Cisco ASA 5500 シリーズ コンフィギュレーション ガイド(CLI を使用)
VPN の一般パラメータの設定
VPN の一般パラメータの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/07/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 15MB) | フィードバック

目次

VPN の一般パラメータの設定

単一のルーテッド モードでの VPN の設定

ACL をバイパスするための IPsec の設定

インターフェイス内トラフィックの許可(ヘアピニング)

インターフェイス内トラフィックにおける NAT の注意事項

アクティブな IPsec セッションまたは SSL VPN セッションの最大数の設定

許可される IPsec クライアント リビジョン レベル確認のためのクライアント アップデートの使用

ロードバランシングの概要

ロードバランシングとフェールオーバーの比較

ロードバランシング

フェールオーバー

ロードバランシングの実装

前提条件

適格なプラットフォーム

適格なクライアント

VPN ロードバランシングのアルゴリズム

VPN ロードバランシング クラスタ コンフィギュレーション

一部の一般的な混在クラスタのシナリオ

シナリオ 1:SSL VPN 接続のない混在クラスタ

シナリオ 2:SSL VPN 接続を処理する混在クラスタ

ロードバランシングの設定

ロードバランシング用のパブリック インターフェイスとプライベート インターフェイスの設定

ロードバランシング クラスタ アトリビュートの設定

完全修飾ドメイン名を使用したリダイレクションのイネーブル化

ロードバランシングについての FAQ

IP アドレス プールの枯渇

固有の IP アドレス プール

同じデバイスでのロードバランシングとフェールオーバーの使用

複数のインターフェイスでのロードバランシング

ロードバランシング クラスタの最大同時セッション

ロードバランシングの表示

VPN セッション制限の設定

VPN の一般パラメータの設定

バーチャル プライベート ネットワークの適応型セキュリティ アプライアンスの実装には、カテゴリの枠を越えた便利な機能があります。この章では、これらの機能のいくつかについて説明します。説明する内容は次のとおりです。

「単一のルーテッド モードでの VPN の設定」

「ACL をバイパスするための IPsec の設定」

「インターフェイス内トラフィックの許可(ヘアピニング)」

「アクティブな IPsec セッションまたは SSL VPN セッションの最大数の設定」

「許可される IPsec クライアント リビジョン レベル確認のためのクライアント アップデートの使用」

「ロードバランシングの概要」

「ロードバランシングの設定」

「VPN セッション制限の設定」


) この章の SSL VPN は、クライアントレス(ブラウザベース)SSL VPN が指定されていない限り、SSL VPN クライアント(AnyConnect 2.x またはその前身である SVC 1.x)を指します。


単一のルーテッド モードでの VPN の設定

VPN は、単一のルーテッド モードでのみ動作します。セキュリティ コンテキストが含まれるコンフィギュレーション(マルチモード ファイアウォールとも呼ばれる)、または Active/Active ステートフル フェールオーバーが含まれるコンフィギュレーションでは、VPN 機能は利用できません。

例外として、管理上の目的で、トランスペアレント モードでの適応型セキュリティ アプライアンスへの接続(通過はしない)を 1 つ設定して使用することができます。

ACL をバイパスするための IPsec の設定

IPsec トンネルから送信されるすべてのパケットに対して、ACL で発信元インターフェイスと宛先インターフェイスをチェックせずに許可するには、グローバル コンフィギュレーション モードで sysopt connection permit-vpn コマンドを入力します。

IPsec トラフィックのインターフェイス ACL をバイパスする必要があるのは、適応型セキュリティ アプライアンスの背後で別の VPN コンセントレータを使用し、なおかつ適応型セキュリティ アプライアンスのパフォーマンスを最大限にする場合などです。通常、IPsec パケットを許可する ACL を access-list コマンドを使用して作成し、これを発信元インターフェイスに適用します。ACL を使用すると、適応型セキュリティ アプライアンスを通過できるトラフィックを正確に指定できるため、セキュリティが向上します。

構文は、 sysopt connection permit-vpn です。このコマンドには、キーワードも引数もありません。

次の例では、ALC をチェックせずに適応型セキュリティ アプライアンスを通過する IPsec トラフィックをイネーブルにします。

hostname(config)# sysopt connection permit-vpn
 

no sysopt connection permit-vpn が設定されている間は、外部インターフェイスで access-group が設定されていたとしても、クライアントからの復号化された「通過」トラフィックが許可されます。これは、「deny ip any any」アクセスリストを呼び出します。

外部インターフェイスのアクセス コントロール リスト(ACL)と共に no sysopt permit-vpn コマンドを使用して、サイトツーサイト VPN またはリモート アクセス VPN 経由での保護されたネットワークへのアクセスを制御しようとしても、うまくいきません。

このような状況では、内部の管理アクセスがイネーブルになっていると、ACL は適用されず、ユーザは SSH を使用して適応型セキュリティ アプライアンスに引き続き接続できます。内部ネットワーク上へのホストへのトラフィックは ACL によって正しくブロックされますが、内部インターフェイスへの復号化された「通過」トラフィックはブロックされません。

ssh および http コマンドは、ACL よりもプライオリティが高くなります。つまり、VPN セッションからボックスへの ssh、telnet、または ICMP トラフィックを拒否するには、IP ローカル プールを拒否する ssh、telnet、および icmp コマンドを追加する必要があります。


インターフェイス内トラフィックの許可(ヘアピニング)

適応型セキュリティ アプライアンスには、IPsec で保護されたトラフィックに対して、同じインターフェイスの出入りを許可することにより、VPN クライアントが別の VPN ユーザに IPsec で保護されたトラフィックを送信できる機能があります。「ヘアピニング」とも呼ばれるこの機能は、VPN ハブ(適応型セキュリティ アプライアンス)を介して接続している VPN スポーク(クライアント)と見なすことができます。

別のアプリケーションでは、この機能により、着信 VPN トラフィックを同じインターフェイスを介して暗号化されていないトラフィックとしてリダイレクトできます。この機能は、たとえば、スプリット トンネリングがない状態で、VPN へのアクセスと Web のブラウズの両方を行う必要がある VPN クライアントに役立ちます。

図 61-1 では、VPN クライアント 1 が VPN クライアント 2 に対してセキュアな IPsec トラフィックを送信し、パブリック Web サーバに対しては暗号化されていないトラフィックを送信していることを示しています。

図 61-1 ヘアピニングにインターフェイス内機能を使用する VPN クライアント

 

この機能を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで intra-interface 引数を指定して same-security-traffic コマンドを実行します。

コマンドの構文は、same-security-traffic permit { inter-interface | intra-interface } です。

次の例では、インターフェイス内トラフィックをイネーブルにする方法を示しています。

hostname(config)# same-security-traffic permit intra-interface
hostname(config)#
 

same-security-traffic コマンドに inter-interface 引数を指定すると、セキュリティ レベルが同一のインターフェイス間の通信を許可します。この機能は、IPsec 接続に固有のものではありません。詳細については、このマニュアルの「インターフェイス パラメータの設定」の章を参照してください。


ヘアピニングを使用するには、次の項で説明するように、適切な NAT 規則を適応型セキュリティ アプライアンス インターフェイスに適用する必要があります。

インターフェイス内トラフィックにおける NAT の注意事項

適応型セキュリティ アプライアンスがインターフェイスを介して暗号化されていないトラフィックを送信するには、そのインターフェイスに対する NAT をイネーブルにし、プライベート IP アドレスをパブリックにルーティング可能なアドレスに変換する必要があります(ただし、ローカル IP アドレス プールですでに パブリック IP アドレスを使用している場合は除きます)。次の例では、クライアント IP プールから発信されたトラフィックに、インターフェイス PAT 規則を適用しています。

hostname(config)# ip local pool clientpool 192.168.0.10-192.168.0.100
hostname(config)# object network vpn_nat
hostname(config-network-object)# subnet 192.168.0.0 255.255.255.0
hostname(config-network-object)# nat (outside,outside) interface
 

ただし、適応型セキュリティ アプライアンスがこの同じインターフェイスから暗号化された VPN トラフィックを送信する場合、NAT は任意です。VPN 間ヘアピニングは、NAT を使用してもしなくても機能します。すべての発信トラフィックに NAT を適用するには、上記のコマンドを実装するだけです。VPN 間トラフィックを NAT から免除するには、次のように、VPN 間トラフィックの NAT 免除を実装するコマンドを(上記のコマンドに)追加します。

hostname(config)# nat (outside,outside) source static vpn_nat vpn_nat destination static vpn_nat vpn_nat
 

NAT 規則の詳細については、このマニュアルの「NAT の適用」の章を参照してください。

アクティブな IPsec セッションまたは SSL VPN セッションの最大数の設定

VPN セッションの数を適応型セキュリティ アプライアンスが許可する数よりも小さい値に制限するには、グローバル コンフィギュレーション モードで vpn-sessiondb max-session-limit コマンドを入力します。

このコマンドは、SSL VPN を含むあらゆるタイプの VPN セッションに適用されます。

このセッション数の制限は、VPN ロードバランシング用に算出されたロード率に影響します。

構文は、 vpn-sessiondb max-session-limit { session-limit } です。

次の例では、VPN セッションの最大数を 450 に設定する方法を示しています。

hostname (config)# vpn-sessiondb max-session-limit 450
hostname (config)#
 
 

次の例では、SSL VPN クライアントとクライアントレスの両方の最大セッション数の制限を設定する方法を示しています。

hostname (config)# vpn-sessiondb max-webvpn-session-limit { session-limit }

hostname (config)#

許可される IPsec クライアント リビジョン レベル確認のためのクライアント アップデートの使用


) この項の情報は、IPsec 接続にのみ適用されます。


クライアント アップデート機能を使用すると、中央にいる管理者は、VPN クライアント ソフトウェアをアップデートする時期と VPN 3002 ハードウェア クライアント イメージを、VPN クライアント ユーザに自動的に通知できます。

リモート ユーザは、旧式の VPN ソフトウェア バージョンまたはハードウェア クライアント バージョンを使用している可能性があります。 client-update コマンドを使用すると、いつでもクライアント リビジョンのアップデートをイネーブルにして、アップデートを適用するクライアントのタイプおよびリビジョン番号を指定し、アップデートを取得する URL または IP アドレスを提供できます。また、Windows クライアントの場合は、オプションで、VPN クライアント バージョンをアップデートする必要があることをユーザに通知できます。Windows クライアントの場合、アップデートを実行するメカニズムをユーザに提供できます。VPN 3002 ハードウェア クライアント ユーザの場合、アップデートは通知せずに自動的に行われます。このコマンドは、IPsec リモート アクセス トンネル グループ タイプにのみ適用されます。

クライアント アップデートを実行するには、一般コンフィギュレーション モードまたはトンネル グループ ipsec アトリビュート コンフィギュレーション モードで client-update コマンドを入力します。クライアントがリビジョン番号リストにあるソフトウェア バージョンをすでに実行している場合、ソフトウェアをアップデートする必要はありません。クライアントがリストにあるソフトウェア バージョンを実行していない場合、アップデートする必要があります。次の手順は、client-update の実行方法を示しています。


ステップ 1 グローバル コンフィギュレーション モードで、次のコマンドを入力してクライアント アップデートをイネーブルにします。

hostname(config)# client-update enable
hostname(config)#
 

ステップ 2 グローバル コンフィギュレーション モードで、特定のタイプのすべてのクライアントに適用するクライアント アップデートのパラメータを指定します。つまり、クライアントのタイプ、アップデート イメージを取得する URL または IP アドレス、および許可されるリビジョン番号または対象クライアントの番号を指定します。最大 4 つのリビジョン番号をカンマで区切って指定できます。

ユーザのクライアントのリビジョン番号が指定したリビジョン番号のいずれかと一致している場合、そのクライアントをアップデートする必要はありません。このコマンドは、適応型セキュリティ アプライアンス全体にわたって指定されているタイプのすべてのクライアントの client-update 値を指定します。

これを行うコマンドの構文は次のとおりです。

hostname(config)# client-update type type url url-string rev-nums rev-numbers
hostname(config)#
 

使用可能なクライアント タイプは、 win9X (Windows 95、Windows 98、および Windows ME プラットフォーム)、 winnt (Windows NT 4.0、Windows 2000、および Windows XP プラットフォーム)、 windows (すべての Windows ベースのプラットフォーム)、および vpn3002 (VPN 3002 ハードウェア クライアント)です。

クライアントがリビジョン番号リストにあるソフトウェア バージョンをすでに実行している場合、ソフトウェアをアップデートする必要はありません。クライアントがリストにあるソフトウェア バージョンを実行していない場合、アップデートする必要があります。これらのクライアント アップデート エントリから 3 つまで指定することができます。キーワード windows を指定すると、許可されるすべての Windows プラットフォームがカバーされます。 windows を指定する場合は、個々の Windows クライアント タイプは指定しないでください。


) すべての Windows クライアントでは、URL のプレフィックスとしてプロトコル http:// または https:// を使用する必要があります。VPN 3002 ハードウェア クライアントの場合、代わりにプロトコル tftp:// を指定する必要があります。


次の例では、リモート アクセス トンネル グループのクライアント アップデート パラメータを設定しています。リビジョン番号は 4.6.1、アップデートを取得するための URL は https://support/updates を指定しています。

hostname(config)# client-update type windows url https://support/updates/ rev-nums 4.6.1
hostname(config)#
 

あるいは、特定のタイプのすべてのクライアントではなく、個々のトンネル グループだけのためのクライアント アップデートを設定できます。(ステップ 3 を参照)。

VPN 3002 クライアントのアップデートはユーザの介入なしに行われ、ユーザは通知メッセージを受け取りません。次の例は、VPN 3002 ハードウェア クライアントにのみ適用されます。トンネル グループ ipsec アトリビュート コンフィギュレーション モードに入ると、IPsec リモート アクセス トンネル グループ「salesgrp」用のクライアント アップデート パラメータが設定されます。ここでは、リビジョン番号 4.7 を指定し、IP アドレスが 192.168.1.1 のサイトからアップデートされたソフトウェアを取得するために TFTP プロトコルを使用します。

hostname(config)# tunnel-group salesgrp type ipsec-ra
hostname(config)# tunnel-group salesgrp ipsec-attributes
hostname(config-tunnel-ipsec)# client-update type vpn3002 url tftp:192.168.1.1 rev-nums 4.7
hostname(config-tunnel-ipsec)#
 

) URL の末尾にアプリケーション名を含めることで、ブラウザに自動的にアプリケーションを開始させることができます。例:https://support/updates/vpnclient.exe


ステップ 3 特定の ipsec-ra トンネル グループに対して client-update パラメータのセットを定義するには、次の手順を実行します。トンネル グループ ipsec アトリビュート モードで、トンネル グループ名とそのタイプ、アップデートされたイメージを取得する URL または IP アドレス、およびリビジョン番号を指定します。ユーザのクライアントのリビジョン番号が、指定されているリビジョン番号のいずれかと一致している場合、Windows クライアントなどのクライアントをアップデートする必要はありません。

hostname(config)# tunnel-group remotegrp type ipsec-ra
hostname(config)# tunnel-group remotegrp ipsec-attributes
hostname(config-tunnel-ipsec)# client-update type windows url https://support/updates/ rev-nums 4.6.1
hostname(config-tunnel-ipsec)#
 

ステップ 4 オプションで、クライアントのアップデートが必要な旧式の Windows クライアントを使用しているアクティブなユーザに通知を送信できます。これらのユーザにはポップアップ ウィンドウが表示され、ブラウザを起動して、URL で指定したサイトからアップデートされたソフトウェアをダウンロードする機会が提供されます。このメッセージのうち、設定可能な部分は URL だけです(ステップ 2 または 3 を参照)。アクティブでないユーザは、次回ログインしたときに通知メッセージを受け取ります。この通知は、すべてのトンネル グループのすべてのアクティブなクライアントに送信するか、または特定のトンネル グループのクライアントに送信することができます。たとえば、すべてのトンネル グループのすべてのアクティブなクライアントに通知を送信するには、特権 EXEC モードで次のコマンドを入力します。

hostname# client-update all
hostname#
 

ユーザのクライアントのリビジョン番号が指定されているリビジョン番号のいずれかと一致している場合、そのクライアントをアップデートする必要はなく、通知メッセージはユーザに送信されません。VPN 3002 クライアントのアップデートはユーザの介入なしに行われ、ユーザは通知メッセージを受け取りません。


 


) client-update タイプを windows と指定(Windows ベースのすべてのプラットフォームを指定)した後、同じエンティティに win9x または winnt の client-update タイプ を入力する場合、まずこのコマンドの no 形式を使用して windows クライアント タイプを削除してから、新しく client-update コマンドを使用して新しいクライアント タイプを指定する必要があります。


ロードバランシングの概要

同じネットワークに接続されている 2 つ以上の適応型セキュリティ アプライアンスまたは VPN コンセントレータを使用しているリモート アクセス コンフィギュレーションがある場合、それぞれのセッションの負荷を共有するようにこれらのデバイスを設定できます。この機能は、 ロードバランシング と呼ばれます。ロードバランシングを実装するには、同じプライベート LAN-to-LAN ネットワーク、プライベート サブネット、およびパブリック サブネット上の 2 つ以上のデバイスを論理的に 仮想クラスタ にグループ化します。

仮想クラスタ内のすべてのデバイスがセッションの負荷を伝送します。ロードバランシングにより、セッションのトラフィックはクラスタ内の最も負荷の少ないデバイスに転送され、負荷はすべてのデバイス間に分散されます。これにより、システム リソースが効率的に使用され、パフォーマンスが向上し、高い可用性がもたらされます。

仮想クラスタ内の 1 つのデバイスである 仮想クラスタ マスター は、着信トラフィックを バックアップ デバイス と呼ばれる他のデバイスに転送します。仮想クラスタ マスターは、クラスタ内の全デバイスをモニタし、それぞれのビジー状態を追跡して、適宜セッションの負荷を分散します。仮想クラスタ マスターの役割は、1 つの物理デバイスに結び付けられるものではなく、デバイス間でシフトできます。たとえば、現在の仮想クラスタ マスターで障害が発生すると、クラスタ内のバックアップ デバイスの 1 つがその役割を引き継いで、すぐに新しい仮想クラスタ マスターになります。

仮想クラスタは、外部のクライアントには 1 つの 仮想クラスタ IP アドレス として表示されます。この IP アドレスは、特定の物理デバイスに結び付けられていません。現在の仮想クラスタ マスターに属しているため、仮想のアドレスです。接続の確立を試みている VPN クライアントは、最初にこの仮想クラスタ IP アドレスに接続します。次に、仮想クラスタ マスターは、クラスタ内で使用可能な最も負荷の少ないホストのパブリック IP アドレスをクライアントに送り返します。2 番目のトランザクション(ユーザには意識されない)で、クライアントはそのホストに直接接続します。このような方法で、仮想クラスタ マスターは、リソース全体に均一かつ効率的にトラフィックを転送します。


) Cisco VPN クライアントまたは Cisco 3002 ハードウェア クライアント以外のすべてのクライアントは、通常どおり適応型セキュリティ アプライアンスに直接接続する必要があります。これらのクライアントは、仮想クラスタ IP アドレスを使用しません。


クラスタ内のマシンで障害が発生すると、終了したセッションはただちに仮想クラスタ IP アドレスに再接続できます。次に、仮想クラスタ マスターは、これらの接続をクラスタ内の別のアクティブなデバイスに転送します。仮想クラスタ マスター自体に障害が発生した場合、クラスタ内のバックアップ デバイスが、ただちに新しい仮想セッション マスターを自動的に引き継ぎます。クラスタ内の複数のデバイスで障害が発生しても、クラスタ内のデバイスが 1 つ稼動していて使用可能である限り、ユーザはクラスタに引き続き接続できます。

ロードバランシングとフェールオーバーの比較

ロードバランシングとフェールオーバーはどちらも高可用性機能ですが、これらは機能も要件も異なります。場合によっては、ロードバランシングとフェールオーバーの両方を使用できます。次の項では、これらの機能の違いについて説明します。

ロードバランシング

ロードバランシングは、仮想クラスタ内のデバイス間でリモート アクセス VPN トラフィックを均一に分散するメカニズムです。この機能は、スループットまたはその他の要因を考慮しない単純なトラフィックの分散に基づいています。ロードバランシング クラスタは 2 つ以上のデバイスで構成され、そのうちの 1 つが仮想マスターとなり、それ以外はバックアップとなります。これらのデバイスは、完全に同じタイプである必要はなく、同じソフトウェア バージョンやコンフィギュレーションを使用する必要もありません。

仮想クラスタ内のすべてのアクティブなデバイスがセッションの負荷を伝送します。ロードバランシングにより、トラフィックはクラスタ内の最も負荷の少ないデバイスに転送され、負荷はすべてのデバイス間に分散されます。これにより、システム リソースが効率的に使用され、パフォーマンスが向上し、高い可用性がもたらされます。

フェールオーバー

フェールオーバー設定には、同じ適応型セキュリティ アプライアンスが 2 台、専用のフェールオーバー リンク(オプションで、ステートフル フェールオーバー リンク)で相互に接続されている必要があります。アクティブ インターフェイスおよび装置のヘルスがモニタされて、所定のフェールオーバー条件に一致しているかどうかが判断されます。これらの条件に一致した場合は、フェールオーバーが行われます。フェールオーバーは、VPN とファイアウォールの両方のコンフィギュレーションをサポートします。

適応型セキュリティ アプライアンスは、Active/Active フェールオーバーと Active/Standby フェールオーバーの 2 つのフェールオーバーをサポートします。VPN 接続は、Active/Standby の単一ルーテッド モードでのみ実行されます。Active/Active フェールーバーにはマルチコンテキスト モードが必要であるため、VPN 接続をサポートしません。

Active/Active フェールオーバーでは、両方の装置がネットワーク トラフィックを渡すことができます。これは、同じ結果になる可能性がありますが、真のロードバランシングではありません。フェールオーバーが行われると、残りのアクティブ装置が、設定されたパラメータに基づいて結合されたトラフィックの通過を引き継ぎます。したがって、Active/Active フェールオーバーを構成する場合は、両方の装置の合計トラフィックが各装置の容量以内になるようにする必要があります。

Active/Standby フェールオーバーでは、1 つの装置だけがトラフィックを通過させることができ、もう 1 つの装置はスタンバイ状態で待機して、トラフィックを通過させません。Active/Standby フェールオーバーでは、2 番目の 適応型セキュリティ アプライアンスを使用して、障害の発生した装置の機能を引き継ぎます。アクティブ装置が故障すると、スタンバイ状態に変わり、そしてスタンバイ装置がアクティブ状態に変わります。アクティブになる装置が、障害の発生した装置の IP アドレス(または、透過ファイアウォールの場合は管理 IP アドレス)および MAC アドレスを引き継いで、トラフィックの転送を開始します。現在スタンバイになっている装置が、アクティブ装置のスタンバイの IP アドレスを引き継ぎます。アクティブ装置で障害が発生すると、スタンバイ装置は、クライアント VPN トンネルを中断することなく引き継ぎます。

ロードバランシングの実装

ロードバランシングをイネーブルにするには、次の手順を実行します。

共通仮想クラスタ IP アドレス、UDP ポート(必要に応じて)、およびクラスタのIPsec 共有秘密情報を確立することによりロードバランシング クラスタを設定する。クラスタ内のすべてのデバイスに対してこれらの値を同一に設定します。

デバイスでロードバランシングをイネーブルにし、デバイス固有のプロパティを定義することにより、参加デバイスを設定する。これらの値はデバイスによって異なります。


) VPN ロードバランシングには、アクティブな 3DES/AES ライセンスが必要です。適応型セキュリティ アプライアンスは、ロードバランシングをイネーブルにする前に、この暗号化ライセンスの存在をチェックします。アクティブな 3DES または AES ライセンスを検出できない場合、適応型セキュリティ アプライアンスは、ロードバランシングのイネーブル化を回避し、さらにライセンスがこの使用を許可していない限り、ロードバランシング システムによる 3DES の内部コンフィギュレーションも回避します。


前提条件

ロードバランシングはデフォルトではディセーブルになっています。ロードバランシングは明示的にイネーブルにする必要があります。

まず、パブリック(外部)インターフェイスおよびプライベート(内部)インターフェイスを設定し、さらに仮想クラスタ IP アドレスが参照するインターフェイスを事前に設定しておく必要があります。これらのインターフェイスに異なる名前を設定するには、 interface コマンドと nameif コマンドを使用します。この項では、これ以降の参照に外部および内部の名前を使用します。

クラスタに参加するすべてのデバイスは、同じクラスタ固有の値である IP アドレス、暗号設定、暗号キー、およびポートを共有する必要があります。

適格なプラットフォーム

ロードバランシング クラスタには、適応型セキュリティ アプライアンス モデルの ASA 5510(Plus ライセンスあり)および Model 5520 以降を含めることができます。VPN 3000 シリーズ コンセントレータをクラスタに含めることもできます。混在のコンフィギュレーションも可能ですが、一般にクラスタが同種であれば管理は容易になります。

適格なクライアント

ロードバランシングは、次のクライアントで開始されるリモート セッションでのみ有効です。

Cisco AnyConnect VPN Client(Release 2.0 以降)

Cisco VPN Client(Release 3.0 以降)

Cisco ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンス(Easy VPN クライアントとして動作している場合)

Cisco VPN 3002 Hardware Client(Release 3.5 以降)

Easy VPN クライアントとして動作している場合、Cisco PIX 501/506E

IKE リダイレクトをサポートする IOS EZVPN クライアント デバイス(IOS 831/871)

クライアントレス SSL VPN(クライアントではない)

ロードバランシングは、IPsec クライアント セッションと SSL VPN クライアントおよびクライアントレス セッションで機能します。LAN-to-LAN を含む他のすべての VPN 接続タイプ(L2TP、PPTP、L2TP/IPsec)は、ロードバランシングがイネーブルになっている適応型セキュリティ アプライアンスに接続できますが、これらの接続タイプはロードバランシングには参加できません。

VPN ロードバランシングのアルゴリズム

マスター デバイスには、バックアップ クラスタ メンバーを IP アドレスの昇順にソートしたリストが保持されます。各バックアップ クラスタ メンバーの負荷は、整数の割合(アクティブ セッション数)として計算されます。AnyConnect の非アクティブ セッションは、ロードバランシングの SSL VPN 負荷に数えられません。マスター デバイスは、IPsec/SSL VPN トンネルを負荷が最も低いデバイスに、その他のデバイスより負荷が 1% 高くなるまでリダイレクトします。すべてのバックアップ クラスタ メンバーの負荷がマスターより 1% 高くなると、マスター デバイスは自分自身に対してリダイレクトします。

たとえば、1 つのマスターと 2 つのバックアップ クラスタ メンバーがある場合に、次のサイクルが当てはまります。


) すべてのノードは 0% から始まります。


1. マスター デバイスはトンネルを最初のバックアップ デバイス(IP アドレス内部で負荷が最も低いデバイス)に、1% に到達するまでリダイレクトする。

2. そしてマスター デバイスは、トンネルを 2 番目のバックアップ デバイス(IP アドレス内部で負荷が最も低いデバイス)に、同様に 1% に到達するまでリダイレクトする。

3. マスター デバイスは、2 つのバックアップ デバイス両方が 1% に達している場合にのみトンネルを自分自身にリダイレクトする。

4. サイクルは、3 つのデバイスすべての負荷が 1% に達するまで繰り返される。

VPN ロードバランシング クラスタ コンフィギュレーション

ロードバランシング クラスタは、次の制限に従って、同じリリース、または混在リリースの適応型セキュリティ アプライアンスと、VPN 3000 コンセントレータ、あるいはこれらの組み合せで構成できます。

同じリリースの適応型セキュリティ アプライアンス、またはすべて VPN 3000 コンセントレータで構成されるロードバランシング クラスタは、IPsec、AnyConnect、およびクライアントレス SSL VPN セッションの組み合せに対してロードバランシングを実行できます。

同じリリースの適応型セキュリティ アプライアンスおよび VPN 3000 コンセントレータの両方で構成されるロードバランシング クラスタは、IPsec、AnyConnect、およびクライアントレス SSL VPN クライアントとクライアントレス セッションの組み合せに対してロードバランシングを実行できます。

混在リリースの適応型セキュリティ アプライアンスまたは同じリリースの適応型セキュリティ アプライアンスおよび VPN 3000 コンセントレータあるいはこれら両方で構成されるロードバランシング クラスタは、IPsec セッションのみをサポートできます。ただし、このようなコンフィギュレーションでは、適応型セキュリティ アプライアンスは、それぞれの IPsec のキャパシティに完全に到達しない可能性があります。 シナリオ 1:SSL VPN 接続のない混在クラスタ は、この状況を示しています。

Release 7.1(1) 以降、IPsec セッションと SSL VPN セッションは、クラスタ内の各デバイスが伝送する負荷を決定するときに均等にカウントまたは重み付けします。これは、ASA Release 7.0(x) ソフトウェアと VPN 3000 コンセントレータ用のロードバランシングの計算からの逸脱を意味しています。つまり、これらのプラットフォームでは、いずれも一部のハードウェア プラットフォームにおいて、IPsec セッションの負荷とは異なる SSL VPN セッションの負荷を計算する重み付けアルゴリズムを使用しています。

クラスタの仮想マスターは、クラスタのメンバーにセッション要求を割り当てます。適応型セキュリティ アプライアンスは、すべてのセッション、SSL VPN または IPsec を同等と見なし、それらを同等に割り当てます。許可する IPsec セッションと SSL VPN セッションの数は、コンフィギュレーションおよびライセンスで許可されている最大数まで設定できます。これらの制限の設定方法については、VPN セッション制限の設定を参照してください。

ロードバランシング クラスタで最大 10 のノードはテスト済みです。これよりクラスタが多くても機能しますが、そのようなトポロジは正式にはサポートされていません。

一部の一般的な混在クラスタのシナリオ

混在コンフィギュレーション、つまりロードバランシング クラスタにさまざまな ASA ソフトウェア リリースを実行しているデバイスが含まれている、または ASA Release 7.1(1) 以降および VPN 3000 コンセントレータを実行している適応型セキュリティ アプライアンスが少なくとも 1 つ含まれる場合、最初のクラスタ マスターで障害が発生し、別のデバイスがマスターを引き継ぐときに、重み付けアルゴリズムの違いが問題になります。

次のシナリオは、ASA Release 7.1(1)、ASA Release 7.0(x) ソフトウェアを実行している適応型セキュリティ アプライアンスと VPN 3000 シリーズ コンセントレータの混在で構成されているクラスタでの VPN ロードバランシングの使用を示しています。

シナリオ 1:SSL VPN 接続のない混在クラスタ

このシナリオでは、クラスタは適応型セキュリティ アプライアンスと VPN 3000 コンセントレータの混在で構成されています。適応型セキュリティ アプライアンス クラスタ ピアには、ASA Release 7.0(x) を実行しているものも、Release 7.1(1) を実行しているものもあります。7.1(1) 以前のピアおよび VPN 3000 ピアには、SSL VPN 接続はなく、7.1(1) クラスタ ピアには、SSL VPN の基本ライセンスのみあり、2 つの SSL VPN セッションは許可されますが、SSL VPN 接続はありません。この場合、すべての接続は IPsec であり、ロードバランシングは良好に機能します。

2 つの SSL VPN ライセンスは、ユーザの最大 IPsec セッション制限の活用にはほとんど影響を及ぼしません。また、これは VPN 3000 コンセントレータがクラスタ マスターの場合に限られます。一般に、混在クラスタ内の適応型セキュリティ アプライアンスの SSL VPN ライセンスの数が少なければ少ないほど、IPsec セッションしかないシナリオで IPsec セッションの制限に達することができる ASA 7.1(1) デバイスへの影響も小さくなります。

シナリオ 2:SSL VPN 接続を処理する混在クラスタ

たとえば、ASA Release 7.1(1) ソフトウェアを実行している適応型セキュリティ アプライアンスが最初のクラスタ マスターで、そのデバイスに障害が発生したとします。クラスタ内の別のデバイスが自動的にマスターを引き継ぎ、そのクラスタ内のプロセッサの負荷を決定するためにそのデバイス独自のロードバランシング アルゴリズムを適用します。ASA Release 7.1(1) ソフトウェアを実行しているクラスタ マスターは、そのソフトウェアが提供する方法以外では、セッションの負荷を重み付けすることはできません。そのため、IPsec および SSL VPN セッションの負荷の組み合せを、以前のバージョンを実行する ASA デバイスにも、VPN 3000 コンセントレータにも適切に割り当てることができません。これとは逆に、クラスタ マスターとして動作している VPN 3000 コンセントレータは、ASA Release 7.1(1) 適応型セキュリティ アプライアンスに負荷を適切に割り当てることができません。 次のシナリオは、 このジレンマを示しています。

このシナリオは、クラスタが適応型セキュリティ アプライアンスと VPN 3000 コンセントレータの混在で構成されているという点において、前述のシナリオと似ています。適応型セキュリティ アプライアンス クラスタ ピアには ASA Release 7.0(x) を実行しているものも、Release 7.1(1) を実行しているものもあります。ただし、この場合は、クラスタは SSL VPN 接続だけでなく IPsec 接続も処理されます。

ASA Release 7.1(1) 以前のソフトウェアを実行しているデバイスがクラスタ マスターである場合、マスターは 実質的に Release 7.1(1) 以前のプロトコルとロジックを適用します。つまり、セッションはそのセッション制限を超えているロードバランシング ピアに転送される場合もあります。その場合、ユーザはアクセスを拒否されます。

クラスタ マスターが ASA Release 7.0(x) ソフトウェアを実行しているデバイスである場合、古いセッション重み付けアルゴリズムは、クラスタ内の 7.1(1) 以前のピアにのみ適用されます。この場合、アクセスが拒否されることはありません。これは、7.1(1) 以前のピアは、セッション重み付けアルゴリズムを使用するため、負荷がより軽くなっています。

ただし、7.1(1) ピアが常にクラスタ マスターであることは保証できないため、問題が発生します。クラスタ マスターで障害が発生すると、別のピアがマスターの役割を引き継ぎます。新しいマスターは、適格なピアのいずれかになります。本質的に結果を予測することは不可能であるため、このタイプのクラスタを構成しないことをお勧めします。

ロードバランシングの設定

ロードバランシングを使用するには、クラスタに参加する各デバイスに対して次の要素を設定します。

パブリック インターフェイスとプライベート インターフェイス

VPN ロードバランシング クラスタ アトリビュート


) クラスタに参加するすべてのデバイスには、クラスタ内でのデバイス プライオリティを除き、同一のクラスタ コンフィギュレーションを設定する必要があります。


ロードバランシング用のパブリック インターフェイスとプライベート インターフェイスの設定

ロードバランシング クラスタ デバイス用のパブリック(外部)インターフェイスとプライベート(内部)インターフェイスを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 vpn-load-balancing コンフィギュレーション モードで、 lbpublic キーワードを指定して interface コマンドを入力し、適応型セキュリティ アプライアンスにパブリック インターフェイスを設定します。このコマンドは、このデバイスのロードバランシングのためのパブリック インターフェイスの名前または IP アドレスを指定します。

hostname(config)# vpn load-balancing
hostname(config-load-balancing)# interface lbpublic outside
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 2 vpn-load-balancing コンフィギュレーション モードで、 lbprivate キーワードを指定して interface コマンドを入力し、適応型セキュリティ アプライアンスにプライベート インターフェイスを設定します。このコマンドで、このデバイスのロードバランシングのためのプライベート インターフェイスの名前または IP アドレスを指定します。

hostname(config-load-balancing)# interface lbprivate inside
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 3 このデバイスを割り当てるためのクラスタ内でのプライオリティを設定します。プライオリティの範囲は 1 ~ 10 です。プライオリティは、起動時または既存のマスターで障害が発生したときに、このデバイスが仮想クラスタ マスターになる可能性を表します。プライオリティを高く設定すると(たとえば 10)、このデバイスが仮想クラスタ マスターになる可能性が高くなります。

hostname(config-load-balancing)# priority number
hostname(config-load-balancing)#
 

たとえば、このデバイスにクラスタ内でのプライオリティ 6 を割り当てるには、次のコマンドを入力します。

hostname(config-load-balancing)# priority 6
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 4 このデバイスにネットワーク アドレス変換を適用する場合は、デバイスに割り当てられた NAT アドレスを指定して nat コマンドを入力します。

hostname(config-load-balancing)# nat ip_address
hostname(config-load-balancing)#
 

たとえば、このデバイスに NAT アドレス 192.168.30.3 を割り当てるには、次のコマンドを入力します。

hostname(config-load-balancing)# nat 192.168.30.3
hostname(config-load-balancing)#


 

ロードバランシング クラスタ アトリビュートの設定

クラスタ内の各デバイスのロードバランシング クラスタ アトリビュートを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 グローバル コンフィギュレーション モードで vpn load-balancing コマンドを入力して、VPN ロードバランシングをセットアップします。

hostname(config)# vpn load-balancing
hostname(config-load-balancing)#
 

これで vpn-load-balancing コンフィギュレーション モードに入るため、ここで残りのロードバランシング アトリビュートを設定できます。

ステップ 2 このデバイスが属しているクラスタの IP アドレスを設定します。このコマンドは、仮想クラスタ全体を表す単一の IP アドレスを指定します。仮想クラスタ内のすべての適応型セキュリティ アプライアンスが共有しているパブリック サブネット アドレスの範囲内にある IP アドレスを選択します。

hostname(config-load-balancing)# cluster ip address ip_address
hostname(config-load-balancing)#
 

たとえば、クラスタ IP アドレスを 192.168.10.10 に設定するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config-load-balancing)# cluster ip address 192.168.10.10
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 3 クラスタ ポートを設定します。このコマンドは、このデバイスが参加している仮想クラスタの UDP ポートを指定します。デフォルト値は 9023 です。別のアプリケーションでこのポートが使用されている場合は、ロードバランシングに使用する UDP の宛先ポート番号を入力します。

hostname(config-load-balancing)# cluster port port_number
hostname(config-load-balancing)#
 

たとえば、クラスタ ポートを 4444 に設定するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config-load-balancing)# cluster port 4444
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 4 オプションで、クラスタに対する IPsec 暗号化をイネーブルにします。デフォルトでは暗号化は使用されません。このコマンドは、IPsec 暗号化をイネーブルまたはディセーブルにします。このチェック アトリビュートを設定する場合は、まず共有秘密情報を指定して検証する必要があります。仮想クラスタ内の適応型セキュリティ アプライアンスは、IPsec を使用して LAN-to-LAN トンネル経由で通信します。デバイス間で通信されるすべてのロードバランシング情報が暗号化されるようにするには、このアトリビュートをイネーブルにします。

hostname(config-load-balancing)# cluster encryption
hostname(config-load-balancing)#
 

) 暗号化を使用する場合、事前にロードバランシング内部インターフェイスを設定しておく必要があります。そのインターフェイスがロードバランシング内部インターフェイスでイネーブルになっていない場合、クラスタの暗号化を設定しようとするとエラー メッセージが表示されます。

クラスタの暗号化を設定したときにロードバランシング内部インターフェイスがイネーブルになっており、仮想クラスタ内の参加デバイスを設定する前にディセーブルになった場合、participate コマンドを入力する(または、ASDM で、[Participate in Load Balancing Cluster] チェックボックスをオンにする)と、エラー メッセージが表示され、そのクラスタに対する暗号化はイネーブルになりません。

クラスタの暗号化を使用するには、内部インターフェイスを指定して crypto isakmp enable コマンドを使用し、内部インターフェイス上の isakmp をイネーブルにする必要があります。


ステップ 5 クラスタの暗号化をイネーブルにする場合、 cluster key コマンドを入力して IPsec 共有秘密情報も指定する必要があります。このコマンドは、IPsec 暗号化をイネーブルにしてある場合、IPsec ピア間に共有秘密情報を指定します。ボックスに入力する値は、連続するアスタリスク文字として表示されます。

hostname(config-load-balancing)# cluster key shared_secret
hostname(config-load-balancing)#
 

たとえば、共有秘密情報を 123456789 に設定するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config-load-balancing)# cluster key 123456789
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 6 participate コマンドを入力して、クラスタへのこのデバイスの参加をイネーブルにします。

hostname(config-load-balancing)# participate
hostname(config-load-balancing)#
 


 

完全修飾ドメイン名を使用したリダイレクションのイネーブル化

vpn load-balancing モードで、完全修飾ドメイン名を使用したリダイレクションをイネーブルまたはディセーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで redirect-fqdn enable コマンドを使用します。この動作は、デフォルトではディセーブルになっています。

デフォルトでは、ASA はロードバランシング リダイレクション内の IP アドレスのみクライアントに送信します。DNS 名に基づく証明書が使用されている場合、その証明書はバックアップ デバイスにリダイレクトされたときに無効になります。

VPN クラスタ マスターとして、この適応型セキュリティ アプライアンスは、VPN クライアント接続をそのクラスタ デバイスにリダイレクトする場合に、その外部 IP アドレスの代わりに、逆 DNS lookup を使用して、クラスタ デバイス(クラスタ内の別の適応型セキュリティ アプライアンス)の Fully Qualified Domain Name(FQDN; 完全修飾ドメイン名)を送信できます。

クラスタ内のロードバランシング デバイス上にあるすべての外部および内部ネットワーク インターフェイスは、同じ IP ネットワーク上にある必要があります。

IP アドレスではなく、FQDN を使用して SSL VPN ロードバランシングを実行するには、次の設定手順を実行します。


ステップ 1 redirect-fqdn enable コマンドを使用して、ロードバランシングのための FQDN の使用をイネーブルにします。

redirect-fqdn {enable | disable}
no redirect-fqdn {enable | disable}

For example, hostname(config)# vpn load-balancing
hostname(config-load-balancing)# redirect-fqdn enable
hostname(config-load-balancing)#
 

ステップ 2 各 ASA 外部インターフェイスのエントリを DNS サーバに追加します(これらのエントリがすでに存在しない場合)。各 ASA 外部 IP アドレスには、ルックアップ用に関連付けられている DNS エントリが含まれている必要があります。これらの DNS エントリは、逆ルックアップに対してもイネーブルになっている必要があります。

ステップ 3 「dns domain-lookup inside」コマンド(または DNS サーバへのルートがあるインターフェイス)を使用して ASA に対する DNS ルックアップをイネーブルにします。

ステップ 4 ASA 上の DNS サーバ IP アドレスを定義します。たとえば、 dns name-server 10.2.3.4 (DNS サーバの IP アドレス)。

次は、VPN ロードバランシング コマンド シーケンスの例です。完全修飾ドメイン名のリダイレクションをイネーブルにするインターフェイス コマンドが含まれており、クラスタのパブリック インターフェイスを「test」、クラスタのプライベート インターフェイスを「foo」と指定しています。

hostname(config)# interface GigabitEthernet 0/1
hostname(config-if)# ip address 209.165.202.159 255.255.255.0
hostname(config)# nameif test
hostname(config)# interface GigabitEthernet 0/2
hostname(config-if)# ip address 209.165.201.30 255.255.255.0
hostname(config)# nameif foo
hostname(config)# vpn load-balancing
hostname(config-load-balancing)# nat 192.168.10.10
hostname(config-load-balancing)# priority 9
hostname(config-load-balancing)# interface lbpublic test
hostname(config-load-balancing)# interface lbprivate foo
hostname(config-load-balancing)# cluster ip address 209.165.202.224
hostname(config-load-balancing)# cluster key 123456789
hostname(config-load-balancing)# cluster encryption
hostname(config-load-balancing)# cluster port 9023
hostname(config-load-balancing)# redirect-fqdn enable
hostname(config-load-balancing)# participate
 


 

ロードバランシングについての FAQ

IP アドレス プールの枯渇

Q: 適応型セキュリティ アプライアンスは、IP アドレス プールの枯渇をその VPN ロードバランシング メカニズムの一部と見なしますか。

A: いいえ。リモート アクセス VPN セッションが、IP アドレス プールが枯渇したデバイスに転送された場合、セッションは確立されません。ロードバランシング アルゴリズムは、負荷に基づき、各バックアップ クラスタ メンバーが提供する整数の割合(アクティブ セッション数または最大セッション数)として計算されます。

固有の IP アドレス プール

Q: VPN ロードバランシングを実装するには、異なる適応型セキュリティ アプライアンス上の AnyConnect クライアントまたは IPsec クライアントの IP アドレス プールを固有にする必要がありますか。

A: はい。IP アドレス プールはデバイスごとに固有にする必要があります。

同じデバイスでのロードバランシングとフェールオーバーの使用

Q: 単一のデバイスで、ロードバランシングとフェールオーバーの両方を使用できますか。

A: はい。この設定では、クライアントはクラスタの IP アドレスに接続し、クラスタ内で最も負荷の少ない適応型セキュリティ アプライアンスにリダイレクトされます。そのデバイスで障害が発生すると、スタンバイ装置がすぐに引き継ぎ、VPN トンネルにも影響を及ぼしません。

複数のインターフェイスでのロードバランシング

Q: 複数のインターフェイスで SSL VPN をイネーブルにする場合、両方のインターフェイスにロードバランシングを実装することはできますか。

A: パブリック インターフェイスとしてクラスタに参加するインターフェイスは 1 つしか定義できません。これは、CPU 負荷のバランスをとることを目的としています。複数のインターフェイスは、同じ CPU に集中するため、複数のインターフェイスにおけるロードバランシングの概念には意味がありません。

ロードバランシング クラスタの最大同時セッション

Q: それぞれが 100 ユーザの SSL VPN ライセンスを持つ 2 つの ASA 5520 が構成されているとします。この場合、ロードバランシング クラスタで許可されるユーザの最大合計数は、200 同時セッションでしょうか。または 100 同時セッションだけでしょうか。さらに 100 ユーザ ライセンスを持つ 3 台目のデバイスを追加した場合、300 の同時セッションをサポートできますか。

A: VPN ロードバランシングを使用すると、すべてのデバイスがアクティブになるため、クラスタでサポートできる最大セッション数は、クラスタ内の各デバイスのセッション数の合計になります。この例の場合は、300 になります。

ロードバランシングの表示

ロードバランシング クラスタのマスターは、アクティブな AnyConnect セッション、クライアントレス セッション、そして設定された制限またはライセンス数制限に基づく最大許可セッションがあるクラスタ内の各 ASA からメッセージを定期的に受信します。クラスタ内のある ASA の容量が 100% いっぱいであると示される場合、クラスタ マスターはこれに対してさらに接続をリダイレクトすることはできません。ASA がいっぱいであると示されても、ユーザによっては非アクティブまたは再開待ち状態となり、ライセンスを消費する可能性があります。回避策として、セッション合計数ではなく、セッション合計数から非アクティブ状態のセッション数を引いた数が各 ASA によって提供されます(『 Cisco ASA 5500 Series Command Reference 』の show vpn-sessiondb summary を参照してください)。つまり、非アクティブなセッションはクラスタ マスターに報告されません。ASA が(非アクティブなセッションによって)いっぱいになっている場合でも、クラスタ マスターは必要に応じて接続を ASA に引き続きリダイレクトします。ASA が新しい接続を受信すると、最も長く非アクティブになっていたセッションがログオフされ、新しい接続がそのライセンスを引き継ぎます。

次の例は、100 個の SSL セッション(Active のみ)と 2% の SSL 負荷を示しています。これらの数字には、非アクティブなセッションは含まれていません。つまり、非アクティブなセッションはロードバランシングの負荷に数えられません。

nmeka-asa2# sh vpn load-balancing
Status : enabled
Role : Master
Failover : Active
Encryption : enabled
Cluster IP : 192.168.1.100
Peers : 1
 
Load %
Sessions
Public IP Role Pri Model IPsec SSL IPSec SSL
192.168.1.9 Master 7 ASA-5540 4 2 216 100
192.168.1.19 Backup 9 ASA-5520 0 0 0 0

 

VPN セッション制限の設定

IPsec セッションと SSL VPN セッションは、適応型セキュリティ アプライアンスのプラットフォームとライセンスがサポートする限り、いくつでも実行できます。適応型セキュリティ アプライアンスのライセンス情報を表示するには、グローバル コンフィギュレーション モードで show version コマンドを入力します。次の例は、このコマンドの出力から抜粋したコマンドとライセンス情報を示しています。

hostname(config)# show version
 
 
Cisco Adaptive Security Appliance Software Version 7.1(0)182
Device Manager Version 5.1(0)128
 
Licensed features for this platform:
Maximum Physical Interfaces : Unlimited
Maximum VLANs : 100
Inside Hosts : Unlimited
Failover : Active/Active
VPN-DES : Enabled
VPN-3DES-AES : Enabled
Security Contexts : 10
GTP/GPRS : Enabled
VPN Peers : 750
WebVPN Peers : 500
 
This platform has an ASA 5520 VPN Plus license.

 

アクティブな IPsec VPN セッションの最大数を適応型セキュリティ アプライアンスが許可している数よりも小さい値に制限するには、グローバル コンフィギュレーション モードで vpn-sessiondb max-session-limit コマンドを入力します。このセッション数の制限は、VPN ロードバランシング用に算出されたロード率に影響します。

hostname(config)# vpn-sessiondb max-session-limit number_of_sessions
hostname(config)#
 

たとえば、適応型セキュリティ アプライアンスのライセンスが 750 の IPsec セッションを許可していて、IPsec セッション数を 500 に制限する場合は、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# vpn-sessiondb max-session-limit 500
hostname(config)#
 

セッションの制限を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

hostname(config)# no vpn-sessiondb max-session-limit
hostname(config)#

 

SSL VPN セッションの数を適応型セキュリティ アプライアンスで許可される数よりも小さい値に制限するには、グローバル コンフィギュレーション モードで vpn-sessiondb max-webvpn-session-limit コマンドを入力します。セッションの制限を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

hostname(config)# vpn-sessiondb max-webvpn-session-limit number_of_sessions
hostname(config)#
 

たとえば、適応型セキュリティ アプライアンスのライセンスで 500 の SSL VPN セッションが許可されていて、SSL VPN セッション数を 250 に制限する場合は、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# vpn-sessiondb max-webvpn-session-limit 250
hostname(config)#
 

セッションの制限を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

hostname(config)# no vpn-sessiondb max-webvpn-session-limit
hostname(config)#
 

各ライセンスで使用できる機能の詳細については、付録 A「機能のライセンスと仕様」を参照してください。