レポートのフィルタリング
レポートのフィルタリング

レポートのフィルタリング

フィルタを使用すると、レポート属性、メトリック、またはその両方の組み合わせを基準にして、検索を絞り込むことができます。 フィルタは、定義済み検索設定または保存済み検索設定による検索結果の絞り込みに使用できます。また、検索設定の作成時に適用することもできます。

さまざまなフィルタをアクティブ、もしくは非アクティブにすることで、必要な情報を抽出するための最適なフィルタ セットを見つけ出すことができます。なお、保存されるのはアクティブなフィルタのみです。 フィルタは、検索設定とは別にフィルタ セットとして保存することもできます。

検索設定へのフィルタの追加

検索では、すべてのフィルタ条件を満たす結果のみが返されます。 ただし、in list 演算子で指定された値のリストでは、1 つでも完全に一致するものがあれば結果が返されます。

フィルタの追加

手順
    ステップ 1   [フィルタの追加] をクリックします。
    ステップ 2   [フィルタ タイプの選択] ドロップダウン リストでタイプを選択します。 次のオプションを使用できます。
    • 属性フィルタ
    • メトリック フィルタ
    • フィルタ セット
    ステップ 3   属性フィルタを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [属性の選択] ボックスの一覧で属性を選択します。
    2. [演算子の選択] ボックスの一覧で演算子を選択します。 次の演算子が使用できます。
      • 含む
      • 含まない
      • 以下に等しい
      • 以下に等しくない
      • リストにある(=)
      • リストにない(等しくない)
      • リストにある(含む)
      • リストにない(含まない)
      • null である
      • null でない
      • で始まる
      • で始まらない
    「等しい」は完全一致、「含む」は部分一致を指しています。
    ステップ 4   メトリック フィルタを追加する場合は、次の手順を実行します。
    1. [メトリックの選択] ドロップダウン リストで必要なメトリックを選択します。 選択項目は次のとおりです。
      • 帯域幅(バイト)
      • 閲覧時間(分)
      • 受信バイト数
      • 送信バイト数
      • ヒット件数
    2. [演算子の選択] ドロップダウン リストで必要な演算子を選択します。 選択項目は次のとおりです。
      • =(等しい)
      • >(より大きい)
      • >=(以上)
      • <>(等しくない)
      • <=(以下)
      • <(より小さい)
    ステップ 5   属性フィルタまたはメトリック フィルタを追加する場合は、ボックスに値を入力します。
    ステップ 6   フィルタを追加してアクティブにするには、[追加] をクリックします

    フィルタのアクティブおよび非アクティブの設定

    アクティブなフィルタには、緑の三角形が表示されます。 非アクティブなフィルタには、赤の警告記号が表示されます。

    フィルタをアクティブにするには、フィルタをクリックし、[アクティブ化] をクリックします。

    フィルタを非アクティブにするには、フィルタをクリックし、[非アクティブ化] をクリックします。

    [すべて選択] をクリックすると、すべてのフィルタが選択されます。[すべて未選択] をクリックすると、すべてのフィルタの選択が解除されます。

    フィルタの編集

    フィルタを編集するには、編集するフィルタをクリックします。 編集が完了したら、[変更内容を保存] をクリックします。

    フィルタの削除

    フィルタを削除するには、[削除] をクリックします。 削除してもよいかどうかを確認するメッセージは表示されません。


    ヒント


    そのフィルタを再使用しないことがはっきりしている場合を除き、フィルタを削除するのではなく非アクティブにすることをお勧めします。

    フィルタ セットの管理

    フィルタ セットを使用すると、使用頻度の高い複数のフィルタを再使用可能なセットとしてまとめることができます。 フィルタ セットでは、フィルタ セットを 4 つまでネストすることができ、個別のフィルタを最大 20 個まで含めることができます。 アクティブ トラフィックのみという定義済みフィルタ セットを使用すると、ユーザが直接生成したのではないトラフィックを除外することができます。 アクティブ トラフィックに含まれるものとしては、ブラウザへの URL 入力やハイパーリンクのクリックで生成されるリクエストなどがあります。アクティブ トラフィックに含まれないものとしては、Web ページ上のバナー、Adobe Flash コンテンツ、別の HTML コードなどを読み込むための外部リクエストなどがあります。

    手順
      ステップ 1   [レポート] タブをクリックして、[レポート] メニューを表示します。
      ステップ 2   [レポート] メニューの [フィルタ セット] をクリックします。

      フィルタ セットの追加

      手順
        ステップ 1   [追加] をクリックします。
        ステップ 2   ボックスに、フィルタ セットの一意の名前を入力します。
        ステップ 3   フィルタ セットに追加するフィルタごとに、次の手順を実行します。
        1. [フィルタの追加] をクリックします。
        2. [フィルタ タイプの選択] ドロップダウン リストで、フィルタ タイプを選択します。 属性フィルタ、メトリック フィルタ、および既存のフィルタ セットを追加できます。 フィルタ セットは最大 3 階層までネストできます。
        3. [追加] をクリックします。
        (注)      フィルタ セット内の個別のフィルタを編集および削除する方法は、レポート内のフィルタを編集および削除する方法と同じです。

        フィルタ セットのコピー

        手順
          ステップ 1   フィルタ セットをクリックします。
          ステップ 2   ボックスに、コピー先フィルタ セットの一意の名前を入力し、Enter キーを押します。

          フィルタ セットの名前の変更

          手順
            ステップ 1   フィルタ セットをクリックします。
            ステップ 2   ボックスに一意の名前を入力し、Enter キーを押します。

            フィルタ セットの編集

            フィルタ セットをクリックし、変更を加え、[変更内容を保存] をクリックします。

            フィルタ セットの削除

            手順
              ステップ 1   フィルタ セットをクリックします。
              ステップ 2   [削除] をクリックすると、フィルタ セットが完全に削除されます。