Cisco Service Control SCA BB 2.5 から SCA BB 3.1 へのアップグレード ガイド
サポート対象のアップグレード例
サポート対象のアップグレード例
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 193KB) | フィードバック

目次

サポート対象のアップグレード例

アップグレード例

サポート対象のアップグレード例

この章では、サポート対象のアップグレード例について説明します。

すべての記述は、単一の Collection Manager(CM)と単一の Subscriber Manager(SM)クラスタ、および 1 つ以上の SCE プラットフォームが配置された構成に対応しています。複数の CM および SM を含む構成の場合は、単一の CM および SM と通信している SCE プラットフォーム グループをそれぞれ独立した構成とみなして、アップグレード手順を実行する必要があります。

「アップグレード例」

アップグレード例

サポート対象のアップグレード例は、次のとおりです。ここに示したアップグレード例の正確な説明、手順、および制約事項については、次のセクションを参照してください。

SCA BB 2.5.7 以上から SCA BB 3.1 へのアップグレード

記載されているアップグレード手順は、すべてのソリューション コンポーネント(SCE プラットフォーム、CM、および SM)が存在する場合に対応しています。いずれかのコンポーネントが使用されていない場合(CM または SM がない)場合は、アップグレード手順の対応するフェーズを省略してください。

SCA BB 2.5.6 以前および SCA BB 2.1.x から SCA BB 3.1.x へは、直接アップグレードすることができません。