Cisco AnyConnect VPN Client アドミニストレータ ガイド リリース2.4
通信ユーザのガイドライン
通信ユーザのガイドライン
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2010/05/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

通信ユーザのガイドライン

AnyConnect CLI コマンドを使用した接続(スタンドアロン モード)

ログアウト

セキュア接続(鍵)アイコンの設定

通信ユーザのガイドライン

VPN ユーザとの通信に関しては、次のガイドラインを検討してください。また、ユーザからガイドラインを求められたときに、この項を参考にしてください。ここでは、次の項目について説明します。

「AnyConnect CLI コマンドを使用した接続(スタンドアロン モード)」

「ログアウト」

「セキュア接続(鍵)アイコンの設定」

AnyConnect CLI コマンドを使用した接続(スタンドアロン モード)

Cisco AnyConnect VPN Client には、グラフィカル ユーザ インターフェイスを使用せずにコマンドを発行することを希望するユーザ向けに、CLI があります。次の項では、CLI コマンド プロンプトの起動方法について説明します。

Windows の場合

Windows システムで CLI コマンド プロンプトを起動し、コマンドを発行するには、Windows のフォルダ C:¥Program Files¥Cisco¥Cisco AnyConnect VPN Client にあるファイル vpncli.exe を探します。ファイル vpncli.exe をダブルクリックします。

Linux および Mac OS X の場合

Linux システムまたは Mac OS X システムで CLI コマンド プロンプトを起動し、コマンドを発行するには、 フォルダ /opt/cisco/vpn/bin/ にあるファイル vpn を探します。ファイル vpn を実行します。

CLI は、独自のプロンプトが表示される対話モードで実行するか、コマンドを使用してコマンドラインで実行することができます。 表 7-1 に、CLI コマンドを示します。

 

表 7-1 AnyConnect クライアント CLI コマンド

コマンド
処理

connect IP アドレスまたはエイリアス

特定のセキュリティ アプライアンスへの接続を確立します。

disconnect

前に確立した接続を閉じます。

stats

確立した接続に関する統計情報を表示します。

quit

CLI 対話モードを終了します。

exit

CLI 対話モードを終了します。

次の例は、ユーザがコマンドラインから接続を確立し、終了する例です。

Windows

connect 209.165.200.224

アドレスが 209.165.200.224. のセキュリティ アプライアンスへの接続を確立します。200.224.要求されたホストに接続した後、AnyConnect クライアントは、ユーザが属するグループを表示し、ユーザのユーザ名とパスワードを要求します。オプションのバナーが指定されている場合、ユーザはバナーに応答する必要があります。デフォルトの応答は n で、接続試行を終了します。次の例を参考にしてください。

VPN> connect 209.165.200.224
>>contacting host (209.165.200.224) for login information...
>>Please enter your username and password.
Group: testgroup
Username: testuser
Password: ********
>>notice: Please respond to banner.
VPN>
STOP! Please read. Scheduled system maintenance will occur tonight from 1:00-2:00 AM for one hour. The system will not be available during that time.
 
accept? [y/n] y
>> notice: Authentication succeeded. Checking for updates...
>> state: Connecting
>> notice: Establishing connection to 209.165.200.224.
>> State: Connected
>> notice: VPN session established.
VPN>
 
stats

現在の接続の統計情報を表示します。次の例を参考にしてください。

VPN> stats
[ Tunnel Information ]
 
Time Connected: 01:17:33
Client Address: 192.168.23.45
Server Address: 209.165.200.224
 
[ Tunnel Details ]
 
Tunneling Mode: All Traffic
Protocol: DTLS
Protocol Cipher: RSA_AES_256_SHA1
Protocol Compression: None
 
[ Data Transfer ]
 
Bytes (sent/received): 1950410/23861719
Packets (sent/received): 18346/28851
Bypassed (outbound/inbound): 0/0
Discarded (outbound/inbound): 0/0
 
[ Secure Routes ]
 
Network Subnet
0.0.0.0 0.0.0.0
VPN>
 
disconnect

前に確立した接続を閉じます。次の例を参考にしてください。

VPN> disconnect
>> state: Disconnecting
>> state: Disconnected
>> notice: VPN session ended.
VPN>

 

quit または exit

どちらかのコマンドで、CLI の対話モードを終了します。次の例を参考にしてください。

quit
goodbye
>>state: Disconnected
 

Linux または Mac OS X

/opt/cisco/vpn/bin/vpn connect 1.2.3.4

アドレスが 1.2.3.4 のセキュリティ アプライアンスへの接続を確立します。

/opt/cisco/vpn/bin/vpn connect some_asa_alias

プロファイルを読み込み、エイリアス some_asa_alias を検索してアドレスを探し、セキュリティ アプライアンスへの接続を確立します。

/opt/cisco/vpn/bin/vpn stats

VPN 接続に関する統計情報を表示します。

/opt/cisco/vpn/bin/vpn disconnect

VPN セッションがある場合、接続解除します。


 

ログアウト

セキュリティ ノート:セッションを終了するときは、必ずログアウトしてください。特に、図書館やインターネット カフェなど共用コンピュータを使用する場合は、ログアウトが重要です。ログアウトしないと、次にコンピュータを使用した人が、ファイルにアクセスできる可能性があります。組織をセキュリティ リスクにさらさないでください。必ずログアウトしてください。

セキュア接続(鍵)アイコンの設定

鍵のアイコンは、セキュアな接続を示しています。Windows XP では、最近使用されていない他のアイコンと同様に、このアイコンが自動的に非表示になります。Windows XP でこのアイコンが非表示にされないようにするには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 トレイ アイコンが表示されたタスクバーの、山カッコ(<)を右クリックします。

ステップ 2 [Customize Notifications...] を選択します。

ステップ 3 [Cisco Systems AnyConnect VPN Client] を選択し、[Always Show] に設定します。