Cisco ASA 5580 適応型セキュリティ アプライアン ス コマンド ライン コンフィギュレーション ガイド
機能のライセンスと仕様
機能のライセンスと仕様
発行日;2012/01/16 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 17MB) | フィードバック

目次

機能のライセンスと仕様

サポートされているプラットフォームと機能

VPN 仕様

機能のライセンスと仕様

この付録では、機能のライセンスと仕様について説明します。この付録では、次の項目について説明します。

「サポートされているプラットフォームと機能」

「VPN 仕様」


) ASA 5580 適応型セキュリティ アプライアンスはセキュリティ サービス モジュール(SSM)をサポートしていません。


サポートされているプラットフォームと機能

このソフトウェア バージョンでは、ASA 5580 適応型セキュリティ アプライアンスがサポートされます。次の表に示す、このモデルでサポートされる機能を参照してください。


) イタリック体で示された項目は、基本ライセンスを変更できる個別のオプション ライセンスです。ライセンスは、混合し組み合せることができます。たとえば、10 セキュリティ コンテキスト ライセンスと Strong Encryption ライセンス、500 クライアントレス SSL VPN ライセンスと GTP/GPRS ライセンス、または 4 つのライセンスを同時に使用できます。


 

表 A-1 ASA 5580 適応型セキュリティ アプライアンス ライセンスの機能

ASA 5580
基本ライセンス

ユーザ(同時)

制限なし

セキュリティ コンテキスト

2

オプションのライセンス:

5

10

20

50

VPN セッション1

IPSec とクライアントレス SSL VPN の合計で 5000

最大値 IPSec セッション

5000

最大値 クライアントレス SSL VPN セッション

2

オプションのライセンス:

10

25

50

100

250

500

750

1000

2500

5000

VPN ロードバランシング

サポート対象

SIP と Skinny 検査のための TLS プロキシ

サポート対象

フェールオーバー

Active/Standby または Active/Active

GTP/GPRS

なし

オプションのライセンス:イネーブル

最大値 VLAN

バージョン 8.1(1):100

バージョン 8.1(2) 以降:250

同時ファイアウォール接続2

650 K

最大値 物理インターフェイス

制限なし

暗号化

基本(DES)

オプションのライセンス:強化(3DES/AES)

最小値 RAM

4 GB(デフォルト)

1.IPSec セッションおよびクライアントレス SSL VPN セッションの最大数の合計は、VPN セッションの最大数を超えることができますが、両セッションを組み合せた場合は VPN セッションの上限を超えることはできません。VPN セッションの最大数を超過した場合は、適応型セキュリティ アプライアンスをオーバーロードできるため、ネットワーク サイズを適切に設定するようにしてください。

2.同時ファイアウォール接続は、4 つの接続すべてに対して 1 つのホストと 1 つのダイナミック変換を持つ 80% TCP と 20% UDP のトラフィック混合に基づいています。

VPN 仕様

 

VPN 仕様については、『 Cisco ASA 5500 Series VPN Compatibility Reference 』を参照してください。