Cisco SCE8000 GBE ソフトウェア コンフィギュ レーション ガイド
サブスクライバの管理
サブスクライバの管理
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2012/02/01 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

サブスクライバの管理

概要

サブスクライバに関する情報

サブスクライバとは何か?

Service Control ソリューションのサブスクライバ モード

サブスクライバ データベース:容量と制限

大量のサブスクライバの動作

サブスクライバの最大実数

サブスクライバ マッピングの制限

アノニマス サブスクライバの作成レート

サブスクライバのエージング

VPN ベースのサブスクライバ

自動 VLAN VPN

カスケード システムにおけるサブスクライバ情報の同期化

アノニマス グループとサブスクライバのテンプレート

サブスクライバ ファイル

サブスクライバ デフォルト csv ファイル形式

サブスクライバ アノニマス グループ csv ファイル形式

サブスクライバ情報のインポートとエクスポート

オプション

サブスクライバ情報のインポート方法

サブスクライバ情報のエクスポート方法

サブスクライバ テンプレートのインポート方法

サブスクライバ テンプレートのエクスポート方法

サブスクライバとテンプレートの削除

特定のサブスクライバの削除方法

オプション

すべての導入済みサブスクライバの削除方法

特定のアノニマス サブスクライバ グループの削除方法

オプション

すべてのアノニマス サブスクライバ グループの削除方法

すべてのアノニマス サブスクライバの削除方法

すべてのサブスクライバ テンプレートの削除方法

VPN ベースのサブスクライバの削除

デバイスごとのサブスクライバの削除方法

SM からのサブスクライバの削除方法

指定した SCMP ピア デバイスからのサブスクライバの削除方法

アノニマス グループのクリア

アノニマス グループの定義

アノニマス グループの定義方法

アノニマス グループのインポートとエクスポート

アノニマス グループのインポート方法

アノニマス グループのエクスポート方法

サブスクライバのモニタリング

サブスクライバ データベースの監視方法

サブスクライバ データベース カウンタの表示方法

サブスクライバ データベース カウンタのクリア

サブスクライバの表示

サブスクライバの表示:現在のすべてのサブスクライバ名

サブスクライバの表示:サブスクライバのプロパティまたはプレフィクス別

サブスクライバの表示方法:マッピング(IP アドレス、VPN、または VLAN ID)別

サブスクライバ情報の表示方法

サブスクライバ プロパティのリストの表示方法

指定したサブスクライバに関するすべての情報の表示方法

指定したサブスクライバのサブスクライバ プロパティ値の表示方法

指定したサブスクライバのマッピングの表示方法

指定したサブスクライバの OS カウンタの表示方法

アノニマス サブスクライバ情報の表示

現在設定されているアノニマス グループの表示方法

現在設定されているアノニマス グループのテンプレートの表示方法

指定したアノニマス グループの現行設定の表示方法

指定したアノニマス グループ内のサブスクライバの表示方法

現在アノニマス グループに含まれるすべてのサブスクライバの表示方法

指定したアノニマス グループ内のサブスクライバ数の表示方法

すべてのアノニマス グループに含まれるサブスクライバ総数の表示方法

サブスクライバの最大実数の設定

設定済み容量オプションの上書き方法

設定済み容量オプションの復元方法

サブスクライバの最大数の監視方法

サブスクライバ エージングの設定

アノニマス グループ サブスクライバのエージングの有効化方法

導入済みサブスクライバのエージングの有効化方法

アノニマス グループ サブスクライバのエージングの無効化方法

導入済みサブスクライバのエージングの無効化方法

アノニマス グループ サブスクライバのエージング タイムアウト期間の設定方法

オプション

導入済みサブスクライバのエージング タイムアウト期間の設定方法

オプション

アノニマス グループ サブスクライバのエージングの表示方法

導入済みサブスクライバのエージングの表示方法

VPN と VPN サブスクライバ マッピングの管理

VPN 関連マッピングの表示方法

自動 VPN のクリア方法

SCE プラットフォーム/SM 接続の設定

SM に障害が発生した場合の SCE プラットフォームの動作の設定

オプション

SM-SCE プラットフォーム接続のタイムアウトの設定

オプション

サブスクライバの管理

概要

SCE プラットフォームは、サブスクライバを認識します。つまり、トラフィックと使用状況を特定のお客様に関連付けることができます。このように IP フローと特定のサブスクライバをマッピングすることにより、システムで次のことが可能になります。

プラットフォーム経由でトラフィックを伝送する各サブスクライバの状態を保持する

特定のサブスクライバに使用情報を提供する

サブスクライバ トラフィックに対して適切なポリシーを実施する(サブスクライバごとに異なるポリシーを設定できます)

「サブスクライバに関する情報」

「サブスクライバ情報のインポートとエクスポート」

「サブスクライバとテンプレートの削除」

「アノニマス グループのインポートとエクスポート」

「サブスクライバのモニタリング」

「サブスクライバ エージングの設定」

「VPN と VPN サブスクライバ マッピングの管理」

「SCE プラットフォーム/SM 接続の設定」

サブスクライバに関する情報

「サブスクライバとは何か?」

「Service Control ソリューションのサブスクライバ モード」

「サブスクライバ マッピングの制限」

「サブスクライバのエージング」

「アノニマス グループとサブスクライバのテンプレート」

「サブスクライバ ファイル」

サブスクライバとは何か?

Service Control ソリューションにおけるサブスクライバは、SCE プラットフォームのサブスクライバ側に存在し、アカウンティングとポリシーが個別に適用される管理エンティティとして定義されています。

表 10-1 に、Service Control ソリューションにおけるサブスクライバの例を示します。

 

表 10-1 サブスクライバの例

サブスクライバ
サブスクライバの特徴
管理エンティティ
サブスクライバ(エンティティ)の識別方法

DSL レジデンシャル サブスクライバ

DSL レジデンシャル ユーザ IP アドレス

IP アドレスのリストは、RADIUS サーバによって割り当てられます。

ケーブル レジデンシャル サブスクライバ

ケーブル レジデンシャル ユーザ

IP アドレス

CPE の IP アドレスのリストは、DHCP サーバによって動的に割り当てられます。

データ サービスに加入している 3G 電話の所有者

3G 電話の所有者

RADIUS サーバによって動的に割り当てられる MS-ISDN

サービス プロバイダの法人のお客様

法人とその生成トラフィック

静的に割り当てられる NAT-ed IP アドレスのセット

CMTS

CMTS と、CMTS を介してインターネットに接続するケーブル モデム ユーザのブロードバンド トラフィック

IP アドレスの範囲

VLAN タグのグループ

VPN ベースのサブスクライバ(VPN の全部または一部)

VLAN ベースのサブスクライバ

特定の VPN 内の IP アドレスのセットまたは範囲

VLAN タグまたは VLAN タグの範囲

SCMP サブスクライバ

SCMP サブスクライバ

次の 3 項目の組み合せ:

IP アドレスまたは範囲

SCMP ピア デバイスのマネージャ ID

GUID を含むサブスクライバ ID

各サブスクライバには、それを作成した管理エンティティに基づいてマネージャ ID が割り当てられます。マネージャ候補は、SM、CLI、および SCMP ピア デバイスです。

Service Control ソリューションのサブスクライバ モード

Service Control ソリューションは、サブスクライバを処理するいくつかのモードをサポートしています。

サブスクライバレス モード

アノニマス サブスクライバ モード

スタティック サブスクライバ アウェア モード

ダイナミック サブスクライバ アウェア モード

すべての Service Control ソリューションがすべてのモードをサポートしているとは限らないことに注意してください。

最も基本的なモードは、 サブスクライバレス モードです。このモードでは、システム内にサブスクライバという概念がなく、SCE プラットフォームが配置されたリンク全体が 1 つのサブスクライバとして扱われます。グローバル アプリケーション レベルの解析(total p2p やブラウジングなど)のほか、グローバル制御(total p2p を特定の割合に制限することなど)を実行できます。設定面で、これはターンキー システムであり、サブスクライバの視点からシステムを統合または設定する必要はありません。

アノニマス サブスクライバ モードでは、SCE プラットフォームが各サブスクライバの「anonymous/on-the-fly」レコードを作成するときに、着信ネットワーク ID(IP アドレス、VLAN、または VPN ID)に対して分析が実行されます。これは、個々の IP アドレス レベルでのトラフィック分析(たとえば、特定の「サブスクライバ」IP が現在どのような状況にあるかを特定/監視する場合)のほか、このレベルでの制御(たとえば、各サブスクライバの帯域幅を特定の値に制限したり、ブロックしたり、リダイレクトしたりする場合)を許可します。アノニマス サブスクライバによって、OSS 統合を使用せずに、アプリケーションとプロトコルの使用状況をすばやく表示したり、事前定義のテンプレートを使用した均一制御スキームのアプリケーションが可能になります。

サブスクライバ アウェア モードは、2 種類存在します。これらのモードでは、サブスクライバ ID と現在使用されているネットワーク ID が SCE プラットフォームにプロビジョンされます。これによって、SCE プラットフォームで特定のサブスクライバに使用状況をバインドしたり、トラフィックに対してサブスクライバ単位のポリシーを実施したりすることができます。名前付きレポート(OSS ID を持つトップ サブスクライバなど)、クォータ トラッキング(ネットワーク ID が変わっても一定期間行われるサブスクライバ クォータのトラッキングなど)、およびサブスクライバへのパッケージのダイナミック バインディングがサポートされています。2 つのサブスクライバ アウェア モードは、次のとおりです。

スタティック サブスクライバ アウェア :ネットワーク ID が静的です。スタティック サブスクライバは SCE プラットフォームに直接定義できます。これは、SCE プラットフォームの CLI を使用し、対話形式の設定またはインポート/エクスポート操作を使用してサブスクライバのリスト、ネットワーク ID、およびポリシー情報を定義することによって実現します。

ダイナミック サブスクライバ アウェア :サブスクライバがサービス プロバイダのネットワークにログインするたびにネットワーク ID が動的に変化します。この場合のサブスクライバ認識は、サブスクライバ マッピングへのネットワーク ID を動的に取得する外部プロビジョニング システムを(直接または SM 経由で)統合し、それらを SCE プラットフォームに配信することによって実現します。

サブスクライバ データベース:容量と制限

サブスクライバ データベースの容量は次の 3 つの変数に依存します。

サブスクライバのコンテキスト サイズ:SCE プラットフォームにロードされた特定の SML アプリケーションによって決定されます。このサイズは、サブスクライバ数で乗算されます。

トラフィック プロセッサごとの使用可能なメモリ:トラフィック プロセッサ内のメイン メモリを使用するのは、フローとサブスクライバです。サポート可能なサブスクライバの総数は、トラフィック プロセッサごとのサブスクライバ数にトラフィック プロセッサ数をかけたものです。

コントロール プロセッサ内の使用可能なメモリ:コントロール プロセッサにはサブスクライバごとに 1 つずつのエントリが保持されます。ただし、コントロール プロセッサ エントリ(コンテキスト サイズ)はトラフィック プロセッサ エントリよりかなり小さいため、コントロール データベースがサブスクライバ数の制限要因になることはあまりありません。

表 10-2 に、SCE プラットフォームの最大サブスクライバ容量を示します。次の点に注意してください。

これらの容量は SCOS によって課される上限値です。通常は、サブスクライバ コンテキスト サイズが大きいため、実際の数値はもっと小さくなります。

ハードウェアの制限により、ネットワーク ID エントリの最大数と特定のタイプのネットワーク ID 数は一致しません。

 

表 10-2 サブスクライバとネットワーク ID の最大数

サブスクライバ数
ネットワーク ID 数
IP アドレス数
IP 範囲数
VLAN タグ数
スタティック サブスクライバ数

1,000,000

1,000,000

1,000,000

250,000

2048

250,000

大量のサブスクライバの動作

モバイル インストレーションでは、多くの場合、SCOS 容量の上限値に近い数の大量のサブスクライバが存在します。サブスクライバの実数が増えるほど、サブスクライバ当たり約 4 つのフローに影響が出ることが予想されます。

サブスクライバの最大実数

表 10-2 に示すように、SCOS 容量に基づくサブスクライバの絶対最大数が定義されています。ただし、サポートされるサブスクライバの最大実数は、SCA BB アプリケーションのロード中に指定された制限に基づきます。

サブスクライバの最大実数の指定方法には、次の 2 つの方法があります。

容量オプション メカニズム:このメカニズムはアプリケーションで提供されるさまざまな容量オプションに基づきます。実際に使用される容量オプションは、アプリケーションのロード中に指定されるか、事前設定のデフォルト容量オプションが使用されるかのどちらかです。

特定の容量 CLI コマンド(「サブスクライバの最大実数の設定」を参照):この特殊なコマンドは、アプリケーションのロード中に設定された容量オプションより優先されます。次のオプションがあります。

100K、250K、500K、1M

サブスクライバ マッピングの制限

サブスクライバ当たりに許可されている IP マッピングの最大数については、 表 10-3 を参照してください。IP マッピングは、単一の IP アドレスにすることも、アドレスの範囲にすることもできます。

 

表 10-3 サブスクライバ当たりの IP マッピングの最大数

モード
ピュア IP
プライベート IP

スタンドアロン

1024

200

カスケード

200

50

アノニマス サブスクライバの作成レート

アノニマス サブスクライバの作成に関する最大レートは 360/秒 です。

サブスクライバのエージング

サブスクライバは、SCE プラットフォームで自動的にエージングさせることができます。「エージング」とは、サブスクライバに割り当てられたトラフィック セッションが一定期間内に検出されなかった場合に、そのサブスクライバを自動的に削除することです。最も一般的なエージングの使用方法はアノニマス サブスクライバに対するものであり、ネットワークからログアウトしたアノニマス サブスクライバを SCE プラットフォームから削除することによって、リソースの解放を保証する最も簡単な方法です。エージング タイムは、導入済みサブスクライバとアノニマス サブスクライバに別々に設定できます。

VPN ベースのサブスクライバ

VPN ベースのサブスクライバには、IP@VpnName という形式のマッピング セットが含まれます。この IP には単一の IP アドレスまたはアドレスの範囲を指定できます。VPN ベースのサブスクライバは VLAN ベースです。

VPN ベースのサブスクライバ機能のほとんどは、SCE プラットフォーム CLI のロールがより制限された SM 経由で管理されます。

SCE プラットフォーム CLI は次の用途に使用できます。

VPN 関連マッピングの表示

すべての自動 VLAN VPN の表示

すべての自動 VLAN VPN(アクティブなサブスクライバ マッピングが存在しない VPN のみ)のクリア

自動 VLAN VPN

SCE プラットフォームは、次の条件下で新しい VPN を自動生成します。

現在 VPN 名が存在しない

かつ

VPN 名が 0 ~ 2047 の範囲内である

この番号は、新しく作成された VPN の VLAN マッピングとして使用されます。自動 VPN には、VLAN マッピングを追加できません。

カスケード システムにおけるサブスクライバ情報の同期化

冗長性が確保されたホットスタンバイ カスケード設定では、外部プロビジョニング サーバがアクティブ SCE プラットフォームのみを更新します。ただし、スタンバイ SCE プラットフォームは、必ず、最新のサブスクライバ関連情報(ログイン、ログアウト)を使用して更新する必要があります。これは、フェールオーバー時の情報損失を最小限に抑えるために必要な作業です。通常は、スタンバイ SCE プラットフォーム内のサブスクライバ情報の変更が許可されたエンティティだけがアクティブ SCE プラットフォームになります。スタンバイ SCE プラットフォームは、どのサブスクライバ動作も受け入れない(代わりに STANDBY_VIOLATION エラーを返す)うえ、どの非同期サブスクライバ通知(プル応答やログアウト通知など)も生成しません。

この規則の例外は 2 つしかありません。

スタンバイ SCE プラットフォームはデフォルト サブスクライバのサブスクライバ情報を変更できます。

スタンバイ SCE プラットフォームはサブスクライバ エージングを実行できます。

したがって、ペアで動作している場合、アクティブ SCE プラットフォームはスタンバイ SCE プラットフォームを外部データ情報を使って更新し続けます。加えて、スタンバイ SCE プラットフォームは、アクティブ SCE プラットフォームに外部データ情報を要求し続けます。この同期化は、両方の SCE プラットフォーム内のサブスクライバ データベースが同じであることを保証するために双方向で行われます。

外部データは導入済みサブスクライバ(スタティックとダイナミックの両方)にのみ関連することに注意してください。アノニマス サブスクライバやデフォルト サブスクライバにとっては何の意味もありません。フェールオーバーが発生すると、スタンバイ SCE プラットフォームで最大 2 分間の外部データ情報が失われる可能性があります。

次のサブスクライバ情報が外部データとして見なされます。

サブスクライバ名

IP マッピング

調整可能な項目

マネージャ名

エージング時間

リース時間

is-static フラグ

アクティブ SCE プラットフォームだけが SM と通信できます。SM は、各 SCE プラットフォームのアクティブ/スタンバイ状態を認識するうえ、フェールオーバーも認識します。

具体的には、次のように動作します。

プッシュ モードでは、SM がアクティブ SCE プラットフォームにスタンバイ SCE プラットフォームを更新するイベントをプッシュします。

プル モードでは、アクティブ SCE プラットフォームだけが SM からサブスクライバをプルします。

スタンバイ SCE プラットフォームは、アクティブ SCE プラットフォームから受信した更新に基づいてアノニマス サブスクライバを作成できますが、それらに対するプル応答は生成しません。

SCE と SM の接続に失敗した場合は、SM がアクティブ SCE プラットフォームの SCE 回復のみを処理します。アクティブ SCE プラットフォームがその情報をスタンバイ SCE プラットフォームに伝搬させます。

アノニマス グループとサブスクライバのテンプレート

アノニマス グループは、サブスクライバ テンプレートが割り当てられている可能性がある特定の IP 範囲です。アノニマス グループが設定されている場合は、指定された IP 範囲内の IP アドレスを持つトラフィックが検出されたときに、SCE プラットフォームがそのグループのアノニマス サブスクライバを生成します。そのグループにサブスクライバ テンプレートが割り当てられていた場合は、生成されたアノニマス サブスクライバにそのテンプレートの定義どおりのプロパティが設定されます。サブスクライバ テンプレートが割り当てられていなかった場合は、デフォルト テンプレートが使用されます。

アノニマス グループは IP 範囲を重複させることができます。SCE が複数のアノニマス グループに含まれる IP アドレスのトラフィックを検出すると、プレフィクスが最も長いグループがその IP アドレスのアノニマス サブスクライバを作成するために使用されます。

SCE プラットフォームは、最大 5000 個のアノニマス グループをサポートできます。サブスクライバ テンプレートは 0 ~199 の番号で識別されます。

サブスクライバ テンプレート 1 ~199 は、csv 形式のサブスクライバ テンプレート ファイルで定義されます。ただし、テンプレート #0 は変更できません。このテンプレートには、常にデフォルト値が含まれます。

アノニマス グループに明示的にテンプレートが割り当てられていない場合は、そのグループでテンプレート #0 が使用されます。

サブスクライバ ファイル

「サブスクライバ デフォルト csv ファイル形式」

「サブスクライバ アノニマス グループ csv ファイル形式」

個別のサブスクライバ、アニノマス グループ、およびサブスクライバ テンプレートは、すべて csv ファイルで定義されます。csv ファイルは、カンマ区切り値形式のテキスト ファイルです。Microsoft Excel™ を使用して、このようなファイルを表示または作成できます。適切な CLI コマンドの使用を通して、サブスクライバ データがシステムにインポートされます。SCE プラットフォームは、csv 形式のファイルに現在設定されているサブスクライバ、サブスクライバ テンプレート、およびアノニマス グループをエクスポートすることもできます。

サブスクライバの csv ファイルとサブスクライバ テンプレートの csv ファイルは、アプリケーションによって異なります。ファイル形式の定義については、該当するアプリケーションのマニュアルを参照してください。

csv ファイルの各行には、コメント(「#」記号で始まる)またはカンマで区切られたフィールドのリストが含まれている必要があります。

サブスクライバの csv ファイルはアプリケーションによって異なりますが、デフォルトの形式は SCE によって定義されます。この形式は、アプリケーションで上書きされなかった場合に使用されます。各サブスクライバまたはサブスクライバ テンプレートで追加のデータが必要な場合は、アプリケーションによってその形式が上書きされる可能性があります。アプリケーションで別の形式が定義されているかどうかを確認するには、該当する Service Control アプリケーションのマニュアルを参照してください。

サブスクライバ テンプレートの csv ファイルは、アプリケーションによって異なります。ファイル形式については、該当する Service Control アプリケーションのマニュアルを参照してください。

アノニマス グループの csv ファイルは、アプリケーション固有のものではありません。この形式については、次のセクションで説明します。

サブスクライバ デフォルト csv ファイル形式

各行の構成は、次のとおりです。

name, mappings, packageId

Name :サブスクライバ名です。

Mappings :このサブスクライバにマップされたトンネル ID または IP アドレスを示す 1 つ以上のマッピングが含まれます。複数のマッピングは、セミコロンで区切られます。同じサブスクライバにトンネル ID と IP アドレス/範囲を指定できません。次のマッピング形式がサポートされています。

IP アドレス:ドット区切りの 10 進表記(例:10.3.4.5)

IP アドレス範囲:有効ビット数が続くドット区切りの 10 進表記 マスクによって決定される無効ビットは 0 に設定する必要があることに注意してください(例:10.3.0.0/16)。間違った範囲の例:10.1.1.1/24(10.1.1.0/24 にする必要があります)

packageId :サブスクライバが割り当てられるパッケージの ID

デフォルト形式のサブスクライバ csv ファイルを次に示します。

# A comment line
sub7, 10.1.7.0/24, 1
sub8, 10.1.11.32, 1
sub9, 10.2.22.10, 2
sub10, 10.3.33.10, 2
sub11, 10.4.44.10, 1
sub12, 10.1.11.90; 10.3.0.0/16, 2

サブスクライバ アノニマス グループ csv ファイル形式

各行の構成は、次のとおりです。

name, IP-range, template-index, manager-name(オプション)

name :アノニマス グループ名

IP-range :有効ビット数が続くドット区切りの 10 進表記(例:10.3.0.0/16)

template-index :このアノニマス グループに属しているサブスクライバによって使用されるサブスクライバ テンプレートのインデックス

manager-name (オプション):SM または SCMP ピア名。SM(存在する場合)からサブスクライバをプルするには "SM" を使用します。指定しなかった場合は、"SM" が想定されます。

アノニマス グループ csv ファイルの例を次に示します。

# Yet another comment line
anon1, 10.1.1.0/24, 1, 1
anon2, 10.1.2.0/24, 2, 2
anon3, 10.1.3.0/32, 3, 3
anon4, 10.1.4.0/24, 3, 3
anon5, 10.1.5.0/31, 2
anon6, 10.1.6.0/30, 1
anon7, 0.0.0.0/0, 1

サブスクライバ情報のインポートとエクスポート

「オプション」

「サブスクライバ情報のインポート方法」

「サブスクライバ情報のエクスポート方法」

「サブスクライバ テンプレートのインポート方法」

「サブスクライバ テンプレートのエクスポート方法」

csv ファイルからサブスクライバ データをインポートしたり、csv ファイルにサブスクライバ データをエクスポートしたりするには、次のコマンドを使用します。

subscriber import csv-file

subscriber export csv-file

subscriber anonymous-group import csv-file

subscriber anonymous-group export csv-file

subscriber template import csv-file

subscriber template export csv-file

これらのサブスクライバ管理コマンドは、ライン カード インターフェイス コマンドです。ライン カード インターフェイス コマンド モードに入っていることを確認してください。

オプション

次のオプションを使用できます。

filename :csv ファイルの名前

サブスクライバ情報のインポート方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber import csv-file filename を入力して、 Enter キーを押します。

指定されたファイルからサブスクライバ情報をインポートします。

インポートされたサブスクライバ情報が既存のサブスクライバ情報に追加されます。既存のデータは上書きされません。

インポートされたファイル内の情報が無効の場合、実際に適用される前の確認プロセスでコマンドが失敗します。


 

サブスクライバ情報のエクスポート方法


) CLI コマンドで管理されているサブスクライバだけがエクスポートされます。SM で管理されているサブスクライバをエクスポートするには、SM GUI または CLU を使用します(『Cisco Service Control Management Suite Subscriber Manager User Guide』を参照してください)。



ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber export csv-file filename を入力して、 Enter キーを押します。

サブスクライバ情報を指定されたファイルにエクスポートします。


 

サブスクライバ テンプレートのインポート方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber template import csv-file filename を入力して、 Enter キーを押します。

指定されたファイルからサブスクライバ テンプレートをインポートします。


 

サブスクライバ テンプレートのエクスポート方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber template export csv-file filename を入力して、 Enter キーを押します。

サブスクライバ テンプレートを指定されたファイルにエクスポートします。


 

サブスクライバとテンプレートの削除

「特定のサブスクライバの削除方法」

「すべての導入済みサブスクライバの削除方法」

「特定のアノニマス サブスクライバ グループの削除方法」

「すべてのアノニマス サブスクライバ グループの削除方法」

「すべてのアノニマス サブスクライバの削除方法」

「すべてのサブスクライバ テンプレートの削除方法」

「デバイスごとのサブスクライバの削除方法」

システムからすべてのサブスクライバ、アノニマス グループ、またはサブスクライバ テンプレートを削除するには、次のコマンドを使用します。

no subscriber all

no subscriber anonymous-group all

clear interface linecard subscriber anonymous

default subscriber template all

システムから特定のサブスクライバまたはアノニマス グループを削除するには、次のコマンドを使用します。

no subscriber name

no subscriber anonymous-group name

これらのサブスクライバ管理コマンドは、ライン カード インターフェイス コマンドです(特権 EXEC コマンドである clear interface linecard subscriber anonymous コマンドは例外です)。ライン カード インターフェイス コマンド モードに入っており、コマンドラインに SCE(config if)# プロンプトが表示されていることを確認してください。

特定のサブスクライバの削除方法

オプション

次のオプションを使用できます。

subscriber-name :削除するサブスクライバの名前


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber name subscriber-name を入力して、 Enter キーを押します。

指定されたサブスクライバを削除します。


 

すべての導入済みサブスクライバの削除方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber all を入力して、 Enter キーを押します。

すべての導入済みサブスクライバを削除します。


 

特定のアノニマス サブスクライバ グループの削除方法

オプション

次のオプションを使用できます。

group-name :削除するアノニマス サブスクライバ グループの名前


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber anonymous-group name group-name を入力して、 Enter キーを押します。

指定されたアノニマス サブスクライバ グループを削除します。


 

すべてのアノニマス サブスクライバ グループの削除方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber anonymous-group all を入力して、 Enter キーを押します。

すべてのアノニマス サブスクライバ グループを削除します。


 

すべてのアノニマス サブスクライバの削除方法


ステップ 1 SCE# プロンプトに、 clear interface linecard 0 subscriber anonymous all を入力して、 Enter キーを押します。

すべてのアノニマス サブスクライバを削除します。


clear subscriber anonymous コマンドは、特権 EXEC コマンドです。



 

すべてのサブスクライバ テンプレートの削除方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 default subscriber template all を入力して、 Enter キーを押します。

すべてのサブスクライバ テンプレートを削除します。

すべてのアノニマス サブスクライバが、デフォルトのサブスクライバ テンプレートに割り当てられます。


 

VPN ベースのサブスクライバの削除

トンネリング モードを変更するには、すべての VPN ベースのサブスクライバをクリアする必要があります。何らかの理由で SM で削除できない VPN ベースのサブスクライバが存在する場合(SM と SCE プラットフォーム間の通信が確立されていない場合など)に、このコマンドを使用します。


) このコマンドは、SCE プラットフォームが SM から切断されている場合にのみ使用します。



ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber all with-vpn-mappingsl を入力して、 Enter キーを押します。

すべての VPN ベースのサブスクライバを削除します。


 

デバイスごとのサブスクライバの削除方法

「SM からのサブスクライバの削除方法」

「指定した SCMP ピア デバイスからのサブスクライバの削除方法」

指定したデバイスで管理されているすべてのサブスクライバを削除できます。デバイスは次のいずれかです。

SM

指定した SCMP ピア デバイス

SM からのサブスクライバの削除方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber sm alll を入力して、Enter キーを押します。

SM からすべてのサブスクライバをクリアします。


 

指定した SCMP ピア デバイスからのサブスクライバの削除方法

オプション

次のオプションを使用できます。

peer-device-name :サブスクライバをクリアする SCMP ピア デバイスの名前


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber scmp name peer-device-name all を入力して、 Enter キーを押します。

指定された SCMP ピア デバイスからすべてのサブスクライバをクリアします。


 

アノニマス グループのクリア

アノニマス グループは、次の 2 つの方法で作成できます。

subscriber anonymous-group コマンドを使用して、グループと関連する IP アドレス範囲を定義します。その後で、SCE プラットフォームで、指定された IP 範囲内の IP アドレスを持つトラフィックが検出されたときに、そのグループのアノニマス サブスクライバが生成されます。

csv ファイルからアノニマス グループをインポートすることによって、グループを作成します。

グループは csv ファイルにエクスポートすることもできます。

アノニマス グループの削除方法については、「特定のアノニマス サブスクライバ グループの削除方法」「すべてのアノニマス サブスクライバ グループの削除方法」を参照してください。

アノニマス グループの定義

このコマンドを使用して、アノニマス グループを定義し、作成されたグループに次の項目を割り当てます。

グループ名

IP アドレスの範囲

その IP 範囲に含まれるすべてのサブスクライバに割り当てるサブスクライバ テンプレート(オプション)

アノニマス グループの定義方法

オプション

次のオプションを使用できます。

group-name :アノニマス グループに割り当てる名前

range:このグループを定義する IP アドレスの範囲

template:このグループ内のすべてのサブスクライバに割り当てるサブスクライバ テンプレートの番号

デフォルト = 0


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber anonymous-group name group-name ip-range range [ template template ] を入力して、 Enter キーを押します。

テンプレートを指定しなかった場合は、デフォルトのテンプレートがこのグループ内のすべてのサブスクライバに割り当てられます。


 

アノニマス グループのインポート方法

オプション

次のオプションを使用できます。

filename :csv ファイルの名前


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber anonymous-group import csv-file filename を入力して、 Enter キーを押します。

指定された csv ファイルからアノニマス グループをインポートすることによって、アノニマス グループを作成します。

インポートされたアノニマス グループ情報が既存のアノニマス グループ情報に追加されます。既存のデータは上書きされません。

SCE プラットフォームは、最大 1000 個のアノニマス グループをサポートできます。


 

アノニマス グループのエクスポート方法

オプション

次のオプションを使用できます。

filename :csv ファイルの名前


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber anonymous-group export csv-file filename を入力して、 Enter キーを押します。

指定された csv ファイルに既存のアノニマス グループすべてをエクスポートします。


 

サブスクライバのモニタリング

「サブスクライバ データベースの監視方法」

「サブスクライバの表示」

「サブスクライバ情報の表示方法」

「アノニマス サブスクライバ情報の表示」

CLI では、サブスクライバを監視するためのいくつかのコマンドが提供されます。これらのコマンドを使用して、次の内容に関する情報を表示できます。

サブスクライバ データベース

さまざまな基準を満たすすべてのサブスクライバ

プロパティやマッピングなどの個別のサブスクライバ情報

アノニマス サブスクライバ

SCE プラットフォーム CLI または Subscriber Manager を介して、SCE プラットフォームにサブスクライバを導入できます。サブスクライバがシステムにどのように導入されたかに関係なく、モニタリング コマンドを使用して、すべてのサブスクライバとサブスクライバ情報を監視できます。

これらのコマンドは、すべてビューア モードで使用されることに注意してください。正しいモードに入っており、コマンドラインに SCE> プロンプトが表示されていることを確認してください。また、これらのコマンドで "linecard 0" を指定する必要があることにも注意してください。

サブスクライバ データベースの監視方法

「サブスクライバ データベース カウンタの表示方法」

「サブスクライバ データベース カウンタのクリア」

次のコマンドを使用して、サブスクライバ データベースに関する統計情報を表示し、" total " カウンタと " maximum " カウンタをクリアします。

show interface linecard 0 subscriber db counters

次のカウンタが表示されます。

サブスクライバの現在の数

導入済みサブスクライバの現在の数

アノニマス サブスクライバの現在の数

アクティブ トラフィック セッションを伴うアクティブ サブスクライバの現在の数

マッピングを伴うサブスクライバの現在の数

IP マッピングの現在の数

VLAN マッピングの現在の数

導入可能なサブスクライバの最大数

マッピングを伴うサブスクライバの最大数

マッピング日時を伴うサブスクライバの最大数

導入総数

エージングされたサブスクライバの総数

プル イベントの総数

デフォルトのサブスクライバに現在割り当てられているトラフィック セッション数

clear interface linecard 0 subscriber db counters

サブスクライバ データベース カウンタの表示方法


ステップ 1 SCE# プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber db counters を入力して、 Enter キーを押します。

サブスクライバ データベース カウンタを表示します。


 

サブスクライバ データベースのモニタリング:例

次の例は、このコマンドからの出力を示しています。

SCE#show interface linecard 0 subscriber db counters
Current values:
===============
Subscribers: 249999 used out of 249999 max.
Introduced/Pulled subscribers: 249999.
Anonymous subscribers: 0.
Subscribers with mappings: 249999 used out of 249999 max.
Single non-VPN IP mappings: 249999.
Non-VPN IP Range mappings: 0.
IP Range over VPN mappings: 0.
Single IP over VPN mappings: 0.
VLAN based VPNs with subscribers: 0 used out of 4000.
Subscribers with open sessions: 243562.
Subscribers with TIR mappings: 0.
Sessions mapped to the default subscriber: 2.
Peak values:
============
Peak number of subscribers with mappings: 249999
Peak number occurred at: 15:54:06 UTC TUE May 13 2008
Peak number cleared at: 07:47:49 UTC SUN May 11 2008
Event counters:
===============
Subscriber introduced: 249999.
Subscriber pulled: 0.
Subscriber aged: 0.
Pull-request notifications sent: 0.
Pull-request by ID notifications sent: 0.
Subscriber pulled by ID: 0.
State notifications sent: 0.
Logout notifications sent: 0.
Subscriber mapping TIR contradictions: 0.

サブスクライバ データベース カウンタのクリア


ステップ 1 SCE# プロンプトに、 clear interface linecard 0 subscriber db counters を入力して、 Enter キーを押します。

" total " カウンタと " maximum " カウンタをクリアします。


 

サブスクライバの表示

「サブスクライバの表示:現在のすべてのサブスクライバ名」

「サブスクライバの表示:サブスクライバのプロパティまたはプレフィクス別」

「サブスクライバの表示方法:マッピング(IP アドレス、VPN、または VLAN ID)別」

すべてのサブスクライバの名前を表示できます。

次のようなさまざまな基準を満たす特定のサブスクライバの名前を表示することもできます。

サブスクライバ プロパティが、指定された値と一致する、大きい、または小さい

サブスクライバ名が特定のプレフィクスまたはサフィックスと一致する

指定された IP アドレス範囲にマップされている

指定された VLAN ID にマップされている

サブスクライバを表示するには、次のコマンドを使用します。

show interface linecard 0 subscriber all-names

show interface linecard 0 subscriber [amount] [prefix 'prefix'] [property 'propertyname' equals|greater-than|less-than 'property-val']

show interface linecard 0 subscriber [amount] prefix 'prefix'

show interface linecard 0 subscriber [amount] suffix 'suffix'

show interface linecard 0 subscriber mapping IP 'iprange' [VPN ''vpn-name']

show interface linecard 0 subscriber [amount] mapping intersecting IP 'iprange' [VPN ''vpn-name']

show interface linecard 0 subscriber mapping VLAN-id 'VLAN-id'

サブスクライバの表示:現在のすべてのサブスクライバ名

SCE サブスクライバ データベース内に現在存在しているすべてのサブスクライバの名前を表示できます。


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber all-names を入力して、 Enter キーを押します。

SCE サブスクライバ データベース内に現在存在しているすべてのサブスクライバの名前を表示します。


 

サブスクライバの表示:サブスクライバのプロパティまたはプレフィクス別

いずれかのサブスクライバ プロパティの指定された値と一致するサブスクライバ、あるいは、指定された値より大きいまたは小さいサブスクライバをすべて検索できます。指定されたプレフィクスと一致するすべてのサブスクライバを検索することもできます。すべてのサブスクライバ名を表示するのではなく、これらの基準のいずれかを満たすサブスクライバの数を調べることもできます。

「サブスクライバ プロパティの指定された値と一致するサブスクライバの表示方法」

「サブスクライバ プロパティの指定された値より大きいまたは小さいサブスクライバの表示方法」

「指定したプレフィクスと一致するサブスクライバの表示方法」

「指定したサフィクスと一致するサブスクライバの表示方法」

「サブスクライバ プロパティの指定された値と一致するサブスクライバ数の表示方法」

「サブスクライバ プロパティの指定された値より大きいまたは小さいサブスクライバ数の表示方法」

「指定したプレフィクスと一致するサブスクライバ数の表示方法」

サブスクライバ プロパティの指定された値と一致するサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

propertyname :照合するサブスクライバ プロパティの名前

property-val :照合するサブスクライバ プロパティの値


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber property propertyname equals property-val を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバ プロパティの指定された値より大きいまたは小さいサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

propertyname :照合するサブスクライバ プロパティの名前

property-val :照合するサブスクライバ プロパティの値


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber property propertyname greater-than|less-than property-val を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したプレフィクスと一致するサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

prefix :照合するサブスクライバ プレフィクス


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber prefix prefix を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したサフィクスと一致するサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

suffix :照合するサブスクライバ サフィクス


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber suffix suffix を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバ プロパティの指定された値と一致するサブスクライバ数の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

propertyname :照合するサブスクライバ プロパティの名前

property-val :照合するサブスクライバ プロパティの値


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 s how interface linecard 0 subscriber amount property propertyname equals property-val を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバ プロパティの指定された値より大きいまたは小さいサブスクライバ数の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

propertyname :照合するサブスクライバ プロパティの名前

property-val :照合するサブスクライバ プロパティの値


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber property propertyname greater-than|less-than property-val を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したプレフィクスと一致するサブスクライバ数の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

prefix :照合するサブスクライバ プレフィクス


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber amount prefix prefix を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバの表示方法:マッピング(IP アドレス、VPN、または VLAN ID)別

「指定した IP アドレスまたは IP アドレスの範囲にマップされたサブスクライバの表示方法」

「所定の IP アドレスまたは IP 範囲に含まれる IP アドレスにマップされたサブスクライバの表示方法」

「指定した VLAN ID にマップされたサブスクライバの表示方法」

「マッピングを伴わないサブスクライバの表示方法」

「指定した VLAN ID にマップされたサブスクライバ数の表示方法」

「マッピングを伴わないサブスクライバ数の表示方法」

次のいずれかにマップされたサブスクライバを表示できます。

指定した IP アドレスまたは IP アドレスの範囲

所定の IP アドレスまたは IP 範囲と交差する IP アドレス

指定した VLAN ID

指定した VPN

マッピングなし

実際のサブスクライバのリストではなく、指定されたマッピングを伴うサブスクライバの数だけを表示することもできます。

指定した IP アドレスまたは IP アドレスの範囲にマップされたサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

ip-range :照合する IP アドレス(x.x.x.x)または IP アドレスの範囲(x.x.x.x/y)

vpn-name (オプション):IP アドレスを検索する VPN の名前


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber mapping IP ip-range [ VPN vpn-name ] を入力して、 Enter キーを押します。


 

所定の IP アドレスまたは IP 範囲に含まれる IP アドレスにマップされたサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

ip-range :照合する IP アドレス(x.x.x.x)または IP アドレスの範囲(x.x.x.x/y)

vpn-name (オプション):IP アドレスを検索する VPN の名前


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber mapping IP ip-range [VPN vpn-name] を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定した VLAN ID にマップされたサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

VLAN-id :照合する VLAN ID


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber mapping VLAN-id VLAN-id を入力して、 Enter キーを押します。


 

マッピングを伴わないサブスクライバの表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber mapping none を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定した VLAN ID にマップされたサブスクライバ数の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

VLAN-id :照合する VLAN ID


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber amount mapping VLAN-id VLAN-id を入力して、 Enter キーを押します。


 

マッピングを伴わないサブスクライバ数の表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber amount mapping none を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバ情報の表示方法

「サブスクライバ プロパティのリストの表示方法」

「指定したサブスクライバに関するすべての情報の表示方法」

「指定したサブスクライバのサブスクライバ プロパティ値の表示方法」

「指定したサブスクライバのマッピングの表示方法」

「指定したサブスクライバの OS カウンタの表示方法」

指定したサブスクライバに関する次の情報を表示できます。

さまざまなサブスクライバ プロパティの値

マッピング(IP アドレスまたは VLAN ID)

OS カウンタ:

フローの現在の数

帯域幅

次のコマンドを使用して、サブスクライバ情報を表示します。

show interface linecard 0 subscriber properties

show interface linecard 0 subscriber name 'name'

show interface linecard 0 subscriber name 'name' mappings

show interface linecard 0 subscriber name 'name' counters

show interface linecard 0 subscriber name 'name' properties

サブスクライバ プロパティのリストの表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber properties を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したサブスクライバに関するすべての情報の表示方法

このコマンドを使用して、サブスクライバ プロパティとマッピングのすべての値を含む、指定したサブスクライバに関するすべての情報を表示します。

オプション

次のオプションを使用できます。

name :サブスクライバ名


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber name name を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したサブスクライバのサブスクライバ プロパティ値の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

name :サブスクライバ名


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber name name properties を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したサブスクライバのマッピングの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

name :サブスクライバ名


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber name name mappings を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したサブスクライバの OS カウンタの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

name :サブスクライバ名


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber name name counters を入力して、 Enter キーを押します。


 

アノニマス サブスクライバ情報の表示

「現在設定されているアノニマス グループの表示方法」

「現在設定されているアノニマス グループのテンプレートの表示方法」

「指定したアノニマス グループの現行設定の表示方法」

「指定したアノニマス グループ内のサブスクライバの表示方法」

「現在アノニマス グループに含まれるすべてのサブスクライバの表示方法」

「指定したアノニマス グループ内のサブスクライバ数の表示方法」

「すべてのアノニマス グループに含まれるサブスクライバ総数の表示方法」

アノニマス サブスクライバ グループに関する次の情報を表示できます。

エージング(「アノニマス グループ サブスクライバのエージングの表示方法」を参照)

現在設定されているアノニマス グループ

現在設定されているサブスクライバ テンプレート

指定したアノニマス グループの設定

指定したアノニマス グループまたはすべてのアノニマス グループに含まれるサブスクライバ数

次のコマンドを使用して、アノニマス サブスクライバ情報を表示します。

show interface linecard 0 subscriber templates [index]

show interface linecard 0 subscriber anonymous-group [all] [name 'groupname']

show interface linecard 0 subscriber amount anonymous [name 'groupname']

show interface linecard 0 subscriber anonymous [name 'groupname']

現在設定されているアノニマス グループの表示方法


ステップ 1 SCE# プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber anonymous-group all を入力して、 Enter キーを押します。


 

現在設定されているアノニマス グループのテンプレートの表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber templates を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したアノニマス グループの現行設定の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

group-name :アノニマス サブスクライバ グループの名前


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber anonymous-group name group-name を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したアノニマス グループ内のサブスクライバの表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

group-name :アノニマス サブスクライバ グループの名前


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber anonymous name group-name を入力して、 Enter キーを押します。


 

現在アノニマス グループに含まれるすべてのサブスクライバの表示方法


ステップ 1 SCE# プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber anonymous を入力して、 Enter キーを押します。


 

指定したアノニマス グループ内のサブスクライバ数の表示方法

オプション

次のオプションを使用できます。

group-name :アノニマス サブスクライバ グループの名前


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber amount anonymous name group-name を入力して、 Enter キーを押します。


 

すべてのアノニマス グループに含まれるサブスクライバ総数の表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber amount anonymous を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバの最大実数の設定

サポートされるサブスクライバの最大実数は、SCA BB アプリケーションのロード中に指定された容量オプションに基づきます。容量オプションが指定されなかった場合は、ユーザが設定したデフォルトの容量が使用されます。ただし、次のコマンドを使用して、この容量オプションを上書きすることができます。

次の点に注意してください。

アプリケーションをロードする前に上書きを設定する必要があります。設定したサブスクライバの最大数は、次のロード コマンドの実行時に反映されます。

容量オプションを無効にしておいて、次に新しいアプリケーションをロードするときに容量オプションを使用したい場合は、アプリケーション ファイルをロードする前に容量オプションを有効にしておく必要があります(「設定済み容量オプションの復元方法」を参照)。

show subscriber max-subscribers コマンドを使用して、現在のサブスクライバの最大数と、容量オプションが有効か無効かを表示します(「サブスクライバの最大数の監視方法」を参照)。

設定済み容量オプションの上書き方法

デフォルトのサブスクライバの最大数は 250K です。


ステップ 1 サブスクライバの最大数を選択します。

SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber max-subscribers (100K | 250K | 500 K | 1M) を入力して、 Enter キーを押します。

ステップ 2 アプリケーション容量オプションを無効にします。

SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber capacity-options disable を入力して、 Enter キーを押します。

ステップ 3 新しいアプリケーション ファイルをインストールします(設定したサブスクライバの最大数は、新しいアプリケーション ファイルがロードされてから反映されます)。


 

設定済み容量オプションの復元方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber capacity-options enable を入力して、 Enter キーを押します。

ステップ 2 新しいアプリケーションをロードします。


 

サブスクライバの最大数の監視方法

このコマンドを使用して、設定済みのサブスクライバの最大数と、容量オプションが有効か上書きされているかを表示します。


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber max-subscribers を入力して、 Enter キーを押します。


 

サブスクライバ エージングの設定

「アノニマス グループ サブスクライバのエージングの有効化方法」

「導入済みサブスクライバのエージングの有効化方法」

「アノニマス グループ サブスクライバのエージングの無効化方法」

「導入済みサブスクライバのエージングの無効化方法」

「アノニマス グループ サブスクライバのエージング タイムアウト期間の設定方法」

「導入済みサブスクライバのエージング タイムアウト期間の設定方法」

「アノニマス グループ サブスクライバのエージングの表示方法」

「導入済みサブスクライバのエージングの表示方法」

前述(「サブスクライバのエージング」)のように、エージングとは、サブスクライバに割り当てられたトラフィック セッションが一定期間検出されなかった場合に、そのサブスクライバを自動的に削除することです。エージングは有効または無効にすることができ、エージング タイムアウト期間(分数)を指定できます。

エージングは、導入済みサブスクライバとアノニマス サブスクライバに別々に設定できます。

次のコマンドを使用して、エージングを設定および監視します。

[no] subscriber aging

subscriber aging timeout

show interface linecard 0 subscriber aging

アノニマス グループ サブスクライバのエージングの有効化方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber aging anonymous を入力して、 Enter キーを押します。


 

導入済みサブスクライバのエージングの有効化方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber aging introduced を入力して、 Enter キーを押します。


 

アノニマス グループ サブスクライバのエージングの無効化方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber aging anonymous を入力して、 Enter キーを押します。


 

導入済みサブスクライバのエージングの無効化方法


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber aging introducedl を入力して、 Enter キーを押します。


 

アノニマス グループ サブスクライバのエージング タイムアウト期間の設定方法

オプション

次のオプションを使用できます。

aging-time :非アクティブ サブスクライバがエージングされるまでの分単位の期間


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber aging anonymous timeout aging-time を入力して、 Enter キーを押します。


 

導入済みサブスクライバのエージング タイムアウト期間の設定方法

オプション

次のオプションを使用できます。

aging-time :非アクティブ サブスクライバがエージングされるまでの分単位の期間


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 no subscriber aging introduced timeout aging-time を入力して、 Enter キーを押します。


 

アノニマス グループ サブスクライバのエージングの表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber aging anonymous を入力して、 Enter キーを押します。


 

導入済みサブスクライバのエージングの表示方法


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 subscriber aging introduced を入力して、 Enter キーを押します。


 

VPN と VPN サブスクライバ マッピングの管理

「VPN 関連マッピングの表示方法」

「自動 VPN のクリア方法」

VPN 関連マッピングの表示方法

「指定した VPN のマッピングを表示する方法」

「すべての VPN 一覧を表示する方法」

次のビューア コマンドを使用して、VPN と VPN サブスクライバ マッピングを表示します。これらのコマンドで、次の情報が表示されます。

指定した VPN のすべてのマッピング

現在ログインしているすべての VPN 一覧

自動的に作成された現在ログインしているすべての VPN 一覧

指定した VPN のマッピングを表示する方法

「オプション」

「すべての VPN 一覧を表示する方法」

オプション

次のオプションを使用できます。

vpn name :マッピングを表示する VPN の名前


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 VPN name vpn-name を入力して、 Enter キーを押します。


 

すべての VPN 一覧を表示する方法

現在ログインしているすべての VPN 一覧を表示するには、このコマンドを使用します。


ステップ 1 SCE> プロンプトに、 show interface linecard 0 VPN all-names を入力して、 Enter キーを押します。


 

全 VPN のリストの表示:例

SCE>show interface linecard 0 VPN all-names

自動 VPN のクリア方法

このコマンドを使用して、SCE プラットフォームで自動的に作成されたすべての VLAN VPN を削除します(アクティブ サブスクライバ マッピングを伴わない VPN のみを削除します)。


ステップ 1 SCE# プロンプトに、 clear interface linecard 0 VPN automatic を入力して、 Enter キーを押します。


 

SCE プラットフォーム/SM 接続の設定

「SM に障害が発生した場合の SCE プラットフォームの動作の設定」

「SM-SCE プラットフォーム接続のタイムアウトの設定」

ユーザは、SM で障害が発生したときの SCE プラットフォームの動作を設定できます。

システムの動作に SM 機能が重要な場合:(SM の障害または接続自体の障害などが原因で)SM との接続が場合の SCE プラットフォームの望ましい動作を設定します。

システムの動作にSM 機能が重要ではない場合:アクションを設定する必要はありません。この場合は、リンクがダウンしたときに SCE プラットフォームのシステム動作ステータスが 「warning」 になるように指定できます。

SM に障害が発生した場合の SCE プラットフォームの動作の設定

オプション

次のオプションを使用できます。

action :SCE プラットフォームと SM 間の接続が失われた場合、指定したアクションが実行されます。

次のアクションを指定できます。

force-failure :SCE プラットフォームのエラーを強制します。SCE プラットフォームは、障害状態に設定された動作に従って動作します。

remove-mappings :現在のサブスクライバ マッピングをすべて削除します。

shut :SCE プラットフォームをシャットダウンし、サービスの提供を停止します。

none (デフォルト):アクションを実行しません。

warning :SCE プラットフォームと SM 間の接続が失われた場合、SCE プラットフォームのシステム動作ステータスを 「warning」にします。アクションは実行されません。

SCE-SM の接続に失敗した場合に SCE プラットフォームで実行するアクションを指定するには、このコマンドを使用します。


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber sm-connection-failure action [force-failure|none|remove-mappings|shut] を入力して、 Enter キーを押します。


 

SCE-SM 接続に失敗した場合に SCE プラットフォームのシステム動作ステータスを「warning」にするように指定するには、このコマンドを使用します。


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber sm-connection-failure warning を入力して、 Enter キーを押します。


 

SM-SCE プラットフォーム接続のタイムアウトの設定

タイムアウト間隔も設定できます。タイムアウト間隔は、接続の失敗が認識され、設定した動作が適用される前に、SM-SCE プラットフォームの接続が切断される時間です。

オプション

次のオプションを使用できます。

interval :タイムアウト間隔(秒)


ステップ 1 SCE(config if)# プロンプトに、 subscriber sm-connection-failure timeout interval を入力して、 Enter キーを押します。

接続タイムアウトを設定します。