Cisco Service Control Management Suite Collection Manager ユーザ ガイド Rel. 3.1
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 600KB) | フィードバック

目次

はじめに

マニュアルの変更履歴

対象読者

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

Japan TAC Web サイト

はじめに

May 30, 2007, OL-7208-05-J

ここでは、『 Cisco Service Control Management Suite Collection Manager ユーザ ガイド 』の対象読者、本書の内容、表記法、資料および技術サポートの取得方法について説明します。このマニュアルでは、Cisco Service Control ソリューション、Service Control Engine(SCE)プラットフォーム、および関連コンポーネントの概要に関して基本的な知識があることが前提となります。

このイントロダクションでは、次の内容について説明します。

マニュアルの変更履歴

対象読者

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

マニュアルの変更履歴

 

Cisco Service Control のリリース
Part Number
発行日

リリース 3.1.0

OL-7208-05

2007 年 5 月

変更内容

仮想リンクのセマンティックを管理する新しいスクリプトが追加されました。「仮想リンクの管理」 を参照してください。

Solaris 10 のサポートが追加され、Solaris 8 のサポートが削除されました。

MySQL 5 のサポートが追加されました。

Oracle 10 のサポートが追加されました。

バンドルされている Solaris 用 Sybase データベースがバージョン 15 にアップグレードされました。

Sybase インストール スクリプトから --expert モードが削除されました。ユーザは、通常のインストール モードから DB(データベース)容量を確認できます。

定期削除メカニズムおよび dbtables.sh スクリプトが、外部データベースに対してサポートされるようになりました。「一般的なデータベース管理タスク」 を参照してください。

リリース 3.1 へのアップグレード手順では、以前のバージョンの設定が維持されます。「install-cm.sh オプション」および「CM バージョン 3.1 へのアップグレード」を参照してください。

 

Cisco Service Control のリリース
Part Number
発行日

リリース 3.0.5

OL-7208-04

2007 年 11 月

変更内容

以下のセクションが追加されました。

「ユーザ管理」

「アダプタのイネーブル化」

「カテゴライザの設定」

 

Cisco Service Control のリリース
Part Number
発行日

リリース 3.0.3

OL-7208-03

2006 年 5 月

変更内容

以下の新機能が追加されました。

check_prerequisites.sh スクリプト「システムの前提条件のチェック」 を参照してください。

monitor.sh スクリプト「システム状態のモニタ」 を参照してください。

以下の廃止予定機能を削除しました。

installsyb.sh スクリプトの --legacy フラグ

以下のセクションが追加されました。

「プリント不可能文字のエスケープ設定」

 

Cisco Service Control のリリース
Part Number
発行日

リリース 3.0

OL-7208-02

2005 年 12 月

変更内容

以下の新機能が追加されました。

「HTTPC アダプタ」

以下の廃止予定機能を削除しました。

DB アダプタ

以下のセクションが追加されました。

「コード サンプル」

 

Cisco Service Control のリリース
Part Number
発行日

リリース 2.5.5

OL-7208-01

2005 年 2 月

変更内容

このマニュアルの初版

対象読者

このマニュアルは、Cisco Service Control Management Suite(SCMS)Collection Manager(CM)のインストールおよび設定を実際に行うネットワーキングまたはコンピュータ技術者を対象としています。また、加入者指向環境でサービス プロバイダー オペレータによる拡張機能を実行可能にする CM の日常業務を担当するオペレータも対象としています。

マニュアルの構成

このマニュアルで説明する内容は、次のとおりです。

 

タイトル
説明

第 1 章

概要

Cisco Service Control ソリューションの機能概要を説明します。

第 2 章

Collection Manager の機能

CM コンポーネントの機能について詳細に説明します。

第 3 章

Collection Manager のインストール

CM とそのデータベースのインストール手順、および CM の起動方法について説明します。

第 4 章

Collection Manager の管理

ユーティリティ スクリプトを使用して CM パラメータや情報を表示およびアップデートする方法について説明します。

第 5 章

データベースおよび CSV リポジトリの管理

ユーティリティ スクリプトを使用して CM データベースおよび CSV リポジトリを管理する方法について説明します。

第 6 章

データベースの設定

ご利用のデータベースと連携するように CM を設定する方法について説明します。

付録 A

コード サンプル

コンフィギュレーション ファイルのコードのサンプル一覧を提供します。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

太字 は、コマンド、キーワード、およびボタンを示しています。

イタリック体 は、ユーザが値を指定するコマンド入力に使用されます。

screen フォントは、画面に表示される情報に使用されます。

太字 screen フォントは、ユーザが入力する情報に使用されます。

縦棒( | )は、選択要素の区切りを表します。

角カッコ( [ ] )は、省略可能な要素を表します。

波カッコ( {} )必須の選択肢を表します。

角カッコ内の波カッコ( [{}] )は、省略可能な要素内の必須選択肢を表します。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



ワンポイント・アドバイス 「時間の節約に役立つ操作」です。記述されている操作を実行すると時間を節約できます。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告 「危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


関連資料

この『 Cisco SCMS Collection Manager ユーザ ガイド 』は、次のシスコ製品マニュアルと併せて使用してください。

Cisco Service Control Application for Broadband User Guide

Cisco Service Control Application for Broadband Reference Guide

Cisco SCA BB Service Configuration API Programmer Guide

Cisco Service Control Application Reporter User Guide

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、およびセキュリティ ガイドライン

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、マニュアルに関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、および推奨されるエイリアスと一般のシスコ製品のマニュアルの詳細に関しては、次の URL で毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規版および改訂版の技術マニュアルの一覧が示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次の URL からアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログイン ID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次の URL にアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/