Cisco ScanCenter アドミニストレータ ガイド バージョン 5.2
クォータ
クォータ

クォータ

クォータの管理

クォータは、Connector と組み合わせてワークグループ モードで使用されます。クォータを使用すると、ポリシーで指定された Web コンテンツをユーザまたはグループが閲覧できる時間を制御できます。 Connector の詳細については、『Connector Administrator Guide』を参照してください。

手順
    ステップ 1   [Web フィルタリング] タブをクリックして、[Web フィルタリング] メニューを表示します。
    ステップ 2   [管理] メニューの [クォータ] をクリックして、クォータ管理ページを表示します。 クォータの優先順位を設定するには、[移動] 列の上向き矢印アイコンおよび下向き矢印アイコンをクリックし、[変更内容を適用] をクリックします。

    クォータの作成

    手順
      ステップ 1   [クォータの作成] タブをクリックします。
      ステップ 2   [名前] ボックスにクォータ名を入力します。
      ステップ 3   [アクティブ] チェック ボックスをオンにして、クォータをアクティブにします。 クォータを後でアクティブにする場合は、このチェック ボックスをオフにします。
      ステップ 4   クォータに追加するグループごとに、以下の手順を実行します。
      1. [グループの追加] をクリックします。
      2. [検索] ボックスにグループ名の一部または全体を入力し、[実行] をクリックします。
      3. [選択] をクリックしてグループを選択します。
      4. [選択内容を確認] をクリックします。 誤って追加したグループを削除するには、[削除] 列のアイコンをクリックします。
      5. グループにクォータを適用しないようにするには、[例外として設定] 列のチェック ボックスをオンにします。 グループにクォータを適用するには、このチェック ボックスをオフにします。
      ステップ 5   [期間] ドロップダウン リストで、クォータに対する期間を選択します。選択項目は [毎日] および [毎週] です。
      ステップ 6   [受信バイト数] ドロップダウン リストで、ダウンロード量の上限値を選択します。 次のオプションを使用できます。
      • 無制限
      • 5M(5 メガバイト)
      • 10M
      • 20M
      • 50M
      • 100M
      • 200M
      • 500M
      • 1G(1 ギガバイト)
      ステップ 7   [送信バイト数] ドロップダウン リストで、アップロード量の上限値を選択します。 選択項目はダウンロード量の上限値と同じです。
      ステップ 8   [時間] ドロップダウン リストで、制限時間を選択します。 次のオプションを使用できます。
      • 無制限
      • 15 分
      • 30 分
      • 1 時間
      • 2 時間
      • 4 時間
      • 8 時間
      ステップ 9   [接続] ドロップダウン リストで、許可する接続の数を選択します。 次のオプションを使用できます。
      • 無制限
      • 1,000
      • 2,000
      • 5,000
      • 10,000
      • 20,000
      • 50,000
      • 100,000
      ステップ 10   [クォータの作成] をクリックして、変更内容を適用します。 または、そのまま別のページに移動すると、変更が破棄されます。

      クォータの編集

      クォータを編集するには、[編集] 列のアイコンをクリックします。 変更を加え、[保存] をクリックして変更内容を適用します。 または、そのまま別のページに移動すると、変更が破棄されます。

      クォータの削除

      クォータを削除するには、[削除] 列のアイコンをクリックします。 なお、デフォルト クォータは削除できません。