Management Center for VPN Routers 1.3 インストレーション ガイド Windows 2000/Solaris 版
製品概要
製品概要
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

製品概要

RMC 1.3 システム要件

Windows 2000 と Solaris のサーバ要件

Windows 2000 と Solaris のクライアント要件

サポートされるデバイス

製品概要

Management Center for VPN Routers 1.3(Router MC)は、シスコ ルータ上の VPN およびファイアウォールの設定を大規模に管理するための、Web ベースのアプリケーションです。

Router MC では、ハブアンドスポーク ネットワーク トポロジで、複数のシスコ VPN ルータ デバイス間の VPN 接続を設定および保守できます。Router MC により、ネットワーク マネージャは、大規模サイトツーサイト VPN の重要な接続パラメータ、セキュリティ パラメータ、およびパフォーマンス パラメータをすべて迅速かつ容易に設定できます。Router MC を使用すると、リース回線接続からインターネットまたはイントラネット ベースの VPN 接続に簡単に移行できます。また、セキュリティを向上させるため、フレームリレー ネットワーク上での VPN のオーバーレイも可能になります。

Router MC では、IOS ルータをファイアウォール デバイスとして機能するように構成することもできます。Router MC は、多数のデバイスに対して拡張が可能です。階層的なデバイス グルーピング機能およびポリシー継承機能により、類似する複数のデバイスを同時に構成できます。

Router MC は、Windows 2000 プラットフォームと Solaris プラットフォームの両方にインストールできます。これは、Internet Explorer と Netscape Navigator の両方のブラウザをサポートしています。

この章では、以下の項目について取り上げます。

「RMC 1.3 システム要件」

「RMC 1.3 システム要件」

「Windows 2000 と Solaris のクライアント要件」

「サポートされるデバイス」

RMC 1.3 システム要件

Router MC は、CiscoWorks VPN and Security Management Solution (VMS)のコンポーネントです。CiscoWorks、VPN Monitor、CiscoWorks Common Services、および他の個別のアプリケーションが VMS に統合されます。

Router MC のシステム要件は、VPN/Security Management Solution の要件と同じです。 サーバとクライアントのシステム要件のリストは、 Quick Start Guide for the VPN/Security Management Solution 2.2 』を参照してください。このガイドは、Cisco.com の次の場所にあります。
Products & Services > Network Management CiscoWorks > CiscoWorks VPN/Security Management Solution > Technical Documentation > Quick Start

Windows 2000 と Solaris のサーバ要件

表 1-1 に、Windows 2000 システムと Solaris システムに Router MC をインストールするためのサーバの最小要件を示します。

 

表 1-1 Windows 2000 と Solaris のサーバの最小要件

要件の種別
Windows 2000
Solaris

ハードウェア

1GHz 以上の Pentium プロセッサを搭載した IBM PC 互換機

16 ビット カラー対応ビデオ カード付きカラー モニタ

CD-ROM ドライブ

100Base-T 以上のネットワーク接続

次の Sun システムのいずれか

440 MHz 以上のプロセッサを搭載した Sun Ultra SPARC 60 MB

Sun UltraSPARCIII (Sun Blade 2000 Workstation または Sun Fire 280R Workgroup Server)

17 インチのカラー モニタ

CD-ROM ドライブ

メモリ(RAM)

1 GB

1 GB

利用可能なディスク ドライブ スペース

製品をインストールするドライブは 9 GB 以上

2 GB の仮想メモリ

NTFS ファイル システムを推奨

製品をインストールするパーティション(デフォルトでは /opt)は 9 GB

ソフトウェア

ODBC Driver Manager 3.510 以降

Service Pack 4 適用の Windows 2000 (Professional または Server)

Terminal Services がイネーブルにされていない Windows 2000 Server と Windows Advanced Server

CiscoWorks VMS 2.2 Update 1

次のパッチを適用した Solaris 2.8

109742 は 108528-13 に置換されました。

109322 は 108827-15 に置換されました。

109279 は 108528-13 に置換されました。

108991 は 108827-15 に置換されました。

CiscoWorks VMS 2.2 Update 1

その他のソフトウェア:ブラウザ(オプション)

Internet Explorer 6.0

Service Pack 1 を適用した Internet Explorer 6.0

Sun Java プラグイン バージョン 1.4.1_02

Netscape Navigator 7.1

Netscape Navigator 7.0 (サーバ システムでデスクトップを使用している場合)


注意 Sun のサイトからダウンロードした Netscape Navigator のみを使用してください。

Windows 2000 と Solaris のクライアント要件

表 1-2 に示すハードウェア、ソフトウェア、およびブラウザの最小要件を満たす標準クライアントから、すべての製品機能にアクセスできます。

 

表 1-2 Windows 2000 と Solaris のクライアントの最小要件

要件の種別
Windows オペレーティング システム
Solaris

システムのハードウェアとソフトウェア

Service Pack 4 適用の Windows 2000 (Professional および Server)または Microsoft VM 適用の Windows XP SPI を実行している、300 MHz 以上の Pentium プロセッサを搭載した IBM PC 互換機。

ビデオ カードが 256 色に設定されたカラー モニタ

次のいずれかを使用します。

Sun SPARCstation を実行している Solaris 2.8

Sun SPARC Ultra 10 を実行している Solaris 2.8

ビデオ カードの色の深さが 24 ビットに設定されたカラー モニタ

利用可能なディスク ドライブ スペース

400 MB の仮想メモリ

400 MB の仮想メモリ

スワップ領域は、メモリ(RAM)の量の 2 倍です。たとえば、システムの RAM が 256 である場合は、512 MB のスワップ領域が必要です。

メモリ(RAM)

256 MB

256 MB

Java Virtual Machine (JVM)

Sun Java プラグイン バージョン 1.4.1_02

Sun Java プラグイン バージョン 1.4.1_02

ブラウザ

次のいずれかを使用します。

Service Pack 1 を適用した Internet Explorer 6.0

Netscape Navigator 7.1

Netscape Navigator 7.0 for Solaris 2.8

サポートされるデバイス

Router MC 1.3 によってサポートされる Cisco IOS ルータと最小 IOS ソフトウェア バージョンの最新情報は、Cisco.com にあります。

Cisco.com にログインし、Products & Services > Network Management CiscoWorks > CiscoWorks Management Center for VPN Routers > Technical Documentation > Device Support Tables を選択してください。