Cisco Service Control Application Reporter ユーザ ガイド Release 3.1
レポートの処理
レポートの処理
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

レポートの処理

レポート処理に関する情報

レポートの生成方法

非対称ルーティング分類モードで生成できるレポート タイプの表示:

レポート インスタンスを選択してレポートを生成する方法:

複数のレポートの生成方法

レポートの表示

グラフ表示の調整

グラフ表示のプロパティの設定

グラフの外見の変更

グラフ タイプの変更方法

グラフィカル表示の修正方法

ズーム

2 次元グラフでのズーム イン方法

ズーム インされたグラフのドラッグ方法

ズーム インされたグラフのズーム アウト方法

変数の非表示化

グラフ内の変数を非表示化する方法

非表示化された変数を再表示する方法

グラフの凡例の管理

グラフの凡例を移動する方法

グラフの凡例を非表示化する方法

レポートのエクスポート方法

レポートの処理

レポート インスタンスを作成および定義したら、そのレポート インスタンスからレポートを生成できます。

レポートをグラフまたは表形式で表示します。

グラフ表示を調整します。

グラフ表示とレポート データをエクスポートします。

「レポート処理に関する情報」

「レポートの生成方法」

「レポートの表示」

「グラフ表示の調整」

「レポートのエクスポート方法」

レポート処理に関する情報

SCA Reporter のビューにはメニュー項目が表示されます。一部の一般的に使用する処理はアイコンになっているので、簡単に利用できます。

処理およびそのアイコンについて、次の表で説明します。

 

処理
アイコン
説明
説明

[Home]

[Welcome] ビューが開きます。

[Menu]

ビューで使用できるすべての処理が表示されます。

すべてのビューに表示されます。

[View Filter]

--

テンプレート ビューでテンプレート グループの表示をフィルタリングします。

すべてのテンプレート グループが表示されるか、またはデータを生成したサービス コンフィギュレーションが非対称ルーティング分類モードで動作しているときに使用できるグループのみが表示されます。

[Debug]

テンプレート コードを表示します。

テンプレート ビュー ― レポート テンプレートの構造をデバッグするために使用します。

[Execute]

選択したレポートを生成します。

プロパティ ビューとテンプレート ビューで使用します。

[New or Report (From Legend)]

新しいレポート インスタンスを作成します。

「テンプレート ビュー ― レポート テンプレートを選択すると、アイコンは新規になります。」

「各レポート ビュー ― 凡例項目を右クリックすると、[Subset of Template Groups and
Templates] ダイアログボックスが表示されます。テンプレートを選択して [OK] をクリックします。レポート インスタンスが作成されます(修正されます)。」

[Refresh]

テンプレート ビュー内の開かれたノードが折りたたまれ、テンプレート グループだけが表示された状態になります。

テンプレート ビューで使用します。

[Show Cmd]

ウィンドウが開き、レポート インスタンスの CLI コマンドが表示されます。

「テンプレート ビュー ― CLI コマンドがクリップボードに配置されます。バニラ テキスト エディタに貼り付けて編集してから、コマンド ファイル シェルまたはコマンド プロンプトから実行できます。」

[Delete]

レポート インスタンスを削除します。

テンプレート ビューで使用します。

[Duplicate]

レポート インスタンスのコピーを作成します。

テンプレート ビューで使用します。

[Rename]

レポート インスタンスが強調表示され、名前を変更できるようになります。

テンプレート ビューで使用します。

[Show Categories]

カテゴリ付きのプロパティ表示とカテゴリなしのプロパティ表示を切り替えます。

プロパティ ビューで使用します。

[Show Advanced Properties]

基本的なプロパティのみの表示とすべてのプロパティの表示を切り替えます。

プロパティ ビューで使用します。

[Restore Default Value]

プロパティのデフォルト値を復元します。

プロパティ ビュー ― デフォルト値は、特定の値または( not set )です。必須プロパティは、( not set )にはリセットされません。

[Go to report]

--

テンプレート ビューで、選択したレポート ビューから、関連付けられたレポート インスタンスにナビゲートします。

各レポート ビューで使用します。

[Export raw data]

--

参照ダイアログボックスを開きます。

各レポート ビューで使用します。

[Show List]

レポート ビューが開かれていない生成済みレポートを一覧表示します。

「レポート ビュー上 ― レポートを表示するには、アイコンをクリックし、ドロップダウン リストからレポート名を選択します。」

アイコンの数値は、表示されていないレポート数を示します。

[Preferences]

--

システム タスクを表示するかどうかを選択できるダイアログボックスを開きます。

スリープ中(待機中)タスクはどちらの場合でも表示されます。

経過表示ビュー ―

アイコンがシステム タスクの実行中に表示されます。

[Remove All Finished Tasks]

完了したすべてのタスクを削除します。

経過表示ビューで使用します。

レポートの生成方法

レポートは、既存の定義済みレポート インスタンスから生成できます。レポート インスタンスはテンプレート ビューに表示されます。レポート インスタンスは複製、修正、名前変更、または削除できます( レポート インスタンスの管理を参照)。複数のレポートを生成できます。他のレポートで作業している間、生成プロセスをバックグランドで実行できます。

レポートの中には、非対称ルーティング分類モードで動作する SCE プラットフォームから収集されたデータを使用して作成することができないタイプもあります。

レポートの定義と生成には、SCA Reporter の CLI(コマンドライン インターフェイス)を使用できます。CLI を使用して、レポートを事前にスケジューリングすることもできます( SCA Reporter の CLI を参照)。

「非対称ルーティング分類モードで生成できるレポート タイプの表示:」

「レポート インスタンスを選択してレポートを生成する方法:」

「複数のレポートの生成方法」

非対称ルーティング分類モードで生成できるレポート タイプの表示:

 


ステップ 1 テンプレート ビューで、ドロップダウン メニューから [ View Filter ] > [ split-flow ] を選択します。

レポート インスタンスが非対称ルーティング分類モードのデータについて実行できないテンプレート グループは表示されません。

図5-1

 


 

レポート インスタンスを選択してレポートを生成する方法:

 


ステップ 1 テンプレート ビューでレポート インスタンスを選択します。

プロパティ ビューに、レポート インスタンス プロパティが表示されます。

ステップ 2 実行 )をクリックします。

レポートが生成され、新しいレポート ビューで表示されます。

プロパティ ビューに、グラフ表示プロパティが表示されます。


 

複数のレポートの生成方法

 


ステップ 1 Ctrl キーを押した状態で、テンプレート ビューから複数のレポート インスタンスを選択します。

選択したレポート インスタンスが強調表示されます。

ステップ 2 実行 )をクリックします。

レポートの生成中に経過表示ダイアログボックスが表示されます。

 

ステップ 3 次のうちいずれかを実行します。

SCA Reporter の右下にあるシステム タスク ステータスがレポート生成の完了を示すまで待機します。

レポートの生成中は、システム タスク ステータスが次のようになります。

図5-2

 

[ Details ] をクリックします。

生成中のすべてのレポートのステータスが表示されます。

図5-3

 

[ Run in Background ] をクリックします。

レポート生成がバックグラウンドで実行されます。完了すると、各レポートが別々のレポート ビューに表示されます。


) 経過表示ビューで [Cancel] をクリックすると、レポート生成の実行をキャンセルできます。データベース サーバがキャンセル要求を認識するまでに多少時間がかかることがありますが、キャンセルしたレポートをバックグラウンドに移動して、中断せずに作業を続けることができます。



 

レポートの表示

レポートは、グラフまたは表として表示できます。


ステップ 1 必要な表示を選択するには、レポート ビューの左下にある該当するタブをクリックします。

図5-4

 

表は、特定の情報を検索する場合に便利です。

図5-5

 


 

グラフ表示の調整

3 次元表示設定およびグラフのレンダリングなどのグラフ表示プロパティを修正することによって、任意のレポートのグラフの外観およびタイプを変更できます。次の方法でレポートの外観を変更することもできます。

レポートの別の場所に凡例をドラッグします。

凡例を非表示にします。

凡例から項目を隠します。グラフで対応する項目が非表示になります。

ズーム インまたはズーム アウト ― グラフをドラッグし、目的のセクションに焦点を当てます。

グラフ表示のプロパティの設定

グラフ表示プロパティは、プロパティ ビューで設定します。変更を加えるにしたがって、グラフ表示は更新されます。レポート ビューで直接行われる調整もあります(グラフ表示の調整を参照)。


) グラフ表示プロパティの変更は、レポート インスタンスには保存されません。レポート インスタンスを次回実行したときには、レポートはデフォルトのグラフ表示プロパティで生成されます。


次の表は、グラフ表示プロパティとその説明の一覧です。

 

表5-1 グラフ表示プロパティ

プロパティ
タイプ
デフォルト
説明

[Look]

3D

ブール値

True

True、False

2 つの値の間で切り替わります。

Chart rendering

単一選択

レポート テンプレートによる

この表の次のリストを参照

多くのグラフィック形式でグラフを表示できます。

Legend visibility

ブール値

True

True、False

2 つの値の間で切り替わります。

[Look/3D]

Oblique

ブール値

True

True、False

3D True のときに限って表示されます。

True の場合は、グラフを回転したときに X 軸と Y 軸が常に 90 度になります。

Settings

スライディング スケール

この表のあとに掲載されている表を参照

この表のあとに掲載されている表を参照

3D True のときに限って表示されます。

8 つのグラフィカル プロパティのスライディング スケールを備えた [3D properties] ダイアログボックスが開きます。

Chart Rendering プロパティに指定できる値は次のとおりです。

 

BAR

STACKED_BAR

STACKED100_BAR

SUPERIMPOSED_BAR

AREA

STACKED_AREA

STACKED100_AREA

POLYLINE

STACKED_POLYLINE

STACKED100_POLYLINE

SCATTER

STAIR

STACKED_STAIR

STACKED100_STAIR

SUMMED_STAIR

PIE

表5-2 [3D properties] ダイアログボックスで設定されるグラフ プロパティ

プロパティ
デフォルト

Rotation

-90 ... 90

35

Elevation

-90 ... 90

45

Depth

0 ... 100

20

Depth Gap

0 ... 100

0

Zoom

0 ... 200

100

Ambient Light

0 ... 100

10

Light Latitude

-90... 90

0

Light Longitude

-90... 90

0

グラフの外見の変更

レポートのグラフ タイプの変更、およびグラフのグラフィカル表示の調整を行うことができます。

「グラフ タイプの変更方法」

「グラフィカル表示の修正方法」

グラフ タイプの変更方法

手順概要

1. レポートを生成します。

2. プロパティ ビューで Chart Rendering の行を選択し、[Browse] ボタンをクリックしてドロップダウン リストを開きます。

3. 表示するグラフのタイプをドロップダウン リストから選択します。

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成します。

レポート ビューが開き、レポートが表示されます。プロパティ ビューにはグラフ表示プロパティが表示されます。

ステップ 2 プロパティ ビューで Chart Rendering の行を選択し、[Browse] ボタンをクリックしてドロップダウン リストを開きます。

図5-6

 

ステップ 3 表示するグラフのタイプをドロップダウン リストから選択します。

プロパティ ビュー内でどこか別の場所をクリックすると、レポートがアップデートされます。


 

グラフィカル表示の修正方法

手順概要

1. レポートを生成します。

2. 2 次元でグラフを表示するには、[3D] プロパティをクリックします。

3. [3D] プロパティを再びクリックします。

4. [Settings] プロパティを選択します。

5. スライディング スケールを使用して 3 次元のプロパティを変更します。

6. プロパティの変更に従ってグラフ表示が変化します。

7. [ OK ] をクリックします。

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成します。

レポート ビューが開き、レポートが表示されます。プロパティ ビューにはグラフ表示プロパティが表示されます。

ステップ 2 2 次元でグラフを表示するには、[3D] プロパティをクリックします。

[ 3D ] プロパティの値が [ True ] から [ False ] に切り替わり、[ Look/3D ] カテゴリがプロパティ ビューから削除されます。

ステップ 3 [3D] プロパティを再びクリックします。

グラフは 3 次元で表示され、[ Look/3D ] カテゴリが再び表示されます。

ステップ 4 [Settings] プロパティを選択します。

[3D properties] ダイアログボックスが表示されます。

図5-7

 

ステップ 5 スライディング スケールを使用して 3 次元のプロパティを変更します。

ステップ 6 プロパティの変更に従ってグラフ表示が変化します。

ステップ 7 [ OK ] をクリックします。

新しい値が [Settings] プロパティに割り当てられます。


 

2 次元グラフでのズーム イン方法

2 次元グラフのズーム インまたはズーム アウトを実行できます。

ズーム インしているときは、グラフをドラッグすることで別の部分を表示できます。

手順概要

1. レポートを生成します。

2. 2 次元でグラフを表示するには、[ 3D ] プロパティをクリックします。

3. グラフ上でマウスをドラッグし、長方形を描きます。

4. マウス ボタンから指を離すと、表示がズーム インします。

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成します。

レポート ビューが開き、レポートが表示されます。プロパティ ビューにはグラフ表示プロパティが表示されます。

ステップ 2 2 次元でグラフを表示するには、[ 3D ] プロパティをクリックします。

[ 3D ] プロパティの値が [ True ] から [ False ] に切り替わり、[ Look/3D ] カテゴリがプロパティ ビューから削除されます。

ステップ 3 グラフ上でマウスをドラッグし、長方形を描きます。

カーソルがプラス アイコンに変化します。

ステップ 4 マウス ボタンから指を離すと、表示がズーム インします。


 

ズーム インされたグラフのドラッグ方法

手順概要

1. レポートを生成し、2 次元でグラフを表示します。

2. グラフの最上部をズーム インします。

3. グラフを下に移動するには、グラフを右クリックしながらグラフをドラッグします。

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成し、2 次元でグラフを表示します。

ステップ 2 グラフの最上部をズーム インします。

ステップ 3 グラフを下に移動するには、グラフを右クリックしながらグラフをドラッグします。

グラフが上に移動し、グラフの下の部分が表示されます。


 

ズーム インされたグラフのズーム アウト方法

手順概要

1. Shift キーを押した状態で、チャート上でマウスをドラッグし、長方形を描きます。

2. マウス ボタンから指を離すと、表示がズーム アウトします。

手順詳細


ステップ 1 Shift キーを押した状態で、チャート上でマウスをドラッグし、長方形を描きます。

カーソルがマイナス アイコンに変化します。

ステップ 2 マウス ボタンから指を離すと、表示がズーム アウトします。


 

変数の非表示化

レポートに含まれる変数を非表示化することで、それらがグラフに表示されないようにできます。


) また、レポート インスタンスを修正することによって、レポートに含める変数を選択できます( レポート インスタンスの管理 を参照)。


「グラフ内の変数を非表示化する方法」

「非表示化された変数を再表示する方法」

グラフ内の変数を非表示化する方法

手順概要

1. レポートを生成します。

2. 凡例内で変数を右クリックします。

3. メニューから [ Hide ] を選択します。

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成します。

レポート ビューが開き、レポートが表示されます。

図5-8

 

ステップ 2 凡例内で変数を右クリックします。

ポップアップ メニューが表示されます。

図5-9

 

ステップ 3 メニューから [ Hide ] を選択します。

変数は凡例内で表示が暗くなり、グラフから削除されます。

図5-10

 


 

非表示化された変数を再表示する方法

手順概要

1. 凡例内で暗く表示された変数を右クリックします。

2. メニューから [ Show ] を選択します。

手順詳細


ステップ 1 凡例内で暗く表示された変数を右クリックします。

ポップアップ メニューが表示されます。

図5-11

 

ステップ 2 メニューから [ Show ] を選択します。

変数は凡例内で復元され、グラフに表示されます。

図5-12

 


 

グラフの凡例の管理

グラフの凡例はデフォルトの位置から移動したり、グラフ表示から削除したりできます。

「グラフの凡例を移動する方法」

「グラフの凡例を非表示化する方法」

グラフの凡例を移動する方法

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成します。

レポート ビューが開き、レポートが表示されます。

ステップ 2 グラフの凡例を右クリックし、それを必要な位置にドラッグします。

凡例が新しい位置に移動します。


 

グラフの凡例を非表示化する方法

手順詳細


ステップ 1 レポートを生成します。

プロパティ ビューに、グラフ表示プロパティが表示されます。

ステップ 2 グラフの凡例を非表示化するには、[ Legend visibility ] プロパティをクリックします。

[ Legend visibility ] プロパティの値が [ True ] から [ False ] に切り替わり、グラフの凡例がグラフから削除されます。


 

レポートのエクスポート方法

レポートは多くのグラフィック形式でエクスポートでき、表は CSV 形式または Quoted CSV 形式でエクスポートしてスプレッドシートで開くことができます。複数のレポートを 1 回のエクスポート操作でエクスポートできます。

手順概要

1. 1 つ以上のレポート インスタンスを実行した後で、[ File ] > [ Export ] を選択します。

2. [ Chart ] または [ Table ] を選択します。

3. [ Next ] をクリックします。

4. [Available reports] のうち 1 つ以上をオンにします。

5. [Output folder] を変更するには、[ Browse ] をクリックします。

6. [ Next ] をクリックします。

7. 次のうちいずれかを実行します。

8. [ Finish ] をクリックします。

手順詳細


ステップ 1 1 つ以上のレポート インスタンスを実行した後で、[ File ] > [ Export ] を選択します。

[Export] ウィザードが表示されます。

図5-13

 

ステップ 2 [ Chart ] または [ Table ] を選択します。

ステップ 3 [ Next ] をクリックします。

[Export] ウィザードの [Tables and Destinations] 画面が開きます。

図5-14

 

ステップ 4 [Available reports] のうち 1 つ以上をオンにします。

ステップ 5 [Output folder] を変更するには、[ Browse ] をクリックします。

ステップ 6 [ Next ] をクリックします。

[Export] ウィザードの [Format] 画面が開きます(この画面は、ステップ 2 で [Chart] を選択したか [Table] を選択したかによって決まります)。

ステップ 7 次のうちいずれかを実行します。

(グラフの場合)[File type] ドロップダウン リストからファイル タイプを選択します。[Image width] フィールドおよび [Image height] フィールドに、ピクセル単位の値を入力します。

図5-15

 

(表の場合)[File type] ドロップダウン リストからファイル タイプを選択します。

図5-16

 

ステップ 8 [ Finish ] をクリックします。

選択した各レポートが別々のファイルに保存されます。