Cisco ASA 5500 シリーズ ハードウェア インスト レーション ガイド
概要
概要
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2012/02/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

概要

製品概要

メモリ要件

概要

このマニュアルで説明する手順を実行する前に、このマニュアルを最後までお読みください。


警告 この装置の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 49



注意 これらの手順を実行するときは、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco ASA 5500 Series』の安全に関する警告を読み、適切な安全手順に従ってください。

この章では、製品およびメモリ要件について説明します。この章は、次の内容で構成されています。

「製品概要」

「メモリ要件」


) この章の図は、Cisco ASA 5540 適応型セキュリティ アプライアンスを示しています。Cisco ASA 5510 および Cisco ASA 5520 適応型セキュリティ アプライアンスも外観はまったく同じです(背面パネルとインジケータも同じです)。Cisco ASA 5550 の構成は固定で、4GE スロットが 1 つ組み込まれています(図 1-3 を参照)。


製品概要

この項では、前面パネルと背面パネルについて説明します。図 1-1 に前面パネルの LED を示します。

図 1-1 前面パネルの LED

 

LED
状態
説明
1

電源

点灯

システムは通電状態です。

2

ステータス

点滅

電源投入診断を実行中か、システムがブート中です。

点灯

システムは電源投入診断に合格しました。

オレンジ

点灯

電源投入診断に合格しませんでした。

3

アクティブ

点滅

ネットワーク アクティビティが発生しています。

4

VPN

点灯

VPN トンネルが確立されています。

5

点滅

点灯

CompactFlash にアクセス中です。

図 1-2 に背面パネルを示します。

図 1-2 背面パネルの LED とポート(AC 電源モジュール モデルの場合)

 

1

管理ポート1

6

USB 2.0 インターフェイス2

11

VPN LED

2

外部 CompactFlash スロット

7

ネットワーク インターフェイス3

12

フラッシュ LED

3

シリアル コンソール ポート

8

電源インジケータ LED

13

補助ポート

4

電源スイッチ

9

ステータスインジケータ LED

14

電源コネクタ

5

電源インジケータ LED

10

アクティブ LED

1.管理 0/0 インターフェイスは、管理トラフィック専用のファースト イーサネット インターフェイスです。

2.現時点ではサポートされていません。

3.ギガビットイーサネット インターフェイス。右から順に、ギガビットイーサネット 0/0、ギガビットイーサネット 0/1、ギガビットイーサネット 0/2、ギガビットイーサネット 0/3 です。

管理ポートの詳細については、『 Cisco Security Appliance Command Reference 』の management only コマンドの説明を参照してください。

Cisco ASA 5550 の構成は固定で、4GE スロットが 1 つ組み込まれています(図 1-3 を参照)。

図 1-3 Cisco ASA 5550 の背面パネルの LED とポート

 

 

1

RJ-45 ポート4

9

USB 2.0 インターフェイス5

17

補助ポート

2

RJ-45 リンク LED

10

管理ポート6

18

外部 CompactFlash スロット

3

RJ-45 速度 LED

11

ネットワーク インターフェイス7

19

シリアル コンソール ポート

4

電源 LED

12

電源インジケータ LED

20

電源スイッチ

5

ステータス LED

13

ステータスインジケータ LED

21

電源インジケータ LED

6

SFP ポート8

14

アクティブ LED

22

電源コネクタ

7

SFP リンク LED

15

VPN LED

8

SFP 速度 LED

16

フラッシュ LED

4.ギガビットイーサネット ポート。右から順に、ギガビットイーサネット 0/0、ギガビットイーサネット 1/0、ギガビットイーサネット 1/2、ギガビットイーサネット1/3 です。

5.現時点ではサポートされていません。

6.管理 0/0 インターフェイスは、管理トラフィック専用のファースト イーサネット インターフェイスです。

7.ギガビットイーサネット インターフェイス。右から順に、ギガビットイーサネット 0/0、ギガビットイーサネット 0/1、ギガビットイーサネット 0/2、ギガビットイーサネット 0/3 です。

8.SFP ポート。右から順に、ギガビットイーサネット 1/0、ギガビットイーサネット 1/1、ギガビットイーサネット 1/2、ギガビットイーサネット1/3 です。

表 1-1 では、4GE SSM の LED について説明します。

表 1-1 Cisco ASA 5550 の 4GE SSM の LED

LED
状態
説明
2, 7

リンク

点灯

点滅

イーサネット リンクがあります。

イーサネット アクティビティが発生しています。

3, 8

速度

オフ

オレンジ

10 MB

100 MB

1000 MB(GigE)

ネットワーク アクティビティは発生していません。

100 Mbps でネットワーク アクティビティが発生しています。

1000 Mbps でネットワーク アクティビティが発生しています。

4

電源

点灯

システムは通電状態です。

5

ステータス

オレンジ

点滅

点灯

点灯

システムはブート中です。

システムは正常にブートされました。

システムの診断が失敗しました。

図 1-4 に適応型セキュリティ アプライアンス の背面パネルの LED を示します。

図 1-4 背面パネルのリンクおよび速度のインジケータ LED

 

 

1

MGMT インジケータ LED

2

インターフェイス LED

表 1-2 に、背面の MGMT およびネットワーク インターフェイスのLED を示します。

 

表 1-2 リンクおよび速度の LED

インジケータ
説明

左側

緑(点灯)

緑(点滅)

物理リンク

ネットワーク アクティビティ

右側

消灯

オレンジ

10 Mbps

100 Mbps

1000 Mbps


) Cisco ASA 5510 適応型セキュリティ アプライアンスがサポートするのは、10BaseTX および 100BaseTX のみです。Cisco ASA 5520 と Cisco ASA 5540 は、1000BaseT をサポートします。


メモリ要件

表 1-3 に、各モデルの CPU とメモリの仕様を示します。

 

表 1-3 CPU とメモリの仕様

ASA のモデル
CPU
デフォルトの DRAM メモリ
デフォルトの内部フラッシュ メモリ

Cisco ASA 5510

1.6 GHz Celeron

256 MB

512MB

Cisco ASA 5520

2.0 GHz Celeron

512 MB

512MB

Cisco ASA 5540

2.0 GHz Pentium 4

1024 MB

512MB

Cisco ASA 5550

3.0 GHz Pentium 4

4096 MB

512MB

フェールオーバー コンフィギュレーションでは、2 台の装置が同じハードウェア構成である必要があります。つまり、同じモデル、同じ数とタイプのインターフェイス、および同じ RAM 量でなければなりません。


) 2 台の装置のフラッシュ メモリ サイズが同じである必要はありません。フェールオーバー コンフィギュレーションでフラッシュ メモリのサイズが異なる装置を使用している場合、フラッシュ メモリが小さい方の装置に、ソフトウェア イメージ ファイルおよびコンフィギュレーション ファイルに対応する十分な容量があることを確認してください。十分な容量がない場合、フラッシュ メモリの大きい装置からフラッシュ メモリの小さい装置にコンフィギュレーションの同期が行われると、失敗します。


詳細については、『Cisco Security Appliance Command Line Configuration Guide』の「Configuring Failover」の章を参照してください。