Cisco MediaSense 設計ガイド リリース 11.0(1)
レポートとコール相関
レポートとコール相関

レポートとコール相関

MediaSense メタデータ データベース内の利用可能な情報は次のものに限定されます。
  • Unified Border Element または Unified Communications Manager の SIP 招待で提供されるデータ

  • クライアント アプリケーションによって挿入されたタグ

  • MediaSense 内で生成される情報。

他のコンポーネントとのリアルタイムの相関には、Cisco-Guid と呼ばれる識別子を使用します。 この識別子は通常、Cisco IOS デバイス(Unified Border Element やゲートウェイなど)、または Customer Voice Portal(CVP)によって作成され、コールで検出される他のコンポーネントに転送されます。 これは、コンポーネント間でコールをリアルタイム、または履歴で関連付けるために使用されます。

ただし、Unified Communications Manager が管理する録音の場合、MediaSense は Cisco-Guid を受信しません。

MediaSense の録音を他のソリューションのコンポーネントのコール履歴と関連付けるには他の識別子が使用されますが、リアルタイムで録音を関連付ける唯一の方法は、Unified Communications Manager と TAPI または JTAPI で接続することです。

デバイスのエクステンションは、MediaSense と Unified CCE の両方で使用でき、データを関連付けるために利用できます。 ただし、これは、デバイスやエクステンションではなく、回線が Unified Communications Manager で録音用に設定されている(回線とエクステンションには必ずしも 1 対 1 の対応はない)ため、問題になることがあります。 ある電話機に 2 回線または 2 つのエクステンションがある(または、あるエクステンションが 2 台の電話機に割り当てられている)場合、あいまいさが生じる可能性があります。

コール関連付けテクノロジーに関する詳細情報については、http:/​/​docwiki.cisco.com/​wiki/​FAQs_​for_​Cisco_​MediaSense [英語] を参照してください。