Cisco ASA 5500 シリーズ ハードウェア インストレーション ガイド
ASA 5505
ASA 5505
発行日;2012/02/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ASA 5505

製品概要

メモリ要件

シャーシの設置

インターフェイス ケーブルの接続

の電源投入

ケーブル ロックの取り付け

ASA 5505

この章で説明する手順を実行する前に、このマニュアルを最後まで読んでください。


警告 この機器の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 49



注意 これらの手順を実行するときは、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco ASA 5500 Series』の安全に関する警告を読み、適切な安全手順に従ってください。

この章では、製品、メモリ要件、および設置の手順について説明します。この章は、次のトピックで構成されています。

「製品概要」

「メモリ要件」

「シャーシの設置」

製品概要

ここでは、前面パネルと背面パネルについて説明します。図2-1 に前面パネルの LED を示します。

図2-1 前面パネルの LED とポート

 

1

USB 2.0 インターフェイス

5

ステータス

2

100 Mbps

6

アクティブ

3

リンク/アクティブ LED

7

VPN

4

電源

8

SSC

図2-2 に背面パネルの LED とポートを示します。

図2-2 背面パネルの LED とポート(AC 電源モジュール モデルの場合)

 

1

電源 48VDC

5

コンソール ポート

2

SSC スロット

6

USB 2.0 インターフェイス

3

ネットワーク インターフェイス LED

7

リセット ボタン

4

ネットワーク インターフェイス1

8

ロック スロット

1.ポート 6 と 7 は PoE ポートで、ネットワーク インターフェイスから電源を得ることができる装置(IP Phone など)のために使用されます。また、これらのポートは、0 ~ 5 の番号が付いているポートと同様に、通常のイーサネット スイッチ ポートとしても使用できます。

メモリ要件

ASA 5505 のメモリ要件は 256MB です。

シャーシの設置

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「インターフェイス ケーブルの接続」

「ASA 5505の電源投入」

「ケーブル ロックの取り付け」

インターフェイス ケーブルの接続

ここでは、イーサネットとコンソール ポートにケーブルを接続する方法について説明します。


警告 この機器の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 49



注意 これらの手順を実行するときは、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco ASA 5500 Series』の安全に関する警告を読み、適切な安全手順に従ってください。

ケーブルをポートに接続するには、次の手順に従います。


ステップ 1 シャーシを平らで安定した場所に置きます。

ステップ 2 コンピュータまたはターミナルをポートに接続する前に、シリアル ポートのボー レートを確認します。ボー レートは、適応型セキュリティ アプライアンスのコンソール ポートのデフォルト ボー レート(9600 ボー)と一致している必要があります。ターミナルの設定は次のとおりです。9600 ボー(デフォルト)、8 データ ビット、パリティなし、1 ストップ ビット、およびフロー制御(FC) = ハードウェア。

ステップ 3 ケーブルをポートに接続します。

a. イーサネット ポートの場合


ステップ 1 ポート 0(外側イーサネット ポート)をパブリック ネットワーク、つまりインターネットに接続します。


) デフォルトでは、スイッチ ポート 0/0 が外側ポートです。必要に応じて、内側ポートと外側ポートの割り当てを後で変更できます。


ステップ 2 ネットワーク デバイスを内側ポート(番号 1 ~ 7)のいずれか 1 つにイーサネット ケーブルで接続します。

PoE デバイスを接続している場合は、PoE をサポートしているスイッチ ポート(ポート 6 と 7)のいずれかに接続します。

ステップ 3 リンク LED を確認して、ネットワーク デバイスが内側ポート(番号 1 ~ 7)のいずれか 1 つで ASA 5505 との基本接続を確立できたことを検証します。接続が確立されると、ASA 5505 の前面パネルにあるリンク LED は緑色に点灯します。


 

図2-3 ネットワーク インターフェイスへのケーブルの接続

 

 

1

RJ-45 イーサネット ポート

2

RJ-45 コネクタ

ステップ 4 電源コードをセキュリティ アプライアンスに接続して、もう一方の端を電源に差し込みます。シャーシの電源投入の詳細については、「ASA 5505の電源投入」を参照してください。


 

b. コンソール ポートの場合

ASA 5505 のコンソール ポートを使用すると、管理用のコマンド ラインにアクセスできます。コンソール ポートに接続して PC またはワークステーションでシリアル ターミナル エミュレータを実行するには、次の手順に従います。


ステップ 1 PC ターミナル アダプタの一方の端を PC にある標準 9 ピン PC シリアル ポートに差し込みます。

ステップ 2 青色のコンソール ケーブルの一方の端を PC ターミナル アダプタに差し込みます。

ステップ 3 青色のコンソール ケーブルのもう一方の端をコンソール ポートに差し込みます。

ステップ 4 PC ターミナル エミュレーション ソフトウェアまたはターミナルを 9600 ボー、8 データ ビット、パリティなし、1 ストップ ビットに設定します。


 

図2-4 コンソール ケーブルの接続

 

1

RJ-45 コンソール ポート

2

RJ-45/DB-9 コンソール ケーブル

ASA 5505の電源投入

ASA 5505 の電源を投入するには、次の手順に従います。


ステップ 1 電源モジュールに電源コードを接続します。

ステップ 2 電源モジュール ケーブルの小さな長方形のコネクタを背面の電源コネクタに接続します。

ステップ 3 電源モジュール入力ケーブルの AC 電源コネクタをコンセントに接続します。


) ASA 5505 には電源スイッチがありません。ステップ 3の操作を実行すると、装置に電源が投入されます。


ステップ 4 電源 LED を確認します。緑色に点灯している場合、装置に電源が入っています。


) ライトが緑色に点灯するのは、100Mbps 装置の場合のみです。



 

ケーブル ロックの取り付け

ASA 5505 には、標準デスクトップのケーブル ロックを取り付けて物理的セキュリティを提供するためのスロットがあります。ケーブル ロックは同梱されていません。

ケーブル ロックを取り付けるには、次の手順に従います。


ステップ 1 製造業者の指示に従って、ケーブルのもう一方の端を取り付け、ASA 5505 を固定します。

ステップ 2 ケーブル ロックを ASA 5505 の背面パネルにあるロック スロットに取り付けます。