Service Control Application Suite for Broadband API プログラマ ガイド
概要
概要
発行日;2012/01/09 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

概要

Ciscoサービス コントロールの概念

サービス コントロール機能

SCEプラットフォーム

概要

この章では、サービス コントロールの概念について全般的な概要を示します。SCEプラットフォームの機能的なトポロジーについて説明し、プラットフォームの動作とシステムにおける情報のフローについて全体像を示します。

SCEプラットフォームは、インターネット/IPトラフィックの観察、解析、および制御をサポートする目的で設計されました。SCEプラットフォームは、トラフィックの監視、解析、制御のためのさまざまな機能およびツールに生データを提供し、サービス プロバイダー(SP)の収益に貢献するとともにOPEX(運用経費)を抑えます。Service Controlアプリケーションをサポートすることにより、SPによる高度な差別化、Quality of Service(QoS;サービス品質)、マーケット セグメンテーションを実現可能にし、顧客の満足度を高めます。

この章の内容は次のとおりです。

「Ciscoサービス コントロールの概念」

「SCEプラットフォーム」

Ciscoサービス コントロールの概念

Ciscoサービス コントロールの概念は、サービス コントロールに関してサービス プロバイダーが直面するさまざまな課題に対処するために設計されたハードウェアおよび固有のソフトウェア ソリューションの組み合わせによって実現されています。SCEプラットフォームは、インターネット/IPトラフィックの観察、解析、および制御をサポートする目的で設計されました。

サービス コントロールにより、サービス プロバイダーは既存のインフラストラクチャを利用しながら、収益性の高い新たな収入源を作ることができます。サービス コントロールの機能を活用することで、サービス プロバイダーはIPネットワーク トラフィックをマルチギガビットのワイヤ速度で解析、課金、および制御することができます。Ciscoサービス コントロール ソリューションでは、目標となる利益率の高いコンテンツ ベース サービスの見極めに必要なツールも提供されます。

通信業界の沈滞を見てもわかるとおり、IPサービス プロバイダーの収益性を確保するには、ビジネス モデルの改革が必要です。大規模データ リンクの構築に何十億ドルも投資してきたので、プロバイダーは多額の債務とコストの上昇に直面しています。それと同時に、アクセスと帯域幅がごく日常的なものになり、料金は低下し、結果的に収益が失われています。ネットワーク上のトラフィックとサービスからより大きな収益を引き出すには、付加価値サービスの提供が必要であることを、サービス プロバイダーは実感しています。ただし、IPサービスから実際に利益を生み出すには、データ リンク上でそのようなサービスを実行するだけでは不十分です。提供するサービスの詳細なモニタリングと精度、リアルタイムでの制御、および認識が要求されます。このようなギャップを埋めるのが、シスコが提供するサービス コントロール ソリューションです。

サービス コントロール機能

シスコのサービス コントロール プラットフォームの中心は、専用のネットワーク ハードウェア デバイスであるService Control Engine(SCE)です。完全なサービス コントロール ソリューションを実装するには、SCEで一定の機能を提供する必要があります。次に、Cisco SCEの中心的な機能を示します。これらの機能は、サービス コントロール ソリューションのための広範囲のアプリケーションをサポートします。

サブスクライバ アウェアネスとアプリケーション アウェアネス:加入者(サブスクライバ)単位の使用状況およびコンテンツをリアルタイムで把握して制御するために、IPトラフィックをアプリケーション レベルで掘り下げます。

サブスクライバ アウェアネス:IPフローと特定のサブスクライバを対応付け、プラットフォーム経由でトラフィックを伝送している各サブスクライバのステートを維持し、そのサブスクライバ トラフィックに適切なポリシーを実施します。

サブスクライバ アウェアネスは、サブスクライバ管理用リポジトリ(DHCPサーバ、RADIUSサーバなど)との統合によって達成されます。

アプリケーション アウェアネス:アプリケーション プロトコル レイヤ(レイヤ7)までトラフィックを認識および解析する能力。

バンドルされたフローで実装されているアプリケーション プロトコル(たとえば、制御フローとデータ フローで実装されるFTPなど)に関して、SCEプラットフォームはフロー間のバンドル接続を認識し、それに応じた取り扱いをします。

ステートフルなリアルタイムのトラフィック制御:ステートフルなリアルタイムのトラフィック トランザクション処理を利用して、きめ細かい帯域幅メータリングおよびシェーピング、クォータ管理およびリダイレクションなど、高度な制御機能を実行する能力。これには、適応力に優れたプロトコルとアプリケーション レベルのインテリジェンスが必要です。

プログラマビリティ:絶えず変化するサービス プロバイダー環境で、すみやかに新しいプロトコルを追加し、新しいサービスやアプリケーションに簡単に適応する能力。プログラマビリティは、SML言語によって達成されます。

プログラマビリティは、新規サービスの迅速な展開に直結し、ネットワーク、アプリケーション、またはサービスの拡大のための簡易なアップグレード パスを提供します。

安定性のあるフレキシブルなバック オフィス統合:サービス プロバイダーの既存のサードパーティ製システム(プロビジョニング システム、サブスクライバ リポジトリ、課金システム、OSSシステムなど)との統合能力。SCEには、ドキュメントを完備したオープンなAPIの集合があるので、迅速で安定性のある統合が可能です。

スケーラブルで高性能なサービス エンジン:上記のすべてをワイヤ速度で実行する能力。

SCEプラットフォーム

SCEファミリーのプログラマブル ネットワーク デバイスは、IPトラフィックのステートフル フロー インスペクションを実行し、設定可能なルールに基づいてトラフィックを制御することができます。SCEは、ASICコンポーネントおよびRISCプロセッサを利用した専用ネットワーク デバイスであり、単なるパケット カウンティングにとどまらず、ネットワーク トラフィックの内容を深く調査します。双方向のトラフィック フローに関するプログラマブルなステートフル インスペクションと、これらのフローをユーザ オーナーシップに対応付ける能力により、SCEプラットフォームはネットワーク使用をリアルタイムで分類します。この情報が、SCEの高度なトラフィック制御および帯域幅シェーピング機能の基盤になります。ほとんどの帯域幅シェーパー機能はここまでですが、SCEはさらに多くの制御オプションおよびシェーピング オプションを提供しています。それは次のとおりです。

レイヤ7~3のステートフルなワイヤ速度でのパケット インスペクションおよびパケット分類

600以上のプロトコル/アプリケーションの安定したサポート:

汎用:HTTP、HTTPS、FTP、TELNET、NNTP、SMTP、POP3、IMAP、WAPなど

P2P:FastTrack-KazaA、Gnutella、WinMX、Winny、Hotline、eDonkey、DirectConnect、Pioletなど

ストリーミングとマルチメディア:RTSP、SIP、HTTP-STREAMING、RTP/RTCPなど

プログラマブルなシステム コアによるフレキシブルなレポート生成および帯域幅制御

既存のネットワークへのトランスペアレントなネットワークおよびBSS/OSSの統合

サブスクライバ アウェアネスによるトラフィックおよび使用状況の特定のカスタマーへの対応付け

次の図に、ネットワーク上でのSCEプラットフォームの配置例を示します。

図1-1 ネットワーク上のSCEプラットフォーム