要に応じてフェールオーバーを処理できる状態にあります。

moduleRedundantConfigurationMismatchTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.30)

モジュールと冗長エンティティの間で基本的な設定パラメータが非互換であるため、モジュールは冗長エンティティと同期化できませんでした。

moduleLostRedundancyTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.31)

モジュールはフェールオーバー手順を実行する機能を失いました。

moduleSmConnectionDownTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.32)

SM(Subscriber Manager)への仮想接続が切断されています。

moduleSmConnectionUpTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.33)

SM への仮想接続がアップして稼働中です。

moduleOperStatusChangeTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.34)

moduleOperStatus の値が変化しました。

portOperStatusChangeTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.35)

portIndex portOperStatus オブジェクトの値が変化し、リンクが強制的にダウンになったか、または強制的ダウンが解除されたことを示しています。

chassisLineFeedAlarmOnTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.36)

エージェント エンティティは、この MIB の chassisLineFeed オブジェクトが on (3)ステートに変化したことを検出しました。

rdrFormatterCategoryDiscardingReportsTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.37)

エージェント エンティティは、このカテゴリに送信されたレポートが廃棄されていることを検出しました。

この MIB の rdrFormatterCategoryNumReportsDiscarded オブジェクトは、廃棄されたレポートの数をカウントします。

rdrFormatterCategoryStoppedDiscardingReportsTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.38)

エージェント エンティティは、このカテゴリに送信されたレポートがもう廃棄されていないことを検出しました。

この MIB の rdrFormatterCategoryNumReportsDiscarded オブジェクトは、廃棄されたレポートの数をカウントします。

sessionStartedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.39)

エージェント エンティティは、新しいセッションを受け入れました。pcubeSeEventGenericString1 に、セッション タイプ(telnet/SSH)およびクライアント IP アドレスが含まれます。

sessionEndedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.40)

エージェント エンティティは、セッションの終了を検出しました。pcubeSeEventGenericString1 に、セッション タイプ(telnet/SSH)およびクライアント IP アドレスが含まれます。

sessionDeniedAccessTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.41)

エージェント エンティティは、権限のない送信元からのセッションを拒否しました。
pcubeSeEventGenericString1 に、セッション タイプ(telnet/SSH)およびクライアント IP アドレスが含まれます。

sessionBadLoginTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.42)

エージェント エンティティは、不正なパスワードでのログインが行われたことを検出しました。pcubeSeEventGenericString1 に、セッション タイプ(telnet/SSH)およびクライアント IP アドレスが含まれます。

illegalSubscriberMappingTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.43)

エージェント エンティティは、外部エンティティが不正な、または一貫性のないサブスクライバ マッピングを作成しようとしていることを検出しました。

pcubeSeEventGenericString1 には、問題を示すメッセージが格納されています。

loggerLineAttackLogFullTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.44)

エージェント エンティティは、攻撃ログが一杯で、新しいログ ファイルが開いていることを検出しました。

vasServerOperationalStatusChangeTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.45)

エージェント エンティティは、VAS サーバの動作ステータスが変更されたことを検出しました。

pullRequestNumber (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.46)

pullRequestRetryFailedTrap で識別されるアノニマス サブスクライバに対して現在発行されているプル要求の数。

常に、値 0 を戻します。

pullRequestRetryFailedTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.47)

一定数のプル要求を行っても、不明なサブスクライバを識別できませんでした。侵入者である可能性があります。

pcubeSeEventGenericString1 にはサブスクライバ ID が含まれます。

mplsVpnTotalHWMappingsThresholdExceededTrap (1.3.6.1.4.1.5655.4.0.48)

mplsVpnCurrentHWMappings の値が、許容されるしきい値を超えています。

pcubeSe オブジェクト

pcubeSe オブジェクトは、SCE プラットフォームのコンフィギュレーションおよび実行時ステータスを提供します。

sysOperationalStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.1)

システムの動作ステータスを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (boot)-- the system is in boot process3 (operational)-- the system is operational4 (warning)-- the system is in Warning status5 (failure)-- the system is in Failure status
}

sysFailureRecovery (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.2)

異常ブート後のシステムの動作を表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (operational)-- the system should enter Operational mode after abnormal boot3 (non-operational)-- the system should enter Failure mode after abnormal boot
}

sysVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.1.3)

システム バージョン

アクセス

RO

構文

DisplayString

pchassisSysType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.1)

シャーシのシステム タイプ

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (SE1000)-- SCE 1000 platform3 (SE100)-- SCE 100 platform4 (SE2000)-- SCE 2000 platform
}

pchassisPowerSupplyAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.2)

シャーシへの電源が正常であるかどうかを表します。アラームが「on」の場合、1 つまたは複数の電源装置が機能していません。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (off)-- the power supply to the chassis is normal3 (on)-- the power supply to the chassis is not normal, and probably one or more of the power supplies is not functional.
}

pchassisFansAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.3)

シャーシのすべてのファンが機能しているかどうかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (off)-- all fans are functional3 (on)-- one or more fans is not functional.
}

pchassisTempAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.4)

シャーシの温度アラーム ステータスを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (off)-- temperature is within acceptable range3 (on)-- temperature is too high.
}

pchassisVoltageAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.5)

シャーシの内部電圧アラーム ステータスを表します。アラームが「on」の場合、シャーシ内の 1 つまたは複数のユニットで電圧レベルが正常な範囲内ではないことを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (off)-- voltage level is within normal range3 (on)-- voltage level is out of the acceptable bounds.
}

pchassisNumSlots (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.6)

プラグイン モジュールを搭載できるシャーシ スロット数を表します。現在使用されているスロットおよび空のスロットの両方が含まれます。

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..255)

pchassisSlotConfig (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.7)

シャーシのどのスロットが使用されているかを表します。

整数値であり、ビットの設定によって搭載されているモジュールを表します。次の関数で表されます。

f(x) の和。x は 1 ~スロット数です。

モジュールが挿入されていない - f(x) = 0

モジュールが挿入されている - f(x) = exp(2, x-1)

 

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..65535)

pchassisPsuType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.8)

電源装置のタイプを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (AC)-- AC power supply3 (DC)-- DC power supply
}

pchassisLineFeedAlarm (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.2.9)

シャーシへの入力線が接続済みかどうか、および入力線が電源装置に電力を供給しているかどうかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (OFF)-- The line feed to the chassis is connected and has power3 (ON)-- The line feed to the chassis is not normal. One or both of the line feeds may not be connected properly or have no power.
}

pmoduleTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1)

シャーシ内のモジュールを定義する情報を格納するモジュール エントリのリスト

エントリ数が、シャーシ内のモジュール数に相当します。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of pmoduleEntry

pmoduleEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1)

シャーシ内の 1 つのモジュールの物理特性を定義する、いくつかのパラメータを格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{pmoduleIndex}

構文

SEQUENCE {pmoduleIndexpmoduleTypepmoduleNumTrafficProcessorspmoduleSlotNumpmoduleHwVersionpmoduleNumPortspmoduleNumLinkspmoduleConnectionModepmoduleSerialNumberpmoduleUpStreamAttackFilteringTimepmoduleUpStreamLastAttackFilteringTimepmoduleDownStreamAttackFilteringTimepmoduleDownStreamLastAttackFilteringTimepmoduleAttackObjectsClearTimepmoduleAdminStatuspmoduleOperStatus}

pmoduleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.1)

モジュールを識別する ID 番号。シャーシ内の各モジュールに固有の値です。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

pmoduleType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.2)

モジュールのタイプ

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (gbe2Module)-- 2 port Gigabit Ethernet line interface, 2 Fast Ethernet 10/100 management interfaces 3 (fe2Module)-- 2 port Fast Ethernet line interface, 1 Fast Ethernet 10/100 management interface4 (gbe4Module)-- 4 port Gigabit Ethernet line interface, 2 Fast Ethernet 10/100 management interfaces5 (fe4Module)-- 4 port Fast Ethernet line interface, 2 Fast Ethernet 10/100 management interfaces6 (oc12-4Module)-- 4 port OC12 line interface, 2 Fast Ethernet 10/100 management interfaces7 (fe8Module)-- 8 port Fast Ethernet line interface, 2 Fast Ethernet 10/100 management interfaces
}

pmoduleNumTrafficProcessors (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.3)

モジュールがサポートするトラフィック プロセッサの数

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..255)

pmoduleSlotNum (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.4)

シャーシ内でモジュールが搭載されているスロットの数

有効なエントリは、1 から pchassisNumSlots の値までです。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

pmoduleHwVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.5)

モジュールのハードウェア バージョン

アクセス

RO

構文

DisplayString

pmoduleNumPorts (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.6)

モジュールがサポートするポートの数

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..255)

pmoduleNumLinks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.7)

モジュールがサポートする帯域内トラフィックを伝送するリンクの数。リンクは、そのエンドポイントである 2 つのポートによって一意に定義されます。

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..255)

pmoduleConnectionMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.8)

モジュールの接続モードを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (inline)-- SCE is both receiving and transmitting traffic on the line ports.3 (receive-only)-- SCE can only receive packets from the line ports. This mode is suitable for external splitting topology.4 (inline-cascade)-- SCE is both receiving and transmitting traffic on the line ports and the cascade ports.5 (receive-only-cascade)-- SCE can only receive packets from the line and the cascade ports. This mode is suitable for external splitting topology
}

pmoduleSerialNumber (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.9)

モジュールのシリアル番号

アクセス

RO

構文

DisplayString

pmoduleUpStreamAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.10)

攻撃アップストリーム トラフィックをフィルタリングしていた時間の合計(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

pmoduleUpStreamLastAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.11)

アップストリーム トラフィックで直前の攻撃をフィルタリングしてからの時間(単位:100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

pmoduleDownStreamAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.12)

攻撃ダウンストリーム トラフィックをフィルタリングしていた時間の合計(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

pmoduleDownStreamLastAttackFilteringTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.13)

ダウンストリーム トラフィックで直前の攻撃をフィルタリングしてからの時間(単位:100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

pmoduleAttackObjectsClearTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.14)

攻撃オブジェクトを消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)このオブジェクトに 0 を書き込むと、カウンタが消去されます。

アクセス

RO

構文

TimeTicks

pmoduleAdminStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.15)

モジュールが起動時またはリブート時にトラフィックを処理する(アクティブである)ように設定されているか、ホット スタンバイに設定されているかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (primary)-- Handle traffic on startup.3 (secondary)-- Fail-over module on startup.
}

pmoduleOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.3.1.1.16)

現在モジュールが処理中(アクティブ)であるか、スタンバイであるかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (active)-- Currently is handling traffic.3 (standby)-- Currently is the fail-over module.
}

linkTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1)

SCE プラットフォームを通過し、帯域内トラフィックを伝送するリンクの設定およびステータスに関する情報を格納する、リンク エントリのリスト

エントリ数は、シャーシ内のモジュール数および各モジュール上のリンク数によって決まります。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of linkEntry

linkEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1)

リンクに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{linkModuleIndex, linkIndex}

構文

SEQUENCE {linkModuleIndexlinkIndexlinkAdminModeOnActivelinkAdminModeOnFailurelinkOperModelinkStatusReflectionEnablelinkSubscriberSidePortIndexlinkNetworkSidePortIndex}

linkModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.1)

このリンクが存在するモジュールを一意に識別する索引値( pmoduleIndex

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

linkIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.2)

指定されたモジュール内のリンクを一意に識別する索引値

有効なエントリは、1 からこのモジュールの pmoduleNumLinks の値までです。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

linkAdminModeOnActive (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.3)

モジュールの動作ステータスがアクティブであり、ブートまたは障害ステータスではないときに、リンクの望ましいモード

指定できる値( LinkModeType ):

Bypass -- 内部スプリッタを使用してトラフィックを 1 つのポートから他のポートに転送します。

Forwarding -- SCE プラットフォームの内部ハードウェアおよびソフトウェア モジュールにより、トラフィックを転送します。

アクセス

RO

構文

LinkModeType

linkAdminModeOnFailure (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.4)

システム ステータスが障害であるときに、リンクの望ましいモード

指定できる値( LinkModeType ):

Bypass -- 内部スプリッタを使用してトラフィックを 1 つのポートから他のポートに転送します。

Cutoff -- SCE はすべてのトラフィックを廃棄します。

 

アクセス

RO

構文

LinkModeType

linkOperMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.5)

リンクの現在の動作モード

指定できる値( LinkModeType ):

Bypass -- 内部スプリッタを使用して、何の処理もせずにトラフィックを 1 つのポートから他のポートに転送します。

Forwarding -- SCE プラットフォームの内部ハードウェアおよびソフトウェア モジュールにより、トラフィックを転送します。

Sniffing -- Bypass モードと同様にトラフィックを転送しますが、SCE プラットフォームの内部ソフトウェアおよびハードウェア モジュールにトラフィックを通過させ、分析します。

 

アクセス

RO

構文

LinkModeType

linkStatusReflectionEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.6)

モジュール上の 1 つのインターフェイスの物理リンクの障害によって、他のインターフェイスのリンクの障害がトリガーされるかどうかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (enabled)2 (disabled)}

linkSubscriberSidePortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.7)

サブスクライバ側に接続する関連ポートとともに、このリンクを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..255)

linkNetworkSidePortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.4.1.1.8)

ネットワーク側に接続する関連ポートとともに、このリンクを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (0..255)

diskNumUsedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.5.1)

ディスク上の使用バイト数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

diskNumFreeBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.5.2)

ディスク上のフリー バイト数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.1)

RDR フォーマッタがイネーブルかディセーブルかを表します。

RDR フォーマッタがイネーブルの場合、トラフィック プロセッサから取得したレポートを、rdrFormatterDestTable で定義される Collection Manager に送信します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (enabled)2 (disabled)}

rdrFormatterDestTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2)

このテーブルは、Collection Manager のアドレスをリストします。

RDR フォーマッタがイネーブルの場合、TCP 接続を確立できる、プライオリティの最も高い送信先がアクティブ接続に選ばれ、トラフィック プロセッサによって生成されたレポートを受信します。

このテーブルには、最大 3 つのエントリを含めることができます。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of rdrFormatterDestEntry

rdrFormatterDestEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1)

1 つの RDR 送信先を定義するエントリ。

アクセス

アクセス不可能

索引

{rdrFormatterDestIPAddr, rdrFormatterDestPort}

構文

SEQUENCE {rdrFormatterDestIPAddrrdrFormatterDestPortrdrFormatterDestPriorityrdrFormatterDestStatusrdrFormatterDestConnectionStatusrdrFormatterDestNumReportsSentrdrFormatterDestNumReportsDiscardedrdrFormatterDestReportRaterdrFormatterDestReportRatePeakrdrFormatterDestReportRatePeakTime}

rdrFormatterDestIPAddr (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.1)

Collection Manager の IP アドレス

アクセス

RO

構文

IP Address

rdrFormatterDestPort (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.2)

Collection Manager が待ち受け、RDR フォーマッタが接続する必要のある TCP ポート

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...65535)

rdrFormatterDestPriority (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.3)

Collection Manager に与えられたプライオリティ。アクティブな Collection Manager は、プライオリティが最も高く、TCP 接続がアップしている Collection Manager です。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...100)

rdrFormatterDestStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.4)

この送信先がアクティブな送信先であるかどうかを表します。

冗長モードおよび単純ロードバランシング モードでは、「アクティブ」な送信先は 1 つしか存在できず、この送信先にレポートが送信されます。マルチキャスト モードでは、すべての送信先がアクティブ モードになります。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (active)-- this destination is where the reports are sent3 (standby)-- this destination is a backup
}

rdrFormatterDestConnectionStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.5)

この宛先への TCP 接続のステータス

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (up)-- the TCP connection to this destination is up3 (down)-- the TCP connection to this destination is down
}

rdrFormatterDestNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.6)

RDR フォーマッタがこの宛先に送信したレポートの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterDestNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.7)

RDR フォーマッタがこの宛先で廃棄したレポートの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterDestReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.8)

この宛先への現在のレポート送信の速度(単位:レポート/秒)。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterDestReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.9)

この宛先へのレポート送信の最大速度

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterDestReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.2.1.10)

rdrFormatterDestReportRatePeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

rdrFormatterNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.3)

RDR フォーマッタが送信したレポートの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.4)

RDR フォーマッタが廃棄したレポートの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.5)

RDR フォーマッタ カウンタを最後に消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)このオブジェクトに 0 を書き込むと、カウンタが消去されます。

アクセス

RW

構文

TimeTicks

rdrFormatterReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.6)

すべての送信先への現在のレポート送信の速度(単位:レポート/秒)。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.7)

すべての送信先へのレポート送信の最大速度

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.8)

rdrFormatterReportRatePeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

rdrFormatterProtocol (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.9)

現在使用中の RDR プロトコル

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (RDRv1)-- RDR protocol version 13 (RDRv2)-- RDR protocol version 2
}

rdrFormatterForwardingMode (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.10)

RDR フォーマッタが送信先にレポートを送信するモード。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (redundancy)-- all RDRs are sent to the primary (active) destination, and all other destinations are in standby3 (simpleLoadBalancing)-- each successive RDR is sent to a different destination, one destination after the other, in a round robin manner4 (multicast)-- all RDRs are sent to all destinations
}

rdrFormatterCategoryTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11)

このテーブルは RDR の各カテゴリを記述し、これらのカテゴリに送信される RDR に関するいくつかの統計情報を提供します。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of rdrFormatterCategoryEntry

rdrFormatterCategoryEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1)

RDR フォーマッタ カテゴリに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{rdrFormatterCategoryIndex}

構文

SEQUENCE {rdrFormatterCategoryIndexrdrFormatterCategoryNamerdrFormatterCategoryNumReportsSentrdrFormatterCategoryNumReportsDiscardedrdrFormatterCategoryReportRaterdrFormatterCategoryReportRatePeakrdrFormatterCategoryReportRatePeakTimerdrFormatterCategoryNumReportsQueued}

rdrFormatterCategoryIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.1)

RDR フォーマッタのカテゴリ番号

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..4)

rdrFormatterCategoryName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.2)

カテゴリの名前

アクセス

RO

構文

DisplayString

rdrFormatterCategoryNumReportsSent (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.3)

RDR フォーマッタがこのカテゴリに送信したレポートの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterCategoryNumReportsDiscarded (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.4)

RDR フォーマッタがこのカテゴリで廃棄したレポートの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterCategoryReportRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.5)

このカテゴリへの現在のレポート送信のレート(単位:レポート/秒)

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterCategoryReportRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.6)

このカテゴリへのレポート送信の最大速度

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterCategoryReportRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.7)

rdrFormatterCategoryReportRatePeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

rdrFormatterCategoryNumReportsQueued (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.11.1.8)

このカテゴリでペンディング中のレポート数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

rdrFormatterCategoryDestTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12)

このテーブルは、異なるカテゴリ間での RDR 送信先のパーティションと、各カテゴリの各送信先のプライオリティおよびステータスを記述します。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of rdrFormatterCategoryDestEntry

rdrFormatterCategoryDestEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1)

宛先テーブル エントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{rdrFormatterCategoryIndex, rdrFormatterDestIPAddr, rdrFormatterDestPort}
 

構文

SEQUENCE {rdrFormatterCategoryDestPriorityrdrFormatterCategoryDestStatus}

rdrFormatterCategoryDestPriority (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1.1)

Collection Manager でこのカテゴリに割り当てられたプライオリティ

アクティブな Collection Manager は、プライオリティが最も高く、TCP 接続がアップしている Collection Manager です。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...100)

rdrFormatterCategoryDestStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.6.12.1.2)

現在、送信先がアクティブかスタンバイかを表します。

冗長モードおよび単純ロードバランシング モードの rdrFormatterForwardingMode では、アクティブな送信先は 1 つだけであり、その送信先にレポートが現在送信されています。マルチキャスト モードでは、すべての送信先に active(2)ステータスが割り当てられます。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (active)-- this is the destination to which reports are currently being sent3 (standby)-- this destination is a backup
}

loggerUserLogEnable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.1)

ユーザ情報のロギングがイネーブルまたはディセーブルのどちらであるかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (enabled)2 (disabled)}

loggerUserLogNumInfo (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.2)

最後のリブートまたは最後にカウンタが消去されて以来、ユーザ ログ ファイルに記録された Infoメッセージの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

loggerUserLogNumWarning (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.3)

最後のリブートまたは最後にカウンタが消去されて以来、ユーザ ログ ファイルに記録された 警告 メッセージの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

loggerUserLogNumError (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.4)

最後のリブートまたは最後にカウンタが消去されて以来、ユーザ ログ ファイルに記録された エラー メッセージの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

loggerUserLogNumFatal (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.5)

最後のリブートまたは最後にカウンタが消去されて以来、ユーザ ログ ファイルに記録された 重大 メッセージの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

loggerUserLogClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.7.6)

ユーザ ログ カウンタを最後に消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)

このオブジェクトに 0 を書き込むと、ユーザ ログ カウンタが消去されます。

アクセス

RW

構文

TimeTicks

subscribersInfoTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1)

実行したサブスクライバ管理操作に関するデータ

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of subscribersInfoEntry

subscribersInfoEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1)

特定のモジュールで実行されたサブスクライバ管理操作を記述するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{pmoduleIndex}

構文

SEQUENCE {subscribersNumIntroduced subscribersNumFree subscribersNumIpAddrMappings subscribersNumIpAddrMappingsFree subscribersNumIpRangeMappings subscribersNumIpRangeMappingsFree subscribersNumVlanMappings subscribersNumVlanMappingsFree subscribersNumActive subscribersNumActivePeak subscribersNumActivePeakTime subscribersNumUpdatessubscribersCountersClearTimesubscriberssubscribersNumTpIpRangeMappingssubscribersNumTpIpRangeMappingsFreeCountersClearTimesubscribersNumAnonymoussubscribersNumWithSessions}

subscribersNumIntroduced (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.1)

SCE が現在認識しているサブスクライバ数。これらのサブスクライバには、IP アドレスまたは VLAN マッピングがある場合と、ない場合があります。どのような種類のマッピングも持たないサブスクライバは、トラフィックと対応付けることができず、SCE はこれらのサブスクライバをデフォルト設定に従って処理します。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.2)

現在認識されているサブスクライバに加えて、認識させることのできるサブスクライバの数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumIpAddrMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.3)

IP アドレスとサブスクライバの現在のマッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumIpAddrMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.4)

新しいマッピングの定義に使用できる、IP アドレスとサブスクライバのフリー マッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumIpRangeMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.5)

IP アドレス範囲とサブスクライバの現在のマッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumIpRangeMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.6)

新しいマッピングの定義に使用できる、IP 範囲とサブスクライバのフリー マッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumVlanMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.7)

VLAN とサブスクライバの現在のマッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumVlanMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.8)

新しいマッピングの定義に使用できる、VLAN とサブスクライバのフリー マッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumActive (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.9)

現在のアクティブ サブスクライバ数。これらのサブスクライバには、サブスクライバ サービス アグリーメントに従って処理すべきトラフィックを定義する IP アドレスまたは VLAN のマッピングが必ずあります。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumActivePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.10)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの subscribersNumActive 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumActivePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.11)

subscribersNumActivePeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

subscribersNumUpdates (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.12)

SCE が受信したサブスクライバ データベース更新の合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersCountersClearTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.13)

サブスクライバ カウンタを消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)

このオブジェクトに 0 を書き込むと、カウンタが消去されます。

アクセス

RW

構文

TimeTicks

subscribersNumTpIpRangeMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.14)

IP 範囲とトラフィック プロセッサの現在のマッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumTpIpRangeMappingsFree (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.15)

新しいマッピングの定義に使用できる、IP 範囲とトラフィック プロセッサの現在のマッピング数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumAnonymous (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.16)

現在のアノニマス サブスクライバ数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersNumWithSessions (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.1.1.17)

現在オープン セッションのあるサブスクライバ数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

subscribersPropertiesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2)

すべてのサブスクライバ プロパティのリスト。このテーブルは、SCE プラットフォームにアプリケーションをロードするたびに更新されます。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of subscribersPropertiesEntry

subscribersPropertiesEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1)

特定のモジュールに関連するアプリケーションのサブスクライバ プロパティを記述するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{pmoduleIndex, spIndex}

構文

SEQUENCE {spIndexspNamespType}

spIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.1)

サブスクライバ プロパティを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

spName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.2)

サブスクライバ プロパティの名前

アクセス

RO

構文

DisplayString

spType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.2.1.3)

次の事項に関するプロパティ タイプ:変数のタイプ(integer、boolean、string など)、要素の数(スカラーまたは配列)、制限(ある場合)

アクセス

RO

構文

DisplayString

subscriberPropertiesValuesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3)

サブスクライバ プロパティ値のテーブルを使用して、SCE プラットフォームが新しく認識した特定のサブスクライバのプロパティに値が提供されます。

エントリの spvRowStatus オブジェクトを CreateAndGo(4)に設定してエントリを作成してから、要求されたサブスクライバおよびプロパティの名前を設定する必要があります。要求されたプロパティは、subscribersPropertiesTable のいずれかのプロパティでなければなりません。エントリを削除するには、spvRowStatus オブジェクトを Destroy(6)に設定します。

サブスクライバ プロパティをポーリングするには、次のいずれかのオブジェクトをポーリングする必要があります。

spvPropertyStringValue

spvPropertyUnitValue

アプリケーションがアンロードされると、このテーブルが消去されます。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of subscribersPropertiesValueEntry

subscriberPropertiesValueEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1)

指定されたサブスクライバ プロパティの値に関する情報を提供するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{pmoduleIndex, spvIndex}

構文

SEQUENCE {SpvIndexspvSubNamespvPropertyNamespvRowStatusspvPropertyStringValuespvPropertyUintValuespvPropertyCounter64Value}

spvIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.1)

エントリを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1.. 1024)

spvSubName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.2)

サブスクライバを一意に識別する名前

アクセス

RC

構文

DisplayString (Size 1...40)

spvPropertyName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.3)

サブスクライバ プロパティを一意に識別する名前

C ライクなフォーマットで、配列型のプロパティを一度に 1 要素ずつアクセスできます(例:x[1]、または y[1][2])

アクセス

RC

構文

DisplayString (Size 1...128)

spvRowStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.4)

テーブル エントリの作成を制御します。CreateAndGo(4)および Destroy(6)を設定するだけで、エントリのステータスが変更されます。

アクセス

RC

構文

RowStatus

spvPropertyStringValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.5)

display string フォーマットのサブスクライバ プロパティ値

アクセス

RO

構文

DisplayString (SIZE 0...128)

spvPropertyUintValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.6)

Uint フォーマットのサブスクライバ プロパティ値

プロパティを Uint フォーマットに成形できない場合は、このオブジェクトを取得すると 0 が返されます。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

spvPropertyCounter64Value (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.8.3.1.7)

Counter64 フォーマットのサブスクライバ プロパティ値

プロパティを Counter64 フォーマットに成形できない場合は、このオブジェクトを取得すると 0 が返されます。

アクセス

RO

構文

Counter64

tpInfoTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1)

トラフィック プロセッサ情報テーブルは、トラフィック プロセッサが処理するトラフィックに関する、パケット別およびフロー別のデータで構成されます。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of tpInfoEntry

tpInfoEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1)

トラフィック プロセッサからの情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{tpModuleIndex, tpIndex}

構文

SEQUENCE {tpModuleIndextpIndextpTotalNumHandledPacketstpTotalNumHandledFlows tpNumActiveFlows tpNumActiveFlowsPeak tpNumActiveFlowsPeakTime tpNumTcpActiveFlows tpNumTcpActiveFlowsPeak tpNumTcpActiveFlowsPeakTime tpNumUdpActiveFlows tpNumUdpActiveFlowsPeak tpNumUdpActiveFlowsPeakTime tpNumNonTcpUdpActiveFlowstpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeak tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeakTime tpTotalNumBlockedPacketstpTotalNumBlockedFlowstpTotalNumDiscardedPacketsDueToBwLimittpTotalNumWredDiscardedPacketstpTotalNumFragmentstpTotalNumNonIpPacketstpTotalNumIpCrcErrPacketstpTotalNumIpLengthErrPacketstpTotalNumIpBroadcastPacketstpTotalNumTtlErrPacketstpTotalNumTcpUdpCrcErrPacketstpClearCountersTimetpHandledPacketsRatetpHandledPacketsRatePeaktpHandledPacketsRatePeakTimetpHandledFlowsRatetpHandledFlowsRatePeaktpHandledFlowsRatePeakTimetpCpuUtilizationtpCpuUtilizationPeaktpCpuUtilizationPeakTimetpFlowsCapacityUtilizationtpFlowsCapacityUtilizationPeaktpFlowsCapacityUtilizationPeakTimetpServiceLoss}

tpModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.1)

このトラフィック プロセッサが存在するモジュールを一意に識別する索引値( pmoduleIndex

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...255)

tpIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.2)

指定されたモジュール内のトラフィック プロセッサを一意に識別する索引値。この値は、モジュール内でのトラフィック プロセッサの位置によって決まります。

有効なエントリは、1 からこのモジュールの pmoduleNumTrafficProcessors の値までです。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...255)

tpTotalNumHandledPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.3)

最後のリブートまたは最後にこのカウンタを消去して以来、このトラフィック プロセッサが処理したパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumHandledFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.4)

最後のリブートまたは最後にこのカウンタを消去して以来、このトラフィック プロセッサが処理したフローの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.5)

このトラフィック プロセッサが現在処理中のフロー数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.6)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpNumActiveFlows 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.7)

tpNumActiveFlowsPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpNumTcpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.8)

このトラフィック プロセッサが現在処理中の TCP フロー数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

TpNumTcpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.9)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpNumTcpActiveFlows 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumTcpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.10)

tpNumTcpActiveFlowsPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpNumUdpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.11)

トラフィック プロセッサが現在処理中の UDP フロー数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumUdpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.12)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpNumUdpActiveFlows 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumUdpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.13)

tpNumUdpActiveFlowsPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpNumNonTcpUdpActiveFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.14)

トラフィック プロセッサが現在処理中の非 TCP/UDP フロー数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.15)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpNumNonTcpUdpActiveFlows 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.16)

tpNumNonTcpUdpActiveFlowsPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpTotalNumBlockedPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.17)

アプリケーションのブロックに関するルールに従ってトラフィック プロセッサが廃棄したパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumBlockedFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.18)

アプリケーションのブロックに関するルールに従ってトラフィック プロセッサが廃棄したフローの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumDiscardedPacketsDueToBwLimit (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.19)

サブスクライバの帯域幅制限によってトラフィック プロセッサが廃棄したパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumWredDiscardedPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.20)

キューの輻輳によってトラフィック プロセッサが廃棄したパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumFragments (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.21)

トラフィック プロセッサが処理したフラグメント化パケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumNonIpPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.22)

トラフィック プロセッサが処理した非 IP パケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumIpCrcErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.23)

トラフィック プロセッサが処理した IP CRC エラーのあるパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumIpLengthErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.24)

トラフィック プロセッサが処理した IP 長さエラーのあるパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumIpBroadcastPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.25)

トラフィック プロセッサが処理した IP ブロードキャスト パケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumTtlErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.26)

トラフィック プロセッサが処理した TTL エラーのあるパケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpTotalNumTcpUdpCrcErrPackets (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.27)

トラフィック プロセッサが処理した CRC エラーのある TCP/UDP パケットの合計数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.28)

トラフィック プロセッサの統計カウンタを最後に消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)。このオブジェクトに 0 を書き込むと、カウンタが消去されます。

アクセス

RW

構文

TimeTicks

tpHandledPacketsRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.29)

このトラフィック プロセッサによるパケットの処理速度(単位:パケット/秒)。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0... 4294967295)

tpHandledPacketsRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.30)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpHandledPacketsRate 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpHandledPacketsRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.31)

tpHandledPacketsRatePeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpHandledFlowsRate (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.32)

このトラフィック プロセッサによるフローの処理速度(単位:フロー開始/秒)

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpHandledFlowsRatePeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.33)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpHandledFlowsRate 値のピーク

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

tpHandledFlowsRatePeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.34)

tpHandledFlowsRatePeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpCpuUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.35)

現在の CPU 利用率(パーセンテージ)

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..100)

tpCpuUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.36)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpCpuUtilization 値のピーク

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..100)

tpCpuUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.37)

pCpuUtilizationPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpFlowsCapacityUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.38)

フロー キャパシティ利用率(パーセンテージ)

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..100)

tpFlowsCapacityUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.39)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの tpFlowsCapacityUtilization 値のピーク

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..100)

tpFlowsCapacityUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.40)

tpFlowsCapacityUtilizationPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

tpServiceLoss (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.9.1.1.41)

最後のリブートまたは最後にカウンタを消去して以来の、このトラフィック プロセッサでのサービス ロスの量(単位:0.001%)

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..100000)

pportTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1)

ポート エントリのリスト

エントリ数は、シャーシ内のモジュール数および各モジュール上のポート数によって決まります。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of pportEntry

pportEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1)

モジュール上の特定のポートに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{pportModuleIndex, pportIndex}

構文

SEQUENCE {pportModuleIndexpportIndexpportTypepportNumTxQueuespportIfIndexpportAdminSpeedpportAdminDuplexpportOperDuplexpportLinkIndexpportOperStatus}

pportModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.1)

このポートが存在するモジュールを一意に識別する索引値( pmoduleIndex

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

pportIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.2)

指定されたモジュール内のポートを一意に識別する索引値。この値は、モジュール上でのポートの位置によって決まります。

有効なエントリは、1 からこのモジュールの pmoduleNumPorts の値までです。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

pportType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.3)

ポート上の物理レイヤ メディア依存インターフェイスのタイプ

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following11 (e100BaseTX)-- UTP Fast Ethernet (Cat 5)28 (e1000BaseSX)-- Short Wave fiber Giga Ethernet
}

pportNumTxQueues (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.4)

このポートがサポートする送信キューの数

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

pportIfIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.5)

このポートの ifIndex オブジェクト(MIB-II で定義)のインスタンス値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

pportAdminSpeed (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.6)

希望するポート速度。ポートの現在の動作速度は、ifSpeed によって判別できます。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (autoNegotiation)-- 10000000 (s10000000)-- 10 Mbps100000000 (s100000000)-- 100 Mbps1000000000 (s1000000000)-- 1 Gbps
}

pportAdminDuplex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.7)

希望するポートのデュプレックス モード

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (half)2 (full)4 (auto)}

pportOperDuplex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.8)

ポートが半二重モードまたは全二重モードのどちらで動作しているかを表します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (half)2 (full)}

pportLinkIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.9)

このポートが属しているリンクの linkIndex

値が 0 の場合、このポートはどのリンクにも対応付けられていません。

値が -1 の場合、このポートは複数のリンクに対応付けられています。

アクセス

RO

構文

INTEGER (-1..255)

pportOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.10.1.1.10)

ポートのステータス。ポートがダウンしている場合は、理由が示されます。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (up)-- the port is up3 (reflectionForcingDown)-- the port is currently forced down due to the link reflection mechanism4 (redundancyForcingDown)-- the port is currently forced down due to redundancy reasons5 (otherDown)-- the port is down due to other reasons
}

txQueuesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1)

各 SCE プラットフォーム送信キューに関する情報のリスト

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of txQueuesEntry

txQueuesEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1)

特定の SCE 送信キューに関する情報を格納するエントリ。

アクセス

アクセス不可能

索引

{txQueuesModuleIndex, txQueuesPortIndex, txQueuesQueueIndex}

構文

SEQUENCE {txQueuesModuleIndextxQueuesPortIndextxQueuesQueueIndextxQueuesDescriptiontxQueuesBandwidthtxQueuesUtilizationtxQueuesUtilizationPeaktxQueuesUtilizationPeakTimetxQueuesClearCountersTime}

txQueuesModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.1)

このキューが存在するモジュールを一意に識別する索引値( pmoduleIndex

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

txQueuesPortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.2)

キューが存在するポートを一意に識別する索引値。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

txQueuesQueueIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.3)

指定されたポート上のキューを一意に識別する索引値。この値は、ポート上でのキューの位置によって決まります。

有効なエントリは、1 からこのポートの pportNumTxQueues の値までです。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

txQueuesDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.4)

送信キューの説明

アクセス

RO

構文

DisplayString

txQueuesBandwidth (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.5)

このキューに設定された帯域幅(単位:kbps)。

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...1000000)

txQueuesUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.6)

設定された速度に対する帯域幅の利用率(パーセンテージ)

アクセス

RO

構文

INTEGER (0...100)

txQueuesUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.7)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの txQueuesUtilization 値のピーク

アクセス

RO

構文

INTEGER (0...100)

txQueuesUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.8)

txQueuesUtilizationPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

txQueuesClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.9)

送信キューの統計カウンタを最後に消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)

このオブジェクトに 0 を書き込むと、送信キュー カウンタが消去されます。

アクセス

RW

構文

TimeTicks

txQueuesDroppedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.11.1.1.10)

廃棄されたバイト数。送信キュー単位で廃棄バイトをカウントするようにシステムが設定されている場合のみ、有効です。

アクセス

RO

構文

Counter64

globalControllersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1)

各グローバル コントローラに関する情報のリスト

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of globalControllersEntry

globalControllersEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1)

特定のグローバル コントローラに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{globalControllersModuleIndex, globalControllersPortIndex, globalControllersIndex}

構文

SEQUENCE {globalControllersModuleIndexglobalControllersPortIndexglobalControllersIndexglobalControllersDescriptionglobalControllersBandwidthglobalControllersUtilizationglobalControllersUtilizationPeakglobalControllersUtilizationPeakTimeglobalControllersClearCountersTimeglobalControllersDroppedBytes}

globalControllersModuleIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.1)

このグローバル コントローラが存在するモジュールを一意に識別する索引値( pmoduleIndex

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

globalControllersPortIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.2)

グローバル コントローラが存在するポートを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

globalControllersIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.3)

指定されたポート上のこのグローバル コントローラを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

globalControllersDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.4)

グローバル コントローラの説明

アクセス

RO

構文

DisplayString

globalControllersBandwidth (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.5)

このグローバル コントローラに設定された帯域幅(単位:kbps)

アクセス

RO

構文

INTEGER (1...1000000)

globalControllersUtilization (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.6)

設定された速度 ( globalControllersBandwidth ) に対する帯域幅の利用率(パーセンテージ)

アクセス

RO

構文

INTEGER (0...100)

globalControllersUtilizationPeak (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.7)

最後に消去されて以来、またはシステムが起動してからの bwLimitersUtilization 値のピーク

アクセス

RO

構文

INTEGER (0...100)

globalControllersUtilizationPeakTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.8)

globalControllersUtilizationPeak 値が発生してからの時間(単位: 100 分の 1 秒)

アクセス

RO

構文

TimeTicks

globalControllersClearCountersTime (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.9)

グローバル コントローラの統計カウンタを最後に消去してからの時間(単位:100 分の 1 秒)

このオブジェクトに 0 を書き込むと、グローバル コントローラ カウンタが消去されます。

アクセス

RW

構文

TimeTicks

globalControllersDroppedBytes (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.12.1.1.10)

廃棄されたバイト数。グローバル コントローラ単位で廃棄バイトをカウントするようにシステムが設定されている場合のみ、有効です。

アクセス

RO

構文

Counter64

appInfoTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1)

SCE プラットフォームに現在インストールされているアプリケーションを識別する情報

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of appInfoEntry

appInfoEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1)

SCE プラットフォームに現在インストールされているアプリケーションの識別情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{moduleIndex}

構文

SEQUENCE {appNameappDescriptionappVersion}

appName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.1)

SCE プラットフォームに現在インストールされているアプリケーションの名前。アプリケーションが現在インストールされていない場合、このオブジェクトは空白のストリングを返します。

アクセス

RO

構文

DisplayString

appDescription (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.2)

SCE プラットフォームに現在インストールされているアプリケーションの説明

アクセス

RO

構文

DisplayString

appVersion (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.1.1.3)

SCE プラットフォームに現在インストールされているアプリケーションのバージョン情報

アクセス

RO

構文

DisplayString

appPropertiesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2)

アプリケーションで使用できるすべてのプロパティのリスト。アプリケーションがアンロードされると、このテーブルが消去されます。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of appPropertiesEntry

appPropertiesEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1)

アプリケーションで使用できるプロパティの 1 つを記述するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{moduleIndex, apIndex}

構文

SEQUENCE {apIndexapNameapType}

apIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.1)

プロパティを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

apName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.2)

プロパティの名前

アクセス

RO

構文

DisplayString

apType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.2.1.3)

次の事項に関するプロパティ タイプ:変数のタイプ(integer、boolean、string など)、要素の数(スカラーまたは配列)、制限(ある場合)

アクセス

RO

構文

DisplayString

appPropertiesValuesTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3)

アプリケーション プロパティ値のテーブルを使用して、アプリケーション プロパティに特定の値が提供されます。

エントリの apvRowStatus オブジェクトを CreateAndGo(4)に設定してエントリを作成してから、要求されたプロパティの名前を設定する必要があります。要求されたプロパティは、appPropertiesTable のいずれかのプロパティでなければなりません。エントリを削除するには、RowStatus オブジェクトを Destroy(6)に設定します。

アプリケーション プロパティをポーリングするには、次のいずれかのオブジェクトをポーリングする必要があります。

apvPropertyValue

apvPropertyUnitValue

apvPropertyCounter64 オブジェクト

アプリケーションがアンロードされると、このテーブルが消去されます。

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of appPropertiesValueEntry

appPropertiesValueEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1)

指定されたアプリケーション プロパティの値に関する情報を提供するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{moduleIndex, apvIndex}

構文

SEQUENCE {apvIndexapvPropertyNameapvRowStatusapvPropertyStringValueapvPropertyUintValueapvPropertyCounter64Value}

apvIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.1)

プロパティを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1.. 1024)

apvPropertyName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.2)

アプリケーション プロパティを一意に識別する名前

C ライクなフォーマットで、配列型のプロパティを一度に 1 要素ずつアクセスできます(例:x[1]、または y[1][2])

アクセス

RC

構文

DisplayString

apvRowStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.3)

テーブル エントリの作成を制御します。

アクセス

RC

構文

RowStatus

apvPropertyStringValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.4)

display string フォーマットのアプリケーション プロパティ値

アクセス

RO

構文

DisplayString (SIZE 0...128)

apvPropertyUintValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.5)

Uint フォーマットのアプリケーション プロパティ値。

プロパティを Uint フォーマットに成形できない場合は、このオブジェクトを取得すると 0 が返されます。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

apvPropertyCounter64Value (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.13.3.1.6)

Counter64 フォーマットのアプリケーション プロパティ値。

プロパティを Counter64 フォーマットに成形できない場合は、このオブジェクトを取得すると 0 が返されます。

アクセス

RO

構文

Counter64

trafficCountersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1)

各トラフィック カウンタに関する情報のリスト

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of trafficCountersEntry

trafficCountersEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1)

特定のトラフィック カウンタに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{trafficCounterIndex}
 

構文

SEQUENCE {trafficCounterIndextrafficCounterValuetrafficCounterNametrafficCounterType}

trafficCounterIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.1)

カウンタを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

trafficCounterValue (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.2)

64 ビットのカウンタ値

アクセス

RO

構文

Counter64

trafficCounterName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.3)

カウンタの名前

アクセス

RO

構文

DisplayString

trafficCounterType (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.14.1.1.4)

トラフィック カウンタがパケット単位(3)またはバイト単位(2)のどちらでカウントするかを定義します。

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)-- none of the following2 (bytes)-- counts by bytes3 (packets)-- counts by packets
}

attackTypeTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1)

定義済みの攻撃タイプに関する情報のリスト

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of AttackTypeEntry

attackTypeEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1)

特定の攻撃タイプに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{pmoduleIndex, attackTypeIndex}

構文

SEQUENCE {attackTypeIndexattackTypeNameattackTypeCurrentNumAttacksattackTypeTotalNumAttacksattackTypeTotalNumFlowsattackTypeTotalNumSeconds}

attackTypeIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.1)

攻撃タイプを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..255)

attackTypeName (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.2)

攻撃タイプの名前

アクセス

RO

構文

DisplayString

attackTypeCurrentNumAttacks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.3)

現在検出されている、このタイプの攻撃の数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

attackTypeTotalNumAttacks (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.4)

最後の消去以来、検出されたこのタイプの攻撃の総数

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

attackTypeTotalNumFlows (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.5)

最後の消去以来、検出されたこの攻撃タイプのフロー総数

アクセス

RO

構文

Counter64

attackTypeTotalNumSeconds (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.15.1.1.6)

最後の消去以来、検出されたこのタイプの攻撃の持続時間の合計(単位:秒)。

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

vasServersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1)

VAS サーバに関する情報のリスト

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of VasServerEntry

vasServerEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1)

特定の VAS サーバに関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

索引

{vasServerIndex}

構文

SEQUENCE {vasServerIndexvasServerIdvasServerAdminStatusvasServerOperStatus}

vasServerIndex (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.1)

VAS サーバを一意に識別する索引値

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

vasServerId (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.2)

システム内の VAS サーバの ID 番号

アクセス

RO

構文

Unsigned32 (0...4294967295)

vasServerAdminStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.3)

VAS サーバの管理ステータス

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)2 (up)3 (down)}

vasServerOperStatus (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.16.1.1.4)

VAS サーバの動作ステータス

アクセス

RO

構文

INTEGER {1 (other)2 (up)3 (down)}

mplsVpnSoftwareCountersTable (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1)

MPLS/VPN 自動学習に関連する各システム ソフトウェア カウンタの情報のリスト

アクセス

アクセス不可能

構文

Sequence of mplsVpnSoftwareCountersEntry

mplsVpnSoftwareCountersEntry (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1)

MPLS/VPN 自動学習に関する情報を格納するエントリ

アクセス

アクセス不可能

構文

SEQUENCE {mplsVpnMaxHWMappingsmplsVpnCurrentHWMappings}

mplsVpnMaxHWMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1.1)

使用可能なハードウェア マッピングの最大数

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..1000000)

mplsVpnCurrentHWMappings (1.3.6.1.4.1.5655.4.1.17.1.1.2)

システム内の現在のハードウェア マッピング数

アクセス

RO

構文

INTEGER (1..1000000)

サポートする規格

SCE プラットフォームは、次の表に示す SNMP 関連規格をサポートしています。

 

表B-1 サポートする SNMP 規格

文書名

説明

RFC 1155:Structure and Identification of Management Information for TCP/IP-based Internets

K. McCloghrie および M. T. Rose(1990 年 5 月)

MIB オブジェクトの定義が記載されています。

(RFC 1065 の後継)

RFC 1157:A Simple Network Management Protocol

J. D. Case、M. Fedor、M. L. Schoffstall、および C. Davin(1990 年 5 月)

SNMP を定義しています。

(RFC 1098 の後継)

RFC 1212:Concise MIB Definitions

K. McCloghrie(1991 年 3 月)

MIB モジュールを作成するためのフォーマットを定義しています。

RFC 1213:Management Information Base Network Management of TCP/IP based internets:MIB-II

K. McCloghrie および M. T. Rose 編集(1991 年 3 月)

MIB-II を定義しています。(RFC 1158 の後継)

RFC 1215:Convention for Defining Traps for Use with the SNMP

M. T. Rose 編集(1991 年 3 月)

RFC 1901:Introduction to Community-based SNMPv2

SNMPv2 WG、J.Case、K. McCloghrie、M.T.Rose、S. Waldbusser(1996 年 1 月)

「コミュニティベース SNMPv2」を定義しています。

(試験的。RFC 1441 の後継。)

RFC 1905:Protocol Operations for Version 2 of the Simple Network Management Protocol(SNMPv2)

1449(1996 年 1 月)の後継

RFC 1906:Transport Mappings for Version 2 of the Simple Network Management Protocol(SNMPv2)

1449(1996 年 1 月)の後継

RFC 2233:The Interfaces Group MIB using SMIv2

RFC-2863 の後継:The Interfaces Group MIB

ifTable. の拡張