Cisco Secure Desktop コンフィギュレーション ガ イド リリース 3.5
ユーザ バナーと背景のカスタマイズ
ユーザ バナーと背景のカスタマイズ
発行日;2012/01/30 | 英語版ドキュメント(2010/11/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

ユーザ バナーと背景のカスタマイズ

Secure Desktop のテキスト カラーの変更

リモート ユーザに表示されるダイアログ ウィンドウ

バナーと背景の変更

ユーザ バナーと背景のカスタマイズ

この章では、CSD の外観の変更方法を説明します。ASDM を使用して、Secure Desktop の背景(鍵アイコンの付いた Vault)とテキスト カラー、および各ダイアログ バナー(デスクトップ、Cache Cleaner、キーストローク ロガー、Secure Desktop を閉じるウィンドウ)を変更できます。

カスタムのバナーと背景は、次の Windows OS を実行しているリモート PC でサポートされます。

32 ビット Windows Vista:KB935855 または Windows Vista SP1(以降)がインストールされている必要があります。

32 ビット Windows XP SP2 および SP3。

この項は、次の内容で構成されています。

Secure Desktop のテキスト カラーの変更

リモート ユーザに表示されるダイアログ ウィンドウ

バナーと背景の変更

Secure Desktop のテキスト カラーの変更

Secure Desktop(Vault)に表示される 3 つのオプションのテキスト カラーを変更できます。これらのオプションは、Secure Desktop(図 8-1)の右下に配置されています。

図 8-1 Secure Desktop のテキスト カラー

 


ステップ 1 これらのオプションのカラーを変更するには、[Configuration] > [Remote Access VPN] > [Secure Desktop Manager] > [Secure Desktop Customization] の順に選択します。[Secure Desktop Customization] パネルが開きます(図 8-2)。

ステップ 2 [Choose Color] をクリックし、[Custom] を選択します。カラー見本からカラーを選択するか、[HSB] と [RGB] タブを使用します。

ステップ 3 [Apply All] をクリックします。

図 8-2 Secure Desktop のテキスト カラーの変更

 

リモート ユーザに表示されるダイアログ ウィンドウ

このセクションでは、リモート ユーザに表示されるさまざまなダイアログ ウィンドウと Secure Desktop の背景を示します。Cache Cleaner のダイアログ(図 8-3)には、Cache Cleaner とそのステータスについての情報が表示されます。

図 8-3 Cache Cleaner のダイアログ

 

Secure Desktop を閉じるときに、閉じる際のダイアログ ウィンドウ(図 8-4)が開かれます。

図 8-4 閉じる際のダイアログ ウィンドウ

 

コンピュータでキーストローク ロガーのスキャンを行った後で、キーストローク ロガー検出のダイアログ(図 8-5)が開かれます。

図 8-5 キーストローク ロガー検出のダイアログ

 

Secure Desktop、キーストローク ロガー、および Cache Cleaner 用のさまざまなメッセージ ダイアログ(図 8-6)が開かれます。

図 8-6 メッセージ ダイアログ

 

Secure Desktop に、Secure Desktop の背景(図 8-7)が表示されます。このイメージ用のバナーはありません。カスタム ファイルで背景全体を置き換えられます。

図 8-7 Secure Desktop の背景

 

バナーと背景の変更

デフォルトでは、ダイアログ ウィンドウのバナー領域には、シスコのロゴと「Secure Desktop for SSL VPN」というタイトルが表示されます。図 8-8 に、ダイアログ ウィンドウとバナー領域の例を示します。

図 8-8 ダイアログ ウィンドウのバナー領域

 

独自のイメージ ファイルをインポートして、4 つのダイアログ ウィンドウのバナーを置き換えることができます。独自の背景イメージで、Secure Desktop(Vault)の背景全体を置き換えることもできます。

サポートされるファイル形式は、JPEG、GIF、PNG です。イメージのサイズは自由で、バナー領域に収まるように拡大縮小されます。拡大縮小が適切に行われるバナーを作成できるように、 表 8-1 に、各ダイアログのバナーのおおよそのサイズを示します。

 

表 8-1 バナーのサイズ

ダイアログのバナー
おおよそのサイズ

Cache Cleaner ダイアログのバナー

320 x 40

閉じる際のダイアログのバナー

420 x 80

キーストローク ロガー検出ダイアログのバナー

630 x 40

メッセージ ダイアログのバナー

320 x 40

バナーを置き換えるには、独自のバナー イメージをセキュリティ アプライアンスにインポートする必要があります。以前に Web コンテンツにインポートしたイメージがある場合、そのイメージも使用できます。次の手順のステップ 7 で説明します。


) 次の手順は、ASDM 6.1 以前を使用していることを前提にしています。


新しいイメージをインポートする手順は次のとおりです。


ステップ 1 [Configuration] > [Remote Access VPN] > [Clientless SSL VPN Access] > [Portal] > [Web Contents] の順に選択し、[Import] をクリックします。

[Import Web Content] ウィンドウ(図 8-9)が開かれます。

図 8-9 Import Web Content

 

ステップ 2 [Browse Local Files] をクリックし、インポートするイメージ ファイルを選択して [Select] をクリックします。

ASDM によって、ファイルへのパスが [Path] ボックスに挿入されます。

ステップ 3 [Destination] の下の No 側のオプションをクリックします。

ステップ 4 [Import Now] をクリックします。

ステップ 5 確認ダイアログ ボックスで [OK] をクリックします。

ステップ 6 次の手順に進み、前にインポートしたイメージを挿入します。

ステップ 7 前に Web コンテンツにインポートしたイメージを挿入するには、[Import] をクリックして [Using Portal Web Contents] を選択します(図 8-10)。Web コンテンツからファイルを選択します。

図 8-10 前に Web コンテンツにインポートしたバナー イメージの使用

 

イメージをインポートすると、そのイメージのプレビューがパネルに表示されます。接続速度によって、ASDM での各イメージの表示に最大 40 秒程度かかる場合があります。