Cisco ScanCenter アドミニストレータ ガイド バージョン 5.2
スケジュール設定済みレポート
スケジュール設定済みレポート

スケジュール設定済みレポート

レポートのスケジュールを設定することにより、特定の受信者にレポートをメールで送信することができます。 レポートのスケジュールを設定するには、あらかじめ、少なくとも 1 人の受信者を含むメール グループを作成しておく必要があります。 スケジュールを設定できるレポートの数には上限があり、通常は 75 個です。 スケジュール設定済みレポートが上限数に達しているかどうかを判定する際には、複合レポート内の各レポートは個別のレポートとしてカウントされます。


注意    


検索結果にフィルタを適用しているユーザ、および、非表示属性を設定しているユーザは、レポートをスケジュールできません。 ただし、スケジュール設定されたレポートにはユーザレベルの制限が適用されないため、このようなレポートを受け取ったユーザはレポートの全文を読むことができます。

メール グループ

メール グループを作成することにより、スケジュール設定されたレポートを受信者のグループに送信できます。

メール グループの作成

手順
    ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
    ステップ 2   [レポート] メニューの [受信者] をクリックします。
    ステップ 3   [グループ] ボックスにグループ名を入力します。
    ステップ 4   [新規グループの作成] をクリックします。

    メール グループの削除

    手順
      ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
      ステップ 2   [レポート] メニューの [受信者] をクリックします。
      ステップ 3   削除するグループの [グループの削除] アイコンをクリックします。
      注意        削除してもよいかどうかを確認するダイアログ ボックスは表示されません。 削除したグループを元に戻すことはできません。

      メール受信者

      スケジュール設定されたレポートは、メール受信者のグループに送信されます。 1 人の受信者にだけレポートを送信するには、その受信者しか含んでいないグループを作成する必要があります。

      メール受信者の作成

      手順
        ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
        ステップ 2   [レポート] メニューの [受信者] をクリックします。
        ステップ 3   受信者を追加するグループをクリックします。
        ステップ 4   [Recipients for(受信者)] の先頭のボックスに、メール アドレスの前半部を入力します。
        ステップ 5   @ の後ろのボックスの一覧で、電子メール アドレスの後半部分を選択します。 この一覧には、貴社で有効な電子メール ドメインだけが表示されます。
        ステップ 6   [受信者の追加] をクリックします。

        メール受信者の削除

        手順
          ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
          ステップ 2   [レポート] メニューの [受信者] をクリックします。
          ステップ 3   削除する受信者が含まれているグループをクリックします。
          ステップ 4   削除する受信者の [受信者の削除] アイコンをクリックします。
          注意        削除してもよいかどうかを確認するダイアログ ボックスは表示されません。 削除した受信者を元に戻すことはできません。

          スケジュール設定されたレポートの作成

          手順
            ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
            ステップ 2   [レポート] メニューの [スケジュール設定されたレポート] をクリックします。
            ステップ 3   [スケジュール設定されたレポートの作成] タブをクリックします。
            ステップ 4   [Create Report Schedule(レポート スケジュールを作成)] 領域の [スケジュールされたレポート名] フィールドに、スケジュール設定するレポートの名前を入力します。 [配信スケジュール] 領域で、次のいずれかをクリックして、レポートの実行タイミングを設定します。
            • [毎日]—1 日に 1 回配信
            • [毎週]—1 週間に 1 回、指定曜日に配信
            • [Monthly]—1 ヵ月に 1 回、1 日に配信
            • [Four weekly(4 週間ごと)]—4 週間に 1 回、指定曜日に配信
            レポートには、レポート実行の直前の日の深夜 0 時までのデータが含まれ、データの期間は次のようになります。
            • [毎日] の場合は、前日の 24 時間のデータが含まれます。
            • [毎週] の場合は、過去 7 日間のデータが含まれます。
            • [Monthly] の場合は、前月のデータが含まれます。
            • [Four weekly(4 週間ごと)] の場合は、過去 28 日間のデータが含まれます。
            ステップ 5   配信スケジュールとして [毎週] または [Four weekly(4 週間ごと)] を選択した場合は、レポートを実行する曜日を選択する必要があります。 [スケジュール曜日] ドロップダウン リストで、曜日を選択します。
            ステップ 6   [タイムゾーン] でタイムゾーンを選択します。 選択したタイムゾーンによって、レポートにおける 1 日の開始時刻が決まります。
            ステップ 7   [宛先(受信者グループ)] ドロップダウン リストで、グループを選択します。
            ステップ 8   [E メールの内容] 領域の [件名] ボックスに、生成される電子メールの件名を入力します(例:Monthly bandwidth report(月次帯域幅レポート))。
            ステップ 9   [メッセージ] ボックスにメッセージを入力します(例:Report attached(添付のレポートをご参照ください。))。
            ステップ 10   [レポート] ドロップダウン リストで、定義済みレポート、保存済みレポート、または複合レポートを選択します。
            ステップ 11   [パスワードの入力] および [パスワードの確認] フィールドにパスワードを入力し、生成される PDF 用のパスワードを設定します。
            ステップ 12   [変更内容を保存] をクリックして、スケジュール設定されたレポートを保存します。

            スケジュール設定されたレポートの編集

            手順
              ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
              ステップ 2   [レポート] メニューの [スケジュール設定されたレポート] をクリックします。
              ステップ 3   [スケジュール設定されたレポートの管理] タブをクリックします。
              ステップ 4   編集する複合レポートの編集アイコンをクリックします。
              ステップ 5   編集が完了したら、[変更内容を保存] をクリックして変更内容を保存します。

              スケジュール設定されたレポートの削除

              手順
                ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
                ステップ 2   [レポート] メニューの [スケジュール設定されたレポート] をクリックします。
                ステップ 3   [スケジュール設定されたレポートの管理] タブをクリックします。
                ステップ 4   削除するスケジュール設定されたレポートの削除アイコンをクリックします。 スケジュール設定されたレポートを削除するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
                (注)      スケジュール設定されたレポートを削除しても、元のレポートおよびメール グループは削除されません。