Cisco SCE 2000 4xGBE インストレーション コン フィギュレーション ガイド
正常なインストレーションを確認するための CLI コマンド
正常なインストレーションを確認するための CLI コマンド
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/03/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

正常なインストレーションを確認するための CLI コマンド

概要

基本的なインストレーション後のチェックリスト

CLI のコマンド出力例

show version

show interface

show system operational status

show interface linecard

show interface linecard connection-mode

show interface linecard link mode

show RDR-formatter

show interface linecard subscriber sm-connection-failure

show ip rpc-adapter sessions

正常なインストレーションを確認するための CLI コマンド

概要

Cisco SCE 2000 プラットフォームのインストレーションを完了したら、複数の CLI コマンドを実行して正しいコンポーネントが正常にインストールされ、動作していることを確認することをお勧めします。

基本的なインストレーション後のチェックリスト

次の表は、基本的なインストレーション後のチェックリストと関連する CLI コマンドを示しています。システム設定をさらに確認する方法は、特定のトポロジとインストレーションの設定によって異なりますが、このリストは基本的なインストレーションが動作しているかどうかを確認します。

コマンド出力の例については、各コマンドの説明を参照してください。出力内の関連する情報は、 太字 で示しています。

 

チェックする項目
使用するコマンド
説明

バージョン

show version

次の項目をチェックします。

ファームウェアのバージョン

アプリケーションのバージョン

管理エージェントのステータス

管理エージェントのバージョン

光モード

ポート設定

show interface

すべてのポートのステータスと設定のリストを取得するには、各ポートに対してこのコマンドを実行します。

動作ステータス

show system operational status

ステータスは operational である必要があります。

このコマンドは、電源の障害や外部バイパスが正しく設定されていないなどの問題を示します。

ラインカードのステータス

show interface linecard

shutdown または silent 以外である必要があります。

接続モード

show interface linecard connection-mode

接続モードと障害モードの両方が正しく設定されていることを確認します。

リンク モード

show interface linecard link mode

接続モードが inline の場合、リンク モードは forwarding に設定する必要があります。

RDR フォーマッタ

show RDR-formatter

次のことを確認します。

RDR フォーマッタが設定された送信先との接続を確立している。

複数の送信先がある場合、冗長ステータスが正しく設定されている。

Subscriber Manager への接続

show interface linecard subscriber sm-connection-failure

Subscriber Manager(SM)を使用している場合:SM との接続が確立していることを確認します。

Quota Manager への接続

show ip rpc-adapter sessions

Quota Manager(QM)を使用している場合:QM との接続が確立していることを確認します。

SM と QM の両方を使用して、すべての装着された SCE 2000 プラットフォームのためのコマンド シーケンスを完成させます。

SCE>enable 5
Password:<cisco>
SCE> show version
SCE> show interface GigabitEthernet 0/1
SCE> show interface GigabitEthernet 0/2
SCE> show interface GigabitEthernet 0/3
SCE> show interface GigabitEthernet 0/4
SCE> show system operation-status
SCE> show interface linecard 0
SCE> show interface linecard 0 connection-mode
SCE> show interface linecard 0 link mode
SCE> show rdr-formatter
SCE> show interface linecard 0 subscriber sm-connection-failure
SCE> show ip rpc-adapter sessions

CLI のコマンド出力例

次の出力例で 太字 になっているテキストは、インストレーション後のチェック時にチェックする必要のある行を示しています。いくつかのコマンドでは、出力が短く、出力全体をチェックする必要があります。このような場合は、太字になっていません。

show version

次の行を確認します。

System version

lic type

optic mode

Application file

Management agent interface version

SCE>show version
System version: Version 3.5.5 Build 252
Build time: May 31 2009, 16:15:22 (Change-list 483168)
Software version is: Version 3.5.5 Build 252
Cryptography class: K9
Hardware information is:
rx : 0x0079
dp : 0x1d05
tx : 0x1712
ff : 0x0077
cls : 0x1e05
cpld : 0x0025
lic : 0x0202
lic-drv : 0x02020000
lic-prm : 0x02020000
rev : G001
Bootrom : 2.1.0
L2 cache : Samsung 0.5
lic type : 4GBE
optic mode : MM
Product S/N : CAT113656YW
Product ID : SCE2020-4XGBE-MM
Version ID : V03
Deviation :
Part number : 800-26601-07
Revision : A0
Software revision : G001
LineCard S/N : CAT113750AC
Power Supply type : AC
 
SML Application information is:
Application file: /tffs0/app/en355262.sli
Application name: Engage SML Version 3.5.5 build 74
Using Lib - PL_3.5.5_b74
Using Lib - Classifier_3.5.5_b74
Application help: Entry point of Engage
Original source file: /auto/srbu-proj1/apps/users/atukh/autoBuild/App/SML/Engage/dev/src/com/pcube/AppTemplate/Main/template_app_main.san
Compilation date: Tue, May 19, 2009 at 18:18:27
Compiler version: SANc v3.20 Build 12 built on: Tue 02/01/2009 11:11:05.;SME plugin v1.1
Capacity option used: 'EngageDefaultSCE2000'.
 
Logger status: Enabled
 
 
Platform: SCE2000 - 4xGBE
Management agent interface version: SCE Agent 3.5.5 Build 121
Software package file: ftp://ftpserver/D:\pcube\Os\3.5.5\252\csi-filer02b/projects/srg-sce-swinfra/emb/builds/3.5.5/252/SE1000/SE1000_03550252_K9.pkg
 
SCE2000 uptime is 2 weeks, 3 hours, 57 minutes, 48 seconds

show interface

各インターフェイスに対してこのコマンドを実行します。コマンド構文は次のとおりです。

show interface GigabitEthernet 0/port-number
sce>show interface GigabitEthernet 0/3
Auto negotiation configured: Disabled
Actual status:
Link is: ON
Auto negotiation: Disabled
Bandwidth (L1): 1000000 Kbps, Burst-size: 50000 bytes
Pseudo IP Address: Not Configured
physical mode : 0

show system operational status

sce>show system operation-status
System Operation status is Operational

show interface linecard

sce>show interface LineCard 0
The application assigned to slot 0 is /apps/data/scos/app/en35156.sli
Silent is off
Configured shutdown is off
Shutdown due to sm-connection-failure is off
Resulting current shutdown state is off
WAP handling is disabled

show interface linecard connection-mode

sce>show interface linecard 0 connection-mode
slot 0 connection mode
Connection mode is inline
slot failure mode is external-bypass
Redundancy status is standalone

show interface linecard link mode

sce>show interface LineCard 0 link mode
Link mode on GBE1-GBE2
Current link mode is : forwarding
Actual link mode on active is : forwarding
Actual link mode on failure is: crosspath-bypass
 
Link mode on GBE3-GBE4
Current link mode is : forwarding
Actual link mode on active is : forwarding
Actual link mode on failure is: crosspath-bypass

show RDR-formatter

次を確認します。

Forwarding mode

Status(Connection Table の Status カラム)

sce>show RDR-formatter
Status: enabled
Connection is: up
Forwarding mode: redundancy
Connection Table:
--------------------------------------------------------------------------------
| Collector | Port |Status| Priority per Category: |
| IP-Address / | | |------------------------------------------------|
| Host-Name | | | Category1 | Category2 | Category3 | Category4 |
|---------------|-------|------|-----------|------------|-----------|-----------|
| 10.240.59.39 | 33000 | up |100 primary| --- | --- | --- |
| 10.240.59.44 | 33000 | up | --- |100 primary | --- | --- |
---------------------------------------------------------------------------------
RDR: queued: 0 ,sent:60108106, thrown: 0, format-mismatch: 0
UM: queued: 0 ,sent: 0, thrown: 0
Logger: queued: 0 ,sent: 0, thrown: 0
Errors: thrown: 0
Last time these counters were cleared: 07:36:52 EDT TUE April 28 2009

show interface linecard subscriber sm-connection-failure

Subscriber Manager で作業している場合は、このコマンドを使用して SM との接続が確立されていることを確認します。

SCE>show interface linecard 0 subscriber sm-connection-failure
Current SM link state: up.
Configured action to take when SM link is down: No action.
Changing of system operational-status to 'warning' when SM link is down: enabled.

show ip rpc-adapter sessions

Quota Manager で作業している場合は、このコマンドを使用して QM との接続が確立されていることを確認します。

sce>show ip rpc-adapter sessions
client-name=usr.SM
client-address=/10.240.59.36
started=Mon Apr 06 12:43:01 GMT-04:00 2009
received-message-num=408790
sent-message-num=237292
sent-notifications-num=0
dropped-notifications-num=0
client-username=null
 
client-name=mcn.SM
client-address=/10.240.59.36
started=Mon Apr 06 12:43:02 GMT-04:00 2009
received-message-num=5715112
sent-message-num=6101181
sent-notifications-num=386768
dropped-notifications-num=0
client-username=null
 
client-name=mcn.QuotaManager-10.248.64.119_10.240.59.36_SCE.J.API.PRPC
client-address=/10.240.59.36
started=Mon Apr 06 12:43:03 GMT-04:00 2009
received-message-num=404194
sent-message-num=232248
sent-notifications-num=0
dropped-notifications-num=0
client-username=null