Anywhere Plus アドミニストレーション ガイド
Anywhere Plus の導入
Anywhere Plus の導入
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2011/07/06 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1,014KB) | フィードバック

目次

Anywhere Plus の導入

導入手順

Anywhere Plus の導入

導入手順

Anywhere Plus を導入するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 内部ネットワークに接続されているユーザの Anywhere Plus を安全にオフにするには、ビーコン サーバをインストールします。「ビーコン サーバ」を参照してください。

ステップ 2 ScanCenter で次の手順を実行します。

a. カスタム テスト グループを作成します。

b. テスト ポリシーを作成します。

c. テスト グループのグループ認証キーを生成します。

ステップ 3 Anywhere Plus のコンフィギュレーション ファイルを作成します。「Anywhere Plus の設定」を参照してください。

ステップ 4 テスト用ポータブル コンピュータに Anywhere Plus をインストールします。「Anywhere Plus」を参照してください。

ステップ 5 Anywhere Plus が正しく動作していることを確認します。「インストールの確認」を参照してください。

ステップ 6 ScanCenter で、リモート ユーザに固有の、Active Directory グループのディレクトリ グループを追加します。または、このタイプのグループがない場合は、代わりにカスタム ディレクトリ グループを追加します。

ステップ 7 新しく追加されたグループのグループ認証キーを生成します。

ステップ 8 新しいキーを使用するために Anywhere Plus コンフィギュレーション ファイルを編集します。

ステップ 9 ConfigObfuscate ツールを使用して、Anywhere Plus コンフィギュレーション ファイルの難読化バージョンを作成します。

ステップ 10 Anywhere Plus を少人数のユーザ グループにロールアウトします。

ステップ 11 次を使用してテストします。

ログオン スクリプト

Microsoft SMS

GPO

Bigfix

ステップ 12 ユーザのフィードバックを収集し、問題があれば解決します。「トラブルシューティング」を参照してください。

ステップ 13 Anywhere Plus を残りのモバイル ユーザにロールアウトします。