AsyncOS 8.1.1 for Cisco Content Security Management ユーザ ガイド
索引
Index
発行日;2014/01/14 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 8MB) | フィードバック

Index

記号

/dev/null 、エイリアス テーブル内 12-2

A

AMW

「anti-malware」を参照

AsyncOS

アップグレード。「アップグレード、AsyncOS」を参照

以前のバージョンへの復帰 14-30

インストールされているバージョン 10-1

C

CLI 監査ログ 15-5

Configuration Master

使用例 9-1

Configuration Master 7.1 9-8

Configuration Master 7.5 9-8

Configuration Master 7.7 9-8

D

[DLP インシデント サマリー(DLP Incident Summary)] ページ 4-31

DNS C-2

逆引き DNS ルックアップのタイムアウト 14-43

逆引き DNS ルックアップのタイムアウトのディセーブル化 14-43

キャッシュ、フラッシュ 14-44

権威サーバ 14-42

サーバ 2-11, 14-42

設定 2-11, 14-44

タイムアウト 14-42

ダブル ルックアップ 4-20

プライオリティ 14-42

分割 14-42

dnsconfig コマンド 14-42

dnsflush コマンド 14-44

F

FTP C-1

FTP アクセス A-3

FTP サーバ ログ 15-5

FTP プッシュ 15-2

FTP ポーリング 15-2

G

GUI ログ 15-5

H

HTTP C-1

HTTPS プロキシ サーバ 14-23

HTTP プロキシ サーバ 14-23

HTTP ログ 15-5

I

ID 9-8, 9-10, 9-15

IMAP 認証 7-9

IPv6 7-16

Ipv6 4-6, 6-5, 6-6

[IP アドレス(IP address)] プロファイル ページ 4-21

IronPort スパム隔離。「スパム隔離」を参照

L

L4TM

「L4 トラフィック モニタ」を参照

L4 トラフィック モニタ 9-2

[クライアント マルウェア リスク(Client Malware Risk)] レポート内のトランザクション 5-40

処理されるトランザクションの検索 5-60

設定マスターに含まれていない構成 9-2

トランザクションの概要 5-16

レポート 5-46

last コマンド 13-25

LDAP C-2

LDAP サーバ プロファイル 11-2

エイリアス統合クエリー 11-7

エンドユーザ認証のクエリー 11-5

外部認証 11-14, 13-18

概要 11-1

クエリーのテスト 11-8

チェーン クエリー 11-10

テスト サーバ 11-4

ドメイン ベースのクエリー 11-8

フェールオーバー 11-11

複数サーバ 11-11

ロードバランシング 11-11

LDAPS C-2

グローバル カタログ サーバ C-2

LDAP クエリー

大文字と小文字の区別 11-8

loadconfig コマンド 14-54

logheaders コマンド 15-25

M

mailconfig コマンド 14-53

mailertable 機能 12-1

McAfee

更新サーバ 14-23

M-Series アプライアンス 2-3

N

network_access_list 13-21

NTP

時間維持のためのサーバ 14-48

設定 2-10, 14-46

デフォルト サーバ 14-48

ポート C-2

ログ 15-5, 15-16

NTP サーバ 2-5

O

offline コマンド 14-4

P

password コマンド 13-11

POP 認証 7-9

Proxy Bypass 9-8

publishconfig コマンド 14-54

PVO。「隔離、ポリシー、ウイルス、およびアウトブレイク」を参照

R

RADIUS 外部認証 13-18

reboot コマンド 14-3

resetconfig 14-5

resetconfig コマンド 14-5

resume コマンド 14-4

RFC

2047 8-12

rollbackconfig コマンド 14-52

rollovernow コマンド 15-27

RSA Enterprise Manager 8-19

S

SaaS ポリシー 9-8, 9-15

saveconfig コマンド 14-54

SBRS スコア 6-9

scp コマンド A-6

SCP プッシュ 15-2

SenderBase 4-16, 4-20, 4-21, 6-9, C-2

sethostname コマンド 14-41

showconfig コマンド 14-53

shutdown コマンド 14-3

SMA ログ 15-6

SMTP C-1

SMTP 認証 6-9

SMTP ルート 12-1

USEDNS 12-3

および DNS 12-3

再帰的なエントリ 12-2

最大 12-1

すべて削除 12-5

制限 12-3

複数ホストのエントリ 12-2

メール配信および分裂 12-3

SSH C-1

suspend コマンド 14-4

syslog 15-2

T

tail コマンド 15-27

パラメータ 15-27

Telnet C-1

[TLS 接続(TLS Connections)] ページ 4-8, 4-37

U

URL カテゴリ セット

更新 9-24, 14-33

URL カテゴリ レポート 5-26

URL フィルタ

カスタム カテゴリ 5-26

URL 分類

未分類の URL 5-28

W

WBRS(Web ベースのレピュテーション スコア) 5-58

Web UI セッションのタイムアウト 13-23

Web セキュリティ アプライアンス

管理対象アプライアンスとして追加 5-4, 9-5

管理用プロセス 9-2

ステータスの表示 9-21

設定を公開 9-14

Web レピュテーション フィルタ

レポート 5-43

Web レポーティング

[概要(Overview)] ページ 4-11, 5-13

whoami コマンド 13-25

who コマンド 13-25

X

XML 14-48, 14-49, 14-50, 14-53

アウトバウンド マルウェア スキャン 9-8

アウトブレイク ヒューリスティック 5-39

アクセス ポリシー 9-8

アクティブなセッション 13-25

アップグレード C-1

AsyncOS 14-18

厳密なファイアウォール環境 14-23

ストリーミング 14-19

設定 14-22, 14-25

前提条件 14-18, 14-27

ハードウェア 14-16

バッチ コマンド 14-18

リモート 14-19

利用可能なバージョンの決定 14-28

アップグレードサーバ 14-19

アップデート 14-32

URL カテゴリ セット 14-33

厳密なファイアウォール環境 14-23

時間帯ファイル 14-47

自動 14-23

設定 14-22, 14-25

前提条件 14-18

アップデート サーバ 14-22

アプライアンス ステータス。「状態、管理対象アプライアンス」を参照

アラート 2-10

重大度 14-34

受信者 14-36

設定 14-37

説明 14-38

分類 14-34

アンチウイルス隔離。「隔離、ウイルス」を参照

イーサネット インターフェイス B-1

一致した内容

表示 8-21

委任管理。「ユーザ ロール、カスタム」を参照

イベント トラッキング 6-6

DLP 違反 6-6

ウイルス陽性 6-6

サスペクト スパム 6-6

スパムとして隔離 6-6

スパム陽性 6-6

送信完了 6-6

ソフト バウンス 6-6

ハード バウンス 6-6

ポリシー、ウイルス、またはアウトブレイク隔離内 6-6

インストール

復元 14-30

インターフェイスのサービス A-1

ウイルス隔離。「隔離:ウイルス」を参照

[ウイルスタイプ(Virus Types)] ページ 4-35

ウイルス メッセージ 4-15, 4-18

エクスポート

レポート 3-10, 3-11

エンベロープ受信者 6-5

エンベロープ送信者 6-5

オートサポート機能 2-11, 14-37

大文字と小文字の区別

LDAP クエリー 11-8

[お気に入り(Favorites)] ページ 14-57

オフライン状態 14-4

オペレーティング システム。「AsyncOS」を参照

オンデマンドレポート 5-71

階層化レポーティング 4-4

外部 DLP ポリシー 9-8

外部データ漏洩防止 9-8

外部認証 11-14

LDAP の有効化 13-18

RADIUS の有効化 13-18

[概要(Overview)] ページ

Web レポーティング 5-13

電子メール レポーティング 4-11, 4-16

拡張ファイル公開

使用例 9-1

隔離 7-1, 8-2

アウトブレイク 8-2

ウイルス 8-2

件名のタギング 8-12

件名の非 ASCII 文字の表示 8-12

国際文字セット 8-18

シスコにメッセージを報告するアウトブレイク 8-25

スパム。「スパム隔離」を参照

早期の期限切れ 8-10

タイプ 8-2

通常の期限切れ 8-10

デフォルト アクション 8-11, 8-14

添付の削除 8-13

他の隔離内 8-21

ポリシー 8-2

ポリシー、ウイルス、およびアウトブレイク、管理 8-9

ポリシー、ウイルス、およびアウトブレイク、集約

無効 8-9

保留時間 8-10

未分類 8-14

メッセージへのアクションの適用 8-19

隔離。「隔離」も参照

隔離されたメッセージ

表示 8-21

隔離メッセージ

専用フィルタ 8-24

カスタム URL カテゴリ 9-8

レポート 5-26

管理コマンド 14-3

キー。「ライセンス キー」を参照

逆引き DNS ルックアップ

タイムアウト 14-42

ディセーブル 14-43

クエリー

LDAP エイリアス統合 11-7

LDAP エンドユーザ認証 11-5

外部認証 11-14

チェーン クエリー 11-10

ドメイン ベース 11-8

[クライアント マルウェア リスク(Client Malware Risk)] レポート 5-40

クリーン メッセージ 4-15, 4-18

言語

サポートされる 2-8

指定 2-8

スパム隔離 7-3

スパム通知 7-10

プリファレンス 14-58

プリファレンス(外部認証したユーザ) 14-58

レポート 3-11, 4-53

件名

件名なし 6-9

件名なし 6-9

コンテンツ フィルタによる阻止 4-10, 4-15, 4-18

サービスのモニタリング

セキュリティ管理アプライアンスでの有効化 2-14

再帰的 DNS クエリー 14-43

再帰的なエントリ

SMTP ルート内 12-2

サポート 1-6, 16-1

時間帯

オフセットの指定 14-47

設定 2-10, 14-46

ファイルの更新 14-47

時間の同期 2-10

時間範囲 9-8

レポート用 3-4

時刻、システム 2-10

時刻の設定方法 14-48

システム隔離。「隔離、ポリシー、ウイルス、およびアウトブレイク」を参照

システム管理 14-1

システム クロック 2-10

システム時刻

設定 2-10

システム障害

セキュリティ管理アプライアンスでのディザスタ リカバリ 14-14

システム容量

キューの処理 10-2

[システム容量(System Capacity)] レポート

電子メール 4-44

[システムの負荷(System Load)] ページ 4-48

[受信メール(Incoming Mail)] ページ 4-46

すべてのページ 4-50

[送信メール(Outgoing Mail)] ページ 4-47

メモリ ページの交換 4-49

[ワーク キュー(WorkQueue)] ページ 4-45

システムレ容量ポート

Web 5-61

システム ログ 15-6

シャットダウン 14-3

受信メールのグラフ 4-13

状態

管理対象アプライアンス 10-5

Web 9-21

シリアル接続のピン割り当て A-7

シリアル番号 10-1

ステータス ログ 15-6

ストリーミング アップグレード 14-19

スパム隔離、Cisco IronPort

GUI ログ 15-6

エンドユーザ認証のクエリー 11-5

解放されたメッセージと電子メール パイプライン 7-19

全メッセージの削除 7-19

通知 7-1

定義済み 7-1

デフォルト言語 7-3

認証を受けないエンド ユーザ アクセス 7-10

メッセージの詳細 7-19

メッセージ変数 7-11

ログ 15-6

スパム メッセージ 4-14, 4-18

制限

SMTP ルート 12-3

セーフリスト/ブロックリスト ログ 15-6

セキュア コピー A-6

セキュリティ管理アプライアンス

サービスの有効化 2-14

データのバック アップ 14-7

セキュリティ サービスの設定

編集 9-12

[セキュリティサービス表示(Security Services Display)] ページ 9-12

設定

CLI 14-53

Web セキュリティ アプライアンスへの公開 9-14

インポート 14-48

概要 2-1

再設定 2-9

出荷時の初期設定へのリセット 14-5

バックアップ 14-48

前にロール バック 14-52

設定の公開

Web セキュリティ アプライアンス 9-14

拡張ファイル公開 9-18

設定マスター 9-14

履歴の表示 9-20

設定ファイル 14-48

XML 14-49

設定マスター

Web セキュリティ アプライアンスの割り当て 9-5

Web セキュリティ機能の設定 9-8

公開 9-14

事前設定 9-6

全体の帯域幅の制限 9-8

選択したインターフェイスよりも優先されるルーティング B-3

早期の期限切れ

隔離 8-10

[送信先(Outgoing Destinations)] ページ 4-24

送信者

通知用に設定 14-33

送信者グループ 4-23

送信メールのグラフ 4-13

[送信メッセージ送信者(Outgoing Senders)] ページ 4-26

代替 MX ホスト 12-1

代替リリース アプライアンス 8-9

ダブル DNS で検証済み 4-19

チェーン クエリー

LDAP 11-10

作成 11-10

着信メール サマリー 4-13

中央集中型コンフィギュレーション管理 9-1

追加する X ヘッダー 8-13

通常の期限切れ

隔離 8-10

定義済みの時間範囲 9-8

ディザスタ リカバリ 14-14

ディスク クォータ

編集 14-56

データ セキュリティ 9-8

テキスト メール ログ、Cisco IronPort 15-5

デフォルト

DNS サーバ 14-43

IP アドレス 2-9

ゲートウェイ 2-11

ホスト名 2-11

ルータ 2-11

電源オフ 14-3

電源切断 14-3

電子メール

クリーン メッセージ 4-15, 4-18

電子メール セキュリティ アプライアンス

管理対象アプライアンスとして追加 4-3, 6-3, 7-7

電子メールのリダイレクト 12-1

電子メール レポーティング グループ 4-4

ドメイン 4-21

[ドメイン毎のエグゼクティブサマリー(Domain-Based Executive Summary)] レポート 4-53

ドメイン ネーム サービス。「DNS」を参照

ドメインのマッピング 12-1

ドメイン ページのプロファイル 4-21

ドメイン リダイレクト機能、「smtproutes コマンド」を参照

トラッキング

イベント 6-6

結果セット、絞込み 6-7

詳細オプション 6-5

メッセージの詳細 6-5

トランスペアレント ユーザ ID 9-15

ネットマスク、選択 B-1

ネットワーキング ワークシート 2-5

ネットワーク所有者 4-21

[ネットワーク所有者(Network Owner)] プロファイル ページ 4-21

ネットワーク タイム プロトコル。「NTP」を参照

ネットワーク トポロジ B-4

ハードウェア

アップグレード 14-16

ハード パワー リセット 14-6, 16-6

配信 12-1

バイパス設定 9-8

パケット キャプチャ 16-5

パスワード

管理者 2-11

必要条件 13-13

変更 13-13

変更(管理者ユーザ) 13-11

[パスワードの変更(Change Password)] リンク 13-13

バックアップ 14-7

インスタント 14-12

関連するタスク 14-14

スケジューリング 14-11

中断 14-10

発信メール サマリー 4-13

日単位マグニチュード 4-21

ひとかたまりにする 12-2

ファイアウォール ポート 2-5, C-1

復元

インストール 14-30

復号ポリシー 9-8

ブラウザ

GUI のアクセス 2-7

複数のウィンドウまたはタブ 2-7

要件 2-6

プリファレンス

設定 14-58

プロキシ サーバ 14-23

プロキシ バッファ メモリ 5-64

文書型定義(DTD) 14-50

ホスト名、設定 14-41

ポリシー グループ

カスタム URL カテゴリ 5-26

保留時間

隔離用 8-10

マルウェア

ブロックされたタイプ 5-39

マルウェア対策 5-33

未分類隔離。「隔離、未分類」を参照

未分類の URL

レポート内 5-28

無効な受信者 4-14, 4-17

メール トレンド グラフ 4-12

メッセージ トラッキング

「トラッキング」を参照

メッセージ ヘッダー 15-25

メッセージ変数

IronPort スパム隔離通知 7-11

モニタリング

サマリー データ 4-1, 5-1

レポートのスケジューリング 4-56, 5-67

ユーザ アカウント 13-11, 13-12, 13-18

ロックおよびロック解除 13-14, 13-17

ユーザ グループ 13-1

ユーザ名 13-12

匿名化 5-5

ユーザ名の匿名化 5-5

ユーザ ロール 13-1

カスタム 13-5

カスタム、Web 用 13-9

カスタム、電子メール用 13-5

説明 13-2

ライセンス

使用 10-5

ライセンス キー 9-21, 14-2

(GUI で)手動追加 14-2

リバース DNS ルックアップ 6-9

履歴の公開

表示 9-20

ルーティング 12-1

ルーティング ポリシー 9-8

ルート サーバ(DNS) 2-11

レピュテーション フィルタリングによる阻止 4-14, 4-17

レポーティング クエリー ログ 15-6

レポーティング ログ 15-6

レポート

csv 3-10, 3-11

L4 トラフィック モニタ 5-46

pdf 3-10

URL カテゴリ 5-26

Web レピュテーション フィルタ 5-43

アーカイブ 4-57, 4-60, 5-67, 5-72

印刷 3-10

インタラクティブな表示 5-1

インタラクティブ ページ

時間範囲 3-4

オンデマンド 5-71

クライアント マルウェア リスク 5-40

グラフ 3-5

言語 3-11, 4-53

時間範囲

スケジュールされたレポート(メール) 4-56

スケジュール設定されたレポート(Web) 5-67

プリファレンス 14-58

スケジューリング 4-56, 5-67

チャート 3-5

データのエクスポート 3-10, 3-11

パフォーマンス 3-8

フィルタ 3-8

マルウェア脅威 5-37

マルウェア分類 5-35

未分類の URL 5-28

レポートのアーカイブ 4-57, 4-60, 5-67, 5-72

ロギング

概要 15-1

レポーティング 15-1

ログ

Cisco IronPort スパム隔離 GUI ログ 15-6

Cisco IronPort スパム隔離ログ 15-6

Cisco IronPort テキスト メール ログ 15-5

CLI 監査ログ 15-5

FTP サーバ ログ 15-5

HTTP ログ 15-5

NTP ログ 15-5, 15-16

SCP プッシュ 15-2

SMA ログ 15-6

syslog プッシュ 15-2

インジェクション デバッグ ログ 15-6

グローバル属性 15-24

形式 15-1

コンフィギュレーション履歴ログ 15-7

サブスクリプション 15-2

ステータス ログ 15-6

セーフリスト/ブロックリスト ログ 15-6

定義 15-1

定義されたログ サブスクリプション 15-4

比較 15-7

ファイル名の拡張子 15-26

メッセージ ヘッダー 15-25

レベル 15-22

レポーティング クエリー ログ 15-6

レポーティング ログ 15-6

ロールオーバー 15-2

ログ サブスクリプション 15-2, 15-4

ログ ファイル タイプ 15-4