Cisco SCE8000 10GBE インストレーション コン フィギュレーション ガイド
インストレーションの成功を確認するための CLI コマンド
インストレーションの成功を確認するための CLI コマンド
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/03/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

インストレーションの成功を確認するための CLI コマンド

はじめに

基本的なポストインストール チェックリスト

CLI コマンド出力の例

show version

show inventory

show interface

show system operational status

show interface linecard

show interface linecard connection-mode

show interface linecard link mode

show interface linecard external-bypass

show RDR-formatter

show interface linecard subscriber sm-connection-failure

show ip rpc-adapter sessions

インストレーションの成功を確認するための CLI コマンド

はじめに

Cisco SCE8000 10GBE プラットフォームのインストレーションを完了したら、適切なコンポーネントが正常にインストールされ、動作可能であることを確認するために、いくつかの CLI コマンドを実行することを推奨します。

基本的なポストインストール チェックリスト

次の表に、関連する CLI コマンドとともに基本的なポストインストール チェックリストを示します。システム設定の詳細な検証はインストレーションの具体的なトポロジと設定によって異なりますが、このリストでは、基本的なインストレーションが動作可能であることを検証します。

コマンド出力の例については、個別のコマンドの説明を参照してください。出力での関連情報は 太字 で示します。

チェックする項目
使用するコマンド
説明

バージョン

show version

次のことをチェックします。

ファームウェアのバージョン

アプリケーションのバージョン

管理エージェントのステータス

管理エージェントのバージョン

光ファイバ

show inventory

SCE プラットフォームの物理コンポーネントで、取り付けられている光ファイバがインターフェイスでサポートされていることを検証します。

ポート設定

show interface

それぞれのポートに対してこのコマンドを実行すると、すべてのポートのステータスと設定の一覧を取得できます。

動作ステータス

show system operational status

ステータスは operational となる必要があります。

このコマンドによって、電源の問題や、外部バイパスが適切に設定されていないなどの問題が示されます。

ラインカード ステータス

show interface linecard

これは shutdown または silent になっていてはいけません。

接続モード

show interface linecard connection-mode

接続モードと障害モードの両方が正しく設定されていることを確認します。

リンク モード

show interface linecard link mode

接続モードが inline である場合、リンクモードは forwarding に設定する必要があります。

外部バイパス設定

show interface linecard external-bypass

外部バイパス モジュールがインストールされている場合のみ。次のことをチェックします。

設定が障害発生時に activated になっている

デバイスの数がリンクの数と一致している

RDR フォーマッタ

show RDR-formatter

次のことを検証します。

RDR フォーマッタが、設定された宛先との接続を確立している

宛先が複数である場合、冗長ステータスが正しく設定されている

Subscriber Manager(SM)への接続

show interface linecard subscriber sm-connection-failure

SM を使用している場合:SM との接続が確立されていることを確認します。

Quota Manager(QM)への接続

show ip rpc-adapter sessions

QM を使用している場合:QM との接続が確立されていることを確認します。

SM と QM の両方を使用する、すべてが装着された SCE8000 10GBE プラットフォームの完全なコマンド シーケンス

SCE> enable 5
Password:<cisco>
SCE> show version
SCE> show inventory
SCE> show interface TenGigabitEthernet 3/0/0
SCE> show interface TenGigabitEthernet 3/1/0
SCE> show interface TenGigabitEthernet 3/2/0
SCE> show interface TenGigabitEthernet 3/3/0
SCE> show system operation-status
SCE> show interface linecard 0
SCE> show interface linecard 0 connection-mode
SCE> show interface linecard 0 link mode
SCE> show interface linecard 0 external-bypass
SCE> show rdr-formatter
SCE> show interface linecard 0 subscriber sm-connection-failure
SCE> show ip rpc-adapter sessions

CLI コマンド出力の例

次の出力例の 太字 の語句は、ポストインストールチェックを行うときに調べる必要のある行を示しています。コマンドの中には、出力が短く、出力全体が対象となっているものもあります。その場合、太字のものはありません。

show version

次の行を探してください。

System version

Application file

Management agent interface version

SCE> show version
System version: Version 3.5.5 Build 252
Build time: May 31 2009, 15:50:44 (Change-list 483168)
Software version is: Version 3.5.5 Build 252
Cryptography class: K9
Hardware information is:
 
---------------------
Firmware
---------------------
kernel : [kernel] 2.3.0/1 (inactive: [kernel] 2.3.0/1)
u-boot : [uboot] 2.1.0/1 (field: [uboot] 0.8.0/3)
select : [ubs-cf0] 2.3.0/1 (secondary: [ubs-cf0] 2.3.0/1)
 
---------------------
Slot 1: SCE8000-SCM-E
---------------------
serial-num : CAT1151G01D
part-num : 73-10598-01 36
cpld : 0x816c
vtpld : 0xc004
summit-0 : 0x10008
summit-1 : 0x10008
dpt/tx : 0x4913
cls/ff : 0x2112
cls cam : 0x454120
cls flow cap: 33554432
ssa : 0x90
 
---------------------
TVR
---------------------
#cpus : 1
cpu SVR : 0x80900121
cpu PVR : 0x80040202
cpu freq : 1000MHz
cpu (eeprom): 2.1, 800MHz
cpld : 0xa1bc
cpld-ufm : 0xa803
summit : 0x10007
cf : Model=SILICONSYSTEMS INC 4GB-3213, S/N=357TTR79SY716QC00005, FwRev=0x242-0230, Size=4125744KB
phy-0 : 0xcc2
phy-1 : 0xcc2
phy-2 : 0xcc2
 
---------------------
CFC-0
---------------------
board type : P2
#cpus : 3
cpu-0 SVR : 0x80900121
cpu-0 PVR : 0x80040202
cpu-0 freq : 1500MHz
cpu-1 SVR : 0x80900121
cpu-1 PVR : 0x80040202
cpu-1 freq : 1500MHz
cpu-2 SVR : 0x80900121
cpu-2 PVR : 0x80040202
cpu-2 freq : 1500MHz
cpu (eeprom): 2.1, 1500MHz
cpld-0 : 0xb219
cpld-1 : 0xb219
cpld-2 : 0xb219
cpld-0-ufm : 0xb803
cpld-1-ufm : 0xb803
cpld-2-ufm : 0xb803
summit-0 : 0x1000a
summit-1 : 0x1000a
fc : 0x1100
 
---------------------
CFC-1
---------------------
board type : P2
#cpus : 3
cpu-0 SVR : 0x80900121
cpu-0 PVR : 0x80040202
cpu-0 freq : 1500MHz
cpu-1 SVR : 0x80900121
cpu-1 PVR : 0x80040202
cpu-1 freq : 1500MHz
cpu-2 SVR : 0x80900121
cpu-2 PVR : 0x80040202
cpu-2 freq : 1500MHz
cpu (eeprom): 2.1, 1500MHz
cpld-0 : 0xb219
cpld-1 : 0xb219
cpld-2 : 0xb219
cpld-0-ufm : 0xb803
cpld-1-ufm : 0xb803
cpld-2-ufm : 0xb803
summit-0 : 0x1000a
summit-1 : 0x1000a
fc : 0x1100
 
---------------------
Slot 3: SCE8000-SIP
---------------------
serial-num : CAT1105501R
part-num : 73-10947-01 11
cpld : 0x916c
summit-0 : 0xf2c1501
summit-1 : 0xf2c1601
dpt-0 : 0x3110
dpt-1 : 0x3110
ssa-0 : 0x90
ssa-1 : 0x90
spa[0] : SPA-1X10GE-L-V2
spa[1] : SPA-1X10GE-L-V2
spa[2] : SPA-1X10GE-L-V2
spa[3] : SPA-1X10GE-L-V2
 
---------------------
SCE8000 Chassis
---------------------
product-num : SCE8000
serial-num : FOX1208G450
part-num : 73-11293-01
part-rev : A0
vid : V01
 
Part number : 73-10598-01 36
Revision : 1
Software revision : 1
LineCard S/N : CAT1151G01D
Power Supply type : AC
 
SML Application information is:
Application file: /apps/data/scos/app/en355262.sli
Application name: Engage SML Version 3.5.5 build 74
Using Lib - PL_3.5.5_b74
Using Lib - Classifier_3.5.5_b74
Application help: Entry point of Engage
Original source file: /auto/srbu-proj1/apps/users/atukh/autoBuild/App/SML/Engage/dev/src/com/pcube/AppTemplate/Main/template_app_main.san
Compilation date: Tue, May 19, 2009 at 19:51:58
Compiler version: SANc v3.20 Build 12 built on: Tue 02/01/2009 11:11:05.;SME plugin v1.1
Capacity option used: 'EngageDefaultSCE8000'.
Logger status: Enabled
 
Platform: SCE8000
Management agent interface version: SCE Agent 3.5.5 Build 121
Software package file: ftp://ftpserver/D:\pcube\Os\3.5.5\252\simba_03550252_K9.pkg
SCE8000 uptime is 5 days, 23 hours, 52 minutes, 40 seconds

show inventory

次の行を探してください。

「NAME: "SCE8000 optic」という語句を含むすべての行。取り付けられた光ファイバそれぞれに 1 行が存在するはずです。

SCE> show inventory
NAME: "SCE8000 Chassis", DESCR: "SCE8000"
PID: SCE8000 , VID: V01, SN: FOX1232G00V
 
NAME: "SCE8000 Service Control Module (SCM) in slot 1", DESCR: "SCE8000-SCM-E"
PID: SCE8000-SCM-E , VID: V01, SN: CAT1231G040
 
NAME: "SCE8000 SPA Interface Processor (SIP) in slot 3", DESCR: "SCE8000-SIP"
PID: SCE8000-SIP , VID: V01, SN: CAT1229G03H
 
NAME: "SCE8000 SPA module 3/0", DESCR: "SPA-1X10GE-L-V2"
PID: SPA-1X10GE-L-V2 , VID: V02, SN: JAE1229PFVA
 
NAME: "SCE8000 SPA module 3/1", DESCR: "SPA-1X10GE-L-V2"
PID: SPA-1X10GE-L-V2 , VID: V02, SN: JAE1229PFR4
 
NAME: "SCE8000 SPA module 3/2", DESCR: "SPA-1X10GE-L-V2"
PID: SPA-1X10GE-L-V2 , VID: V02, SN: JAE1229PFR6
 
NAME: "SCE8000 SPA module 3/3", DESCR: "SPA-1X10GE-L-V2"
PID: SPA-1X10GE-L-V2 , VID: V02, SN: JAE1229PFR2
 
NAME: "SCE8000 FAN 1", DESCR: "SCE8000-FAN"
PID: SCE8000-FAN , VID: V01, SN: DCH12281410
 
NAME: "SCE8000 AC power supply 0", DESCR: "PWR-2700-AC/4"
PID: PWR-2700-AC/4 , VID: V02, SN: APS12160003
 
NAME: "SCE8000 AC power supply 1", DESCR: "PWR-2700-AC/4"
PID: PWR-2700-AC/4 , VID: V02, SN: APS1216002N
 
NAME: "SCE8000 optic 3/0/0", DESCR: "XFP-10GLR-OC192SR "
PID: XFP-10GLR-OC192SR , VID: V02, SN: ONT121110LJ
 
NAME: "SCE8000 optic 3/1/0", DESCR: "XFP-10GLR-OC192SR "
PID: XFP-10GLR-OC192SR , VID: V02, SN: ECL122201CD
 
NAME: "SCE8000 optic 3/2/0", DESCR: "XFP-10GLR-OC192SR "
PID: XFP-10GLR-OC192SR , VID: V02, SN: ECL122201CJ
 
NAME: "SCE8000 optic 3/3/0", DESCR: "XFP-10GLR-OC192SR "
PID: XFP-10GLR-OC192SR , VID: V02, SN: ECL122103BA

show interface

各インターフェイスに対してこのコマンドを実行します。コマンドの構文は次のとおりです。

show interface TenGigabitEthernet 3/bay-number/0
sce> show interface TenGigabitEthernet 3/0/0
Auto negotiation configured: Disabled
Actual status:
Link is: ON
Auto negotiation: Disabled
Bandwidth (L1): 10000000 Kbps, Burst-size: 50000 bytes
Pseudo IP Address: Not Configured

show system operational status

sce> show system operation-status
System Operation status is Operational

show interface linecard

sce> show interface LineCard 0
The application assigned to slot 0 is /apps/data/scos/app/en35156.sli
Silent is off
Configured shutdown is off
Shutdown due to sm-connection-failure is off
Resulting current shutdown state is off
WAP handling is disabled

show interface linecard connection-mode

sce> show interface linecard 0 connection-mode
slot 0 connection mode
Connection mode is inline
slot failure mode is external-bypass
Redundancy status is standalone

show interface linecard link mode

sce> show interface LineCard 0 link mode
Link mode on all links
Current link mode is : forwarding
Actual link mode on active is : forwarding
Actual link mode on failure is: monopath-bypass

show interface linecard external-bypass

sce1> show interface LineCard 0 external-bypass
External bypass current state is 'not activated'.
External bypass failure state is 'activated'.
Amount of expected external bypass devices: 2 (automatically configured).
Amount of detected external bypass devices: 2

show RDR-formatter

次を探してください。

Forwarding mode

Status(「Connection Table」の「Status」カラム)

sce> show RDR-formatter
Status: enabled
Connection is: up
Forwarding mode: redundancy
Connection Table:
--------------------------------------------------------------------------------
| Collector | Port |Status| Priority per Category: |
| IP-Address / | | |------------------------------------------------|
| Host-Name | | | Category1 | Category2 | Category3 | Category4 |
|---------------|-------|------|-----------|------------|-----------|-----------|
| 10.240.59.39 | 33000 | up |100 primary| --- | --- | --- |
| 10.240.59.44 | 33000 | up | --- |100 primary | --- | --- |
---------------------------------------------------------------------------------
RDR: queued: 0 ,sent:60108106, thrown: 0, format-mismatch: 0
UM: queued: 0 ,sent: 0, thrown: 0
Logger: queued: 0 ,sent: 0, thrown: 0
Errors: thrown: 0
Last time these counters were cleared: 07:36:52 EDT TUE April 28 2009

show interface linecard subscriber sm-connection-failure

Subscriber Manager で作業をしている場合、このコマンドを使用して、SM との接続が確立されたことを確認します。

SCE> show interface linecard 0 subscriber sm-connection-failure
Current SM link state: up.
Configured action to take when SM link is down: No action.
Changing of system operational-status to 'warning' when SM link is down: enabled.

show ip rpc-adapter sessions

Quota Manager で作業をしている場合、このコマンドを使用して、QM との接続が確立されたことを確認します。

sce> show ip rpc-adapter sessions
client-name=usr.SM
client-address=/10.240.59.36
started=Mon Apr 06 12:43:01 GMT-04:00 2009
received-message-num=408790
sent-message-num=237292
sent-notifications-num=0
dropped-notifications-num=0
client-username=null
 
client-name=mcn.SM
client-address=/10.240.59.36
started=Mon Apr 06 12:43:02 GMT-04:00 2009
received-message-num=5715112
sent-message-num=6101181
sent-notifications-num=386768
dropped-notifications-num=0
client-username=null
 
client-name=mcn.QuotaManager-10.248.64.119_10.240.59.36_SCE.J.API.PRPC
client-address=/10.240.59.36
started=Mon Apr 06 12:43:03 GMT-04:00 2009
received-message-num=404194
sent-message-num=232248
sent-notifications-num=0
dropped-notifications-num=0
client-username=null