SCE 2000 4/8xFE インストレーション コンフィギュレーション ガイド Rel 3.1
概要
概要
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

概要

Cisco Service Control の概念についての情報

Cisco Service Control ソリューション

ブロードバンド サービス プロバイダー向けのサービス コントロール

Cisco Service Control の機能

SCE プラットフォーム

管理と収集についての情報

ネットワーク管理

サブスクライバ管理

サービス コンフィギュレーション管理

データ収集

概要

この章では、Cisco Service Control ソリューションの概要を示します。ここでは、Cisco Service Control の概念と機能を紹介します。

Service Control Engine(SCE)プラットフォームのハードウェア機能と、Cisco Service Control ソリューションを構成するシスコのアプリケーションについても簡単に説明します。

「Cisco Service Control の概念についての情報」

「Cisco Service Control の機能」

「SCE プラットフォーム」

「管理と収集についての情報」

Cisco Service Control の概念についての情報

「Cisco Service Control ソリューション」

「ブロードバンド サービス プロバイダー向けのサービス コントロール」

Cisco Service Control ソリューション

Cisco Service Control は、サービス プロバイダーが直面するさまざまなサービス コントロールの課題を解決する専用ハードウェア、および特定のソフトウェア ソリューションが組み合わさって実現されます。SCE プラットフォームは、インターネット/IP トラフィックの分類、分析、制御をサポートするよう設計されています。

サービス プロバイダーは、サービス コントロールを使用することにより、既存のインフラストラクチャを利用しながら、新たな利益の流れを生み出すことができます。サービス コントロールにより、IP ネットワーク トラフィックの分析、変換、制御を、マルチギガビットのワイヤー回線速度で行うことができます。また、Cisco Service Control ソリューションは、サービス プロバイダーにとって、利益の高いコンテンツベースのサービスを識別および対応するために、また実現するために欠かせないツールとなります。

テレコミュニケーション業界が低迷する状況で、利益を向上させるには、IP サービス プロバイダーのビジネス モデルを改良する必要があります。大規模なデータリンクの構築に巨額の資金を投じるプロバイダーは、大きな負債を抱え、コストも増大しています。同時に、アクセスと帯域幅は、価格が低下を続ける利益の出ない消耗品となりつつあります。サービス プロバイダーは、ネットワーク上のトラフィックとサービスからより多くの利益を生む付加価値サービスを提供することの重要性を認識しています。しかし、IP サービスから真の利益を得るには、単にデータリンク上でこれらのサービスを提供するだけではなく、提供されるサービスの詳細なモニタリング、正確でリアルタイムな制御と認識が必要です。シスコは、サービス プロバイダーがこのギャップを埋めるのに役立つサービス コントロール ソリューションを提供しています。

ブロードバンド サービス プロバイダー向けのサービス コントロール

家庭用および業務用のアクセス テクノロジー(DSL、ケーブル、モバイルなど)のサービス プロバイダーは、既存のインフラストラクチャを最大限に活用しながら、IP サービスの強化により提供内容を差別化する方法を探る必要があります。

Cisco Service Control Application for Broadband は、既存のネットワークに、サービス インテリジェンスと制御のレイヤを追加し、次のことを可能にしています。

容量計画のための、サブスクライバおよび集約レベルでのネットワーク トラフィックのレポートと分析

ユーザ フレンドリなティアード アプリケーション サービスの提供と、アプリケーション SLA の保証

カスタマー、コンテンツ、アプリケーションのタイプごとに異なるサービスレベルの実装

Acceptable Use Policy(AUP; アクセプタブル ユース ポリシー)に違反するネットワーク悪用者の識別

ピアツーピア、NNTP(ニュース)トラフィック、スパムの悪用者の識別と管理

AUP の強化

サービス コントロール ソリューションと、既存のネットワークネットワーク要素および BSS/OSS システムの容易な統合

Cisco Service Control の機能

Cisco Service Control ソリューションの中核は、専用ネットワーク デバイスであるService Control Engine(SCE)です。サービス コントロール ソリューションを提供するアプリケーションを幅広くサポートしている SCE プラットフォームの主要機能には、次のものがあります。

サブスクライバとアプリケーションの認識 ― 個別のサブスクライバ単位で使用状況とコンテンツをリアルタイムに把握、制御するための、アプリケーションレベルでの IP トラフィック情報の収集。

サブスクライバの認識 ― SCE プラットフォームでトラフィックを送信する各サブスクライバの状態を管理し、このサブスクライバのトラフィックに適切なポリシーを適用するために、IP フローと特定のサブスクライバをマッピングする機能。

サブスクライバの認識は、DHCP や RADIUS サーバなどのサブスクライバ管理リポジトリとの専用の統合により、あるいは RADIUS または DHCP トラフィックのスニフィングにより行われます。

アプリケーションの認識 ― アプリケーション プロトコル レイヤ(レイヤ 7)までのトラフィックの把握と分析を行う機能。

バンドル フローを使用して実装したアプリケーション プロトコル(制御およびデータ フローを使用して実装した FTP など)の場合、SCE プラットフォームは、フロー間のバンドル接続を把握し、それに応じた処理をします。

アプリケーションレイヤのステートフルでリアルタイムなトラフィック制御 ― 高度な制御機能として、アプリケーションレイヤのステートフルでリアルタイムなトラフィック トランザクション処理を使用して細分化された BW の測定と形成、クォータ管理、リダイレクションなどを行う機能。この機能には、適応範囲の広いプロトコルとアプリケーションレベルのインテリジェンスが必要となります。

プログラマビリティ ― 常に変化するサービス プロバイダー環境において、新しいプロトコルをすばやく追加し、新しいサービスとアプリケーションに容易に適応させる機能。プログラマビリティ向上のため、Cisco Service Modeling Language(SML)が使用されます。

プログラマビリティにより、新しいサービスをすばやく導入し、ネットワーク、アプリケーション、サービスの拡張を容易にアップグレードすることが可能になります。

強固で柔軟性に優れたバックオフィス統合 ― プロビジョニング システム、サブスクライバ リポジトリ、課金システム、OSS システムなど、サービス プロバイダーの既存のサードパーティ システムとの統合機能。SCE は、強固ですばやい統合を可能にする、オープンかつ文書の整備された API 群です。

スケーラブルな高パフォーマンスのサービス エンジン ― これらのすべてのオペレーションをワイヤ速度で実行できる機能。

SCE プラットフォーム

プログラマブル ネットワーク デバイスの SCE ファミリには、IP トラフィックに対してアプリケーションレイヤでのステートフルなフロー検査を行い、設定可能なルールに基づいてトラフィックを制御する機能があります。SCE プラットフォームは、ASIC(特定用途向けIC)コンポーネントおよび RISC(縮小命令セット コンピュータ)プロセッサを利用する専用ネットワーク デバイスです。これにより、パケットをカウントするだけでなく、ネットワーク トラフィックの内容を詳細に調べることができます。SCE プラットフォームでは、双方向をトラフィック フローをプログラマブルかつステートフルな環境で検査し、これらのフローをユーザ所有権とマッピングすることにより、ネットワークの使用状況がリアルタイムに分類されます。この情報は、SCE プラットフォームの高度なトラフィック制御および帯域幅形成機能のための基本情報となります。SCE プラットフォームでは、帯域幅形成機能が終了すれば、次のような制御および形成も可能です。

レイヤ 7 のステートフルかつワイヤ速度のパケット検査および分類

600 を超えるプロトコルおよびアプリケーションの強固なサポート

一般 ― HTTP、HTTPS、FTP、TELNET、NNTP、SMTP、POP3、IMAP、WAP など

P2P ファイル共有 ― FastTrack-KazaA、Gnutella、BitTorrent、Winny、Hotline、eDonkey、DirectConnect、Piolet など

P2P VoIP ― Skype、Skinny、DingoTel など

ストリーミングおよびマルチメディア ― RTSP、SIP、HTTP ストリーミング、RTP/RTCP など

柔軟なレポートおよび帯域幅制御のためのプログラマブル システム コア

透過的なネットワークおよび BSS/OSS の既存ネットワークへの統合

トラフィックおよび使用状況と個別のカスタマーを関連付けるサブスクライバ認識

次の図は、ネットワーク内での SCE プラットフォームの配置例を示したものです。

図1-1 ネットワーク内での SCE プラットフォームの配置

 

管理と収集についての情報

Cisco Service Control ソリューションには、サービス コントロール ソリューションのあらゆる面を管理する、次の管理コンポーネントを備えた完全な管理インフラストラクチャが含まれています。

ネットワーク管理

サブスクライバ管理

サービス コントロール管理

これらの管理インターフェイスの設計目的は、一般的な管理基準に準拠して、既存OSSインフラストラクチャとの統合を容易にすることです。

図1-2 SCE プラットフォーム管理インターフェイス

 

ネットワーク管理

完全なネットワーク FCAPS(Fault, Configuration, Accounting, Performance, Security)管理が用意されています。

ネットワーク管理用に次の 2 つのインターフェイスがあります。

CLI(コマンドライン インターフェイス) ― コンソール ポートから、または Telnet 接続によってアクセス可能です。CLI は設定およびセキュリティ機能に使用されます。

SNMP ― 障害管理(SNMP トラップによる)とパフォーマンス モニタリング機能を提供します。

サブスクライバ管理

Cisco Service Control Application for Broadband(SCA BB)でサブスクライバとサブスクライバのトラフィック使用状況ごとに異なるポリシーを適用する場合、OSS とSCE プラットフォームを仲介するミドルウェア ソフトウェアとして、Cisco Service Control Management Suite(SCMS)Subscriber Manager(SM)を使用できます。サブスクライバ情報は SM データベースに格納され、実際のサブスクライバ配置に応じて、複数のプラットフォームに分散させることができます。

SM では、ネットワーク ID をサブスクライバ ID にマッピングすることにより、サブスクライバの認識を行います。RADIUS サーバや DHCP サーバなどの AAA デバイスと統合された専用の統合モジュールを使用して、サブスクライバ情報を取得することもできます。

サブスクライバ情報の取得は、次のいずれかのモードで行うことができます。

プッシュ モード ― SM は、サブスクライバのログオン時に、サブスクライバ情報を SCE プラットフォームに自動的にプッシュします。

プル モード ― SM は、SCE プラットフォームからの照会に応じて、サブスクライバ情報を SCE プラットフォームに送信します。

サービス コンフィギュレーション管理

サービス コンフィギュレーション管理では、サービス コントロール アプリケーションの一般的なサービス定義が設定できます。トラフィック分類、アカウンティング、レポート、制御の設定が記述されたサービス コンフィギュレーション ファイルが作成され、SCE プラットフォームに適用されます。SCA BB アプリケーションには、これらの設定ファイルを自動的に SCE プラットフォームに分配するためのツールがあります。このシンプルで標準に基づくアプローチにより、大規模ネットワークにおいて複数のデバイスを容易に管理できます。

サービス コントロールには、これらのファイルの作成と編集を行うための使いやすい GUI と、自動作成のための API セットが用意されています。

データ収集

Cisco Service Control ソリューションは、SCE プラットフォームの使用状況データと統計情報を生成し、シンプルな TCP ベースのプロトコル(RDR プロトコル)を使用して Raw Data Record(RDR)として送信します。Cisco Service Control Management Suite(SCMS)Collection Manager(CM)ソフトウェアは、収集システムを実装し、1 つまたは複数の SCE プラットフォームからの RDR を待ち受け、ローカル マシンで処理します。格納されたデータは、分析およびレポート機能、課金システムなどの OSS システムへの供給や収集などに使用できます。