Management Center for VPN Routers 1.3 インストレーション ガイド Windows 2000/Solaris 版
Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストール とアンインストール
Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストールとアンインストール
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストールとアンインストール

Router MC 1.3 のインストールの前提条件

Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストール

Windows 2000 での Router MC 1.3 のアップグレード

Windows 2000 での Router MC 1.3 のアンインストール

Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストールとアンインストール

この章では、以下の項目について取り上げます。

「Router MC 1.3 のインストールの前提条件」

「Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストール」

「Windows 2000 での Router MC 1.3 のアップグレード」

「Windows 2000 での Router MC 1.3 のアンインストール」

Router MC 1.3 のインストールの前提条件

Cisco.com から Router MC をインストールする前に、次の内容を確認する必要があります。

サーバ システムおよびクライアント システムが、「RMC 1.3 システム要件」で Windows 2000 について記載されている要件を満たしている。

CiscoWorks Common Services 2.2 がシステムにインストールされている。CiscoWorks Common Services は、必要なソフトウェア ライブラリやパッケージなど、Router MC のために特別に開発された CiscoWorks Server ベースのコンポーネントおよびソフトウェアを提供します。

詳細については、『 Quick Start Guide for the VPN/Security Management Solution 2.2 』または『 Installation and Setup Guide for CiscoWorks Common Services 2.2 on Windows 2000 』を参照してください。

アクティビティ アプルーバ電子メール通知機能を使用する場合は、
CiscoWorks 電子メール サーバを設定する必要があります。電子メール設定オプションは、Common Services の拡張インストールにあります(標準インストールにはありません)。インストール時に電子メール サーバを設定しなかった場合は、VPN/Security Management Solution > Administration >
Common Services > Preferences を選択して、CiscoWorks デスクトップから設定することができます。

CiscoWorks VMS 2.2 Update 1 がインストールされている。VMS 2.2 Update 1 には、Windows と Solaris の両方の VMS アプリケーションおよび CiscoWorks Common Services 2.2 に対するパッチが含まれています。また、Router MC が正しく機能するために必要な CiscoWorks Common Services 2.2 Service Pack 2(SP2)も含まれています。


) 最初に SP2 をインストールせずに Router MC をインストールすると、警告メッセージが表示され、インストールを続行できなくなります。


VMS 2.2 Update 1 は、Cisco Software Center サイト(http://www.cisco.com/kobayashi/sw-center/cw2000/vms-planner.shtml)からダウンロードできます。

詳細については、『Readme for CiscoWorks VMS 2.2 Update 1』を参照してください。

Windows Terminal Services がシステムにインストールされている場合は、オフにする。インストール時に、Router MC は Terminal Services がサーバ ステーションにインストールされているかどうかを確認します。インストールされていることがセットアップ プログラムによって検出されると、警告が表示され、インストールは中断されます。続行するには、Terminal Services をディセーブルにするか、Router MC を別のサーバにインストールする必要があります。

CSA(Cisco Secure Agent)MC がシステムにインストールされていて、 CS Agent が動作している場合は、Router MC 1.3 をインストールする前にシャットダウンする。

Windows 2000 での Router MC 1.3 のインストール

この手順は、CiscoWorks Common Services 2.2 と CiscoWorks VMS 2.2 Update 1 がすでにインストールされていることを想定しています。「Router MC 1.3 のインストールの前提条件」を参照してください。

Router MC の以前のバージョンがすでにインストールされていて、Router MC 1.3 へアップグレードする場合は、「Windows 2000 での Router MC 1.3 のアップグレード」を参照してください。

Router MC の標準インストールには、10 分かかります。インストール中にエラーが発生した場合は、 付録A「トラブルシューティング」 を参照してください。


) Router MC を再インストールする場合は、まず現在のバージョンをアンインストールする必要があります(「Windows 2000 での Router MC 1.3 のアンインストール」を参照してください)。Router MC をアンインストールする前にデータをバックアップし、再インストールした後にデータを元に戻すことをお勧めします
(Common Services のマニュアルを参照)。


手順


ステップ 1 CiscoWorks Common Services がインストールされたシステムにローカル管理者特権でログインします。

ステップ 2 Cisco.com 上の次のロケーションへ移動します。
http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/mgmt-ctr-vpn

ステップ 3 zip ファイル(fcs-routermc-v1-3-w2k-k9.zip)をクリックして、Router MC 1.3 ソフトウェアおよびマニュアルをダウンロードし、ハード ドライブに保存します。

ステップ 4 ダウンロードした zip ファイルの場所をハード ドライブに見つけ、解凍します。

zip ファイルには、次が含まれます。

routermc-k9.exe ファイル。アプリケーションをインストールするのに使用します。

Documentation ディレクトリ。Router MC のユーザ ガイドおよびインストール ガイドが含まれます。

Example Configs ディレクトリ。Router MC シナリオを通して使用されるサンプル デバイスの設定ファイルが含まれます。

ステップ 5 routermc-k9.exe をダブルクリックして、インストールを開始します。

Extracting Files ダイアログボックスが表示されます。

プログレス バーがすべてのファイルが抽出されたことを表示した後に、InstallShield Wizard preparation ダイアログボックスが表示されます。

次に、Welcome to the InstallShield Wizard for Router MC ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 6 次に進むには、 Next をクリックします。

Router MC password entry ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 Password フィールドおよび Confirm Password フィールドの両方に、Router MC データベースへの内部アクセスのパスワードを入力します。

入力するパスワードは自動的にバックグラウンドで使用され、特定のシステム イベント(操作のバックアップおよび復元など)の実行が可能になります。


) 必要に応じて、インストール後に CiscoWorks デスクトップから
VPN/Security Management Solution > Administration >
Configuration > Database Credentials
を選択し、このパスワードを変更します。


ステップ 8 Next をクリックします。

Start Copying Files ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 9 ローカル ドライブへの必要なファイルのコピーを開始するために、 Next をクリックします。

Setup Status ウィンドウが表示されます。

ファイルがコピーされている間、インストール経過が表示され、Router MC が自動的に設定されます。

Router MC は、CiscoWorks Common Services のインストール フォルダにインストールされます。デフォルトのフォルダのロケーションは、c:\Program Files\CSCOpx です。

セットアップ プロセスが完了したら、Router MC がデータベースを自動的に作成します。インストールが正常終了すると、InstallShield Wizard Complete ウィンドウが表示されます。

ステップ 10 Finish をクリックします。

ステップ 11 システムを再起動します。


) 初めて Router MC アプリケーションを実行する場合は、先にコンピュータを再起動させておく必要があります。


ステップ 12 ACS デバイス グループおよびユーザ権限を使用する場合は、ACS と CiscoWorks で設定を行う必要があります。詳細については、 付録B「Router MC に ACS を使用する場合の設定」 を参照してください。

ステップ 13 セットアップが完了したら、Router MC のインストールを確認します。詳細については、 第4章「Router MC のインストールの確認」 を参照してください。


 


ヒント インストール中にエラーが発生した場合は、オペレーティング システムがインストールされているドライブのルート ディレクトリにあるインストール ログを調べてください。インストールするたびに新規ログ ファイルが作成されます。デフォルトは c:\Ciscoworks_setupxxx.log です。xxx は、最後にインストールされたアプリケーションのログ ファイルです。トラブルシューティングについては、付録A「トラブルシューティング」を参照してください。


Windows 2000 での Router MC 1.3 のアップグレード

ほとんどの場合、前のバージョンをアンインストールせずに、Router MC のインストールをアップグレードできます。以前の Router MC バージョンで作成されたデータベースは、変換プログラムを別途使用しなくても、後のバージョンで読み込むことができます。以前のバージョンにインポートされたすべてのデバイスは、アップグレードされた Router MC のバージョンの設定で利用可能です。


) Router MC 1.0 から Router MC 1.3 への自動アップグレードはありません。Router MC 1.0 データベースを保存して Router MC 1.3 へアップグレードするには、まずデータベースをバックアップし、Router MC 1.0 をアンインストールしてからデータベースを復元します。バックアップと復元については、Cisco.com で CiscoWorks Common Services のマニュアルを参照してください。


次に、Router MC 1.1、Router MC 1.1.1、Router MC 1.2、または Router MC 1.2.1 が現在インストールされている場合に、Cisco.com から Router MC 1.3 へアップグレードするために必要な手順を示します。

この手順は、CiscoWorks Common Services 2.2 と CiscoWorks VMS 2.2 Update 1 がシステムにインストールされていることを想定しています。また、CSA (Cisco Secure Agent) MC がシステムにインストールされている場合は CS Agent がシャットダウンされていることも想定しています。「Router MC 1.3 のインストールの前提条件」を参照してください。

手順


ステップ 1 CiscoWorks Common Services がインストールされたシステムにローカル管理者特権でログインします。

ステップ 2 予防策として、VPN/Security Management Solution > Administration > Common Services > Backup Database を選択し、データベースをバックアップします。詳細については、CiscoWorks Common Services オンライン ヘルプを参照してください。

ステップ 3 Cisco.com 上の次のロケーションへ移動します。
http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/mgmt-ctr-vpn

ステップ 4 zip ファイルをクリックして、Router MC 1.3 ソフトウェアおよびマニュアルをダウンロードし、ハード ドライブに保存します。

ステップ 5 ダウンロードした zip ファイルの場所をハード ドライブに見つけ、解凍します。

zip ファイルには、次が含まれます。

routermc-k9.exe ファイル。アプリケーションをインストールするのに使用します。

Documentation ディレクトリ。Router MC のユーザ ガイドおよびインストール ガイドが含まれます。

Example Configs ディレクトリ。Router MC シナリオを通して使用されるサンプル デバイスの設定ファイルが含まれます。

ステップ 6 routermc-k9.exe をダブルクリックして、インストールを開始します。

Extracting Files ダイアログボックスが表示されます。

プログレス バーがすべてのファイルが抽出されたことを表示した後に、InstallShield Wizard preparation ダイアログボックスが表示されます。

次に、Welcome to the InstallShield Wizard for Router MC ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 7 次に進むには、 Next をクリックします。

Welcome to the RMC 1.3 Maintenance Pack Wizard ウィンドウが表示されます。このウィンドウは、システム アップグレードの間、CiscoWorks Daemon Manager が停止することを通知します。アップグレード インストールを開始する前に、開いている CiscoWorks アプリケーションをすべて閉じてください。

ステップ 8 次に進むには、 Next をクリックします。

Router MC サービスが停止していることや、Maintenance Pack がシステムをアップグレードしていることを通知するさまざまなメッセージが表示されます。

Setup Status ウィンドウが表示されます。

ファイルがコピーされている間、インストール経過が表示され、Router MC が自動的に設定されます。Router MC データベースが作成され、Router MC サービスが再び起動します。

アップグレード インストールが正常終了した場合、InstallShield Wizard が Router MC のメンテナンス操作の実行を完了したことを Maintenance Complete ウィンドウが表示します。

ステップ 9 Finish をクリックします。

ステップ 10 システムを再起動します。


) 初めて Router MC アプリケーションを実行する場合は、先にシステムを再起動させておく必要があります。


ステップ 11 ACS デバイス グループおよびユーザ権限を使用する場合は、ACS と CiscoWorks で設定を行う必要があります。詳細については、 付録B「Router MC に ACS を使用する場合の設定」 を参照してください。

ステップ 12 セットアップが完了したら、アップグレードされた Router MC のインストールを確認します。詳細については、 第4章「Router MC のインストールの確認」 を参照してください。


 

Windows 2000 での Router MC 1.3 のアンインストール

アンインストール プログラムでは、すべての Router MC ファイルおよび設定を Router MC サーバから削除します。Router MC をアンインストールしても、展開されたポリシーはネットワークのデバイスから削除されません。

標準アンインストールには、約 5 分かかります。


注意 Router MC を削除するには、CiscoWorks アンインストール プログラムを使用する必要があります。手動で Router MC またはそのコンポーネントを削除しようとすると、システムに悪影響を及ぼす可能性があります。

手順


ステップ 1 Start > Settings > Control Panel > Add/Remove Programs を選択します。

Add/Remove Programs ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 2 現在インストールされているプログラムのリストから CiscoWorks を選択します。

CiscoWorks のエントリが拡張し、さらに情報が表示されます。

ステップ 3 Change/Remove をクリックします。

Setup ウィンドウは、InstallShield Wizard の準備ができたことを通知します。


) 前述のステップの代わりに、Start > Programs >
CiscoWorks > Uninstall CiscoWorks
を選択できます。Setup ウィンドウは、InstallShield Wizard の準備ができたことを通知します。


Setup ウィンドウが閉じた後に、Uninstalling CiscoWorks ウィンドウが開き、Uninstallation ダイアログボックスが表示されます。

ステップ 4 Router MC チェックボックスをオンにします。Router MC とともに CiscoWorks コンポーネントをアンインストールする場合を除き、ほかのすべてのチェックボックスをオフにします。

ステップ 5 Next をクリックして、選択を表示し、確認します。

ステップ 6 選択が正しければ、 Next をクリックします。

Router MC のレジストリ情報がサーバから削除されます。サーバから Router MC が削除された後に、Uninstallation Complete ウィンドウが開きます。

ステップ 7 OK をクリックします。

ステップ 8 アンインストールが完了したら、Router MC のインストール ディレクトリ(iosmdc)が完全に削除されていることを確認します。デフォルトのパスは次のとおりです。

c:\Program Files\CSCOpx\MDC\iosmdc


) Router MC のインストール ディレクトリが存在する場合は、Router MC を再インストールできません。


ステップ 9 システムを再起動します。


) Router MC をアンインストールした後にシステムを再起動しない場合、アプリケーションの再インストール時に問題が発生します。