Cisco Service Control Application Reporter ユーザ ガイド Release 3.1
一般概要
一般概要
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

一般概要

Cisco Service Control の概念に関する情報

Cisco Service Control ソリューション

ブロードバンド サービス プロバイダーのサービス コントロール

Cisco Service Control の機能

SCE プラットフォーム

管理と収集に関する情報

ネットワーク管理

サブスクライバの管理

サービス コンフィギュレーションの管理

データ収集

一般概要

この章では、Cisco Service Control ソリューションの概要を示します。Cisco Service Control の概念および機能について説明します。

また、Service Control Engine(SCE)プラットフォームのハードウェア機能、および Cisco Service Control ソリューションを構成するシスコ固有のアプリケーションについても簡単に説明します。

「Cisco Service Control の概念に関する情報」

「Cisco Service Control の機能」

「SCE プラットフォーム」

「管理と収集に関する情報」

Cisco Service Control の概念に関する情報

「Cisco Service Control ソリューション」

「ブロードバンド サービス プロバイダーのサービス コントロール」

Cisco Service Control ソリューション

Cisco Service Control ソリューションは、サービス プロバイダーが直面するさまざまなサービス コントロールの課題を解決する専用ハードウェア、および特定のソフトウェア ソリューションが組み合わされて実現されます。SCE プラットフォームの設計目的は、インターネット/IP トラフィックの分類、分析、および制御をサポートすることです。

サービス プロバイダーは Service Control を使用することにより、既存インフラストラクチャに投資しながら、利益を上げる仕組みを新規に作成することができます。また、マルチギガビット ワイヤ回線速度で IP ネットワーク トラフィックを分析、課金、および制御することもできます。さらに、利益率の高いコンテンツベース サービスを識別して目標とし、その実現を可能にするために必要なツールも利用できます。

電気通信業界の低迷が示すように、IP サービス プロバイダーのビジネス モデルが利益を上げるためには、モデルの再編が必要となります。プロバイダーは巨大なデータ リンクを構築するために莫大な資金を投入してきたため、多額の負債を抱え、コストの上昇に直面しました。それと同時に、アクセスおよび帯域幅という商品の価格は継続的に下落し、利益は消滅しました。現在、サービス プロバイダーは、付加価値のあるサービスを提供して、ネットワーク上で稼働するトラフィックやサービスからより多くの収入を得る必要があることを認識しています。ただし、IP サービスから実際に利益を得るには、データ リンク上でこれらのサービスを単に実行するだけでなく、サービス提供時のサービスの詳細なモニタリングおよび正確でリアルタイムな制御と認識が必要となります。シスコが提供する Service Control ソリューションを使用すると、サービス プロバイダーはこのギャップを埋めることができます。

ブロードバンド サービス プロバイダーのサービス コントロール

住宅およびビジネスのカスタマーをターゲットとするアクセス テクノロジ(DSL、ケーブル、モバイルなど)サービス プロバイダーは、拡張 IP サービスによってサービスを差別化しながら、既存インフラストラクチャから最大限の収益を上げる新しい方法を見つける必要があります。

Cisco Service Control Application for Broadband を使用すると、既存ネットワークに新たなレベルのサービス インテリジェンスおよび制御機能が追加され、以下のことが可能になります。

容量計画のための、サブスクライバ レベルおよび集約レベルでのネットワーク トラフィックのレポートおよび分析

カスタマーが直感的に操作できる階層型アプリケーション サービスおよび保証アプリケーション SLA の提供

各タイプのカスタマー、コンテンツ、またはアプリケーション向けのさまざまなサービス レベルの実装

Acceptable Use Policy(AUP)に違反しているネットワーク悪用者の識別

ピアツーピア、NNTP(ニュース)トラフィック、およびスパム悪用者の識別および管理

AUP の実施

既存のネットワーク要素および BSS/OSS システムと Service Control ソリューションとの統合の簡素化

Cisco Service Control の機能

Cisco Service Control プラットフォームの中心は、専用ネットワーク ハードウェア デバイスであるSCE です。幅広いアプリケーションをサポートして Service Control ソリューションを実現する SCE プラットフォームの中心機能は次のとおりです。

サブスクライバ認識およびアプリケーション認識 ― アプリケーションレベルで IP トラフィックを調査することにより、サブスクライバ単位で使用率およびコンテンツを詳細かつリアルタイムに認識および制御することができます。

サブスクライバ認識 ― IP フローと特定のサブスクライバを対応付けて、SCE プラットフォーム経由でトラフィックを送信している各サブスクライバの状態を保守したり、このサブスクライバ トラフィックに適切なポリシーを適用したりすることができます。

サブスクライバ認識は、DHCP や Radius サーバなどのサブスクライバ管理リポジトリとの専用統合、または Radius や DHCP トラフィックの調査によって達成されます。

アプリケーション認識 ― アプリケーション プロトコル レイヤ(レイヤ 7)までのトラフィックを認識および分析できます。

バンドルされたフローを使用して実装されたアプリケーション プロトコル(制御およびデータ フローを使用して実装された FTP など)の場合、SCE プラットフォームはフロー間のバンドリング接続を認識して、適切に処理します。

アプリケーション層ステートフル リアルタイム トラフィック制御 ― アプリケーション層ステートフル リアルタイム トラフィック トランザクション処理を使用し、詳細な帯域幅測定およびシェーピング、クォータ管理、リダイレクションなどの詳細制御機能を実行できます。そのためには、適応性の高いプロトコルおよびアプリケーション レベル インテリジェンスが必要です。

プログラマビリティ ― 新規プロトコルを迅速に追加して、常に変化するサービス プロバイダー環境に新規サービスおよびアプリケーションを容易に適応させることができます。プログラマビリティは、Cisco Service Modeling Language(SML)を使用して達成されます。

プログラマビリティにより、新規サービスを迅速に配置し、ネットワーク、アプリケーション、またはサービスの拡張に合わせて容易にアップグレードできます。

強力で柔軟なバックオフィス統合 ― プロビジョニング システム、サブスクライバ リポジトリ、課金システム、OSS システムなど、サービス プロバイダーの既存サードパーティ製システムと統合できます。SCE には公開され、マニュアルが整備されている一連の API が用意されていて、迅速かつ強固な統合プロセスを実行できます。

スケーラブルな高パフォーマンス サービス エンジン ― このすべての操作をワイヤスピードで実行できます。

SCE プラットフォーム

プログラム可能なネットワーク デバイスである SCE ファミリーには、IP トラフィックのアプリケーション層ステートフル フロー インスペクションを実行したり、設定可能な規則に基づいてトラフィックを制御する機能があります。SCE プラットフォームは ASIC(特定用途向け IC)コンポーネントおよび RISC(縮小命令セット コンピュータ)プロセッサを利用する専用ネットワーク デバイスです。これにより、パケットをカウントするだけでなく、ネットワーク トラフィックの内容を詳細に調べることができます。双方向トラフィック フローにプログラム可能なステートフル インスペクションを実行したり、これらのフローとユーザ所有権を対応付けることにより、SCE プラットフォームはネットワーク使用率をリアルタイムで分類できます。この情報は SCE プラットフォームの高度なトラフィック制御および帯域幅シェーピング機能の基礎となります。一般的な帯域幅シェーパ機能が適用されない条件下でも、SCE プラットフォームは次のような制御およびシェーピング オプションを提供します。

レイヤ 7 のステートフル ワイヤ速度パケット インスペクションおよび分類

次のような 600 を超えるプロトコルおよびアプリケーションの確実なサポート

一般 ― HTTP、HTTPS、FTP、TELNET、NNTP、SMTP、POP3、IMAP、WAP など

P2P ファイル共有 ― FastTrack-KazaA、Gnutella、BitTorrent、Winny、Hotline、eDonkey、DirectConnect、Piolet など

P2P VoIP ― Skype、Skinny、DingoTel など

ストリーミングおよびマルチメディア ― RTSP、SIP、HTTP ストリーミング、RTP/RTCP など

プログラム可能なシステム コアによる、レポートおよび帯域幅の柔軟な制御

トランスペアレントなネットワークおよび BSS/OSS と既存ネットワークの統合

サブスクライバ認識による、トラフィックおよび使用率と特定のカスタマーとの関連付け

次の図は、ネットワークにおける SCE プラットフォームの一般的な展開を示しています。

図1-1

 

管理と収集に関する情報

Cisco Service Control ソリューションには、このソリューションのあらゆる面を管理する、次の管理コンポーネントを備えた完全な管理インフラストラクチャが含まれています。

ネットワーク管理

サブスクライバ管理

Service Control 管理

これらの管理インターフェイスの設計目的は、一般的な管理基準に準拠して、既存 OSS インフラストラクチャとの統合を容易にすることです。

図1-2

 

「ネットワーク管理」

「サブスクライバの管理」

「サービス コンフィギュレーションの管理」

「データ収集」

ネットワーク管理

シスコは、完全なネットワーク FCAPS(障害、設定、アカウンティング、パフォーマンス、セキュリティ)管理を提供します。

ネットワーク管理用のインターフェイスが 2 つ用意されています。

CLI(コマンドライン インターフェイス) ― コンソール ポートまたは Telnet 接続でアクセスできます。CLI は設定機能およびセキュリティ機能に使用します。

SNMP ― SNMP トラップによる障害管理機能およびパフォーマンス監視機能が提供されます。

サブスクライバの管理

Cisco Service Control Application for Broadband(SCA BB)はさまざまなサブスクライバに別々のポリシーを提供し、サブスクライバごとに使用量を追跡しますが、Cisco Service Control Management Suite(SCMS)Subscriber Manager(SM)は、OSS プラットフォームおよび SCE プラットフォームの間を橋渡しするミドルウェア ソフトウェアとして使用できます。サブスクライバ情報は SM データベースに格納され、実際のサブスクライバ配置に従って、複数のプラットフォーム間で配信できます。

SM は、ネットワーク ID とサブスクライバ ID のマッピングにより、サブスクライバの認識機能を実現します。SM は RADIUS や DHCP サーバなどの AAA(認証、許可、アカウンティング)デバイスと統合された専用統合モジュールを使用して、サブスクライバ情報を取得できます。

サブスクライバ情報は、次の 2 つの方法のいずれかで取得できます。

プッシュ モード ― サブスクライバがログオンすると、SM はサブスクライバ情報を SCE プラットフォームに自動的にプッシュします。

プル モード ― SM は、SCE プラットフォームからのクエリーに応答して、サブスクライバ情報を SCE プラットフォームに送信します。

サービス コンフィギュレーションの管理

サービス コンフィギュレーション管理は、サービス コントロール アプリケーションの一般的なサービス定義を設定する機能です。トラフィック分類、アカウンティングとレポート、コントロールの設定を含むサービス コンフィギュレーション ファイルを作成し、SCE プラットフォームに適用します。SCA BB アプリケーションには、SCE プラットフォームへのコンフィギュレーション ファイルの配信を自動化するツールがあります。この単純で標準ベースの手法により、巨大ネットワークで複数のデバイスを簡単に管理できます。

Service Control にはこれらのファイルを編集および作成するための使いやすい GUI、およびファイルの作成を自動化するための一連の API が備わっています。

データ収集

Cisco Service Control ソリューションは SCE プラットフォームから使用量データおよび統計情報を生成し、単純な TCP ベース プロトコル(Raw Data Record [RDR] プロトコル)を使用して RDR として転送します。SCMS CM ソフトウェアは収集システムを実装し、1 つ以上の SCE プラットフォームからの RDR を待ち受けてローカル マシンで処理します。データは格納されて分析およびレポート機能に使用されたり、収集されて課金など別の OSS システムに提供されます。