Cisco ASA 5500 シリーズ スタートアップ ガイド
ASA 5550 のスループットの最大化
ASA 5550 のスループットの最大化
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

ASA 5550 のスループットの最大化

組み込みネットワーク インターフェイス

スループットを最大化するためのトラフィックのバランシング

次の作業

ASA 5550 のスループットの最大化


) この章の内容は、Cisco ASA 5550 にだけ適用されます。


Cisco ASA 5550 適応型セキュリティ アプライアンスは、この章で説明するガイドラインに従って設定する時にスループットが最大になるように設計されています。

この章は、次の項で構成されています。

「組み込みネットワーク インターフェイス」

「スループットを最大化するためのトラフィックのバランシング」

「次の作業」

組み込みネットワーク インターフェイス

適応型セキュリティ アプライアンスは、銅線ギガビット イーサネットおよびファイバ ギガビット イーサネット接続を可能とする 2 つの内部バスを備えています。

スロット 0(バス 0 に対応)には、4 つの組み込み銅線ギガビット イーサネット ポートが用意されています。

スロット 1(バス 1 に対応)には、4 つの組み込み銅線ギガビット イーサネット ポートと、ファイバ ギガビット イーサネット接続をサポートする 4 つの組み込み SFP が用意されています。


) 適応型セキュリティ アプライアンス上でファイバ接続を確立するには、使用するファイバ ポートごとに SFP モジュールを注文してインストールする必要があります。ファイバ ポートと SFP モジュールの詳細については、「SFP モジュールの取り付け」を参照してください。


図 2-1 に、Cisco ASA 5550 の組み込みポートを示します。

図 2-1 ASA 5550 の組み込みポート

 


) スロット 1 には、4 つの銅線イーサネット ポートと、4 つのファイバ イーサネット ポートが用意されていますが、一度に使用できるスロット 1 のポートは 4 つまでです。たとえば、2 つのスロット 1 銅線ポートと 2 つのファイバ ポートを使用できますが、すでに 4 つのスロット 1 銅線ポートをすべて使用している場合、ファイバ ポートは使用できません。


スループットを最大化するためのトラフィックのバランシング

トラフィックのスループットを最大化するには、トラフィックがデバイス内の 2 つのバス間で均等に分配されるように適応型セキュリティ アプライアンスを設定する必要があります。そのためには、すべてのトラフィックがバス 0(スロット 0)とバス 1(スロット 1)の両方を通過し、入力は片方のバス、出力はもう片方のバスを通るようにネットワークを設計します。

図 2-2図 2-3 では、すべてのトラフィックがデバイス内の両方のバスを通過し、適応型セキュリティ アプライアンスがスループットを最大化できるように、ネットワークのトラフィックが分散されています。

図 2-2 スループットを最大化するために均等に分配されたトラフィック(銅線から銅線へ)

 

 

図 2-3 スループットを最大化するために均等に分配されたトラフィック(銅線からファイバへ)

 

図 2-4 に、ネットワーク トラフィックがデバイスの片方のバスしか通過しないために、適応型セキュリティ アプライアンスがスループットを最大化できない設定をいくつか示します。

図 2-4 スループットを最大化できない設定

 


show traffic コマンドを使用すれば、各バスにおけるトラフィックのスループットを確認できます。このコマンドの使用に関する詳細については、『Cisco ASA 5500 Series Command Reference』を参照してください。


次の作業

「ASA 5550 の取り付け」に進みます。