Cisco ASA 5500 シリーズ コマンド リファレンス ソフトウェア バージョン 8.3(2)
このマニュアルについて
このマニュアルについて
発行日;2012/05/08 | 英語版ドキュメント(2010/12/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 27MB) | フィードバック

目次

このマニュアルについて

マニュアルの目的

対象読者

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

このマニュアルについて

ここで説明する内容は次のとおりです。

「マニュアルの目的」

「対象読者」

「マニュアルの構成」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

マニュアルの目的

このマニュアルでは、ネットワークの不正利用を防いだり、リモート サイトとユーザをネットワークに接続するバーチャル プライベート ネットワークを設定したりするために、適応型セキュリティ アプライアンスで使用できるコマンドについて説明します。

Web ベースの GUI アプリケーションである ASDM を使用して、適応型セキュリティ アプライアンスを設定したり、モニタしたりすることもできます。ASDM には、一般的なコンフィギュレーション シナリオに基づいて誘導するコンフィギュレーション ウィザードと、あまり一般的でないシナリオ向けのオンライン ヘルプがあります。

このマニュアルは、Cisco ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンスに適用されます。このマニュアルを通じて、「適応型セキュリティ アプライアンス」という語は、特に指定がなければ、一般的にサポートされているすべてのモデルに適用されます。

対象読者

このマニュアルは、次の作業を実行するネットワーク管理者を対象としています。

ネットワーク セキュリティの管理

ファイアウォール/セキュリティ アプライアンスのインストールと設定

VPN の設定

侵入検知ソフトウェアの設定

このマニュアルと『 Cisco ASA 5500 Series Configuration Guide using the CLI をあわせて使用してください。

マニュアルの構成

「コマンドライン インターフェイスの使用」では、適応型セキュリティ アプライアンスのコマンドとアクセス モードを紹介します。

第 1 章~第 32 章では、すべてのコマンドがアルファベット順に記載されています。

表記法

適応型セキュリティ アプライアンスのコマンド構文の説明では、次の表記法を使用しています。

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

波カッコ({ })は、選択すべき必須の要素を示します。

角カッコ([ ])は、省略可能な要素を示します。

縦線( | )は、二者択一、つまりどちらか一方を選択する要素を区切ります。

記載されているとおりに入力するコマンドおよびキーワードは、 太字 で示しています。

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

例を挙げて説明する場合は、次の表記法を使用しています。

画面に表示される情報は、screen フォントで示しています。

ユーザが入力する情報は、 太字の screen フォントで示しています。

ユーザが値を指定するコマンド入力は、 イタリック体の screen フォントで示しています。

異なるプラットフォームでの出力が例に示されていることがあります。たとえば、例の中のインターフェイス タイプはユーザのプラットフォームで利用できないため、ユーザは認識できないことがあります。違いは重要ではありません。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参考資料などを紹介しています。


モード、プロンプト、および構文の詳細については、「コマンドライン インターフェイスの使用」を参照してください。

関連資料

詳細については、『 Navigating the Cisco ASA 5500 Series Documentation 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/security/asa/roadmap/asaroadmap.html )を参照してください。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。