Service Control Application Suite for Broadband インストレーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 505KB) | フィードバック

目次

概要

システム コンポーネント

SCAS BBコンポーネント

概要

Service Control Application Suite for Broadband( SCAS BB) は、ブロードバンド サービス プロバイダーのネットワーク リソース配布に関し、可視性と制御性を向上させるサービス コントロール ソリューションです。個々のビジネス戦略に基づいて、トラフィックを最適化することができます。サービス プロバイダーで使用することにより、ネットワーク コストを削減し、ネットワーク パフォーマンスとお客様の満足度を向上させるとともに、新しいサービスの提示やパッケージが可能になります。

この章の内容は、次のとおりです。

「システム コンポーネント」

「SCAS BBコンポーネント」

システム コンポーネント

SCAS BBソリューションは、主に次の3つのコンポーネントで構成されます。

SCEプラットフォーム:柔軟かつ強力な、ネットワーク使用状況専用モニタであり、アプリケーション レベルでのネットワーク トランザクションの分析と、レポートの作成に特化して設計されています。

SCEプラットフォームのインストレーションおよび操作に関する詳細については、『 SCE 1000 User Guide』および『SCE 2000 User Guide 』を参照してください。

サービス コントロールsmartSUB Manager(SM):加入者情報とポリシーの、ダイナミック バインディングが必要とされる場合に使用されるミドルウェア ソフトウェア コンポーネントです。SMは加入者情報を管理し、その情報をリアルタイムで複数のSCEプラットフォームにプロビジョニングします。SMは加入者ポリシー情報を内部に保存することが可能で、AAA(認証、許可、アカウンティング)システム(たとえば、RADIUSおよびDHCP)と、SCEプラットフォーム間のステートフルなブリッジとして動作します。

SMのインストールおよび操作に関する詳細については、『 smartSUB Manager User Guide 』を参照してください。

サービス コントロールCollection Manager(CM):1つ以上のSCEプラットフォームから、Raw Data Record(RDR)を取得する収集システムの実装です。使用状況の情報と統計情報を収集し、バンドルされたデータベースに格納し、このデータから洞察力に優れたレポートを作成します。また、外部システムにおいてさらなる処理や収集が可能なように、加入者使用状況の情報と統計情報を、シンプルなテキストベースのファイルに変換します。

CMのインストールおよび操作に関する詳細については、『 Collection Manager User Guide 』を参照してください。

SCEプラットフォーム、CM、およびSMは互いに相関し、IPネットワーク トラフィックの詳細な観測、分析、レポート、および制御をサポートするように設計されています。CMとSMは省略可能なコンポーネントであり、すべてのソリューション構成には必要とされません。サードパーティ製のデータ収集およびレポート用のアプリケーションを使用する環境、もしくは加入者利用状況を把握できるダイナミック処理が必要とされない環境、またはその両方が共存する環境では、これらのコンポーネントが必要にならない可能性があります。

次の図は、SCAS BBソリューション内の情報のフローを示します。

水平フロー:加入者とIPネットワーク間のトラフィックを表します。

SCEプラットフォームがトラフィック フローをモニタします。

垂直フロー:SCEプラットフォームからCMへのRDR伝送を表します。

SM を制御フローに追加すると、加入者データを得ることができます。これにより、SCAS BBが加入者レベルの分析と制御を実施できるようになります。

図1-1 SCAS BB内の情報のフロー

 

SCAS BBコンポーネント

SCAS BB は、次のコンポーネントで構成されます。

SCAS BB PQI ファイル:SCEプラットフォームまたはSMに SCAS BB をインストールします。

SCAS BB フロントエンド:

SCAS BB Console:サービス コンフィギュレーション(PQBファイル)の作成および変更に使用され、SCEプラットフォームにコンフィギュレーションを適用します。

SCAS Subscriber Manager GUI:SMにアクセスするGUIです。

SCAS BB Service Configuration Utility:PQBコンフィギュレーション ファイルをSCEデバイスに適用する場合に使用できるシンプルなコマンドライン ツールです。

SCAS Reporter:CMと通信し、レポートを生成します。

SCAS BB ConsoleおよびSCAS Subscriber Manager GUIは、管理者用ワークステーションに同時にインストールされます。

SCAS Reporterは、単独でインストールされます。