Service Control Application Suite for Broadband API プログラマ ガイド
索引
A
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

A

addQuota  7-11

addSubscriberQuota  7-6, 7-7

C

C/C++ APIでのエラー コードの管理  7-15

Ciscoサービス コントロールの概念  1-2

CLI(コマンドライン インターフェイス)  1

Collection Manager  3-3

Collection Manager(CM)  1

G

getRemainingQuota  7-11

getSubscriberQuota  7-7

J

JARファイル  5-3

Java APIでの例外の管理  7-15

P

PQI(Service Controlインストレーション)ファイル  1

pullモード  6-5

Q

QP API(C)のコード例  7-13

QP API(C)のメソッド  7-11

QP API(Java)のコード例  7-9

QP API(Java)のメソッド  7-6

Quota Provisioning API  7-1

Quota Provisioning APIのエラー コード  7-15

R

RDR

違反によるトリガー  5-15, 5-18

RDR(Raw Data Record)  1

Reporter CLI  8-1

Reporter CLIの概要  8-2

Reporterアプリケーション

構文と使用法  8-2

コマンド ファイルでの構文  8-4

コマンド ファイルでの使用法  8-4

コマンドライン オプション  8-3

コマンドラインでの構文  8-2

コマンドラインでの使用法  8-2

S

SCAS APIのベース クラス  5-3

SCAS BB

Console  2-7

Reporter  3-7

機能  3-2

コンポーネント  2-2

ソリューション  2-1

論理エンティティ  4-2

SCAS BB Console  2-7, 1

SCAS BBサービス コンフィギュレーションAPI  2-8

SCAS BBライセンス  3-4

SCAS Reporter CLI  3-6

SCAS Service Configuration APIによるサービス コンフィギュレーションの管理  5-5

SCASクライアント/サーバの接続  5-3

SCASライブラリの組み込み  5-3

SCEプラットフォーム  1-3, 2-2, 3-2

RDRのトリガー  3-7

SCEプラットフォームへの接続  5-4

SCE(Service Engine)プラットフォーム  1

Service Configuration API  3-6, 5-1

プログラミング ステップ  5-2

Service Configuration APIの概要  5-2

Service Configurationユーティリティ  2-8

Service Controlアプリケーション  1

setQuota  7-12

setSubscriberQuota  7-8

SLI(SML Loadable Image)ファイル  1

SM  3-3

全般的な機能  6-4

smartSUB Manager  3-3

smartSUB Manager(SM)  2

SMの全般的な機能  6-4

T

TAC Webサイト  xvii

TACプライオリティの定義  xviii

TACレベル情報の参照  xvii

アグリゲーション  5-17

アップストリーム トラフィック  2

アノニマス サブスクライバ モード  2-4, 6-3, 2

違反  5-15

違反レポート  5-18

インライン接続モード  2

エラー コードと例外処理  7-15

開発者のためのシステム アーキテクチャ  3-1

外部Quota Provisioning APIのインストール  7-5

外部クォータ プロビジョニング  7-2

外部クォータ プロビジョニングに対応するサービス コンフィギュレーション  7-2

概要  1-1

関連資料  xvi

起動側  4-6

基本コンポーネント  3-2

クォータ  2

クォータ バケットの状態  7-3

クォータ プロビジョニングのライフサイクル  7-4

グローバル コントローラ  4-9, 2

構文  7-6, 7-7, 7-8, 7-11, 7-12

構文と使用法  8-2

コマンド ファイルでの構文  8-4

コマンド ファイルでの使用法  8-4

コマンドライン オプション  8-3

コマンドラインでの構文  8-2

コマンドラインでの使用法  8-2

サービス  2

作成  5-12

例  4-3

サービス エレメント

構成  4-3

定義  5-12

サービス エレメントの定義  5-12

サービス コントロール ソリューション  2-1

サービス コントロール機能  1-2

サービス コンフィギュレーション  2-7, 4-3, 2

グローバル コントローラ  4-9

構成  4-3

作成  5-12

取得  3-7

適用  3-7

サービス コンフィギュレーション エンティティ  4-1

サービス コンフィギュレーションのインポート、エクスポート、および作成  5-6

サービス コンフィギュレーションの取得および適用  5-5

サービス コンフィギュレーションへのサービスの追加  5-12

サービス ルール  2

サービス ルールの定義  5-15

サービスおよびサービス エレメント  4-3, 5-10

サービスの作成  5-12

サブスクライバ  2

サブスクライバ クォータ バケット  4-10

サブスクライバ ステート  6-6

サブスクライバ モード  6-2

要約  2-6, 6-2

サブスクライバ モード ― 要約  2-6

サブスクライバBWコントローラ  4-9

サブスクライバBWコントローラ(帯域幅コントローラ)  3

サブスクライバアウェア モード ― ダイナミック サブスクライバ  2-5

サブスクライバおよびサブスクライバ モード  2-4

サブスクライバ起動トランザクション  3

サブスクライバ統合  6-1

CNR(DHCP)プラグイン  6-6

PRPCプロトコル  6-6

サブスクライバレス モード  2-4, 6-3, 3

時間ベース ルール  3

シグニチャ  3

システム

コンポーネント  2-2

システム コンポーネント  2-2

受信専用接続モード  3

情報フロー  3-7

スタティック サブスクライバ モード  2-5

スタティック サブスクライバアウェア モード  6-4, 3

制限事項  7-5

セッション(別名トランザクション)  3

説明  7-6, 7-7, 7-8, 7-11, 7-12

帯域幅コントローラ  5-17

対象読者  xiii

ダイナミック サブスクライバアウェア モード  3

ダイナミック サブスクライバアウェア モードとsmartSUB Manager(SM)  6-4

ダイナミック シグニチャ  4-5, 3

ダウンストリーム トラフィック  3

データ コレクタ  3-3

テクニカル サポート  xvii

デフォルトの時間枠と非デフォルトの時間枠  5-18

統合の必要性と意義  3-2

統合ポイント  3-6

トラフィック ディスカバリ レポート  4

トランザクション(別名セッション)  4

ネットワーク起動トランザクション  4

はじめに  xiii

パッケージ  4-8, 5-13, 4

パッケージの作成およびパッケージ名の設定  5-15

パラメータ  7-6, 7-7, 7-8, 7-11, 7-12

表記法  xvi

フィルタ ルール  4

フラット ファイル  3-6

ブロックおよびリダイレクト  5-20

プロトコル  4-5, 5-8

主要事項  4-5

定義  5-8

プロトコルの定義  5-8

プロトコルへのポートの追加  5-9

マニュアル

構成  xv

マニュアルの構成  xv

目的  xiv

戻り値  7-6, 7-7, 7-8, 7-11, 7-12

モニタリング レポート  4

リアルタイム サブスクライバ使用状況モニタリング  4

リスト  4-6, 5-6, 4

取得  5-7

タイプの判別  5-7

ナビゲート  5-7

要素の追加  5-8

リスト アレイの取得  5-7

リスト アレイのナビゲート  5-7

リスト アレイへの要素の追加  5-8

リストのタイプの判別  5-7

ルール  4-7

例 ― FTPサービス ルール  5-15

例 ― サービスの追加とサービス コンフィギュレーションの適用  5-21

論理エンティティ  4-2