Cisco ASDM ユーザ ガイド 5.2(3)F
索引
Index
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

Index

A

AAA

概要  10-2

サポート  10-3

認可

ダウンロード可能なアクセスリスト  18-11

ネットワーク アクセス  18-9

パフォーマンス  18-1

ルールの最大数  A-7

ローカル フォールバック  10-3

ABR

定義  14-6

Access Group パネル  15-3

記述  15-3

フィールド  15-3

ACE

拡張  17-3

最大  17-3

ACL

トラフィック照合基準の定義  20-6

Active/Active フェールオーバー

概要  12-3

コマンドの複製  12-3

コンフィギュレーションの同期  12-3

Active/Standby フェールオーバー  12-2

ActiveX

オブジェクト フィルタリング、利点  19-1

Add/Edit Access Group ダイアログボックス  15-4

記述  15-4

フィールド  15-4

Add/Edit Filtering Entry ダイアログボックス  14-21

記述  14-21

フィールド  14-21

Add/Edit IGMP Join Group ダイアログボックス  15-5

記述  15-5

フィールド  15-5

Add/Edit IGMP Static Group ダイアログボックス  15-8

記述  15-8

フィールド  15-8

Add/Edit Multicast Group ダイアログボックス  15-15

記述  15-15

フィールド  15-15

Add/Edit Multicast Route ダイアログボックス

記述  15-10

フィールド  15-10

Add/Edit OSPF Area ダイアログボックス  14-9

記述  14-9

フィールド  14-9

Add/Edit OSPF Neighbor Entry ダイアログボックス  14-17

Add/Edit Periodic Time Range ダイアログボックス  6-34

Add/Edit Redistribution ダイアログボックス  14-23

記述  14-23

フィールド  14-23

Add/Edit Rendezvous Point ダイアログボックス  15-14

記述  15-14

制約事項  15-14

フィールド  15-14

Add/Edit RIP Configuration ダイアログボックス  14-27

フィールド  14-27

Add/Edit Route Summarization ダイアログボックス  14-12

概要  14-12

フィールド  14-12

Add/Edit SSH Configuration ダイアログボックス  11-8

記述  11-8

フィールド  11-8

Add/Edit Summary Address ダイアログボックス

記述  14-25

フィールド  14-25

Add/Edit Time Range ダイアログボックス  6-33

Add/Edit Virtual Link ダイアログボックス  14-19

記述  14-19

フィールド  14-19

Add/Edit OSPF Neighbor Entry ダイアログボックス

記述  14-17

制約事項  14-17

フィールド  14-17

Addresses タブ  6-2

Advanced DHCP Options ダイアログボックス  9-7

記述  9-7

フィールド  9-8

Advanced OSPF Interface Properties ダイアログボックス  14-16

記述  14-16

フィールド  14-16

Advanced OSPF Virtual Link Properties ダイアログボックス  14-19

記述  14-19

フィールド  14-19

APN、GTP アプリケーション検査  6-16

APPE コマンド、要求拒否  6-12

Apply ボタン  1-18

Area/Networks タブ  14-9

記述  14-9

フィールド  14-9

ARP スプーフィング  22-2

ARP テーブル

スタティック エントリ  22-4

モニタリング  27-1

ASBR

定義  14-6

ASDM

最大接続数  A-5

バージョン  1-20

Authentication タブ  14-13

記述  14-13

フィールド  14-13

B

BPDU

スイッチ上での転送  3-17

C

CA 証明書  24-1

Cancel ボタン  1-18

Catalyst OS バージョン  A-2

Catalyst オペレーティング システム  3-2

CDUP コマンド、応答拒否  6-12

CEF  A-3

Cisco IOS バージョン  A-2

Configure IGMP Parameters ダイアログボックス  15-6

記述  15-6

フィールド  15-6

CPU 使用率  1-20

Create a Service Policy and Apply to グループ ボックス  20-5

CRL

cache refresh time  24-14

enforce next update  24-14

取得方式  24-13

取得ポリシー  24-12

チェック  24-14

CTIQBE

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

D

DCERPC

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

Denied Request Commands グループ ボックス  6-12

DHCP

サービス  9-1

設定  9-6

透過ファイアウォール  17-8

統計情報  27-3

モニタリング

IP アドレス  27-2

サーバ  27-2

統計情報  27-3

DHCP Relay パネル  9-2

記述  9-2

制約事項  9-2

前提条件  9-2

フィールド  9-2

DHCP Relay - Add/Edit DHCP Server ダイアログボックス  9-4

記述  9-4, 9-5

制約事項  9-4

フィールド  9-4, 9-5

DHCP Server パネル  9-6

記述  9-6

フィールド  9-6

DHCP サービス  9-1

DHCP リレー

概要  9-2

DNS

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

DNS クライアント  9-10

DNS と NAT  21-15

DSCP

トラフィック照合基準  20-6

E

Edit DHCP Relay Agent Settings ダイアログボックス  9-3

記述  9-3

制約事項  9-3

前提条件  9-3

フィールド  9-4

Edit DHCP Server ダイアログボックス  9-7

記述  9-7

フィールド  9-7

Edit OSPF Interface Authentication ダイアログボックス  14-13

記述  14-13

フィールド  14-13

Edit OSPF Interface Properties ダイアログボックス  14-15

フィールド  14-15

Edit OSPF Process Advanced Properties ダイアログボックス  14-7

記述  14-7

フィールド  14-7

Edit PIM Protocol ダイアログボックス  15-12

記述  15-12

フィールド  15-12

EIGRP  17-8

ESMTP

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

established コマンド

セキュリティ レベルの要件  5-1

ルールの最大数  A-7

EtherChannel、バックプレーン

概要  3-16

ロード バランシング  3-16

EtherType アクセスリスト

MPLS、許可  17-9

暗黙拒否  17-3

拡張アクセスリストとの互換性  17-2

サポートされている EtherType  17-8

双方向での適用  17-8

F

Filtering パネル  14-20

記述  14-20

制約事項  14-20

フィールド  14-21

利点  14-20

FTP

アプリケーション検査

表示  6-12

有効化  20-14

フィルタリング オプション  19-5

G

GTP

アプリケーション検査

表示  6-13

有効化  20-14

H

H225

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

H.323

透過ファイアウォール  16-4

H323 RAS

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

HELP コマンド、要求拒否  6-12

Help ボタン  1-18

Help メニュー  1-16

HSRP  16-3, 22-6

HTTP

アプリケーション検査

設定  6-20

表示  6-19

有効化  20-14

フィルタリング

設定  19-4

利点  19-1

HTTP(S)

最大接続数  A-5

ルールの最大数  A-7

HTTPS

ASDM へのアクセスのイネーブル化  11-7

フィルタリング オプション  19-5

I

ICMP

ASDM のアクセス ルール  8-5

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

ルールの最大数  A-7

ICMP Error

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

ICMP タイプ

選択  8-5, 8-6

IGMP

アクセス グループ  15-3

インターフェイス パラメータの設定  15-6

インターフェイスのパラメータ  15-5

グループ メンバーシップ  15-4

スタティック グループの割り当て  15-7

IGMP パネル

IGMP

概要  15-3

ILS

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

import certificate パネル  24-4

IMSI Prefix to Allow グループ ボックス  6-14

Interface パネル  14-12

IOS バージョン  A-2

IP DiffServ CodePoints、トラフィック照合基準  20-6

IP precedence

トラフィック照合基準  20-6

IP アドレス

コンテキスト間の重複  7-5

IP フラグメント データベース、デフォルト  23-6

IP フラグメント データベース、編集  23-8

IPX  3-10

J

Java

アプレット フィルタリング

利点  19-1

Join Group パネル  15-4

記述  15-4

フィールド  15-4

K

key pair パネル

usage  24-5

キー ペア名  24-5

サイズ  24-5

L

LSA

タイプ 1 について  28-3

タイプ 2 について  28-4

タイプ 3 について  28-4

タイプ 4 について  28-5

タイプ 5 について  28-5

タイプ 7 について  28-6

M

MAC アドレス テーブル

概要  22-7

スタティック エントリ  22-8

モニタリング  27-4

MGCP

アプリケーション検査

設定  6-28

表示  6-26

有効化  20-14

MIB  13-21

MPLS

LDP  17-9

router-id  17-9

TDP  17-9

MRoute パネル  15-12

記述  15-10

フィールド  15-10

MSFC

SVI  3-10

定義  A-2

MTU  5-3, 5-9, 5-13

Multicast Route パネル  15-12

Multicast パネル  15-1

記述  15-2

フィールド  15-2

N

N2H2 フィルタリング サーバ  19-1

NAT

DNS  21-15

NAT のバイパス

概要  21-10

NAT 免除

概要  21-10

PAT

概要  21-8

実装  21-18

設定  21-25

xlate バイパス

概要  21-13

アイデンティティ NAT

概要  21-10

アプリケーション検査  6-9

同じセキュリティ レベル  21-14

概要  21-2

スタティック NAT

概要  21-8

設定  21-30

スタティック PAT

概要  21-9

セキュリティ レベルの要件  5-1

ダイナミック NAT

概要  21-6

実装  21-18

設定  21-25

タイプ  21-6

透過モード  21-4

文の順序  21-14

ポリシー NAT

概要  21-11

ルールの最大数  A-7

NetBIOS

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

O

OSPF

LSA  14-6

LSA タイプ  28-3

LSA のモニタリング  28-3

LSA フィルタの追加  14-21

LSA フィルタリング  14-20

NAT との相互作用  14-5, 14-6

インターフェイス プロパティ  14-12, 14-14

インターフェイス プロパティの定義  14-15

概要  14-5

仮想リンク  14-18

サマリー アドレス  14-24

スタティック ネイバー  14-17

スタティック ネイバーの定義  14-17

認証サポート  14-5

認証設定  14-13

認証の設定  14-13

ネイバー ステート  28-7

ルートの再配布  14-22

OSPF Neighbors パネル  28-7

記述  28-7

フィールド  28-7

OSPF エリア

定義  14-9

OSPF パラメータ

dead 間隔  14-16

hello 間隔  14-16

再送信間隔  14-16

送信遅延  14-16

OSPF ルート集約

概要  14-11

定義  14-12

P

PAT

「NAT」を参照

PDP コンテキスト、GTP アプリケーション検査  6-15

PIM

インターフェイスのパラメータ  15-12

概要  15-12

最短パス ツリー設定  15-17

登録メッセージ フィルタ  15-16

ランデブー ポイント  15-13

platform モデル  1-20

PortFast  3-7

PPTP

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

Process Instances タブ  14-7

記述  14-7

フィールド  14-7

Properties タブ  14-14

記述  14-14

フィールド  14-14

Protocol and Service グループ ボックス  20-12

Protocol パネル(IGMP)  15-5

記述  15-5

フィールド  15-5

Protocol パネル(PIM)  15-12

記述  15-12

フィールド  15-12

Q

QoS

トラフィック照合基準  20-6

R

RADIUS

ダウンロード可能なアクセスリスト  18-12

ネットワーク アクセスの認可  18-11

RAM、容量

メモリ、容量

RAM  1-20

Redistribution パネル  14-22

記述  14-22

フィールド  14-22

Rendezvous Points パネル  15-13

記述  15-13

フィールド  15-13

Request Filter パネル  15-16

記述  15-16

フィールド  15-16

Reset ボタン  1-18

RIP

サポート  14-26

定義  14-26

認証  14-26

RIP パネル  14-26

RIP バージョン 2 の注意点  14-26

制限  14-26

フィールド  14-26

RNFR コマンド、要求拒否  6-12

RNTO コマンド、要求拒否  6-12

Route Summarization タブ  14-11

概要  14-11

フィールド  14-11

Route Tree パネル  15-17

記述  15-17

フィールド  15-17

Routes パネル  28-9

記述  28-9

フィールド  28-9

RPC

アプリケーション検査、イネーブル化  20-15

RSH

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

RSH 接続  A-5

RTP

トラフィック照合基準の範囲  20-6

RTSP

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

S

Secure Computing SmartFilter フィルタリング サーバ

Web サイトの URL  19-6

サポート対象  19-6

Secure Copy パネル  8-8

記述  8-8

制限  8-8

フィールド  8-8

Secure Shell パネル

記述  11-8, 11-13

フィールド  11-8, 11-14

Setup パネル  14-6

概要  14-6

SIP

アプリケーション検査、イネーブル化  20-14

SITE コマンド、要求拒否  6-13

Skinny

アプリケーション検査、イネーブル化  20-15

SNMP

MIB  13-21

アプリケーション検査

表示  6-17, 6-28, 6-30

有効化  20-15

概要  13-21

トラップ  13-23

Source Port グループ ボックス  20-12

SQLNET

アプリケーション検査、イネーブル化  20-15

SSH

ルールの最大数  A-7

Static Group パネル  15-7

記述  15-7

フィールド  15-7

Static Neighbor パネル  14-17

記述  14-17

フィールド  14-17

STOU コマンド、要求拒否  6-13

Summary Address パネル  14-24

記述  14-24

フィールド  14-24

SVI

概要  3-9

設定  3-11

ダミー  3-18

マルチ  3-9

T

TACACS+

ネットワーク アクセスの認可  18-9

TCP

TIME_WAIT 状態  23-8

アプリケーション検査  6-9

逆並列接続  A-5

最大セグメント サイズ  23-8

接続、削除  A-5

トラフィック照合基準の宛先ポート  20-6, 20-13

Telnet

ルールの最大数  A-7

TFTP

アプリケーション検査、イネーブル化  20-15

TIME_WAIT 状態  23-8

Tools メニュー  1-7

trustpoint configuration パネル  24-9

advanced オプション  24-14

CA certificate subject  24-9

CRL 取得方式  24-13

CRL 取得ポリシー  24-12

device certificate subject  24-9

DN の編集  24-11

enrollment settings  24-9

request CRL  24-9

証明書パラメータ  24-10

トラストポイント名  24-9

trustpoint export パネル  24-15

trustpoint import パネル  24-16

Type 1 パネル  28-3

記述  28-3

フィールド  28-3

Type 2 パネル  28-4

記述  28-4

フィールド  28-4

Type 3 パネル  28-4

記述  28-4

フィールド  28-4

Type 4 パネル  28-5

記述  28-5

フィールド  28-5

Type 5 パネル  28-5

記述  28-5

フィールド  28-5

Type 7 パネル  28-6

記述  28-6

フィールド  28-6

U

UDP

アプリケーション検査  6-9

トラフィック照合基準の宛先ポート  20-6, 20-13

Unicast Reverse Path Forwarding  23-2

URI の長さ、HTTP アプリケーション検査  6-21

URL

フィルタリング

設定  19-4

利点  19-1

フィルタリング、設定  19-9

V

Virtual Link パネル  14-18

記述  14-18

フィールド  14-18

VLAN

FWSM への割り当て  3-13

ガイドライン  3-9

共有  7-8

最大  A-4

スイッチ ポートの割り当て  3-7

スイッチへの追加  3-11

ファイアウォール グループ  3-13

VLAN グループ

FWSM への割り当て  3-14

ガイドライン  3-13

最大  3-13

追加  3-14

VRRP  16-3, 22-6

W

WAAS

アプリケーション検査、イネーブル化  20-15

WANポート  A-2

Websense フィルタリング サーバ  19-1, 19-6

Wizards メニュー  1-16

X

XDMCP

アプリケーション検査、イネーブル化  20-15

xlate バイパス

概要  21-13

アクセスリスト

NAT アドレス  17-5

NAT を使用する場合の IP アドレスのガイドライン  17-5

暗黙拒否  17-3

概要  17-2

拡張  17-3

コミットメント  17-3

ダウンロード可能  18-12

着信  17-4

発信  17-4

メモリ パーティション  7-18

メモリ制限  17-3

ルールの最大数  17-3

アプリケーション カテゴリ、HTTP アプリケーション検査  6-24

アプリケーション ファイアウォール  6-19

アプリケーション検査

さまざまなプロトコルでのイネーブル化  20-14

説明  6-9

イーサネット

MTU  5-3, 5-9, 5-13

インストレーション

モジュールの検証  3-3

インターフェイス

MTU  5-3, 5-9, 5-13

イネーブルになった状態  5-12

管理のみ  5-5

共有  7-8

最大  A-4

状態リンク  5-4, 5-11

スイッチ ポートも参照

ステータス  1-20

スループット  1-20

名前  5-5, 5-12

フェールオーバー  5-4, 5-11

モニタリング  27-5

エコー応答、ICMP メッセージ  8-5

エリア境界ルータ  14-6

オブジェクト グループ

拡張  17-3

下位証明書  24-1

介入者攻撃  22-2

外部フィルタリング サーバ  19-1

拡張要求方式、HTTP アプリケーション検査  6-23

カットスルー プロキシ  18-1

稼働時間  1-20

管理

証明書  24-7

管理アクセス

ICMP の使用  8-5

管理コンテキスト

概要  7-3

管理トラフィック  5-5

キー ペア  24-5

詳細の表示  24-6

追加  24-5

共有 VLAN  7-8

共有インターフェイス  7-8

クラス

「リソースの管理」を参照

グローバル アドレス

ガイドライン  21-15

ゲートウェイ

MGCP アプリケーション検査  6-28

検査エンジン

セキュリティ レベルの要件  5-1

コール エージェント

MGCP アプリケーション検査  6-26

コンテキスト

「セキュリティ コンテキスト」を参照

コンテキスト モード

表示  1-20

コンテンツ タイプの検証、HTTP アプリケーション検査  6-20

コンパクト フラッシュ  3-19

サービス ポリシー ルール  20-3

時間超過、ICMP メッセージ  8-5, 8-6, 8-7

システム コンフィギュレーション

概要  7-3

システム メッセージ

直前の 10 個を表示  1-21

デバイス ID、含む  13-6

システム要件  A-2

自動ステート メッセージ  3-17

仕様  A-1

情報応答、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

情報要求、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

証明書

インストール  24-16

インポート  24-16

エクスポート  24-15

管理  24-7

フィンガープリント  24-2

証明書認証  24-2

証明書のインストール  24-16

証明書のインポート  24-16

証明書のエクスポート  24-15

証明書の登録  24-3

証明書の認証  24-2

シングルモード

コンフィギュレーション  7-10

コンフィギュレーションのバックアップ  7-10

復元  7-10

有効化  7-10

迅速なリンク障害検出  3-17

スイッチ

ASDM

サポートされている機能  3-2

前提条件のコンフィギュレーション  3-4

BPDU 転送  3-17

SNMP  3-4

SSH  3-4

VLAN の FWSM への割り当て  3-13

VLAN の追加  3-11

最大モジュール  A-3

サポートされているハードウェアとソフトウェア  3-2

システム要件  A-2

自動ステート メッセージ  3-17

接続する  3-5

フェールオーバー コンフィギュレーション  3-17

フェールオーバーの透過ファイアウォールとの互換性  3-17

フェールオーバー用トランク  3-17

モジュール インストレーションの検証  3-3

モジュールのリセット  3-20

スイッチ ファブリック モジュール  A-3

スイッチ ポート

PortFast  3-6

secured  3-8

VLAN の割り当て  3-7

概要  3-6

管理ステート  3-6

速度  3-6

モード  3-6

スイッチド仮想インターフェイス

SVI を 参照

スーパーバイザ IOS  A-2

スーパーバイザ エンジンのバージョン  A-2

スタティック NAT

「NAT」を参照

スタティック PAT

「NAT」を参照

ステータスバー  1-17

ステートフル アプリケーション検査  6-9

ステートフル フェールオーバー  12-4

Logical Updates Statistics  26-7, 26-9

インターフェイス  5-4, 5-11

設定  12-23

有効化  12-14

ステートレス フェールオーバー  12-4

ステルス ファイアウォール

「透過ファイアウォール」を参照

スプーフィング、防止  23-2

セキュリティ コンテキスト

概要  7-2

管理コンテキスト

概要  7-3

サポートされていない機能  7-2

分類子  7-3

マルチモード、イネーブル化  7-10

リソースの管理  7-12

セグメント サイズ

最大および最小  23-8

接続

削除  A-5

接続数/秒  1-20

ソース クエンチ、ICMP メッセージ  8-5, 8-7

ソフトウェア

バージョン  1-20

ライセンス  1-20

帯域幅  1-20

最大  A-3

制限  7-12

代替アドレス、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

ダイナミック NAT

「NAT」を参照

タイムスタンプ応答、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

タイムスタンプ要求、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

ダウンロード可能なアクセスリスト  18-12

着信アクセスリスト  17-4

デジタル証明書  24-1

デバイス ID、メッセージに含める  13-6

デフォルト クラス  7-14

デフォルト検査トラフィック  20-6

等位セキュリティ レベルの通信

NAT  21-14

透過ファイアウォール

DHCP パケット、許可  17-8

H.323 ガイドライン  16-4

HSRP  16-3, 22-6

MAC アドレス テーブル

概要  22-7

スタティック エントリ  22-8

VRRP  16-3, 22-6

ガイドライン  16-5

概要  16-2

サポートされていない機能  16-6

パケットの処理  17-7

マルチキャスト トラフィック  16-3, 22-6

透過モード

NAT  21-4

変更  22-6

到達不能メッセージ

ICMP タイプ  8-5, 8-7

MTU Discovery に必要  8-5

登録

証明書  24-3

トラストポイント

定義  24-9

トラップ、SNMP  13-23

トラフィック照合基準  20-3

トラフィック使用状況  1-21

長い URL

フィルタリング オプション  19-4

名前解決  9-10

認可

ダウンロード可能なアクセスリスト  18-11

ネットワーク アクセス  18-9

認証

FTP  18-6

HTTP  18-5

Telnet  18-5

ネットワーク オブジェクト  6-2

バージョン

ASDM  1-20

platform ソフトウェア  1-20

パーティション

アプリケーション  3-19

クラッシュ ダンプ  3-19

ネットワーク コンフィギュレーション  3-19

ブート  3-19

フラッシュ メモリ  3-19

メンテナンス  3-19

パケット

分類子  7-3

発信アクセスリスト  17-4

パラメータの問題、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

ビルディング ブロック  6-1

ファイアウォール モード

概要  16-1

設定  16-1

表示  1-20

変更  22-6

ファイアウォールをバイパス、スイッチ内  3-10

フィルタリング

サポートされるサーバ  19-6

セキュリティ レベルの要件  5-1

利点  19-1

ルール  19-3

ルールの最大数  A-7

フィンガープリント

証明書  24-2

ブート

スイッチから  3-20

ブート パーティション  3-19

フェールオーバー

Active/Standby のイネーブル化  12-13

アクティブにする  26-3

イネーブル化  12-22

インターフェイス  5-4, 5-11

キー  12-13, 12-23

基準  12-18, 12-24

グラフ  26-4

コンフィギュレーションの同期の再開  26-4

コンフィギュレーションの同期の中断  26-4

スイッチ コンフィギュレーション  3-17

スタンバイ IP アドレスの定義  12-16, 12-17

スタンバイにする  26-4

スタンバイのリロード  26-4

ステータス  26-1

ステートフル  12-4

ステートフル フェールオーバー  12-23

ステートフル フェールオーバーのイネーブル化  12-14

ステートレス  12-4

トランク  3-17

マルチコンテキスト モード  12-22

モニタリング  26-1

リセット  26-4, 26-8

フェールオーバー グループ

概要  12-25

追加  12-26

編集  12-26

モニタリング  26-8

リセット  26-10

符号化のタイプ、HTTP アプリケーション検査  6-25

フラッシュ メモリ

概要  3-19

サイズ  A-3

パーティション  3-19

フラッシュ メモリ、容量  1-20

ブリッジング

MAC アドレス テーブル

概要  22-7

スタティック エントリ  22-8

プロキシ ARP、ディセーブル化  14-31

変換エラー、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

ポリシー NAT

概要  21-11

本文の長さ、HTTP アプリケーション検査  6-22

マスク応答、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

マスク要求、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

マルチ SVI  3-9

マルチキャスト トラフィック  16-3, 22-6

マルチモード、イネーブル化  7-10

マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード

MSFC を参照

メニュー  1-5

メモリ

RAM  A-3

~のアクセスリストの使用  17-3

~のルールの使用  17-3

パーティション  7-18

フラッシュ  A-3

メモリ、容量

フラッシュ  1-20

メモリ使用率  1-20

モード

コンテキスト  7-10

モデル  1-20

モニタリング

ARP テーブル  27-1

DHCP

IP アドレス  27-2

サーバ  27-2

統計情報  27-3

MAC アドレス テーブル  27-4

SNMP  13-21

インターフェイス  27-5

フェールオーバー  26-1, 26-6

フェールオーバー グループ  26-8

履歴メトリック  2-8

ルート  28-9

モバイル リダイレクション、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

要求方式、HTTP アプリケーション検査  6-22

要件  A-2

ライセンス  1-20

リセット

スイッチから  3-20

着信接続  23-8

リソースのオーバーサブスクライブ  7-12

リソースの管理

オーバーサブスクライブ  7-12

概要  7-12

制限なし  7-13

デフォルト クラス  7-14

リダイレクト、ICMP メッセージ  8-5, 8-6, 8-7

リブート

スイッチから  3-20

履歴メトリック  2-8

リロード

スイッチから  3-20

ルータ アドバタイズメント、ICMP メッセージ  8-5, 8-6, 8-7

ルータ送信要求、ICMP メッセージ  8-6, 8-7

ルーティング

その他のプロトコル  17-7

ルーテッド モード

変更  22-6

ループ、回避  3-17

ルール

ICMP  8-5

コンテキストのプール  A-7

サービス ポリシー  20-3

最大  17-3

フィルタリング  19-1

レイヤ 2 ファイアウォール

「透過ファイアウォール」を参照

ロード バランシング、バックプレーン EtherChannel  3-16

ロギング

直前のメッセージを 10 個表示  1-21

ログイン

FTP  18-6