Cisco セキュリティ アプライアンス コマンドライン コンフィギュレーション ガイド v.8.0
フェールオーバーの設定
フェールオーバーの設定
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 20MB) | フィードバック

目次

フェールオーバーの設定

フェールオーバーの概要

フェールオーバーのシステム要件

ハードウェア要件

ソフトウェア要件

ライセンス要件

フェールオーバー リンクとステートフル フェールオーバー リンク

フェールオーバー リンク

ステートフル フェールオーバー リンク

Active/Active フェールオーバーと Active/Standby フェールオーバー

Active/Standby フェールオーバー

Active/Active フェールオーバー

使用するフェールオーバーのタイプの決定

ステートレス(標準)フェールオーバーとステートフル フェールオーバー

ステートレス(標準)フェールオーバー

ステートフル フェールオーバー

フェールオーバー ヘルスのモニタリング

装置ヘルスのモニタリング

インターフェイスのモニタリング

フェールオーバー機能およびプラットフォーム表

プラットフォーム別フェールオーバー時間

フェールオーバーの設定

フェールオーバーの設定の制限

Active/Standby フェールオーバーの設定

前提条件

ケーブルベースの Active/Standby フェールオーバーの設定(PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス限定)

LAN ベースの Active/Standby フェールオーバーの設定

オプションの Active/Standby フェールオーバー設定値の設定

Active/Active フェールオーバーの設定

前提条件

ケーブルベースの Active/Active フェールオーバーの設定(PIX 500 シリーズ )

LAN ベースの Active/Active フェールオーバーの設定

オプションの Active/Active フェールオーバー設定値の設定

装置ヘルス モニタリングの設定

フェールオーバー通信の認証/暗号化の設定

フェールオーバー コンフィギュレーションの確認

show failover コマンドの使用

監視対象インターフェイスの表示

実行コンフィギュレーション内のフェールオーバー コマンドの表示

フェールオーバー機能のテスト

フェールオーバーの制御およびモニタリング

強制フェールオーバー

フェールオーバーのディセーブル化

故障した装置またはフェールオーバー グループの復元

フェールオーバーのモニタリング

フェールオーバー システム メッセージ

デバッグ メッセージ

SNMP

リモート コマンド実行

コマンド モードの変更

セキュリティに関する注意事項

リモート コマンド実行の制限

フェールオーバー コンフィギュレーションでの Auto Update Server のサポート

Auto Update プロセスの概要

Auto Update プロセスのモニタリング

フェールオーバーの設定

この章では、セキュリティ アプライアンスのフェールオーバー機能について説明します。この機能を使用すると、2 つのセキュリティ アプライアンスを設定して、一方の装置が故障した場合に、もう一方の装置が動作を引き継ぐようにできます。

この章は、次の項で構成されています。

「フェールオーバーの概要」

「フェールオーバーの設定」

「フェールオーバーの制御およびモニタリング」

「リモート コマンド実行」

「フェールオーバー コンフィギュレーションでの Auto Update Server のサポート」

フェールオーバーの設定例は、 付録 A「設定例」 を参照してください。

フェールオーバーの概要

フェールオーバー設定には、同じセキュリティ アプライアンスが 2 台、専用のフェールオーバー リンク(オプションで、ステートフル フェールオーバー リンク)で相互に接続されている必要があります。アクティブ インターフェイスおよび装置のヘルスが監視されて、所定のフェールオーバー条件に一致しているかどうかが判断されます。所定の条件に一致すると、フェールオーバーが行われます。

セキュリティ アプライアンスは、Active/Active フェールオーバーと Active/Standby フェールオーバーの 2 つのフェールオーバーをサポートします。各フェールオーバー コンフィギュレーションには、フェールオーバーを判定および実行する独自の方式があります。

Active/Active フェールオーバーでは、両方の装置がネットワーク トラフィックを渡すことができます。これによって、ネットワークのトラフィック共有も設定できます。Active/Active フェールオーバーは、マルチ コンテキスト モードで実行中の装置だけで使用できます。

Active/Standby フェールオーバーでは、1 つの装置だけがトラフィックを渡すことができ、もう 1 つの装置はスタンバイ状態で待機します。Active/Standby フェールオーバーは、シングル コンテキスト モードで実行中の装置とマルチ コンテキスト モードで実行中の装置の両方で使用できます。

両フェールオーバー コンフィギュレーションとも、ステートフルまたはステートレス(通常)フェールオーバーをサポートします。


) セキュリティ アプライアンスが Active/Active ステートフル フェールオーバーに設定されている場合、IPSec または SSL VPN をイネーブルにできません。したがって、これらの機能は使用できません。VPN フェールオーバーは、Active/Standby フェールオーバー コンフィギュレーションに限り使用できます。


この項は、次の内容で構成されています。

「フェールオーバーのシステム要件」

「フェールオーバー リンクとステートフル フェールオーバー リンク」

「Active/Active フェールオーバーと Active/Standby フェールオーバー」

「ステートレス(標準)フェールオーバーとステートフル フェールオーバー」

「フェールオーバー ヘルスのモニタリング」

「フェールオーバー機能およびプラットフォーム表」

「プラットフォーム別フェールオーバー時間」

フェールオーバーのシステム要件

ここでは、フェールオーバー コンフィギュレーションにあるセキュリティ アプライアンスのハードウェア要件、ソフトウェア要件、およびライセンス要件について説明します。次の項目を取り上げます。

「ハードウェア要件」

「ソフトウェア要件」

「ライセンス要件」

ハードウェア要件

フェールオーバー コンフィギュレーションでは、2 台の装置が同じハードウェア コンフィギュレーションになっていなければなりません。つまり、同じモデル、同じ数およびタイプのインターフェイス、同じ RAM 量、および ASA 5500 シリーズのセキュリティ アプライアンスでは、同じ SSM(使用している場合)がインストールされていなければなりません。


) 2 台の装置に同じサイズのフラッシュ メモリを取り付ける必要はありません。フェールオーバー コンフィギュレーションで装置に異なるサイズのフラッシュ メモリを使用している場合、小さい方のフラッシュ メモリを取り付けた装置に、ソフトウェア イメージ ファイルおよびコンフィギュレーション ファイルを格納できる十分な容量があることを確認してください。十分な容量がない場合、フラッシュ メモリが大きい方の装置から小さい方の装置にコンフィギュレーションの同期を実行すると失敗します。


ソフトウェア要件

フェールオーバー コンフィギュレーションの 2 台の装置は同じ動作モード(ルーテッドまたは透過、シングル コンテキストまたはマルチ コンテキスト)でなければなりません。ソフトウェア バージョンは、メジャー(最初の番号)およびマイナー(2 番目の番号)ともに同じである必要があります。ただし、アップグレード プロセス中は、異なるバージョンのソフトウェアを使用できます。たとえば、ある装置をバージョン 7.0(1) からバージョン 7.0(2) にアップグレードし、フェールオーバーをアクティブ状態のままにできます。長期的に互換性を維持するために、両方の装置を同じバージョンにアップグレードすることをお勧めします。

フェールオーバー ペアでのソフトウェアのアップグレードについては、「フェールオーバー ペアのゼロ ダウンタイム アップグレードの実行」を参照してください。

ライセンス要件

PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスでは、少なくとも 1 台の装置に無制限(UR)ライセンスが必要です。もう一方の装置は、Failover Only(FO)ライセンス、Failover Only Active-Active(FO_AA)ライセンス、または別の UR ライセンスのどれでもかまいません。制限付きライセンスの装置はフェールオーバーには使用できません。FO または FO_AA ライセンスの装置 2 台をフェールオーバー ペアとして一緒に使用できません。


) FO ライセンスは、Active/Active フェールオーバーをサポートしません。


FO ライセンスおよび FO_AA ライセンスは、フェールオーバー コンフィギュレーションの装置だけに使用することが予定されており、スタンドアロン モードの装置で使用することは考えられていません。このいずれかのライセンスのフェールオーバー装置をスタンドアロン モードで使用すると、フェールオーバー動作に戻るまで、少なくとも 24 時間に 1 回リブートされます。FO または FO_AA ライセンスの装置は、UR ライセンスのフェールオーバー ピアに接続されていない状態でブートされると、スタンドアロン モードで動作します。フェールオーバー ペアの UR ライセンスの装置が故障して、コンフィギュレーションから削除された場合、FO または FO_AA ライセンスの装置は、24 時間ごとに自動的にリブートすることはなくなります。手動でリブートされない限り、中断することなく動作します。

装置が自動的にリブートされると、次のメッセージがコンソールに表示されます。

=========================NOTICE=========================
This machine is running in secondary mode without
a connection to an active primary PIX. Please
check your connection to the primary system.
 
REBOOTING....
========================================================
 

ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンス プラットフォームには、この制限はありません。


) フェールオーバーに参加している両方のセキュリティ アプライアンスでライセンスされる機能(SSL VPN ピアやセキュリティ コンテキストなど)は同一である必要があります。


フェールオーバー リンクとステートフル フェールオーバー リンク

ここでは、フェールオーバー リンクおよびステートフル フェールオーバー リンクについて説明します。これらのリンクは、フェールオーバー コンフィギュレーションで 2 台の装置を接続する専用のリンクです。この項は、次の内容で構成されています。

「フェールオーバー リンク」

「ステートフル フェールオーバー リンク」

フェールオーバー リンク

フェールオーバー ペアの 2 台の装置は、フェールオーバー リンク経由で常に通信して、各装置の動作ステータスを確認しています。次の情報がフェールオーバー リンク経由で伝達されています。

装置の状態(アクティブまたはスタンバイ)

電源ステータス(ケーブルベースのフェールオーバー限定:PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスに限り使用可能)

hello メッセージ(キープアライブ)

ネットワーク リンクの状態

MAC アドレス交換

コンフィギュレーションの複製および同期


注意 フェールオーバー リンクおよびステートフル フェールオーバー リンク経由で送信される情報は、フェールオーバー キーを使用して通信をセキュリティで保護しない限り、すべてクリア テキストで送信されます。VPN トンネルの終端にセキュリティ アプライアンスを使用する場合、この情報には、トンネルの確立に使用されたすべてのユーザ名、パスワード、および事前共有キーが含まれています。この機密データをクリア テキストで転送することは、非常に大きなセキュリティ リスクになるおそれがあります。セキュリティ アプライアンスを使用して VPN トンネルを終端する場合は、フェールオーバー通信をフェールオーバー キーによってセキュリティで保護することをお勧めします。

PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスでは、フェールオーバー リンクは LAN ベース接続または専用シリアル フェールオーバー ケーブルのいずれかになります。ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンスでは、フェールオーバー リンクは LAN ベース接続だけになります。

この項は、次の内容で構成されています。

「LAN ベースのフェールオーバー リンク」

「シリアル ケーブル フェールオーバー リンク(PIX セキュリティ アプライアンス限定)」

LAN ベースのフェールオーバー リンク

装置上のイーサネット インターフェイスは、使用されていなければどれでも、フェールオーバー リンクとして使用できます。ただし、現在名前が設定されているインターフェイスは指定できません。LAN フェールオーバー リンク インターフェイスは、通常のネットワーク インターフェイスとして設定できません。フェールオーバー通信専用です。このインターフェイスは、LAN フェールオーバー リンク(および、オプションでステートフル フェールオーバー リンク)専用とする必要があります。

次のいずれかの方法を使用して LAN フェールオーバー リンクを接続します。

ASA の LAN フェールオーバー インターフェイスと同じネットワーク セグメント(ブロードキャスト ドメインまたは VLAN)に他の装置のないスイッチを使用する。

外部スイッチが不要な、アプライアンスに直接接続するイーサネット クロスオーバー ケーブルを使用する。


) LAN フェールオーバー リンクにクロスオーバー ケーブルを使用する際に、LAN インターフェイスに障害が発生した場合、両方のピアでリンクがダウンします。どのインターフェイスに障害が発生し、なぜリンクがダウンしたのかを簡単に判別できないため、この条件によってトラブルシューティングがしにくくなる場合もあります。



) ASA は、銅線イーサネット ポートで Auto-MDI/MDIX をサポートしているため、クロスオーバー ケーブルまたはストレート ケーブルのいずれかを使用できます。ストレート ケーブルを使用する場合、インターフェイスは自動的にケーブルを検知して、送受信ペアの 1 つを MDIX に交換します。


シリアル ケーブル フェールオーバー リンク(PIX セキュリティ アプライアンス限定)

シリアル フェールオーバー ケーブル、つまり「ケーブルベースのフェールオーバー」は PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスだけで使用できます。2 台の装置の距離が約 1.8 m 以内の場合は、シリアル フェールオーバー ケーブルを使用することをお勧めします。

2 台の装置を接続するケーブルは、117,760 bps(115 Kbps)でデータを転送する修正 RS-232 シリアル リンク ケーブルです。ケーブルの一方の端には「Primary」のラベルが付いています。ケーブルのこの端に接続される装置は、自動的にプライマリ装置になります。ケーブルのもう一方の端には「Secondary」のラベルが付いています。ケーブルのこの端に接続される装置は、自動的にセカンダリ装置になります。PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス ソフトウェアでこれらの指定を上書きできません。PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス フェールオーバー バンドルを購入すると、このケーブルが含まれています。予備を注文する場合は、部品番号 PIX-FO= を使用します。

ケーブルベースのフェールオーバーを使用する利点は次のとおりです。

PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスは、ピア装置の電源断を即時に検出でき、さらに電源断とケーブルが外れている状態とを区別できます。

スタンバイ装置はアクティブ装置と通信でき、またフェールオーバーのブートストラップを行わなくても、コンフィギュレーション全体を受信できます。LAN ベースのフェールオーバーでは、スタンバイ装置がアクティブ装置と通信するには、事前にスタンバイ装置にフェールオーバー リンクを設定しておく必要があります。

LAN ベースのフェールオーバーで 2 台の装置間のスイッチが、別のハードウェア障害ポイントとなる場合があります。ケーブルベースのフェールオーバーでは、この潜在的な障害ポイントはなくなります。

イーサネット インターフェイス(およびスイッチ)をフェールオーバー リンク専用にする必要はありません。

ケーブルによってプライマリ装置とセカンダリ装置が判別されるため、装置コンフィギュレーションでその情報を手動で入力する必要がなくなります。

欠点は次のとおりです。

距離の制限:装置は約 1.8 m を超えて離せません。

コンフィギュレーションの複製に時間がかかります。

ステートフル フェールオーバー リンク

ステートフル フェールオーバーを使用するには、ステートフル フェールオーバー リンクを設定してすべてのステート情報を渡す必要があります。ステートフル フェールオーバー リンクを設定する方法としては、次の 3 つのオプションがあります。

ステートフル フェールオーバー リンクに、専用のイーサネット インターフェイスを使用できます。

LAN ベースのフェールオーバーを使用している場合は、フェールオーバー リンクを共有できます。

内部インターフェイスなど、通常のデータ インターフェイスを共有できます。しかし、このオプションはお勧めしません。

ステートフル フェールオーバー リンクに専用のイーサネット インターフェイスを使用している場合、スイッチまたはクロスオーバー ケーブルを使用して装置を直接接続できます。スイッチを使用している場合、他のホストまたはルータをこのリンクに配置しないでください。


) セキュリティ アプライアンスに直接接続されているシスコ スイッチ ポートの PortFast オプションをイネーブルにします。


データ インターフェイスをステートフル フェールオーバー リンクとして使用する場合、そのインターフェイスをステートフル フェールオーバー リンクと指定すると、次の警告が表示されます。

******* WARNING ***** WARNING ******* WARNING ****** WARNING *********
Sharing Stateful failover interface with regular data interface is not
a recommended configuration due to performance and security concerns.
******* WARNING ***** WARNING ******* WARNING ****** WARNING *********
 

データ インターフェイスとステートフル フェールオーバー インターフェイスを共有すると、リプレイ攻撃を受けやすくなる場合があります。さらに、大量のステートフル フェールオーバー トラフィックがインターフェイスで送信され、そのネットワーク セグメントでパフォーマンス上の問題が発生することがあります。


) データ インターフェイスをステートフル フェールオーバー インターフェイスとして使用するのは、シングル コンテキストのルーテッド モードだけでサポートされます。


マルチ コンテキスト モードでは、ステートフル フェールオーバー リンクはシステム コンテキストに存在します。このインターフェイスとフェールオーバー インターフェイスが、システム コンテキスト内にある唯一のインターフェイスです。他のインターフェイスは、すべてセキュリティ コンテキストに割り当てられ、セキュリティ コンテキスト内から設定されます。


) ステートフル フェールオーバー リンクが通常のデータ インターフェイスに設定されていない限り、ステートフル フェールオーバー リンクの IP アドレスと MAC アドレスは、フェールオーバー時に変更されません。



注意 フェールオーバー リンクおよびステートフル フェールオーバー リンク経由で送信される情報は、フェールオーバー キーを使用して通信をセキュリティで保護しない限り、すべてクリア テキストで送信されます。VPN トンネルの終端にセキュリティ アプライアンスを使用する場合、この情報には、トンネルの確立に使用されたすべてのユーザ名、パスワード、および事前共有キーが含まれています。この機密データをクリア テキストで転送することは、非常に大きなセキュリティ リスクになるおそれがあります。セキュリティ アプライアンスを使用して VPN トンネルを終端する場合は、フェールオーバー通信をフェールオーバー キーによってセキュリティで保護することをお勧めします。

ステートフル リンクのフェールオーバー インターフェイスの速度

フェールオーバー リンクをステートフル フェールオーバー リンクとして使用する場合は、使用可能な最も速いイーサネット インターフェイスを使用します。このインターフェイスでパフォーマンス上の問題が発生した場合は、別のインターフェイスをステートフル フェールオーバー インターフェイス専用にすることを検討してください。

Cisco PIX セキュリティ アプライアンスおよび Cisco ASA 適応型セキュリティ アプライアンスについては、次のフェールオーバー インターフェイスの速度ガイドラインを使用します。

Cisco ASA 5520/5540/5550 および PIX 515E/535

ステートフル リンク スピードが最速データリンクと一致している必要があります。

Cisco ASA 5510 および PIX 525

CPU 速度の限界により、データ インターフェイスが 1 ギガビットで稼動できる場合であっても、ステートフル リンク スピードは 100 Mbps になることがあります。

長距離 LAN フェールオーバーを使用しているときにパフォーマンスを最適化するために、フェールオーバー リンクの遅延は 10 ミリ秒未満にし、250 ミリ秒を超えないようにする必要があります。遅延が 10 ミリ秒を上回る場合、フェールオーバー メッセージの再送信によって、パフォーマンスが低下する可能性があります。

すべてのプラットフォームでフェールオーバー ハートビートとステートフル リンクの共有をサポートしていますが、ステートフル フェールオーバー トラフィックが多いシステムでは独立したハートビート リンクを使用することを推奨します。

Active/Active フェールオーバーと Active/Standby フェールオーバー

ここでは、各フェールオーバー コンフィギュレーションについて詳細に説明します。この項は、次の内容で構成されています。

「Active/Standby フェールオーバー」

「Active/Active フェールオーバー」

「使用するフェールオーバーのタイプの決定」

Active/Standby フェールオーバーの概要

Active/Standby フェールオーバーでは、スタンバイ セキュリティ アプライアンスを使用して、障害の発生した装置の機能を引き継ぎます。アクティブ装置が故障すると、スタンバイ状態に変わり、スタンバイ装置がアクティブ状態に変わります。アクティブになる装置が、障害の発生した装置の IP アドレス(または、透過ファイアウォールの場合は管理 IP アドレス)および MAC アドレスを引き継いで、トラフィックの転送を開始します。現在スタンバイになっている装置が、スタンバイの IP アドレスと MAC アドレスを引き継ぎます。ネットワーク装置は、MAC アドレスと IP アドレスの組み合せについて変更を認識しないため、ネットワーク上のいずれの場所においても ARP エントリが変更されたり、タイムアウトが生じたりすることはありません。


) セキュリティ アプライアンスでの正常なフェールオーバー イベントでは、インターフェイスがダウンして、ロールが切り替えられ(IP アドレスおよび MAC アドレスが切り替えられます)、次にインターフェイスが再びアップします。ただし、このプロセスはユーザには意識されません。セキュリティ アプライアンスは、フェールオーバー中にインターフェイスがダウンしたことをユーザに通知するためにリンクダウン メッセージやシステム ログ メッセージを送信する(またはフェールオーバー プロセスによってインターフェイスがアップしたことを通知するためにリンクアップ メッセージを送信する)ことはありません。



) マルチ コンテキスト モードの場合、セキュリティ アプライアンスは装置全体(すべてのコンテキストを含む)をフェールオーバーできますが、個々のコンテキストを別々にはフェールオーバーできません。


Primary/Secondary ステータスと Active/Standby ステータス

フェールオーバー ペアの 2 台の装置の主な相違点は、どちらの装置がアクティブでどちらの装置がスタンバイであるか、つまりどちらの IP アドレスを使用するかおよびどちらの装置がアクティブにトラフィックを渡すかということに関連します。

しかし、プライマリである装置(コンフィギュレーションで指定)とセカンダリである装置との間で、いくつかの相違点があります。

両方の装置が同時にスタート アップした場合(さらに動作ヘルスが等しい場合)、プライマリ装置が常にアクティブ装置になります。

プライマリ装置の MAC アドレスは常に、アクティブ IP アドレスと結び付けられています。この規則の例外は、セカンダリ装置がアクティブであり、フェールオーバー リンク経由でプライマリ装置の MAC アドレスを取得できない場合に発生します。この場合、セカンダリ装置の MAC アドレスが使用されます。

装置の初期化とコンフィギュレーションの同期

コンフィギュレーションの同期は、フェールオーバー ペアの一方または両方の装置がブートされると行われます。コンフィギュレーションは常に、アクティブ装置からスタンバイ装置に同期化されます。スタンバイ装置は、その初期スタートアップを完了すると、自分の実行コンフィギュレーションを削除し(アクティブ装置との通信に必要なフェールオーバー コマンドを除く)、アクティブ装置は自分のコンフィギュレーション全体をスタンバイ装置に送信します。

アクティブ装置は、次の条件で判別されます。

装置がブートされ、ピアがすでにアクティブとして動作中であることを検出すると、その装置はスタンバイ装置になります。

装置がブートされてピアを検出できないと、その装置はアクティブ装置になります。

両方の装置が同時にブートされた場合は、プライマリ装置がアクティブ装置になり、セカンダリ装置がスタンバイ装置になります。


) セカンダリ装置がブートされてプライマリ装置を検出できないと、その装置はアクティブ装置になります。アクティブ IP アドレスには、セカンダリ装置自体の MAC アドレスを使用します。しかし、プライマリ装置が使用可能になると、セカンダリ装置は MAC アドレスをプライマリ装置の MAC アドレスに変更します。これによって、ネットワーク トラフィックが中断されることがあります。これを回避するには、フェールオーバー ペアを仮想 MAC アドレスで設定します。詳細については、「仮想 MAC アドレスの設定」を参照してください。


複製が開始されると、アクティブ装置のセキュリティ アプライアンス コンソールに「Beginning configuration replication: Sending to mate」というメッセージが表示され、複製が完了すると、セキュリティ アプライアンスに「End Configuration Replication to mate」というメッセージが表示されます。複製中、アクティブ装置に入力されたコマンドがスタンバイ装置に適切に複製されないことがあります。また、スタンバイ装置に入力されたコマンドが、アクティブ装置から複製されているコンフィギュレーションによって上書きされることがあります。コンフィギュレーションの複製処理中には、フェールオーバー ペアのどちらの装置にもコマンドを入力しないでください。コンフィギュレーションのサイズによって、複製は数秒で済むことも数分かかることもあります。


crypto ca server コマンドおよび関連するサブコマンドは、フェールオーバー ピアに同期化されません。


スタンバイ装置の場合、コンフィギュレーションは実行メモリだけに存在します。同期化後にコンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存するには、次のようにします。

シングル コンテキスト モードの場合は、アクティブ装置で write memory コマンドを入力します。コマンドはスタンバイ装置に複製され、コンフィギュレーションがフラッシュ メモリに書き込まれます。

マルチ コンテキスト モードの場合は、システム実行スペースからアクティブ装置で write memory all コマンドを入力します。コマンドはスタンバイ装置に複製され、コンフィギュレーションがフラッシュ メモリに書き込まれます。このコマンドで all キーワードを使用すると、システムとすべてのコンテキスト コンフィギュレーションが保存されます。


) 外部のサーバに保存されたスタートアップ コンフィギュレーションは、ネットワーク経由で両方の装置からアクセスできます。そのため、各装置で個別に保存する必要はありません。または、ディスク上のコンテキストを、アクティブ装置から外部サーバにコピーし、それからスタンバイ装置のディスクにコピーできます。スタンバイ装置で、装置がリロードされると、そのコンテキストが使用可能になります。


コマンドの複製

コマンドの複製は常に、アクティブ装置からスタンバイ装置の方向に行われます。アクティブ装置にコマンドを入力すると、そのコマンドがフェールオーバー リンクを通してスタンバイ装置に送信されます。コマンドを複製する場合、アクティブ コンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存する必要はありません。

表 15-1 に、スタンバイ装置に複製されるコマンドと複製されないコマンドを示します。

 

表 15-1 コマンドの複製

スタンバイ装置に複製されるコマンド
スタンバイ装置に複製されないコマンド

mode firewall コマンドおよび failover lan unit コマンドを除く、すべてのコンフィギュレーションのコマンド

copy running-config startup-config を除く、すべての形式の copy コマンド

copy running-config startup-config

write memory を除く、すべての形式の write コマンド

delete

crypto ca server および関連するサブコマンド

mkdir

debug

rename

failover lan unit

rmdir

firewall

write memory

mode

--

show

--

terminal pager および pager


) スタンバイ装置上で行った変更は、アクティブ装置に複製されません。スタンバイ装置にコマンドを入力すると、セキュリティ アプライアンスに「**** WARNING **** Configuration Replication is NOT performed from Standby unit to Active unit. Configurations are no longer synchronized」 というメッセージが表示されます。このメッセージは、コンフィギュレーションに影響しない数多くのコマンドを入力したときにも表示されます。


アクティブ装置に write standby コマンドを入力すると、スタンバイ装置で実行コンフィギュレーションが削除され(アクティブ装置との通信に使用するフェールオーバー コマンドを除く)、アクティブ装置のコンフィギュレーション全体がスタンバイ装置に送信されます。

マルチ コンテキスト モードの場合、システム実行スペースに write standby コマンドを入力すると、すべてのコンテキストが複製されます。あるコンテキスト内で write standby コマンドを入力すると、コマンドはそのコンテキスト コンフィギュレーションだけを複製します。

複製されたコマンドは、実行コンフィギュレーションに保存されます。スタンバイ装置のフラッシュ メモリに複製されたコマンドを保存するには、次のように行います。

シングル コンテキスト モードの場合は、アクティブ装置で copy running-config startup-config コマンドを使用します。コマンドはスタンバイ装置に複製され、コンフィギュレーションがフラッシュ メモリに書き込まれます。

マルチ コンテキスト モードの場合は、システム実行スペースおよびディスク上の各コンテキスト内からアクティブ装置に copy running-config startup-config コマンドを入力します。コマンドはスタンバイ装置に複製され、コンフィギュレーションがフラッシュ メモリに書き込まれます。外部のサーバにスタートアップ コンフィギュレーションがあるコンテキストは、ネットワーク経由で両方の装置からアクセスできます。そのため、各装置で個別に保存する必要はありません。または、ディスク上のコンテキストを、アクティブ装置から外部サーバにコピーし、それからスタンバイ装置のディスクにコピーできます。

フェールオーバーのトリガー

次のいずれかのイベントが発生した場合、装置が故障する可能性があります。

装置でハードウェア障害または電源障害が発生した。

装置でソフトウェア障害が発生した。

多くの監視対象インターフェイスが故障した。

no failover active コマンドがアクティブ装置に入力されたか、 failover active コマンドがスタンバイ装置に入力された。

フェールオーバー アクション

Active/Standby フェールオーバーでは、フェールオーバーは装置ごとに行われます。マルチ コンテキスト モードで動作中のシステムでも、個々のコンテキストまたはコンテキストのグループをフェールオーバーできません。

表 15-2 に、各障害イベントに対するフェールオーバー アクションを示します。この表では、各障害イベントに対して、フェールオーバー ポリシー(フェールオーバーまたはフェールオーバーなし)、アクティブ装置が行うアクション、スタンバイ装置が行うアクション、およびフェールオーバー条件とアクションに関する特別な注意事項を示します。

 

表 15-2 フェールオーバー動作

障害の状況
ポリシー
アクティブ アクション
スタンバイ アクション
注意

アクティブ装置が故障(電源またはハードウェア)

フェールオーバー

該当なし

アクティブになる

アクティブに故障とマークする

監視対象インターフェイスまたはフェールオーバー リンクで hello メッセージは受信されません。

以前にアクティブであった装置の復旧

フェールオーバーなし

スタンバイになる

動作なし

なし

スタンバイ装置が故障(電源またはハードウェア)

フェールオーバーなし

スタンバイに故障とマークする

該当なし

スタンバイ装置が故障とマークされている場合、インターフェイス障害しきい値を超えても、アクティブ装置はフェールオーバーを行いません。

動作中にフェールオーバー リンクに障害が発生した

フェールオーバーなし

フェールオーバー インターフェイスに故障とマークする

フェールオーバー インターフェイスに故障とマークする

フェールオーバー リンクがダウンしている間、装置はスタンバイ装置にフェールオーバーできないため、できるだけ早くフェールオーバー リンクを復元する必要があります。

スタートアップ時にフェールオーバー リンクに障害が発生した

フェールオーバーなし

フェールオーバー インターフェイスに故障とマークする

アクティブになる

スタートアップ時にフェールオーバー リンクがダウンしていると、両方の装置がアクティブになります。

ステートフル フェールオーバー リンクに障害が発生した

フェールオーバーなし

動作なし

動作なし

ステート情報が古くなり、フェールオーバーが発生するとセッションが終了します。

アクティブ装置におけるしきい値を超えたインターフェイス障害

フェールオーバー

アクティブに故障とマークする

アクティブになる

なし

スタンバイ装置におけるしきい値を超えたインターフェイス障害

フェールオーバーなし

動作なし

スタンバイに故障とマークする

スタンバイ装置が故障とマークされている場合、インターフェイス障害しきい値を超えても、アクティブ装置はフェールオーバーを行いません。

Active/Active フェールオーバーの概要

Active/Active フェールオーバーは、マルチ コンテキスト モードのセキュリティ アプライアンスだけで使用できます。Active/Active フェールオーバー コンフィギュレーションでは、両方のセキュリティ アプライアンスがネットワーク トラフィックを渡すことができます。

Active/Active フェールオーバーでは、セキュリティ アプライアンスのセキュリティ コンテキストは、 フェールオーバー グループ に分割されます。フェールオーバー グループは、1 つ以上のセキュリティ コンテキストの論理グループにすぎません。セキュリティ アプライアンスには最大 2 つのフェールオーバー グループを作成できます。管理コンテキストは、常にフェールオーバー グループ 1 のメンバーです。未割り当てセキュリティ コンテキストもまた、デフォルトでフェールオーバー グループ 1 のメンバーです。

フェールオーバー グループは、Active/Active フェールオーバーにおいてフェールオーバーの基本単位を形成します。インターフェイス障害モニタリング、フェールオーバー、および Active/Standby ステータスはすべて、フェールオーバー グループのアトリビュートであって、装置のアトリビュートではありません。アクティブ フェールオーバー グループが故障すると、スタンバイ状態に変化し、スタンバイ フェールオーバー グループがアクティブになります。アクティブになったフェールオーバー グループのインターフェイスが、故障したフェールオーバー グループのインターフェイスの MAC アドレスと IP アドレスを引き継ぎます。スタンバイ状態になったフェールオーバー グループのインターフェイスが、スタンバイ MAC アドレスと IP アドレスを引き継ぎます。


) セキュリティ アプライアンスでの正常なフェールオーバー イベントでは、インターフェイスがダウンして、ロールが切り替えられ(IP アドレスおよび MAC アドレスが切り替えられます)、次にインターフェイスが再びアップします。ただし、セキュリティ アプライアンスは、フェールオーバー中にインターフェイスがダウンしたことをユーザに通知するリンクダウン メッセージやシステム ログ メッセージを送信することはありません(またはフェールオーバー プロセスによってインターフェイスがアップしたことを通知するリンクアップ メッセージを送信することはありません)。



) あるフェールオーバー グループが装置上で故障したというのは、装置が故障したという意味ではありません。その装置では、別のフェールオーバー グループが依然としてトラフィックを渡している場合があります。


フェールオーバー グループを作成する場合は、フェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態にある装置に作成する必要があります。


) Active/Active フェールオーバーでは、各フェールオーバー グループのインターフェイスに対して仮想 MAC アドレスが生成されます。同じネットワーク上に Active/Active フェールオーバー ペアが複数ある場合は、あるペアのインターフェイスに割り当てられているものと同じデフォルト仮想 MAC アドレスが、他のペアのインターフェイスに割り当てられることがあります。これは、デフォルト仮想 MAC アドレスの決定方法に基づいた動作です。ネットワーク上で MAC アドレスが重複することを回避するには、必ず各物理インターフェイスに仮想のアクティブおよびスタンバイ MAC アドレスを割り当てます。


Primary/Secondary ステータスと Active/Standby ステータス

Active/Standby フェールオーバーの場合のように、Active/Active フェールオーバー ペアの一方の装置がプライマリ装置に指定され、もう一方の装置がセカンダリ装置に指定されます。Active/Standby フェールオーバーの場合とは異なり、両方の装置が同時に起動された場合、この指定ではどちらの装置がアクティブになるか指示しません。代わりに、プライマリまたはセカンダリの指定時に、次の 2 つの点を判定します。

同時にブートされたときに、実行コンフィギュレーションをペアに提供する装置がいずれかを判定します。

装置が同時にブートされたときに、各フェールオーバー グループがアクティブ状態で表示される装置がいずれかを判定します。コンフィギュレーションの各フェールオーバー グループは、プライマリまたはセカンダリ装置プリファレンスが設定されます。両方のフェールオーバー グループをペアのうち一方の装置でアクティブ状態に設定して、もう一方の装置にはスタンバイ状態のフェールオーバー グループが含まれるように設定できます。ただし、さらに一般的なコンフィギュレーションでは、各フェールオーバー グループに異なる役割プリファレンスを割り当て、装置ごとにそれぞれ 1 つをアクティブにして、装置全体でトラフィックが分散するようにします。


) セキュリティ アプライアンスには、フェールオーバーとは異なる機能であるロード バランシングもあります。フェールオーバーとロード バランシングは、同一コンフィギュレーション内に存在できます。ロード バランシングの詳細については、「ロード バランシングの概要」を参照してください。


各フェールオーバー グループがアクティブになる装置は、次のように特定されます。

ピア装置が使用できないときに装置がブートされると、両方のフェールオーバー グループがピア装置でアクティブになります。

ピア装置がアクティブ(両方のフェールオーバー グループがアクティブ状態)の場合に装置がブートされると、フェールオーバー グループは、アクティブ装置でアクティブ状態のままになります。これは、次のいずれかの状態になるまで、フェールオーバー グループのプライマリ プリファレンスまたはセカンダリ プリファレンスには関係ありません。

フェールオーバーが発生した。

no failover active コマンドを使用して、別の装置にフェールオーバー グループを手動で設定した。

preempt コマンドでフェールオーバー グループを設定した。この設定により、優先する装置が使用可能になると、フェールオーバー グループはその装置上で自動的にアクティブになります。

同時に両方の装置がブートされると、コンフィギュレーションが同期化された後、各フェールオーバー グループは優先する装置上でアクティブになります。

装置の初期化とコンフィギュレーションの同期

コンフィギュレーションの同期がとられるのは、フェールオーバー ペアの一方または両方の装置がブートされたときです。コンフィギュレーションは、次のように同期化されます。

ピア装置がアクティブ(ピア装置で両方のフェールオーバー グループがアクティブ)の間に装置がブートされると、ブートされた装置のプライマリまたはセカンダリ指定に関係なく、ブートされた装置はアクティブ装置にアクセスして実行コンフィギュレーションを取得します。

両方の装置が同時にブートされた場合、セカンダリ装置はプライマリ装置から実行コンフィギュレーションを取得します。

複製が開始されると、コンフィギュレーションを送信する装置のセキュリティ アプライアンス コンソールに「Beginning configuration replication: Sending to mate」というメッセージが表示され、複製が完了すると、セキュリティ アプライアンスに「End Configuration Replication to mate」というメッセージが表示されます。複製中、コンフィギュレーションを送信する装置に入力されたコマンドがピア装置に適切に複製されないことがあります。また、コンフィギュレーションを受信する装置に入力されたコマンドが、受信中のコンフィギュレーションによって上書きされることがあります。コンフィギュレーションの複製処理中には、フェールオーバー ペアのどちらの装置にもコマンドを入力しないでください。コンフィギュレーションのサイズによって、複製は数秒で済むことも数分かかることもあります。

コンフィギュレーションを受信する装置の場合、コンフィギュレーションは実行メモリだけに存在します。同期後にコンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存するには、フェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態にある装置上のシステム実行スペースに write memory all コマンドを入力します。コマンドはピア装置に複製され、コンフィギュレーションがフラッシュ メモリに書き込まれます。このコマンドで all キーワードを使用すると、システムとすべてのコンテキスト コンフィギュレーションが保存されます。


) 外部のサーバに保存されたスタートアップ コンフィギュレーションは、ネットワーク経由で両方の装置からアクセスできます。そのため、各装置で個別に保存する必要はありません。または、コンテキスト コンフィギュレーション ファイルをプライマリ装置のディスク上から外部サーバにコピーし、それからセカンダリ装置のディスクにコピーできます。セカンダリ装置がリロードされると、そのコンテキストが使用可能になります。


コマンドの複製

両方の装置が動作中になった後で、次のように、コマンドが一方の装置からもう一方の装置に複製されます。

セキュリティ コンテキスト内で入力されたコマンドは、そのセキュリティ コンテキストがアクティブ状態で表示される装置からピア装置に複製されます。


) あるコンテキストがある装置でアクティブ状態と見なされるのは、そのコンテキストが属するフェールオーバー グループがその装置上でアクティブ状態である場合です。


システム実行スペースで入力されたコマンドは、フェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態の装置から、フェールオーバー グループ 1 がスタンバイ状態の装置に複製されます。

管理コンテキストで入力されたコマンドは、フェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態の装置から、フェールオーバー グループ 1 がスタンバイ状態の装置に複製されます。

コマンド複製を行うのに適切な装置上でコマンドを入力しなかった場合は、コンフィギュレーションは非同期になります。この変更内容は、次回に初期コンフィギュレーション同期が行われると失われることがあります。

表 15-3 に、スタンバイ装置に複製されるコマンドと複製されないコマンドを示します。

 

表 15-3 コマンドの複製

スタンバイ装置に複製されるコマンド
スタンバイ装置に複製されないコマンド

mode firewall コマンドおよび failover lan unit コマンドを除く、すべてのコンフィギュレーションのコマンド

copy running-config startup-config を除く、すべての形式の copy コマンド

copy running-config startup-config

write memory を除く、すべての形式の write コマンド

delete

debug

mkdir

failover lan unit

rename

firewall

rmdir

mode

write memory

show

write standby コマンドを使用すると、非同期になったコンフィギュレーションを再同期化できます。Active/Active フェールオーバーの場合、 write standby コマンドは次のように動作します。

システム実行スペースで write standby コマンドを入力すると、システム コンフィギュレーションおよびセキュリティ アプライアンス上のセキュリティ コンテキストすべてに対するコンフィギュレーションがピア装置に書き込まれます。これには、スタンバイ状態のセキュリティ コンテキストのコンフィギュレーション情報が含まれています。このコマンドの入力は、フェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態の装置上のシステム実行スペースで行う必要があります。


) セキュリティ コンテキストがピア装置でアクティブ状態にある場合、write standby コマンドによって、これらのコンテキストのアクティブな接続が切断されます。write standby コマンドを入力する前に、コンフィギュレーションを提供する装置で failover active コマンドを使用して、その装置ですべてのコンテキストがアクティブになるようにします。


セキュリティ コンテキストで write standby コマンドを入力すると、セキュリティ コンテキストのコンフィギュレーションだけがピア装置に書き込まれます。このコマンドの入力は、セキュリティ コンテキストがアクティブ状態で表示される装置のセキュリティ コンテキストで行う必要があります。

複製されたコマンドは、ピア装置に複製された場合、フラッシュ メモリに保存されません。実行コンフィギュレーションに追加されます。複製されたコマンドを両方の装置のフラッシュ メモリに保存するには、変更を行った装置で write memory または copy running-config startup-config コマンドを使用します。コマンドはピア装置に複製されて、コンフィギュレーションがピア装置のフラッシュ メモリに保存されます。

フェールオーバーのトリガー

Active/Active フェールオーバーでは、次のいずれかのイベントが発生すると、フェールオーバーが装置レベルでトリガーされます。

装置でハードウェア障害が発生した。

装置で電源障害が発生した。

装置でソフトウェア障害が発生した。

no failover active または failover active コマンドがシステム実行スペースで入力された。

フェールオーバーは、次のいずれかのイベントが発生すると、フェールオーバー グループ レベルでトリガーされます。

グループ内の多くの監視対象インターフェイスが故障した。

no failover active group group_id コマンド、または failover active group group_id コマンドが入力された。

フェールオーバー グループ内のインターフェイスの数または割合を指定することで各フェールオーバー グループにフェールオーバーしきい値を設定し、故障したインターフェイスがこのしきい値(インターフェイスの数または割合)を超えた場合にそのグループは故障したと判断されます。フェールオーバー グループには複数のコンテキストを含めることができ、また各コンテキストには複数のインターフェイスを含めることができるため、1 つのコンテキストのインターフェイスがすべて故障しても、そのコンテキストに関連するフェールオーバー グループが故障と判断されない可能性があります。

インターフェイスと装置のモニタリングの詳細については、「フェールオーバー ヘルスのモニタリング」を参照してください。

フェールオーバー アクション

Active/Active フェールオーバー コンフィギュレーションでは、フェールオーバーは、システムごとに行うのではなく、フェールオーバー グループごとに行われます。たとえば、プライマリ装置で両方のフェールオーバー グループをアクティブと指定し、フェールオーバー グループ 1 が故障すると、フェールオーバー グループ 2 はプライマリ装置でアクティブのままですが、フェールオーバー グループ 1 はセカンダリ装置でアクティブになります。


) Active/Active フェールオーバーを構成する場合は、両方の装置の合計トラフィックが各装置の容量以内になるようにしてください。


表 15-4 に、各障害イベントに対するフェールオーバー アクションを示します。各障害イベントに対して、ポリシー(フェールオーバーまたはフェールオーバーなし)、アクティブ フェールオーバー グループのアクション、およびスタンバイ フェールオーバー グループのアクションを示します。

 

表 15-4 Active/Active フェールオーバーのフェールオーバー動作

障害の状況
ポリシー
アクティブ グループのアクション
スタンバイ グループのアクション
注意

装置で電源断またはソフトウェア障害が発生した

フェールオーバー

スタンバイになり、故障とマークする

アクティブになる

アクティブに故障とマークする

フェールオーバー ペアの装置が故障すると、その装置のアクティブ フェールオーバー グループはすべて故障とマークされ、ピア装置のフェールオーバー グループがアクティブになります。

アクティブ フェールオーバー グループにおけるしきい値を超えたインターフェイス障害

フェールオーバー

アクティブ グループに故障とマークする

アクティブになる

なし

スタンバイ フェールオーバー グループにおけるしきい値を超えたインターフェイス障害

フェールオーバーなし

動作なし

スタンバイ グループに故障とマークする

スタンバイ フェールオーバー グループが故障とマークされている場合、インターフェイス フェールオーバー障害しきい値を超えても、アクティブ フェールオーバー グループはフェールオーバーを行いません。

以前にアクティブであったフェールオーバー グループの復旧

フェールオーバーなし

動作なし

動作なし

preempt コマンドで設定されていない場合、フェールオーバー グループは現在の装置でアクティブのままです。

スタートアップ時にフェールオーバー リンクに障害が発生した

フェールオーバーなし

アクティブになる

アクティブになる

スタートアップ時にフェールオーバー リンクがダウンしていると、両方の装置の両方のフェールオーバー グループがアクティブになります。

ステートフル フェールオーバー リンクに障害が発生した

フェールオーバーなし

動作なし

動作なし

ステート情報が古くなり、フェールオーバーが発生するとセッションが終了します。

動作中にフェールオーバー リンクに障害が発生した

フェールオーバーなし

該当なし

該当なし

各装置で、フェールオーバー インターフェイスが故障とマークされます。フェールオーバー リンクがダウンしている間、装置はスタンバイ装置にフェールオーバーできないため、できるだけ早くフェールオーバー リンクを復元する必要があります。

使用するフェールオーバーのタイプの決定

選択するフェールオーバーのタイプは、セキュリティ アプライアンスのコンフィギュレーションとセキュリティ アプライアンスの使用計画によって決定されます。

セキュリティ アプライアンスをシングル モードで動作させている場合、使用できるのは Active/Standby フェールオーバーだけです。Active/Active フェールオーバーは、マルチ コンテキスト モードで動作しているセキュリティ アプライアンスだけで使用できます。

セキュリティ アプライアンスをマルチ コンテキスト モードで動作させている場合は、Active/Active フェールオーバーまたは Active/Standby フェールオーバーを設定できます。

フェールオーバー ペアの両方のメンバーでトラフィックを共有できるようにするには、Active/Active フェールオーバーを使用します。各装置で負荷が 50% を超過しないようにしてください。

この方法でトラフィックを共有しない場合は、Active/Standby フェールオーバーまたは Active/Active フェールオーバーを使用します。

表 15-5 に、各タイプのフェールオーバー コンフィギュレーションでサポートされる機能を比較して示します。

 

表 15-5 フェールオーバー コンフィギュレーション機能のサポート

機能
Active/Active
Active/Standby

シングル コンテキスト モード

なし

あり

マルチ コンテキスト モード

あり

あり

トラフィック共有ネットワーク コンフィギュレーション

あり

なし

装置フェールオーバー

あり

あり

コンテキスト グループのフェールオーバー

あり

なし

個別コンテキストのフェールオーバー

なし

なし

ステートレス(標準)フェールオーバーとステートフル フェールオーバー

セキュリティ アプライアンスは、標準およびステートフルという 2 つのタイプのフェールオーバーをサポートします。この項は、次の内容で構成されています。

「ステートレス(標準)フェールオーバー」

「ステートフル フェールオーバー」

ステートレス(標準)フェールオーバー

フェールオーバーが行われると、アクティブ接続はすべてドロップされます。新しいアクティブ装置が引き継ぐ場合、クライアントは接続を再確立する必要があります。


) リリース 8.0 以降、WebVPN の一部の設定要素(ブックマークやカスタマイゼーション)では、ステートフル フェールオーバーの一部である VPN フェールオーバーを使用しています。ステートフル フェールオーバーを使用して、フェールオーバー ペアのメンバー間でこれらの要素を同期させる必要があります。ステートレス(通常)フェールオーバーは、WebVPN では推奨されません。


ステートフル フェールオーバー

ステートフル フェールオーバーがイネーブルになっている場合、アクティブ装置は接続ごとのステート情報をスタンバイ装置に常に渡しています。フェールオーバーの発生後も、新しいアクティブ装置で同じ接続情報が利用できます。サポートされているエンドユーザのアプリケーションでは、同じ通信セッションを保持するために再接続する必要はありません。

表 15-6 に、ステートフル フェールオーバーがイネーブルの場合にスタンバイ装置に渡されるステート情報と渡されないステート情報を示します。

 

表 15-6 ステート情報

スタンバイ装置に渡されるステート情報
スタンバイ装置に渡されないステート情報

NAT 変換テーブル

HTTP 接続テーブル(HTTP 複製がイネーブルでない場合)。

TCP 接続状態

ユーザ認証(uauth)テーブル。

UDP 接続状態

ルーティング テーブル。フェールオーバーが発生した後、ダイナミック ルーティング プロトコルがルートを再検出している間に、パケットが消失したり、間違ったインターフェイス(デフォルト ルート)にパケットがルーティングされたりすることがあります。

ARP テーブル

セキュリティ サービス モジュールのステート情報。

レイヤ 2 ブリッジ テーブル(透過ファイアウォール モードで動作中の場合)

DHCP サーバ アドレスのリース。

HTTP 接続状態(HTTP 複製がイネーブルの場合)

フォン プロキシ用のステートフル フェールオーバー。アクティブな装置がダウンしたり、コールが失敗したり、メディア フローが停止したりする際に、電話を障害のある装置から登録解除し、アクティブな装置に登録する必要があります。コールは再確立する必要があります。

ISAKMP および IPSec SA テーブル

--

GTP PDP 接続データベース

--

SIP シグナリング セッション

--

次の WebVPN 機能は、ステートフル フェールオーバーでサポートされていません。

スマート トンネル

ポート転送

プラグイン

Java アプレット

IPv6 クライアントレスまたは Anyconnect セッション

Citrix 認証(Citrix ユーザはフェールオーバー後に再認証が必要)


) アクティブな Cisco IP SoftPhone セッション中にフェールオーバーが行われると、コール セッション ステート情報がスタンバイ装置に複製されているため、コールはアクティブのままになります。コールが終了すると、IP SoftPhone クライアントと Cisco CallManager との接続はなくなります。これは、CTIQBE ハングアップ メッセージのセッション情報がスタンバイ装置に存在しないために発生します。IP SoftPhone クライアントが一定の時間内に CallManager から返送される応答を受信しない場合、このクライアントは CallManager を到達不能と見なし、自分自身の登録を解除します。


VPN フェールオーバーの場合、VPN エンドユーザは、フェールオーバーの発生時に VPN セッションに再認証または再接続する必要がありません。ただし、VPN 接続上で動作するアプリケーションは、フェールオーバー プロセス中にパケットを失って、パケット損失から回復できない可能性があります。

フェールオーバー ヘルスのモニタリング

セキュリティ アプライアンスは、各装置について全体的なヘルスおよびインターフェイス ヘルスを監視します。セキュリティ アプライアンスがテストを実行して、各装置の状態を判断する方法の詳細については、次の項を参照してください。

「装置ヘルスのモニタリング」

「インターフェイスのモニタリング」

装置ヘルスのモニタリング

セキュリティ アプライアンスは、フェールオーバー リンクを監視して相手装置のヘルスを判断します。装置がフェールオーバー リンクで hello メッセージを連続 3 つ受信しない場合、装置は、フェールオーバー インターフェイスを含む各インターフェイスにインターフェイス hello メッセージを送信して、ピア インターフェイスが応答するかどうかを確認します。セキュリティ アプライアンスが行うアクションは、相手装置からの応答によって決まります。次の可能なアクションを参照してください。

セキュリティ アプライアンスがフェールオーバー インターフェイスで応答を受信した場合は、フェールオーバーを行いません。

セキュリティ アプライアンスがフェールオーバー リンクで応答を受信せず、他のインターフェイスで応答を受信した場合、装置のフェールオーバーは行われません。フェールオーバー リンクが故障とマークされます。フェールオーバー リンクがダウンしている間、装置はスタンバイ装置にフェールオーバーできないため、できるだけ早くフェールオーバー リンクを復元する必要があります。

セキュリティ アプライアンスがどのインターフェイスでも応答を受信しなかった場合、スタンバイ装置がアクティブ モードに切り替わり、相手装置を故障に分類します。


) 障害が発生した装置が回復せず、実際には障害は発生していないと考えられる場合は、failover reset コマンドを使用して状態をリセットできます。ただし、フェールオーバー条件が継続している場合、装置は再び障害状態になります。


hello メッセージの頻度と、フェールオーバーが行われる前の保持時間を設定できます。ポーリング時間が速くて保持時間が短いほど、装置の故障が短時間で検出され、フェールオーバーの実行が迅速になりますが、キープアライブ パケットを遅延させるネットワーク輻輳が原因で「偽の」障害が生じる可能性もあります。装置ヘルスのモニタリングについては、「装置ヘルス モニタリングの設定」を参照してください。

インターフェイスのモニタリング

すべてのコンテキスト間に分割された最大 250 のインターフェイスを監視できます。重要なインターフェイスを監視する必要があります。たとえば、共有インターフェイスを監視するように 1 つのコンテキストを設定する場合があります(インターフェイスが共有されているため、すべてのコンテキストがそのモニタリングで監視されます)。

設定した保持時間が半分経過しても装置が監視対象のインターフェイスで hello メッセージを受信しない場合は、次のテストを実行します。

1. リンク アップ/ダウン テスト:インターフェイスのステータスのテスト。リンク アップ/ダウン テストでインターフェイスが動作していることが示された場合、セキュリティ アプライアンスはネットワーク テストを実行します。一連のテストでは、障害が発生している装置を判別するためのネットワーク トラフィックが生成されます。各テストの開始時に、各装置はインターフェイスの受信パケット カウントをリセットします。各テストの終了時には、各装置はトラフィックを受信したかどうかをチェックします。トラフィックを受信していれば、インターフェイスは正常に動作していると見なされます。いずれか一方の装置だけがテスト用のトラフィックを受信している場合は、トラフィックを受信しなかった装置が故障していると見なされます。どちらの装置もトラフィックを受信しなかった場合は、次のテストが使用されます。

2. ネットワーク アクティビティ テスト:受信ネットワーク アクティビティ テスト。装置は、最大 5 秒間、すべての受信パケット数をカウントします。この時間間隔の間にパケットが受信されると、インターフェイスが正常に動作しているものと見なされ、テストは停止します。トラフィックが受信されなかった場合、ARP テストが開始されます。

3. ARP テスト:取得したエントリの最後の 2 つの装置 ARP キャッシュの読み取り。装置は、ネットワーク トラフィックを発生させるために、1 回に 1 つずつ、これらのマシンに ARP 要求を送信します。各要求後、装置は最大 5 秒間受信したトラフィックをすべてカウントします。トラフィックが受信されれば、インターフェイスは正常に動作していると見なされます。トラフィックが受信されなければ、ARP 要求が次のマシンに送信されます。リストの最後まで、まったくトラフィックが受信されなかった場合、ping テストが開始されます。

4. ブロードキャスト Ping テスト:ブロードキャスト ping 要求の送信で構成される ping テスト。装置は、最大 5 秒間、すべての受信パケット数をカウントします。この時間間隔の間にパケットが受信されると、インターフェイスが正常に動作しているものと見なされ、テストは停止します。

1 つのインターフェイスに対するネットワーク テストがすべて失敗したが、相手装置のこのインターフェイスが正常にトラフィックを渡し続けている場合、そのインターフェイスは故障していると見なされます。故障したインターフェイスがしきい値を超えている場合は、フェールオーバーが行われます。相手装置のインターフェイスもすべてのネットワーク テストに失敗した場合、両方のインターフェイスが「未知」状態になり、フェールオーバー制限のカウントには入りません。

インターフェイスは、何らかのトラフィックを受信すると、再度動作状態になります。故障したセキュリティ アプライアンスは、インターフェイス障害しきい値が満たされなくなった場合、スタンバイ モードに戻ります。


) 障害が発生した装置が回復せず、実際には障害は発生していないと考えられる場合は、failover reset コマンドを使用して状態をリセットできます。ただし、フェールオーバー条件が継続している場合、装置は再び障害状態になります。


フェールオーバー機能およびプラットフォーム表

表 15-7 に、各ハードウェア プラットフォームでサポートされているフェールオーバー機能を示します。

 

表 15-7 プラットフォームでサポートされているフェールオーバー機能

プラットフォーム
ケーブルベースのフェールオーバー
LAN ベースのフェールオーバー
ステートフル フェールオーバー
Active/Standby フェールオーバー
Active/Active フェールオーバー

ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンス

なし

あり

なし

あり

なし

ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンス(ASA 5505 以外)

なし

あり

あり

あり

あり

PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス

あり

あり

あり

あり

あり

プラットフォーム別フェールオーバー時間

表 15-8 に、PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスのフェールオーバーの最小時間、デフォルト時間、および最大時間を示します。

 

表 15-8 PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスのフェールオーバー時間

フェールオーバー条件
最小
デフォルト
最大

アクティブ装置で電源断が生じる、または通常の動作が停止する。

800 ミリ秒

45 秒

45 秒

アクティブ装置のインターフェイス リンクがダウンする。

500 ミリ秒

5 秒

15 秒

アクティブ装置のインターフェイスは実行されているが、接続の問題によりインターフェイス テストを行っている。

5 秒

25 秒

75 秒

表 15-9 に、ASA 5500 シリーズ セキュリティ アプライアンスのフェールオーバーの最小時間、デフォルト時間、および最大時間を示します。

 

表 15-9 ASA 5500 シリーズ適応型セキュリティ アプライアンスのフェールオーバー時間

フェールオーバー条件
最小
デフォルト
最大

アクティブ装置で電源断が生じる、または通常の動作が停止する。

800 ミリ秒

15 秒

45 秒

アクティブ装置のメインボード インターフェイス リンクがダウンする。

500 ミリ秒

5 秒

15 秒

アクティブ装置の 4GE カード インターフェイス リンクがダウンする。

2 秒

5 秒

15 秒

アクティブ装置の IPS または CSC カードに障害がある。

2 秒

2 秒

2 秒

アクティブ装置のインターフェイスは実行されているが、接続の問題によりインターフェイス テストを行っている。

5 秒

25 秒

75 秒

フェールオーバーの設定

この項では、フェールオーバーを設定する方法について説明します。次の項目を取り上げます。

「フェールオーバーの設定の制限」

「Active/Standby フェールオーバーの設定」

「Active/Active フェールオーバーの設定」

「装置ヘルス モニタリングの設定」

「フェールオーバー通信の認証/暗号化の設定」

「フェールオーバー コンフィギュレーションの確認」

フェールオーバーの設定の制限

次のタイプの IP アドレスではフェールオーバーを設定できません。

DHCP から取得した IP アドレス

PPPoE から取得した IP アドレス

IPv6 アドレス

さらに、次の制限が適用されます。

ステートフル フェールオーバーは、ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでサポートされない。

Active/Active フェールオーバーは、ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでサポートされない。

Easy VPN Remote が ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでイネーブルになっている場合、フェールオーバーを設定できない。

VPN フェールオーバーは、マルチ コンテキスト モードでサポートされない。

CA サーバはサポートされない。アクティブ装置に CA サーバを設定している場合、その装置でフェールオーバーが行われると、その CA サーバの機能が失われます。 crypto ca server コマンドおよび関連するコマンドは、ピア装置に同期化または複製されません。

前提条件

はじめる前に、次の事項を確認してください。

両方の装置のハードウェア、ソフトウェア コンフィギュレーション、必要なライセンスが同じである。

両方の装置が同じモードである(シングルまたはマルチ、透過またはルーテッド)。

ケーブルベースの Active/Standby フェールオーバーの設定(PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス限定)

次の手順に従って、シリアル ケーブルをフェールオーバー リンクとして使用して Active/Standby フェールオーバーを設定します。このタスクのコマンドは、フェールオーバー ペアの プライマリ 装置で入力します。プライマリ装置とは、ケーブルの「Primary」と表記された端が接続されている装置のことです。マルチ コンテキスト モードの装置では、特に注記がない限り、システム実行スペースでコマンドを入力します。

ケーブルベースのフェールオーバーを使用する場合、フェールオーバー ペアのセカンダリ装置をブートストラップする必要はありません。指示があるまで、セカンダリ装置の電源はオフのままにします。

ケーブルベースのフェールオーバーは、PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスだけで使用できます。

ケーブルベースの Active/Standby フェールオーバーを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 フェールオーバー ケーブルを PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスに接続します。必ず「Primary」とマークされているケーブルの端をプライマリ装置として使用する装置に接続し、「Secondary」とマークされているケーブルの端をもう一方の装置に接続します。

ステップ 2 プライマリ装置の電源を投入します。

ステップ 3 まだ行っていない場合、各データ インターフェイス(ルーテッド モード)、管理 IP アドレス(透過モード)、または管理専用インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスを設定します。フェールオーバー ペア内の両装置からパケットを受信するには、スタンバイ IP アドレスをすべてのインターフェイスに設定する必要があります。スタンバイ IP アドレスは、現在スタンバイ装置であるセキュリティ アプライアンスで使用されていて、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。


) 専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを使用する場合は、ステートフル フェールオーバー リンクの IP アドレスは設定しないでください。専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを設定するには、後述のステップの failover interface ip コマンドを使用します。


hostname(config-if)# ip address active_addr netmask standby standby_addr
 

ルーテッド ファイアウォール モードおよび管理専用インターフェイスでは、このコマンドを各インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードで入力します。透過ファイアウォール モードでは、このコマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで入力します。

マルチ コンテキスト モードでは、各コンテキストからインターフェイス アドレスを設定する必要があります。 changeto context コマンドを使用して、コンテキストを切り替えます。コマンド プロンプトが hostname/ context (config-if)# に変わります。ここで、 context は、現在のコンテキスト名です。透過ファイアウォール マルチ コンテキスト モードで各コンテキストの管理 IP アドレスを入力する必要があります。

ステップ 4 (オプション)ステートフル フェールオーバーをイネーブルにするには、ステートフル フェールオーバー リンクを設定します。


) ステートフル フェールオーバーは、ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでは使用できません。


a. ステートフル フェールオーバー リンクとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover link if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに論理名を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。このインターフェイスは、他の目的に使用しないでください。

b. アクティブおよびスタンバイ IP アドレスをステートフル フェールオーバー リンクに割り当てます。

hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

) ステートフル フェールオーバー リンクがデータ インターフェイスを使用する場合は、このステップをスキップします。インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスは、すでに定義しています。


スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ IP アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。

ステートフル フェールオーバー リンク IP アドレスおよび MAC アドレスは、データ インターフェイスを使用しない限り、フェールオーバー時に変更されません。アクティブ IP アドレスは、常にプライマリ装置にあります。スタンバイ IP アドレスは、セカンダリ装置にあります。

c. インターフェイスをイネーブルにします。

hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 5 フェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

ステップ 6 セカンダリ装置の電源を投入し、まだイネーブルにしていない場合、装置でフェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

実行メモリのコンフィギュレーションがアクティブ装置からスタンバイ装置に送信されます。コンフィギュレーションが同期すると、メッセージ「Beginning configuration replication: sending to mate」および「End Configuration Replication to mate」がプライマリ コンソールに表示されます。

ステップ 7 コンフィギュレーションをプライマリ装置のフラッシュ メモリに保存します。プライマリ装置で入力されたコマンドはセカンダリ装置に複製されるため、セカンダリ装置もコンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存します。

hostname(config)# copy running-config startup-config
 


 

LAN ベースの Active/Standby フェールオーバーの設定

ここでは、イーサネット フェールオーバー リンクを使用して Active/Standby フェールオーバーを設定する方法について説明します。LAN ベースのフェールオーバーを設定するときは、セカンダリ装置がプライマリ装置から実行コンフィギュレーションを取得する前に、セカンダリ装置をブートストラップしてフェールオーバー リンクを認識させる必要があります。


) ケーブルベースのフェールオーバーから LAN ベースのフェールオーバーに変更する場合、ケーブルベースのフェールオーバー コンフィギュレーションで完了している手順(各インターフェイスのアクティブ IP アドレスおよびスタンバイ IP アドレスの割り当てなど)はスキップできます。


この項は、次の内容で構成されています。

「プライマリ装置の設定」

「セカンダリ装置の設定」

プライマリ装置の設定

次の手順に従って、LAN ベースの Active/Standby フェールオーバー コンフィギュレーションのプライマリ装置を設定します。この手順では、プライマリ装置でフェールオーバーをイネーブルにするために必要な最小のコンフィギュレーションが用意されています。マルチ コンテキスト モードでは、特に注記がない限り、手順はすべてシステム実行スペースで実行します。

Active/Standby フェールオーバー ペアのプライマリ装置を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 まだ行っていない場合、各データ インターフェイス(ルーテッド モード)、管理 IP アドレス(透過モード)、または管理専用インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスを設定します。フェールオーバー ペア内の両装置からパケットを受信するには、スタンバイ IP アドレスをすべてのインターフェイスに設定する必要があります。スタンバイ IP アドレスは、現在スタンバイ装置であるセキュリティ アプライアンスで使用されていて、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。


) 専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを使用する場合は、ステートフル フェールオーバー リンクの IP アドレスは設定しないでください。専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを設定するには、後述のステップの failover interface ip コマンドを使用します。


hostname(config-if)# ip address active_addr netmask standby standby_addr
 

ルーテッド ファイアウォール モードおよび管理専用インターフェイスでは、このコマンドを各インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードで入力します。透過ファイアウォール モードでは、このコマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで入力します。

マルチ コンテキスト モードでは、各コンテキストからインターフェイス アドレスを設定する必要があります。 changeto context コマンドを使用して、コンテキストを切り替えます。コマンド プロンプトが hostname/ context (config-if)# に変わります。ここで、 context は、現在のコンテキスト名です。透過ファイアウォール マルチ コンテキスト モードで各コンテキストの管理 IP アドレスを入力する必要があります。

ステップ 2 (PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス限定)LAN ベースのフェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover lan enable
 

ステップ 3 装置をプライマリ装置に指定します。

hostname(config)# failover lan unit primary
 

ステップ 4 フェールオーバー インターフェイスを定義します。

a. フェールオーバー インターフェイスとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover lan interface if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに名前を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでは、 phy_if は VLAN を指定します。

b. アクティブおよびスタンバイ IP アドレスをフェールオーバー リンクに割り当てます。

hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。

フェールオーバー リンクの IP アドレスおよび MAC アドレスは、フェールオーバー時に変更されません。フェールオーバー リンクのアクティブ IP アドレスは、常にプライマリ装置にあります。スタンバイ IP アドレスは、セカンダリ装置にあります。

c. インターフェイスをイネーブルにします。

hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 5 (オプション)ステートフル フェールオーバーをイネーブルにするには、ステートフル フェールオーバー リンクを設定します。


) ステートフル フェールオーバーは、ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでは使用できません。


a. ステートフル フェールオーバー リンクとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover link if_name phy_if
 

) ステートフル フェールオーバー リンクがフェールオーバー リンクまたはデータ インターフェイスを使用する場合は、if_name 引数を指定することだけが必要です。


if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに論理名を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。このインターフェイスは、他の目的に使用しないでください(オプションのフェールオーバー リンクは除く)。

b. アクティブおよびスタンバイ IP アドレスをステートフル フェールオーバー リンクに割り当てます。


) ステートフル フェールオーバー リンクがフェールオーバー リンクまたはデータ インターフェイスを使用する場合は、このステップをスキップします。インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスは、すでに定義しています。


hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。

ステートフル フェールオーバー リンク IP アドレスおよび MAC アドレスは、データ インターフェイスを使用しない限り、フェールオーバー時に変更されません。アクティブ IP アドレスは、常にプライマリ装置にあります。スタンバイ IP アドレスは、セカンダリ装置にあります。

c. インターフェイスをイネーブルにします。


) ステートフル フェールオーバー リンクがフェールオーバー リンクまたはデータ インターフェイスを使用する場合は、このステップをスキップします。インターフェイスは、すでにイネーブルです。


hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 6 フェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

ステップ 7 システム コンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存します。

hostname(config)# copy running-config startup-config
 


 

セカンダリ装置の設定

セカンダリ装置に必要なコンフィギュレーションは、フェールオーバー インターフェイス用のコンフィギュレーションだけです。セカンダリ装置には、プライマリ装置と初期に通信するために、これらのコマンドが必要です。プライマリ装置がセカンダリ装置にコンフィギュレーションを送信した後、2 つのコンフィギュレーション間で唯一、不変の相違点は failover lan unit コマンドです。このコマンドで各装置がプライマリかセカンダリかを識別します。

マルチ コンテキスト モードでは、特に注記がない限り、手順はすべてシステム実行スペースで実行します。

セカンダリ装置を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 (PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス限定)LAN ベースのフェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover lan enable
 

ステップ 2 フェールオーバー インターフェイスを定義します。プライマリ装置に使用している設定と同じ設定を使用します。

a. フェールオーバー インターフェイスとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover lan interface if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに名前を割り当てます。

b. アクティブおよびスタンバイの各 IP アドレスをフェールオーバー リンクに割り当てます。フェールオーバー ペア内の両装置からパケットを受信するには、スタンバイ IP アドレスをすべてのインターフェイスに設定する必要があります。

hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

) (同じ IP アドレスを含む)プライマリ装置にフェールオーバー インターフェイスを設定する場合、プライマリ装置でこのコマンドを入力するときは、正確に入力してください。


c. インターフェイスをイネーブルにします。

hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 3 (オプション)この装置をセカンダリ装置に指定します。

hostname(config)# failover lan unit secondary
 

) 以前に設定されていない場合、装置はデフォルトでセカンダリに指定されているため、このステップはオプションです。


ステップ 4 フェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

フェールオーバーをイネーブルにすると、実行メモリのコンフィギュレーションがアクティブ装置からスタンバイ装置に送信されます。コンフィギュレーションが同期すると、メッセージ「Beginning configuration replication: Sending to mate」および「End Configuration Replication to mate」がアクティブ装置のコンソールに表示されます。

ステップ 5 実行コンフィギュレーションの複製が完了したら、そのコンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存します。

hostname(config)# copy running-config startup-config
 


 

オプションの Active/Standby フェールオーバー設定値の設定

次のオプションの Active/Standby フェールオーバー設定値は、最初にフェールオーバーを設定するときでも、フェールオーバーがすでに設定された後でも設定できます。特に注記がない限り、コマンドはアクティブ装置で入力する必要があります。

この項は、次の内容で構成されています。

「ステートフル フェールオーバーでの HTTP 複製のイネーブル化」

「インターフェイス モニタリングのディセーブル化とイネーブル化」

「インターフェイス ヘルス モニタリングの設定」

「フェールオーバー基準の設定」

「仮想 MAC アドレスの設定」

ステートフル フェールオーバーでの HTTP 複製のイネーブル化

HTTP 接続がステート情報複製に含まれるようにするには、HTTP 複製をイネーブルにする必要があります。HTTP 接続は通常は存続期間が短く、HTTP クライアントは接続試行が失敗すると通常は再試行するため、HTTP 接続は複製されるステート情報に自動的には含まれません。

次のコマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで入力して、ステートフル フェールオーバーがイネーブル状態の場合に、HTTP ステート複製をイネーブルにします。

hostname(config)# failover replication http
 

インターフェイス モニタリングのディセーブル化とイネーブル化

デフォルトでは、物理インターフェイスのモニタリングはイネーブルに、サブインターフェイスのモニタリングはディセーブルになっています。1 台の装置で最大 250 のインターフェイスを監視できます。特定のインターフェイスのモニタリングをディセーブルにし、別のモニタリングをイネーブルにすることで、フェールオーバー ポリシーに影響を与えるインターフェイスを制御できます。これによって、重要度の低いネットワークに接続されているインターフェイスがフェールオーバー ポリシーに影響を与えないようにできます。

マルチコンフィギュレーション モードの装置の場合は、次のコマンドを使用して特定のインターフェイスのヘルス モニタリングをイネーブルまたはディセーブルにします。

インターフェイスのヘルス モニタリングをディセーブルにするには、コンテキスト内で次のコマンドを入力します。

hostname/context(config)# no monitor-interface if_name
 

インターフェイスのヘルス モニタリングをイネーブルにするには、コンテキスト内で次のコマンドを入力します。

hostname/context(config)# monitor-interface if_name
 

シングルコンフィギュレーション モードの装置の場合は、次のコマンドを使用して特定のインターフェイスのヘルス モニタリングをイネーブルまたはディセーブルにします。

インターフェイスのヘルス モニタリングをディセーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

hostname(config)# no monitor-interface if_name
 

インターフェイスのヘルス モニタリングをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

hostname(config)# monitor-interface if_name
 

インターフェイス ヘルス モニタリングの設定

セキュリティ アプライアンスは、各データ インターフェイスから hello パケットを送信して、インターフェイス ヘルスを監視します。保持時間の半分以上が経過してもセキュリティ アプライアンスがピア装置の対応するインターフェイスから hello パケットを受信しない場合、追加のインターフェイスのテストが開始されます。hello パケットまたはテストの正常終了の結果が指定した保持時間内に受信されない場合、インターフェイスは失敗としてマークされます。失敗したインターフェイスの数がフェールオーバー基準を満たしている場合、フェールオーバーが発生します。

ポーリング時間および保持時間を短縮すると、セキュリティ アプライアンスはインターフェイスの障害に対してより迅速な検出と応答を実行できますが、多くのシステム リソースを消費することがあります。

インターフェイスのポーリング時間を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover polltime interface [msec] time [holdtime time]
 

ポーリング時間に有効な値は 1 ~ 15 秒で、オプションの msec キーワードを使用すると、500 ~ 999 ミリ秒です。hello パケットを受信できなかったときからインターフェイスが失敗としてマークされるまでの時間が、保持時間によって決まります。保持時間に有効な値は、5 ~ 75 秒です。ポーリング時間の 5 倍に満たない保持時間は入力できません。


) インターフェイス リンクがダウンしていると、インターフェイスのテストは実行されず、設定されたフェールオーバー基準に障害のあるインターフェイスの数が合致するか、または基準を超過している場合、スタンバイ装置は、1 つのインターフェイス ポーリング期間内でアクティブになります。


フェールオーバー基準の設定

デフォルトでは、1 つのインターフェイス障害でフェールオーバーが行われます。インターフェイス数または監視されているインターフェイスの割合を指定して、この数または割合を超えたインターフェイスに障害が発生した場合にフェールオーバーが発生するようにできます。

デフォルトのフェールオーバー基準を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover interface-policy num[%]
 

インターフェイス数を指定する場合、 num 引数は 1 ~ 250 です。インターフェイスの割合を指定する場合、 num 引数は 1 ~ 100 です。

仮想 MAC アドレスの設定

Active/Standby フェールオーバーでは、プライマリ装置の MAC アドレスは常にアクティブ IP アドレスに関連付けられています。セカンダリ装置は、最初にブートされてアクティブになると、そのインターフェイスの焼き付け済み MAC アドレスを使用します。プライマリ装置がオンラインになると、セカンダリ装置はプライマリ装置から MAC アドレスを取得します。この変更によって、ネットワーク トラフィックが中断することがあります。

各インターフェイスに仮想 MAC アドレスを設定することで、セカンダリ装置がプライマリ装置よりも前にオンラインになっても、セカンダリ装置がアクティブ装置である場合、正しい MAC アドレスを使用するようにします。仮想 MAC アドレスを使用しない場合、フェールオーバー ペアは焼き付け済み NIC アドレスを MAC アドレスとして使用します。


) フェールオーバーまたはステートフル フェールオーバー リンクには、仮想 MAC アドレスは設定できません。これらのリンクの MAC アドレスおよび IP アドレスは、フェールオーバー中に変更されません。


アクティブ装置で次のコマンドを入力して、インターフェイスの仮想 MAC アドレスを設定します。

hostname(config)# failover mac address phy_if active_mac standby_mac
 

phy_if 引数は、インターフェイスの物理名(Ethernet1 など)です。 active_mac 引数および standby_mac 引数は、H.H.H 形式(H は 16 ビットの 16 進数)の MAC アドレスです。たとえば、MAC アドレス 00-0C-F1-42-4C-DE は、000C.F142.4CDE と入力します。

active_mac アドレスはインターフェイスのアクティブ IP アドレスに関連付けられ、 standby_mac はインターフェイスのスタンバイ IP アドレスに関連付けられます。

セキュリティ アプライアンスに仮想 MAC アドレスを設定するには複数の方法があります。仮想 MAC アドレスを設定するために複数の方式を使用した場合、セキュリティ アプライアンスは次のプライオリティで、インターフェイスに割り当てる仮想 MAC アドレスを決定します。

1. mac-address コマンド(インターフェイス コンフィギュレーション モード)のアドレス

2. failover mac address コマンドのアドレス

3. mac-address auto コマンドが生成したアドレス

4. 焼き付け済み MAC アドレス

show interface コマンドを使用して、インターフェイスが使用している MAC アドレスを表示します。

Active/Active フェールオーバーの設定

ここでは、Active/Active フェールオーバーの設定方法について説明します。


) Active/Active フェールオーバーは、ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでは使用できません。


この項は、次の内容で構成されています。

「前提条件」

「ケーブルベースの Active/Active フェールオーバーの設定(PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス)」

「LAN ベースの Active/Active フェールオーバーの設定」

「オプションの Active/Active フェールオーバー設定値の設定」

前提条件

はじめる前に、次の事項を確認してください。

両方の装置のハードウェア、ソフトウェア コンフィギュレーション、必要なライセンスが同じである。

両方の装置がマルチ コンテキスト モードである。

ケーブルベースの Active/Active フェールオーバーの設定(PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス)

次の手順に従って、シリアル ケーブルをフェールオーバー リンクとして使用して Active/Active フェールオーバーを設定します。このタスクのコマンドは、フェールオーバー ペアの プライマリ 装置で入力します。プライマリ装置とは、ケーブルの「Primary」と表記された端が接続されている装置のことです。マルチ コンテキスト モードの装置では、特に注記がない限り、システム実行スペースでコマンドを入力します。

ケーブルベースのフェールオーバーを使用する場合、フェールオーバー ペアのセカンダリ装置をブートストラップする必要はありません。指示があるまで、セカンダリ装置の電源はオフのままにします。

ケーブルベースのフェールオーバーは、PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスだけで使用できます。

ケーブルベースの Active/Active フェールオーバーを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 フェールオーバー ケーブルを PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスに接続します。必ず「Primary」とマークされているケーブルの端をプライマリ装置として使用する装置に接続し、「Secondary」とマークされているケーブルの端をセカンダリ装置として使用する装置に接続します。

ステップ 2 プライマリ装置の電源を投入します。

ステップ 3 まだ行っていない場合、各データ インターフェイス(ルーテッド モード)、管理 IP アドレス(透過モード)、または管理専用インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスを設定します。フェールオーバー ペア内の両装置からパケットを受信するには、スタンバイ IP アドレスをすべてのインターフェイスに設定する必要があります。スタンバイ IP アドレスは、現在スタンバイ装置であるセキュリティ アプライアンスで使用されていて、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。

各コンテキストからインターフェイス アドレスを設定する必要があります。 changeto context コマンドを使用して、コンテキストを切り替えます。コマンド プロンプトが hostname/ context (config-if)# に変わります。ここで、 context は、現在のコンテキスト名です。透過ファイアウォール マルチ コンテキスト モードで各コンテキストの管理 IP アドレスを入力する必要があります。


) 専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを使用する場合は、ステートフル フェールオーバー リンクの IP アドレスは設定しないでください。専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを設定するには、後述のステップの failover interface ip コマンドを使用します。


hostname/context(config-if)# ip address active_addr netmask standby standby_addr
 

ルーテッド ファイアウォール モードおよび管理専用インターフェイスでは、このコマンドを各インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードで入力します。透過ファイアウォール モードでは、このコマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで入力します。

ステップ 4 (オプション)ステートフル フェールオーバーをイネーブルにするには、ステートフル フェールオーバー リンクを設定します。

a. ステートフル フェールオーバー リンクとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover link if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに論理名を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。このインターフェイスは、他の目的に使用しないでください(オプションのフェールオーバー リンクは除く)。

b. アクティブおよびスタンバイ IP アドレスをステートフル フェールオーバー リンクに割り当てます。

hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ IP アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。

ステートフル フェールオーバー リンクの IP アドレスおよび MAC アドレスは、ステートフル フェールオーバーで標準データ インターフェイスを使用する場合を除き、フェールオーバー時に変更されません。アクティブ IP アドレスは、常にプライマリ装置にあります。スタンバイ IP アドレスは、セカンダリ装置にあります。

c. インターフェイスをイネーブルにします。

hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 5 フェールオーバー グループを設定します。最大 2 つのフェールオーバー グループを使用できます。 failover group コマンドは、指定されたフェールオーバー グループが存在しない場合はこれを作成し、フェールオーバー グループ コンフィギュレーション モードに移行します。

フェールオーバー グループごとに primary コマンドまたは secondary コマンドを使用して、フェールオーバー グループがプライマリ プリファレンスとセカンダリ プリファレンスのどちらを持つかを指定する必要があります。同じプリファレンスを両方のフェールオーバー グループに割り当てることができます。トラフィック共有コンフィギュレーションの場合は、各フェールオーバー グループに異なる装置プリファレンスを割り当てる必要があります。

次の例では、フェールオーバー グループ 1 にプライマリ プリファレンスを、フェールオーバー グループ 2 にセカンダリ プリファレンスを割り当てます。

hostname(config)# failover group 1
hostname(config-fover-group)# primary
hostname(config-fover-group)# exit
hostname(config)# failover group 2
hostname(config-fover-group)# secondary
hostname(config-fover-group)# exit
 

ステップ 6 コンテキスト コンフィギュレーション モードで join-failover-group コマンドを使用して、各ユーザ コンテキストをフェールオーバー グループに割り当てます。

未割り当てコンテキストは、自動的にフェールオーバー グループ 1 に割り当てられます。管理コンテキストは、常にフェールオーバー グループ 1 のメンバーです。

次のコマンドを入力して、各コンテキストをフェールオーバー グループに割り当てます。

hostname(config)# context context_name
hostname(config-context)# join-failover-group {1 | 2}
hostname(config-context)# exit
 

ステップ 7 フェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

ステップ 8 セカンダリ装置の電源を投入し、まだイネーブルにしていない場合、装置でフェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

実行メモリのコンフィギュレーションがアクティブ装置からスタンバイ装置に送信されます。コンフィギュレーションが同期すると、メッセージ「Beginning configuration replication: Sending to mate」および「End Configuration Replication to mate」がプライマリ コンソールに表示されます。

ステップ 9 コンフィギュレーションをプライマリ装置のフラッシュ メモリに保存します。プライマリ装置で入力されたコマンドはセカンダリ装置に複製されるため、セカンダリ装置もコンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存します。

hostname(config)# copy running-config startup-config
 

ステップ 10 必要に応じて、プライマリ装置でアクティブなフェールオーバー グループすべてを強制的にセカンダリ装置でアクティブ状態にします。フェールオーバー グループを強制的にセカンダリ装置でアクティブにするには、プライマリ装置のシステム実行スペースで次のコマンドを入力します。

hostname# no failover active group group_id
 

group_id 引数は、セカンダリ装置でアクティブにするグループを指定します。


 

LAN ベースの Active/Active フェールオーバーの設定

ここでは、イーサネット フェールオーバー リンクを使用して Active/Active フェールオーバーを設定する方法について説明します。LAN ベースのフェールオーバーを設定するときは、セカンダリ装置がプライマリ装置から実行コンフィギュレーションを取得する前に、セカンダリ装置をブートストラップしてフェールオーバー リンクを認識させる必要があります。

この項は、次の内容で構成されています。

「プライマリ装置の設定」

「セカンダリ装置の設定」

プライマリ装置の設定

Active/Active フェールオーバー コンフィギュレーションのプライマリ装置を設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 まだ行っていない場合、各データ インターフェイス(ルーテッド モード)、管理 IP アドレス(透過モード)、または管理専用インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスを設定します。フェールオーバー ペア内の両装置からパケットを受信するには、スタンバイ IP アドレスをすべてのインターフェイスに設定する必要があります。スタンバイ IP アドレスは、現在スタンバイ装置であるセキュリティ アプライアンスで使用されていて、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。

各コンテキストからインターフェイス アドレスを設定する必要があります。 changeto context コマンドを使用して、コンテキストを切り替えます。コマンド プロンプトが hostname/ context (config-if)# に変わります。ここで、 context は、現在のコンテキスト名です。透過ファイアウォール モードでは、各コンテキストの管理 IP アドレスを入力する必要があります。


) 専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを使用する場合は、ステートフル フェールオーバー リンクの IP アドレスは設定しないでください。専用のステートフル フェールオーバー インターフェイスを設定するには、後述のステップの failover interface ip コマンドを使用します。


hostname/context(config-if)# ip address active_addr netmask standby standby_addr
 

ルーテッド ファイアウォール モードおよび管理専用インターフェイスでは、このコマンドを各インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードで入力します。透過ファイアウォール モードでは、このコマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで入力します。

ステップ 2 基本フェールオーバー パラメータをシステム実行スペースで設定します。

a. (PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス限定)LAN ベースのフェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# hostname(config)# failover lan enable
 

b. 装置をプライマリ装置に指定します。

hostname(config)# failover lan unit primary
 

c. フェールオーバー リンクを指定します。

hostname(config)# failover lan interface if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに論理名を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでは、 phy_if は VLAN を指定します。このインターフェイスは、他の目的に使用しないでください(オプションのステートフル フェールオーバー リンクは除く)。

d. フェールオーバー リンクのアクティブ IP アドレスおよびスタンバイ IP アドレスを指定します。

hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ IP アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。フェールオーバー リンクの IP アドレスおよび MAC アドレスは、フェールオーバー時に変更されません。アクティブ IP アドレスは、常にプライマリ装置にあります。スタンバイ IP アドレスは、セカンダリ装置にあります。

ステップ 3 (オプション)ステートフル フェールオーバーをイネーブルにするには、ステートフル フェールオーバー リンクを設定します。

a. ステートフル フェールオーバー リンクとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover link if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに論理名を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。このインターフェイスは、他の目的に使用しないでください(オプションのフェールオーバー リンクは除く)。


) ステートフル フェールオーバー リンクがフェールオーバー リンクまたは標準データ インターフェイスを使用する場合は、if_name 引数を指定することだけが必要です。


b. アクティブおよびスタンバイ IP アドレスをステートフル フェールオーバー リンクに割り当てます。


) ステートフル フェールオーバー リンクがフェールオーバー リンクまたは標準データ インターフェイスを使用する場合は、このステップをスキップします。インターフェイスのアクティブおよびスタンバイ IP アドレスは、すでに定義しています。


hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。

状態リンクの IP アドレスおよび MAC アドレスは、フェールオーバー時に変更されません。アクティブ IP アドレスは、常にプライマリ装置にあります。スタンバイ IP アドレスは、セカンダリ装置にあります。

c. インターフェイスをイネーブルにします。


) ステートフル フェールオーバー リンクがフェールオーバー リンクまたは標準データ インターフェイスを使用する場合は、このステップをスキップします。インターフェイスは、すでにイネーブルです。


hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 4 フェールオーバー グループを設定します。最大 2 つのフェールオーバー グループを使用できます。 failover group コマンドは、指定されたフェールオーバー グループが存在しない場合はこれを作成し、フェールオーバー グループ コンフィギュレーション モードに移行します。

フェールオーバー グループごとに primary コマンドまたは secondary コマンドを使用して、フェールオーバー グループがプライマリ プリファレンスとセカンダリ プリファレンスのどちらを持つかを指定します。同じプリファレンスを両方のフェールオーバー グループに割り当てることができます。トラフィック共有コンフィギュレーションの場合は、各フェールオーバー グループに異なる装置プリファレンスを割り当てる必要があります。

次の例では、フェールオーバー グループ 1 にプライマリ プリファレンスを、フェールオーバー グループ 2 にセカンダリ プリファレンスを割り当てます。

hostname(config)# failover group 1
hostname(config-fover-group)# primary
hostname(config-fover-group)# exit
hostname(config)# failover group 2
hostname(config-fover-group)# secondary
hostname(config-fover-group)# exit
 

ステップ 5 コンテキスト コンフィギュレーション モードで join-failover-group コマンドを使用して、各ユーザ コンテキストをフェールオーバー グループに割り当てます。

未割り当てコンテキストは、自動的にフェールオーバー グループ 1 に割り当てられます。管理コンテキストは、常にフェールオーバー グループ 1 のメンバーです。

次のコマンドを入力して、各コンテキストをフェールオーバー グループに割り当てます。

hostname(config)# context context_name
hostname(config-context)# join-failover-group {1 | 2}
hostname(config-context)# exit
 

ステップ 6 フェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 


 

セカンダリ装置の設定

LAN ベースの Active/Active フェールオーバーを設定するときは、セカンダリ装置をブートストラップしてフェールオーバー リンクを認識させる必要があります。その結果、セカンダリ装置は、プライマリ装置と通信して、実行コンフィギュレーションを受信できるようになります。

Active/Active フェールオーバー コンフィギュレーションのセカンダリ装置をブートストラップするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 (PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンス限定)LAN ベースのフェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover lan enable
 

ステップ 2 フェールオーバー インターフェイスを定義します。プライマリ装置に使用している設定と同じ設定を使用します。

a. フェールオーバー インターフェイスとして使用するインターフェイスを指定します。

hostname(config)# failover lan interface if_name phy_if
 

if_name 引数は、 phy_if 引数で指定されたインターフェイスに論理名を割り当てます。 phy_if 引数は、物理ポート名(Ethernet1 など)にすることも、すでに作成されているサブインターフェイス(Ethernet0/2.3 など)にすることもできます。ASA 5505 適応型セキュリティ アプライアンスでは、 phy_if は VLAN を指定します。

b. アクティブおよびスタンバイの各 IP アドレスをフェールオーバー リンクに割り当てます。フェールオーバー ペア内の両装置からパケットを受信するには、スタンバイ IP アドレスをすべてのインターフェイスに設定する必要があります。

hostname(config)# failover interface ip if_name ip_addr mask standby ip_addr
 

) (同一 IP アドレスを含む)フェールオーバー インターフェイスを設定する場合、プライマリ装置でこのコマンドを入力するときは、正確に入力してください。


スタンバイ IP アドレスは、アクティブ IP アドレスと同じサブネットである必要があります。スタンバイ アドレスのサブネット マスクを指定する必要はありません。

c. インターフェイスをイネーブルにします。

hostname(config)# interface phy_if
hostname(config-if)# no shutdown
 

ステップ 3 (オプション)この装置をセカンダリ装置に指定します。

hostname(config)# failover lan unit secondary
 

) 前に別の設定がされていない限り、装置はデフォルトでセカンダリに指定されているため、このステップはオプションです。


ステップ 4 フェールオーバーをイネーブルにします。

hostname(config)# failover
 

フェールオーバーをイネーブルにすると、実行メモリのコンフィギュレーションがアクティブ装置からスタンバイ装置に送信されます。コンフィギュレーションが同期すると、メッセージ「 Beginning configuration replication: Sending to mate 」および「 End Configuration Replication to mate 」がアクティブ装置のコンソールに表示されます。

ステップ 5 実行コンフィギュレーションの複製が完了したら、次のコマンドを入力してそのコンフィギュレーションをフラッシュ メモリに保存します。

hostname(config)# copy running-config startup-config
 

ステップ 6 必要に応じて、プライマリ装置でアクティブなフェールオーバー グループすべてを強制的にセカンダリ装置でアクティブ状態にします。フェールオーバー グループを強制的にセカンダリ装置でアクティブにするには、プライマリ装置のシステム実行スペースで次のコマンドを入力します。

hostname# no failover active group group_id
 

group_id 引数は、セカンダリ装置でアクティブにするグループを指定します。


 

オプションの Active/Active フェールオーバー設定値の設定

次のオプションの Active/Active フェールオーバー設定値は、最初にフェールオーバーを設定するときでも、フェールオーバーがすでに設定された後でも設定できます。特に注記がない限り、コマンドは、フェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態の装置で入力する必要があります。

この項は、次の内容で構成されています。

「フェールオーバー グループのプリエンプションの設定」

「ステートフル フェールオーバーでの HTTP 複製のイネーブル化」

「インターフェイス モニタリングのディセーブル化とイネーブル化」

「インターフェイス ヘルス モニタリングの設定」

「フェールオーバー基準の設定」

「仮想 MAC アドレスの設定」

「非対称にルーティングされたパケットのサポートの設定」

フェールオーバー グループのプリエンプションの設定

プライマリまたはセカンダリのプライオリティをフェールオーバー グループに割り当てると、両方の装置が同時にブートされるときに、フェールオーバー グループがどの装置上でアクティブになるかが指定されます。しかし、ある装置がもう一方の装置よりも先にブートした場合、どちらのフェールオーバー グループもその装置上でアクティブになります。もう一方の装置がオンラインになると、その装置にプライオリティを認めているフェールオーバー グループはいずれも、その装置ではアクティブになりません。ただし、手動で強制された場合、フェールオーバーが行われた場合、またはそのフェールオーバー グループが preempt コマンドで設定されている場合は除きます。 preempt コマンドによって、フェールオーバー グループは、指定された装置が使用可能になると、その装置で自動的にアクティブになります。

指定されたフェールオーバー グループのプリエンプションを設定するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover group {1 | 2}
hostname(config-fover-group)# preempt [delay]
 

オプションの delay 値に秒数を入力して、その時間フェールオーバー グループが現在の装置でアクティブ状態に維持され、その後に指定された装置で自動的にアクティブになるようにできます。

ステートフル フェールオーバーでの HTTP 複製のイネーブル化

HTTP 接続をステート情報に含めることができるようにするには、HTTP 複製をイネーブルにする必要があります。HTTP 接続は通常は存続期間が短く、HTTP クライアントは接続試行が失敗すると通常は再試行するため、HTTP 接続は複製されるステート情報に自動的には含まれません。 replication http コマンドを使用すると、ステートフル フェールオーバーがイネーブルになっている場合に、フェールオーバー グループに HTTP ステート情報を複製させることができます。

フェールオーバー グループの HTTP ステート複製をイネーブルにするには、次のコマンドを入力します。このコマンドは、設定されているフェールオーバー グループだけに影響します。両方のフェールオーバー グループの HTTP ステート複製をイネーブルにするには、各グループで次のコマンドを入力する必要があります。次のコマンドは、システム実行スペースで入力する必要があります。

hostname(config)# failover group {1 | 2}
hostname(config-fover-group)# replication http
 

インターフェイス モニタリングのディセーブル化とイネーブル化

1 台の装置で最大 250 のインターフェイスを監視できます。デフォルトでは、物理インターフェイスのモニタリングはイネーブルに、サブインターフェイスのモニタリングはディセーブルになっています。特定のインターフェイスのモニタリングをディセーブルにし、別のモニタリングをイネーブルにすることで、フェールオーバー ポリシーに影響を与えるインターフェイスを制御できます。これによって、重要度の低いネットワークに接続されているインターフェイスがフェールオーバー ポリシーに影響を与えないようにできます。

インターフェイスのヘルス モニタリングをディセーブルにするには、コンテキスト内で次のコマンドを入力します。

hostname/context(config)# no monitor-interface if_name
 

インターフェイスのヘルス モニタリングをイネーブルにするには、コンテキスト内で次のコマンドを入力します。

hostname/context(config)# monitor-interface if_name
 

インターフェイス ヘルス モニタリングの設定

セキュリティ アプライアンスは、各データ インターフェイスから hello パケットを送信して、インターフェイス ヘルスを監視します。保持時間の半分以上が経過してもセキュリティ アプライアンスがピア装置の対応するインターフェイスから hello パケットを受信しない場合、追加のインターフェイスのテストが開始されます。hello パケットまたはテストの正常終了の結果が指定した保持時間内に受信されない場合、インターフェイスは失敗としてマークされます。失敗したインターフェイスの数がフェールオーバー基準を満たしている場合、フェールオーバーが発生します。

ポーリング時間および保持時間を短縮すると、セキュリティ アプライアンスはインターフェイスの障害に対してより迅速な検出と応答を実行できますが、多くのシステム リソースを消費することがあります。

インターフェイスのデフォルトのポーリング時間を変更するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover group {1 | 2}
hostname(config-fover-group)# polltime interface seconds
 

ポーリング時間に有効な値は 1 ~ 15 秒で、オプションの msec キーワードを使用すると、500 ~ 999 ミリ秒です。hello パケットを受信できなかったときからインターフェイスが失敗としてマークされるまでの時間が、保持時間によって決まります。保持時間に有効な値は、5 ~ 75 秒です。ポーリング時間の 5 倍に満たない保持時間は入力できません。

フェールオーバー基準の設定

デフォルトでは、1 つのインターフェイス障害でフェールオーバーが行われます。インターフェイス数または監視されているインターフェイスの割合を指定して、この数または割合を超えたインターフェイスに障害が発生した場合にフェールオーバーが発生するようにできます。フェールオーバー基準は、フェールオーバー グループごとに指定されます。

指定されたフェールオーバー グループのデフォルト フェールオーバー基準を変更するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover group {1 | 2}
hostname(config-fover-group)# interface-policy num[%]
 

インターフェイス数を指定する場合、 num 引数は 1 ~ 250 です。インターフェイスの割合を指定する場合、 num 引数は 1 ~ 100 です。

仮想 MAC アドレスの設定

Active/Active フェールオーバーでは、すべてのインターフェイスで仮想 MAC アドレスを使用します。仮想 MAC アドレスを指定しない場合は、次のように計算されます。

アクティブ装置のデフォルト MAC アドレス:00a0.c9 physical_port_number . failover_group_id 01

スタンバイ装置のデフォルト MAC アドレス:00a0.c9 physical_port_number . failover_group_id 02


同じネットワーク上に Active/Active フェールオーバー ペアが複数ある場合は、あるペアのインターフェイスに割り当てられているものと同じデフォルト仮想 MAC アドレスが、他のペアのインターフェイスに割り当てられることがあります。これは、デフォルト仮想 MAC アドレスの決定方法に基づいた動作です。ネットワーク上で MAC アドレスが重複することを回避するには、すべてのフェールオーバー グループに対して、必ず各物理インターフェイスに仮想のアクティブおよびスタンバイ MAC アドレスを割り当てます。


インターフェイスの特定のアクティブおよびスタンバイ MAC アドレスを設定するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover group {1 | 2}
hostname(config-fover-group)# mac address phy_if active_mac standby_mac
 

phy_if 引数は、インターフェイスの物理名(Ethernet1 など)です。 active_mac 引数および standby_mac 引数は、H.H.H 形式(H は 16 ビットの 16 進数)の MAC アドレスです。たとえば、MAC アドレス 00-0C-F1-42-4C-DE は、000C.F142.4CDE と入力します。

active_mac アドレスはインターフェイスのアクティブ IP アドレスに関連付けられ、 standby_mac はインターフェイスのスタンバイ IP アドレスに関連付けられます。

セキュリティ アプライアンスに仮想 MAC アドレスを設定するには複数の方法があります。仮想 MAC アドレスを設定するために複数の方式を使用した場合、セキュリティ アプライアンスは次のプライオリティで、インターフェイスに割り当てる仮想 MAC アドレスを決定します。

1. mac-address コマンド(インターフェイス コンフィギュレーション モード)のアドレス

2. failover mac address コマンドのアドレス

3. mac-address auto コマンドが生成するアドレス

4. 自動的に生成されたフェールオーバー MAC アドレス

show interface コマンドを使用して、インターフェイスが使用している MAC アドレスを表示します。

非対称にルーティングされたパケットのサポートの設定

Active/Active フェールオーバーで動作中の場合、装置は、ピア装置を経由して送信された接続用の返送パケットを受信することがあります。そのパケットを受信するセキュリティ アプライアンスにはそのパケットの接続情報がないために、パケットはドロップされます。これが最もよく発生するのは、Active/Active フェールオーバー ペアのセキュリティ アプライアンス 2 台が異なるサービス プロバイダーに接続されており、発信接続で NAT アドレスが使用されていない場合です。

返送パケットのドロップは、ドロップが発生する可能性のあるインターフェイスで asr-group コマンドを使用することで防止できます。 asr-group コマンドで設定されたインターフェイスがセッション情報を持たないパケットを受信すると、同じグループ内の他のインターフェイスのセッション情報をチェックします。一致する情報が見つからない場合、パケットはドロップされます。一致する情報が見つかると、次の動作のうちいずれかが開始します。

着信トラフィックがピア装置に発信されると、レイヤ 2 ヘッダーの一部またはすべてが書き直され、パケットは他の装置にリダイレクトされます。このリダイレクトは、セッションがアクティブである限り続行されます。

着信トラフィックが同じ装置の別のインターフェイスに発信されると、レイヤ 2 ヘッダーの一部またはすべてが書き直され、パケットはストリームに再挿入されます。


) 非対称ルーティングのサポートを設定するために asr-group コマンドを使用する方法は、nailed オプションを指定して static コマンドを使用する方法よりも安全です。

asr-group コマンドは、非対称ルーティングを提供しません。非対称にルーティングされたパケットを正しいインターフェイスに戻します。


前提条件

非対称ルーティングのサポートを正常に機能させるには、次の設定がされている必要があります。

Active/Active フェールオーバー。

ステートフル フェールオーバー:アクティブ フェールオーバー グループにあるインターフェイスのセッションのステート情報を、スタンバイ フェールオーバー グループに渡します。

replication http :HTTP セッションのステート情報は、スタンバイ フェールオーバー グループに渡されないため、スタンバイ インターフェイスに存在しません。セキュリティ アプライアンスが非対称にルーティングされた HTTP パケットを再ルーティングできるように、HTTP ステート情報を複製する必要があります。

フェールオーバーを設定しなくても asr-group コマンドをインターフェイスに設定できますが、ステートフル フェールオーバーがイネーブルになるまで効果はありません。

非対称にルーティングされたパケットのサポートの設定

非対称にルーティングされたパケットのサポートを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 フェールオーバー ペアに Active/Active ステートフル フェールオーバーを設定します。「Active/Active フェールオーバーの設定」を参照してください。

ステップ 2 非対称ルーティングのサポートに参加するインターフェイスそれぞれに、次のコマンドを入力します。コマンドがスタンバイ フェールオーバー グループに複製されるように、コンテキストがアクティブ状態の装置でコマンドを入力する必要があります。コマンドの複製については、「コマンドの複製」を参照してください。

hostname/ctx(config)# interface phy_if
hostname/ctx(config-if)# asr-group num
 

num 範囲に有効な値は、1 ~ 32 です。非対称ルーティング グループに参加するインターフェイスそれぞれにコマンドを入力する必要があります。インターフェイスによって転送、受信、またはドロップされた ASR パケットの数を表示するには、 show interface detail コマンドを使用します。セキュリティ アプライアンスに複数の ASR グループを設定できますが、インターフェイスごとに 1 つだけです。同じ ASR グループのメンバーだけにセッション情報のチェックが行われます。


 

図 15-1 に、非対称ルーティングをサポートする asr-group コマンドの使用例を示します。

図 15-1 ASR の例

 

2 つの装置に次のコンフィギュレーションがあります(コンフィギュレーションは関連するコマンドだけを示します)。図の「SecAppA」というラベルの付いた装置は、フェールオーバー ペアのプライマリ装置です。

例 15-1 プライマリ装置のシステム コンフィギュレーション

hostname primary
interface GigabitEthernet0/1
description LAN/STATE Failover Interface
interface GigabitEthernet0/2
no shutdown
interface GigabitEthernet0/3
no shutdown
interface GigabitEthernet0/4
no shutdown
interface GigabitEthernet0/5
no shutdown
failover
failover lan unit primary
failover lan interface folink GigabitEthernet0/1
failover link folink
failover interface ip folink 10.0.4.1 255.255.255.0 standby 10.0.4.11
failover group 1
primary
failover group 2
secondary
admin-context admin
context admin
description admin
allocate-interface GigabitEthernet0/2
allocate-interface GigabitEthernet0/3
config-url flash:/admin.cfg
join-failover-group 1
context ctx1
description context 1
allocate-interface GigabitEthernet0/4
allocate-interface GigabitEthernet0/5
config-url flash:/ctx1.cfg
join-failover-group 2
 

例 15-2 管理コンテキストのコンフィギュレーション

hostname SecAppA
interface GigabitEthernet0/2
nameif outsideISP-A
security-level 0
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0 standby 192.168.1.2
asr-group 1
interface GigabitEthernet0/3
nameif inside
security-level 100
ip address 10.1.0.1 255.255.255.0 standby 10.1.0.11
monitor-interface outside
 

例 15-3 ctx1 コンテキストのコンフィギュレーション

hostname SecAppB
interface GigabitEthernet0/4
nameif outsideISP-B
security-level 0
ip address 192.168.2.2 255.255.255.0 standby 192.168.2.1
asr-group 1
interface GigabitEthernet0/5
nameif inside
security-level 100
ip address 10.2.20.1 255.255.255.0 standby 10.2.20.11
 

図 15-1 に、次のように動作する ASR のサポートを示します。

1. 発信セッションはセキュリティ アプライアンス SecAppA を通過します。このセッションによってインターフェイス outsideISP-A(192.168.1.1)を終了します。

2. 非対称ルーティングがある程度アップストリームに設定されているため、リターン トラフィックは、セキュリティ アプライアンス SecAppB のインターフェイス outsideISP-B(192.168.2.2)を経由して戻ります。

3. 通常、リターン トラフィックは、そのインターフェイス 192.168.2.2 上にリターン トラフィックに関するセッション情報がないため、ドロップされます。ただし、インターフェイスは、コマンド asr-group 1 で設定されます。装置は、同じ ASR グループ ID で設定された他のインターフェイス上のセッションを探します。

4. セッション情報は、装置 SecAppB 上でスタンバイ状態のインターフェイス outsideISP-A(192.168.1.2)にあります。ステートフル フェールオーバーは、SecAppA から SecAppB にセッション情報を複製します。

5. ドロップされる代わりに、レイヤ 2 ヘッダーはインターフェイス 192.168.1.1 の情報で書き直され、トラフィックはインターフェイス 192.168.1.2 からリダイレクトされます。そこから、発信元の装置のインターフェイスを経由して戻ります(SecAppA の 192.168.1.1)。この転送は、必要に応じて、セッションが終了するまで続行されます。

装置ヘルス モニタリングの設定

セキュリティ アプライアンスは、フェールオーバー インターフェイスを通じて hello パケットを送信して、装置のヘルスを監視します。スタンバイ装置が、2 回の連続するポーリング期間の間にアクティブ装置から hello パケットを受信しない場合、残りの装置のインターフェイスを通じて追加のテスト パケットを送信します。指定の保持時間内に hello パケット、またはインターフェイス テスト パケットへの応答を受信しない場合、スタンバイ装置はアクティブになります。

装置のヘルスを監視するときに、hello メッセージの頻度を設定できます。ポーリング時間を短縮すると、装置の障害をより迅速に検出できますが、多くのシステム リソースを消費します。

装置のポーリング時間を変更するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover polltime [msec] time [holdtime [msec] time]
 

ポーリング頻度は 1 ~ 15 秒に設定できます。オプションの msec キーワードを使用すると、200 ~ 999 ミリ秒に設定できます。hello パケットを受信できなかったときからフェールオーバーが発生するまでの時間が、保持時間によって決まります。保持時間は、ポーリング時間の 3 倍以上である必要があります。保持時間は 1 ~ 45 秒に設定できます。オプションの msec キーワードを使用すると、800 ~ 990 ミリ秒に設定できます。

最小のポーリング時間と保持時間を使用するようにセキュリティ アプライアンスを設定すると、1 秒未満で装置の障害を検出して応答できるようになります。ただし、システム リソースの使用量を増やすことにもなり、偽の障害が検出される場合もあります。その場合は、ネットワークが輻輳しているか、セキュリティ アプライアンスがほぼ容量いっぱいで動作しています。

フェールオーバー通信の認証/暗号化の設定

フェールオーバー ピアの間の通信の暗号化および認証は、共有秘密または 16 進数のキーを指定することによって可能になります。


) PIX 500 シリーズ セキュリティ アプライアンスの場合、専用のシリアル フェールオーバー ケーブルを使用して装置を接続すると、フェールオーバー リンク経由の通信は、フェールオーバー キーが設定されていても、暗号化されません。フェールオーバー キーでは、LAN ベースのフェールオーバー通信だけが暗号化されます。



注意 フェールオーバー リンクおよびステートフル フェールオーバー リンク経由で送信される情報は、フェールオーバー キーを使用して通信をセキュリティで保護しない限り、すべてクリア テキストで送信されます。VPN トンネルの終端にセキュリティ アプライアンスを使用する場合、この情報には、トンネルの確立に使用されたすべてのユーザ名、パスワード、および事前共有キーが含まれています。この機密データをクリア テキストで転送することは、非常に大きなセキュリティ リスクになるおそれがあります。セキュリティ アプライアンスを使用して VPN トンネルを終端する場合は、フェールオーバー通信をフェールオーバー キーによってセキュリティで保護することをお勧めします。

Active/Standby フェールオーバー ペアのアクティブ装置、または Active/Active フェールオーバー ペアのフェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態の装置で次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover key {secret | hex key}
 

secret 引数で、暗号キーの生成に使用される共有秘密を指定します。共有秘密には 1 ~ 63 文字が指定できます。文字としては、数字、英字、句読点のどのような組み合せでも使用できます。 hex key 引数で、16 進暗号キーを指定します。 キーは、32 桁の 16 進数文字(0 ~ 9、a ~ f)でなければなりません。


) フェールオーバー キーが、ピア装置に既存のフェールオーバー コンフィギュレーション用のクリア テキストとして複製されるのを防止するには、アクティブ装置(またはフェールオーバー グループ 1 がアクティブ状態の装置のシステム実行スペース)でフェールオーバーをディセーブルにして、両方の装置でフェールオーバー キーを入力し、その後フェールオーバーを再度イネーブルにします。フェールオーバーが再度イネーブルにされると、フェールオーバー通信がそのキーで暗号化されます。


新しい LAN ベースのフェールオーバー コンフィギュレーションの場合、 failover key コマンドはフェールオーバー ペアのブートストラップ コンフィギュレーションの一部でなければなりません。

フェールオーバー コンフィギュレーションの確認

この項では、フェールオーバー コンフィギュレーションを確認する方法について説明します。次の項目を取り上げます。

「show failover コマンドの使用」

「監視対象インターフェイスの表示」

「実行コンフィギュレーション内のフェールオーバー コマンドの表示」

「フェールオーバー機能のテスト」

show failover コマンドの使用

ここでは、 show failover コマンドの出力について説明します。各装置で、 show failover コマンドを入力してフェールオーバー ステータスを確認できます。表示される情報は、Active/Standby フェールオーバーと Active/Active フェールオーバーのどちらを使用しているかによって決まります。

この項は、次の内容で構成されています。

「show failover:Active/Standby」

「Show Failover:Active/Active」

show failover:Active/Standby

次に、Active/Standby フェールオーバーの show failover コマンドの出力例を示します。 表 15-10 に、表示される情報についての説明を示します。

hostname# show failover
 
Failover On
Cable status: N/A - LAN-based failover enabled
Failover unit Primary
Failover LAN Interface: fover Ethernet2 (up)
Unit Poll frequency 1 seconds, holdtime 3 seconds
Interface Poll frequency 15 seconds
Interface Policy 1
Monitored Interfaces 2 of 250 maximum
failover replication http
Last Failover at: 22:44:03 UTC Dec 8 2004
This host: Primary - Active
Active time: 13434 (sec)
Interface inside (10.130.9.3): Normal
Interface outside (10.132.9.3): Normal
Other host: Secondary - Standby Ready
Active time: 0 (sec)
Interface inside (10.130.9.4): Normal
Interface outside (10.132.9.4): Normal
 
Stateful Failover Logical Update Statistics
Link : fover Ethernet2 (up)
Stateful Obj xmit xerr rcv rerr
General 1950 0 1733 0
sys cmd 1733 0 1733 0
up time 0 0 0 0
RPC services 0 0 0 0
TCP conn 6 0 0 0
UDP conn 0 0 0 0
ARP tbl 106 0 0 0
Xlate_Timeout 0 0 0 0
VPN IKE upd 15 0 0 0
VPN IPSEC upd 90 0 0 0
VPN CTCP upd 0 0 0 0
VPN SDI upd 0 0 0 0
VPN DHCP upd 0 0 0 0
SIP Session 0 0 0 0
 
Logical Update Queue Information
Cur Max Total
Recv Q: 0 2 1733
Xmit Q: 0 2 15225
 

マルチ コンテキスト モードでは、セキュリティ コンテキストで show failover コマンドを使用して、そのコンテキストのフェールオーバー情報を表示します。この情報は、シングル コンテキスト モードでコマンドを使用した場合に表示される情報に似ています。装置のアクティブ ステータスまたはスタンバイ ステータスを表示する代わりに、コンテキストのアクティブ ステータスまたはスタンバイ ステータスを表示します。 表 15-10 に、表示される情報についての説明を示します。

 
Failover On
Last Failover at: 04:03:11 UTC Jan 4 2003
This context: Negotiation
Active time: 1222 (sec)
Interface outside (192.168.5.121): Normal
Interface inside (192.168.0.1): Normal
Peer context: Not Detected
Active time: 0 (sec)
Interface outside (192.168.5.131): Normal
Interface inside (192.168.0.11): Normal
 
Stateful Failover Logical Update Statistics
Status: Configured.
Stateful Obj xmit xerr rcv rerr
RPC services 0 0 0 0
TCP conn 99 0 0 0
UDP conn 0 0 0 0
ARP tbl 22 0 0 0
Xlate_Timeout 0 0 0 0
GTP PDP 0 0 0 0
GTP PDPMCB 0 0 0 0
SIP Session 0 0 0 0
 

 

表 15-10 show failover の表示の説明

フィールド
オプション

Failover

On

Off

Cable status:

Normal:ケーブルは両方の装置に接続されており、両方の装置とも電源が入っています。

My side not connected:シリアル ケーブルがこの装置に接続されていません。ケーブルがもう一方の装置に接続されているかどうかは不明です。

Other side is not connected:シリアル ケーブルはこの装置に接続されていますが、もう一方の装置には接続されていません。

Other side powered off:相手装置の電源がオフになっています。

N/A:LAN ベースのフェールオーバーはイネーブルです。

Failover Unit

Primary または Secondary

Failover LAN Interface

フェールオーバー リンクの論理名または物理名が表示されます。

Unit Poll frequency

hello メッセージがピア装置に送信される間隔の秒数と、装置がフェールオーバー リンクで hello メッセージを受信する待機時間の秒数が表示されます。この秒数を超えて hello メッセージを受信しない場合、ピアに障害が発生したと宣言されます。

Interface Poll frequency

n seconds

failover polltime interface コマンドで設定した秒数です。デフォルトは 15 秒です。

Interface Policy

数または割合が表示されます。この数または割合を超えたインターフェイスが故障すると、フェールオーバーがトリガーされます。

Monitored Interfaces

監視中のインターフェイス数と、監視可能最大インターフェイス数が表示されます。

failover replication http

ステートフル フェールオーバーに対して HTTP ステート複製がイネーブルの場合に表示されます。

Last Failover at:

最後のフェールオーバーの日付と時刻。形式は次のとおりです。

hh : mm : ss UTC DayName Month Day yyyy

UTC(協定世界時)は、GMT(グリニッジ標準時)と同じです。

This host:

Other host:

ホストごとに、次の情報が表示されます。

Primary または Secondary

Active

Standby

Active time:

n (sec)

装置がアクティブ状態にあった時間。この時間は累積です。したがって、スタンバイ装置にも、過去にアクティブであった場合は値が表示されます。

slot x

スロットのモジュールに関する情報、または空。

Interface name ( n . n . n . n ):

インターフェイスごとに、各装置で現在使用している IP アドレス、および次の状態のいずれかが表示されます。

Failed:インターフェイスに障害が発生しました。

No Link:インターフェイスの回線プロトコルがダウンしています。

Normal:インターフェイスが正しく動作しています。

Link Down:インターフェイスは管理上シャットダウンされました。

Unknown:セキュリティ アプライアンスがインターフェイスのステータスを判別できません。

Waiting:相手装置のネットワーク インターフェイスの監視はまだ開始されていません。

Stateful Failover Logical Update Statistics

次のフィールドは、ステートフル フェールオーバー機能に関係します。[Link] フィールドにインターフェイス名が表示されている場合、ステートフル フェールオーバー統計情報が表示されます。

Link

interface_name :ステートフル フェールオーバー リンクに使用するインターフェイス。

Unconfigured:ステートフル フェールオーバーを使用していません。

up:インターフェイスは実行中で、機能しています。

down:インターフェイスは管理上シャットダウンされたか、物理的にダウンしています。

failed:インターフェイスに障害が発生し、ステートフル データが渡されていません。

Stateful Obj

各フィールド型で、次の統計情報が表示されます。これらは、2 台の装置の間で送信されたステート情報パケット数のカウンタです。フィールドは必ずしも、装置を通過するアクティブな接続を示すわけではありません。

xmit:相手装置に送信されたパケットの数

xerr:相手装置にパケットを送信中に発生したエラーの数

rcv:受信されたパケットの数

rerr:相手装置からパケットを受信中に発生したエラーの数

General

ステートフル オブジェクトの総数。

sys cmd

論理更新システム コマンド(LOGIN、Stay Alive など)。

up time

アップタイム(アクティブ装置がスタンバイ装置に渡す値)。

RPC services

Remote Procedure Call(リモート プロシージャ コール)接続の情報。

TCP conn

TCP 接続の情報。

UDP conn

ダイナミック UDP 接続の情報。

ARP tbl

ダイナミック ARP テーブルの情報。

L2BRIDGE tbl

レイヤ 2 ブリッジ テーブルの情報(透過ファイアウォール モード限定)。

Xlate_Timeout

接続変換タイムアウトの情報を示します。

VPN IKE upd

IKE 接続の情報。

VPN IPSEC upd

IPSec 接続の情報。

VPN CTCP upd

cTCP トンネル接続の情報。

VPN SDI upd

SDI AAA 接続の情報。

VPN DHCP upd

トンネル DHCP 接続の情報。

GTP PDP

GTP PDP アップデート情報。この情報は、inspect GTP がイネーブルの場合だけに表示されます。

GTP PDPMCB

GTP PDPMCB アップデート情報。この情報は、inspect GTP がイネーブルの場合だけに表示されます。

Logical Update Queue Information

各フィールド型で、次の統計情報が使用されます。

Cur:現在のパケット数

Max:最大パケット数

Total:合計パケット数

Recv Q

受信キューのステータス。

Xmit Q

送信キューのステータス。

Show Failover:Active/Active

次に、Active/Active フェールオーバーの show failover コマンドの出力例を示します。 表 15-11 に、表示される情報についての説明を示します。

hostname# show failover
 
Failover On
Failover unit Primary
Failover LAN Interface: third GigabitEthernet0/2 (up)
Unit Poll frequency 1 seconds, holdtime 15 seconds
Interface Poll frequency 4 seconds
Interface Policy 1
Monitored Interfaces 8 of 250 maximum
failover replication http
Group 1 last failover at: 13:40:18 UTC Dec 9 2004
Group 2 last failover at: 13:40:06 UTC Dec 9 2004
 
This host: Primary
Group 1 State: Active
Active time: 2896 (sec)
Group 2 State: Standby Ready
Active time: 0 (sec)
 
slot 0: ASA-5530 hw/sw rev (1.0/7.0(0)79) status (Up Sys)
slot 1: SSM-IDS-20 hw/sw rev (1.0/5.0(0.11)S91(0.11)) status (Up)
admin Interface outside (10.132.8.5): Normal
admin Interface third (10.132.9.5): Normal
admin Interface inside (10.130.8.5): Normal
admin Interface fourth (10.130.9.5): Normal
ctx1 Interface outside (10.1.1.1): Normal
ctx1 Interface inside (10.2.2.1): Normal
ctx2 Interface outside (10.3.3.2): Normal
ctx2 Interface inside (10.4.4.2): Normal
 
Other host: Secondary
Group 1 State: Standby Ready
Active time: 190 (sec)
Group 2 State: Active
Active time: 3322 (sec)
 
slot 0: ASA-5530 hw/sw rev (1.0/7.0(0)79) status (Up Sys)
slot 1: SSM-IDS-20 hw/sw rev (1.0/5.0(0.1)S91(0.1)) status (Up)
admin Interface outside (10.132.8.6): Normal
admin Interface third (10.132.9.6): Normal
admin Interface inside (10.130.8.6): Normal
admin Interface fourth (10.130.9.6): Normal
ctx1 Interface outside (10.1.1.2): Normal
ctx1 Interface inside (10.2.2.2): Normal
ctx2 Interface outside (10.3.3.1): Normal
ctx2 Interface inside (10.4.4.1): Normal
 
Stateful Failover Logical Update Statistics
Link : third GigabitEthernet0/2 (up)
Stateful Obj xmit xerr rcv rerr
General 1973 0 1895 0
sys cmd 380 0 380 0
up time 0 0 0 0
RPC services 0 0 0 0
TCP conn 1435 0 1450 0
UDP conn 0 0 0 0
ARP tbl 124 0 65 0
Xlate_Timeout 0 0 0 0
VPN IKE upd 15 0 0 0
VPN IPSEC upd 90 0 0 0
VPN CTCP upd 0 0 0 0
VPN SDI upd 0 0 0 0
VPN DHCP upd 0 0 0 0
SIP Session 0 0 0 0
 
Logical Update Queue Information
Cur Max Total
Recv Q: 0 1 1895
Xmit Q: 0 0 1940
 

次に、Active/Active フェールオーバーの show failover group コマンドの出力例を示します。表示される情報は show failover コマンドの情報と似ていますが、指定したグループの情報に限定されています。 表 15-11 に、表示される情報についての説明を示します。

 
hostname# show failover group 1
 
Last Failover at: 04:09:59 UTC Jan 4 2005
 
This host: Secondary
State: Active
Active time: 186 (sec)
 
admin Interface outside (192.168.5.121): Normal
admin Interface inside (192.168.0.1): Normal
 
 
Other host: Primary
State: Standby
Active time: 0 (sec)
 
admin Interface outside (192.168.5.131): Normal
admin Interface inside (192.168.0.11): Normal
 
Stateful Failover Logical Update Statistics
Status: Configured.
RPC services 0 0 0 0
TCP conn 33 0 0 0
UDP conn 0 0 0 0
ARP tbl 12 0 0 0
Xlate_Timeout 0 0 0 0
GTP PDP 0 0 0 0
GTP PDPMCB 0 0 0 0
SIP Session 0 0 0 0
 

 

表 15-11 show failover の表示の説明

フィールド
オプション

Failover

On

Off

Failover Unit

Primary または Secondary

Failover LAN Interface

フェールオーバー リンクの論理名または物理名が表示されます。

Unit Poll frequency

hello メッセージがピア装置に送信される間隔の秒数と、装置がフェールオーバー リンクで hello メッセージを受信する待機時間の秒数が表示されます。この秒数を超えて hello メッセージを受信しない場合、ピアに障害が発生したと宣言されます。

Interface Poll frequency

n seconds

failover polltime interface コマンドで設定した秒数です。デフォルトは 15 秒です。

Interface Policy

数または割合が表示されます。この数または割合を超えたインターフェイスが故障すると、フェールオーバーがトリガーされます。

Monitored Interfaces

監視中のインターフェイス数と、監視可能最大インターフェイス数が表示されます。

Group 1 Last Failover at:

Group 2 Last Failover at:

各グループの最後のフェールオーバーの日付と時刻。形式は次のとおりです。

hh : mm : ss UTC DayName Month Day yyyy

UTC(協定世界時)は、GMT(グリニッジ標準時)と同じです。

This host:

Other host:

ホストごとに、次の情報が表示されます。

Role

Primary または Secondary

System State

Active または Standby Ready

アクティブ時間(秒)

Group 1 State

Group 2 State

Active または Standby Ready

アクティブ時間(秒)

slot x

スロットのモジュールに関する情報、または空。

context Interface name ( n . n . n . n ):

インターフェイスごとに、各装置で現在使用している IP アドレス、および次の状態のいずれかが表示されます。

Failed:インターフェイスに障害が発生しました。

No Link:インターフェイスの回線プロトコルがダウンしています。

Normal:インターフェイスが正しく動作しています。

Link Down:インターフェイスは管理上シャットダウンされました。

Unknown:セキュリティ アプライアンスがインターフェイスのステータスを判別できません。

Waiting:相手装置のネットワーク インターフェイスの監視はまだ開始されていません。

Stateful Failover Logical Update Statistics

次のフィールドは、ステートフル フェールオーバー機能に関係します。[Link] フィールドにインターフェイス名が表示されている場合、ステートフル フェールオーバー統計情報が表示されます。

Link

interface_name :ステートフル フェールオーバー リンクに使用するインターフェイス。

Unconfigured:ステートフル フェールオーバーを使用していません。

up:インターフェイスは実行中で、機能しています。

down:インターフェイスは管理上シャットダウンされたか、物理的にダウンしています。

failed:インターフェイスに障害が発生し、ステートフル データが渡されていません。

Stateful Obj

各フィールド型で、次の統計情報が使用されます。これらは、2 台の装置の間で送信されたステート情報パケット数のカウンタです。フィールドは必ずしも、装置を通過するアクティブな接続を示すわけではありません。

xmit:相手装置に送信されたパケットの数

xerr:相手装置にパケットを送信中に発生したエラーの数

rcv:受信されたパケットの数

rerr:相手装置からパケットを受信中に発生したエラーの数

General

ステートフル オブジェクトの総数。

sys cmd

論理更新システム コマンド(LOGIN、Stay Alive など)。

up time

アップタイム(アクティブ装置がスタンバイ装置に渡す値)。

RPC services

Remote Procedure Call(リモート プロシージャ コール)接続の情報。

TCP conn

TCP 接続の情報。

UDP conn

ダイナミック UDP 接続の情報。

ARP tbl

ダイナミック ARP テーブルの情報。

L2BRIDGE tbl

レイヤ 2 ブリッジ テーブルの情報(透過ファイアウォール モード限定)。

Xlate_Timeout

接続変換タイムアウトの情報を示します。

VPN IKE upd

IKE 接続の情報。

VPN IPSEC upd

IPSec 接続の情報。

VPN CTCP upd

cTCP トンネル接続の情報。

VPN SDI upd

SDI AAA 接続の情報。

VPN DHCP upd

トンネル DHCP 接続の情報。

GTP PDP

GTP PDP アップデート情報。この情報は、inspect GTP がイネーブルの場合だけに表示されます。

GTP PDPMCB

GTP PDPMCB アップデート情報。この情報は、inspect GTP がイネーブルの場合だけに表示されます。

Logical Update Queue Information

各フィールド型で、次の統計情報が使用されます。

Cur:現在のパケット数

Max:最大パケット数

Total:合計パケット数

Recv Q

受信キューのステータス。

Xmit Q

送信キューのステータス。

監視対象インターフェイスの表示

監視対象インターフェイスのステータスを表示するには、次のコマンドを入力します。シングル コンテキスト モードの場合は、グローバル コンフィギュレーション モードでこのコマンドを入力します。マルチ コンテキスト モードの場合は、コンテキスト内でこのコマンドを入力します。

primary/context(config)# show monitor-interface
 

次の例を参考にしてください。

hostname/context(config)# show monitor-interface
This host: Primary - Active
Interface outside (192.168.1.2): Normal
Interface inside (10.1.1.91): Normal
Other host: Secondary - Standby
Interface outside (192.168.1.3): Normal
Interface inside (10.1.1.100): Normal

実行コンフィギュレーション内のフェールオーバー コマンドの表示

実行コンフィギュレーション内のフェールオーバー コマンドを表示するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# show running-config failover
 

すべてのフェールオーバー コマンドが表示されます。マルチ コンテキスト モードで動作中の装置の場合は、システム実行スペースでこのコマンドを入力します。 show running-config all failover を入力すると、実行コンフィギュレーション内のフェールオーバー コマンドが表示され、デフォルト値を変更していないコマンドが含まれます。

フェールオーバー機能のテスト

フェールオーバーの機能をテストするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 アクティブ装置またはフェールオーバー グループが、たとえば FTP を使用して予期したとおりにトラフィックを渡して、異なるインターフェイスのホスト間でファイルを送信することをテストします。

ステップ 2 次のコマンドを入力して、スタンバイ装置に強制的にフェールオーバーします。

Active/Standby フェールオーバーの場合は、アクティブ装置で次のコマンドを入力します。

hostname(config)# no failover active
 

Active/Active フェールオーバーの場合は、ホストを接続するインターフェイスを含むフェールオーバー グループがアクティブである装置で、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# no failover active group group_id
 

 

ステップ 3 FTP を使用して、同じ 2 つのホスト間で別のファイルを送信します。

ステップ 4 テストに成功しなかった場合は、 show failover コマンドを入力して、フェールオーバー ステータスをチェックします。

ステップ 5 終了したら、次のコマンドを入力して、装置またはフェールオーバー グループをアクティブ状態に復元できます。

Active/Standby フェールオーバーの場合は、アクティブ装置で次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover active
 

Active/Active フェールオーバーの場合は、ホストを接続するインターフェイスを含むフェールオーバー グループがアクティブである装置で、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover active group group_id
 


 

フェールオーバーの制御およびモニタリング

ここでは、フェールオーバーの制御方法および監視方法について説明します。次の項目を取り上げます。

「強制フェールオーバー」

「フェールオーバーのディセーブル化」

「故障した装置またはフェールオーバー グループの復元」

「フェールオーバーのモニタリング」

強制フェールオーバー

スタンバイ装置またはフェールオーバー グループを強制的にアクティブにするには、次のいずれかのコマンドを入力します。

Active/Standby フェールオーバーの場合

スタンバイ装置で次のコマンドを入力します。

hostname# failover active
 

または、アクティブ装置で次のコマンドを入力します。

hostname# no failover active
 

Active/Active フェールオーバーの場合

フェールオーバー グループがスタンバイ状態の装置のシステム実行スペースで、次のコマンドを入力します。

hostname# failover active group group_id
 

または、フェールオーバー グループがアクティブ状態の装置のシステム実行スペースで、次のコマンドを入力します。

hostname# no failover active group group_id
 

システム実行スペースで次のコマンドを入力すると、すべてのフェールオーバー グループがアクティブになります。

hostname# failover active
 

フェールオーバーのディセーブル化

フェールオーバーをディセーブルにするには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# no failover
 

Active/Standby ペアのフェールオーバーをディセーブルにすると、各装置のアクティブおよびスタンバイ状態が、再起動するまで維持されます。たとえば、スタンバイ装置はスタンバイ モードのままであるため、両方の装置はトラフィックを渡しはじめません。スタンバイ装置をアクティブにするには(フェールオーバーがディセーブル状態でも)、「強制フェールオーバー」を参照してください。

Active/Active フェールオーバー ペアのフェールオーバーをディセーブルにすると、どの装置が優先に設定されているかに関係なく、どちらの装置が現在アクティブであっても、アクティブ状態の装置においてフェールオーバー グループがアクティブ状態のままになります。システム実行スペースに no failover コマンドを入力します。

故障した装置またはフェールオーバー グループの復元

故障した装置を故障していない状態に復元するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover reset
 

故障した Active/Active フェールオーバー グループを故障していない状態に復元するには、次のコマンドを入力します。

hostname(config)# failover reset group group_id
 

故障した装置またはグループを故障していない状態にしても自動的にアクティブになりません。復元された装置またはグループは、フェールオーバーによってアクティブにされるまで(強制または通常)、スタンバイ状態のままになっています。例外は、 preempt コマンドで設定されたフェールオーバー グループです。以前アクティブであった場合、フェールオーバー グループは、 preempt コマンドで設定されていて、故障したときの装置が優先設定の装置であると、アクティブになります。

フェールオーバーのモニタリング

フェールオーバーが行われると、両方のセキュリティ アプライアンスからシステム メッセージが送信されます。この項は、次の内容で構成されています。

「フェールオーバー システム メッセージ」

「デバッグ メッセージ」

「SNMP」

フェールオーバー システム メッセージ

セキュリティ アプライアンスは、プライオリティ 2 でフェールオーバーに関連したいくつかのシステム メッセージを発行します。プライオリティ 2 は、クリティカルな状態を示します。これらのメッセージを表示するには、『 Cisco Security Appliance Logging Configuration and System Log Messages 』のロギングのイネーブル化、およびシステム メッセージの説明の表示を参照してください。


) 切り替え中に、フェールオーバーが論理的にシャットダウンされ、その後インターフェイスが起動されて、syslog 411001 および 411002 メッセージが生成されます。これは、正常なアクティビティです。


デバッグ メッセージ

デバッグ メッセージを表示するには、 debug fover コマンドを入力します。詳細については、『 Cisco Security Appliance Command Reference 』を参照してください。


) デバッグ出力は CPU プロセスで高プライオリティが割り当てられているため、システム パフォーマンスに大きく影響することがあります。このため、特定の問題のトラブルシューティングを行う場合や、Cisco TAC とのトラブルシューティング セッションの間に限り debug fover コマンドを使用してください。


SNMP

フェールオーバー用の SNMP syslog トラップを受信するには、SNMP トラップを SNMP 管理ステーションに送信するように SNMP エージェントを設定し、syslog ホストを定義し、Cisco syslog MIB をコンパイルして SNMP 管理ステーションに組み込みます。詳細については、『 Cisco Security Appliance Command Reference 』の snmp-server コマンドおよび logging コマンドを参照してください。

リモート コマンド実行

リモート コマンド実行により、コマンド ラインに入力されたコマンドを特定のフェールオーバー ピアに送信できます。

コンフィギュレーションのコマンドは、アクティブ装置またはコンテキストからスタンバイ装置またはコンテキストに複製されるため、どの装置にログイン中の場合でも、 failover exec コマンドを使用して適切な装置でコンフィギュレーションのコマンドを入力することができます。たとえば、スタンバイ装置にログインしている場合、 failover exec active コマンドを使用してアクティブ装置にコンフィギュレーション変更を送信できます。その後、これらの変更はスタンバイ装置に複製されます。コンフィギュレーションのコマンドをスタンバイ装置またはコンテキストに送信するために failover exec コマンドを使用しないでください。それらのコンフィギュレーション変更はアクティブ装置に複製されず、2 つのコンフィギュレーションは同期化されません。

コンフィギュレーション、EXEC、および show コマンドの出力は、現在の端末セッションに表示されます。そのため、 failover exec コマンドを使用してピア装置に show コマンドを発行し、現在の端末に結果を表示できます。

ローカル装置でコマンドを実行してピア装置でコマンドを実行するには、十分な特権が必要です。

フェールオーバー ピアにコマンドを送信するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 マルチ コンテキスト モードにいる場合、 changeto コマンドを使用して設定するコンテキストに変更します。 failover exec コマンドではフェールオーバー ピアのコンテキストを変更できません。

シングル コンテキスト モードの場合は、次のステップを省略します。

ステップ 2 次のコマンドを使用して、指定されたフェールオーバー装置にコマンドを送信します。

hostname(config)# failover exec {active | mate | standby}
 

active キーワードまたは standby キーワードを使用して、指定の装置が現在の装置の場合でも、その装置でそのコマンドを実行します。 mate キーワードを使用して、フェールオーバー ピアでコマンドを実行します。

コマンド モードの変更を伴うコマンドは、現在のセッションのプロンプトを変更しません。コマンドを実行しているコマンド モードを表示するには、 show failover exec コマンドを使用する必要があります。詳細については、「コマンド モードの変更」を参照してください。


 

コマンド モードの変更

failover exec コマンドは、端末セッションのコマンド モードとは別のコマンド モード状態を保持します。デフォルトでは、 failover exec コマンド モードは、指定の装置に対してグローバル コンフィギュレーション モードで開始します。 failover exec コマンドを使用して適切なコマンド( interface コマンドなど)を送信することで、コマンド モードを変更できます。 failover exec を使用してモードを変更した場合、セッション プロンプトは変わりません。

たとえば、フェールオーバー ペアのアクティブ装置のグローバル コンフィギュレーション モードにログインしていて、 failover exec active コマンドを使用してインターフェイス コンフィギュレーション モードに変更した場合、端末プロンプトはグローバル コンフィギュレーション モードのままになりますが、 failover exec を使用して入力されたコマンドはインターフェイス コンフィギュレーション モードに入ります。

次の例は、端末セッション モードと failover exec コマンド モードの相違点を示します。この例では、管理者が、アクティブな装置の failover exec モードを、インターフェイス GigabitEthernet0/1 のインターフェイス コンフィギュレーション モードに変更します。変更後、 failover exec active を使用して入力されたすべてのコマンドが、インターフェイス GigabitEthernet0/1 のインターフェイス コンフィギュレーション モードに送信されます。次に、管理者は failover exec active を使用して、そのインターフェイスに IP アドレスを割り当てます。プロンプトはグローバル コンフィギュレーション モードを示しますが、 failover exec active モードはインターフェイス コンフィギュレーション モードになっています。

hostname(config)# failover exec active interface GigabitEthernet0/1
hostname(config)# failover exec active ip address 192.168.1.1 255.255.255.0 standby 192.168.1.2
hostname(config)# router rip
hostname(config-router)#
 

装置の現在のセッションのコマンド モードを変更しても、 failover exec コマンドで使用されるコマンド モードに影響しません。たとえば、アクティブ装置のインターフェイス コンフィギュレーション モードにいて、 failover exec コマンド モードを変更していない場合、次のコマンドはグローバル コンフィギュレーション モードで実行される可能性があります。その結果、装置のセッションはインターフェイス コンフィギュレーション モードのままになり、 failover exec active を使用して入力されたコマンドは、指定のルーティング プロセスのルータ コンフィギュレーション モードに送信されます。

hostname(config-if)# failover exec active router ospf 100
hostname(config-if)#
 

show failover exec コマンドを使用して、 failover exec コマンドでコマンドが送信される、指定の装置のコマンド モードを表示します。 show failover exec コマンドでは、failover exec コマンドと同じ active キーワード、 mate キーワード、または standby キーワードが使用されます。各装置の failover exec モードは個別に追跡されます。

次に、スタンバイ装置で入力された show failover exec コマンドの出力例を示します。

hostname(config)# failover exec active interface GigabitEthernet0/1
hostname(config)# sh failover exec active
Active unit Failover EXEC is at interface sub-command mode
 
hostname(config)# sh failover exec standby
Standby unit Failover EXEC is at config mode
 
hostname(config)# sh failover exec mate
Active unit Failover EXEC is at interface sub-command mode
 

セキュリティに関する注意事項

failover exec コマンドでは、フェールオーバー リンクを使用してコマンドを送信し、ピア装置からコマンド実行の出力結果を受信します。盗聴や介入者攻撃を避けるために、 failover key コマンドを使用してフェールオーバー リンクを暗号化する必要があります。

リモート コマンド実行の制限

ゼロダウンタイム アップグレード手順を使用して一方の装置をアップグレードし、もう一方の装置をアップグレードしない場合、コマンドを動作させるためには、両方の装置で failover exec コマンドをサポートするソフトウェアを実行している必要があります。

コマンドの完成およびコンテキスト ヘルプは、 cmd_string 引数のコマンドでは使用できません。

マルチ コンテキスト モードでは、ピア装置のピア コンテキストだけにコマンドを送信できます。他のコンテキストにコマンドを送信するには、まずログインしている装置のコンテキストを変更する必要があります。

failover exec コマンドと一緒に次のコマンドは使用できません。

changeto

debug undebug

スタンバイ装置が故障状態の場合、故障の原因がサービス カードの故障であれば、 failover exec コマンドからコマンドを受信できますが、そうでなければ、リモート コマンド実行は失敗します。

failover exec コマンドを使用して、フェールオーバー ピアで特権 EXEC モードからグローバル コンフィギュレーション モードに切り替えることはできません。たとえば、現在の装置が特権 EXEC モードにあり、 failover exec mate configure terminal を入力した場合、 show failover exec mate の出力に failover exec セッションがグローバル コンフィギュレーション モードにあることが示されます。ただし、現在の装置でグローバル コンフィギュレーション モードに入る前に、 failover exec を使用してピア装置にコンフィギュレーションのコマンドを入力すると、失敗します。

failover exec mate failover exec mate コマンド などの recursive failover exec コマンドは入力できません。

ユーザの入力または確認を要するコマンドでは、 /nonconfirm オプションを使用する必要があります。

フェールオーバー コンフィギュレーションでの Auto Update Server のサポート

Auto Update Server を使用して、Active/Standby フェールオーバー コンフィギュレーションのセキュリティ アプライアンスに、ソフトウェア イメージとコンフィギュレーション ファイルを展開することができます。Active/Standby フェールオーバー コンフィギュレーションで Auto Update をイネーブルにするには、フェールオーバー ペアのプライマリ装置で Auto Update Server コンフィギュレーションを入力します。詳細については、「Auto Update サポートの設定」を参照してください。

フェールオーバー コンフィギュレーションでの Auto Update Server のサポートには、次の制限および動作が適用されます。

Active/Standby コンフィギュレーションをサポートするのはシングル モードだけです。

新しいプラットフォーム ソフトウェア イメージをロードするときに、フェールオーバー ペアはトラフィックの転送を停止します。

LAN ベースのフェールオーバーを使用している場合、新しいコンフィギュレーションはフェールオーバー リンク コンフィギュレーションを変更してはいけません。変更すると、装置間の通信で障害が発生します。

プライマリ装置だけが Auto Update Server にコール ホームを実行します。プライマリ装置は、コール ホームを実行するためにアクティブ状態である必要があります。アクティブ状態でない場合、セキュリティ アプライアンス はプライマリ装置に自動的にフェールオーバーを実行します。

プライマリ装置だけがソフトウェア イメージまたはコンフィギュレーション ファイルをダウロードできます。その後、ソフトウェア イメージまたはコンフィギュレーションは、セカンダリ装置にコピーされます。

インターフェイス MAC アドレスとハードウェア シリアル ID はプライマリ装置のものです。

Auto Update Server または HTTP サーバに保存されるコンフィギュレーション ファイルは、プライマリ装置だけのものです。

Auto Update プロセスの概要

フェールオーバー コンフィギュレーションの Auto Update プロセスの概要を次に示します。このプロセスでは、フェールオーバーがイネーブル状態で、動作していることを前提としています。装置がコンフィギュレーションを同期化している場合、スタンバイ装置が SSM カード故障以外の理由で故障状態にある場合、またはフェールオーバー リンクがダウンしている場合、Auto Update プロセスを実行できません。

1. 両方の装置で、プラットフォームと ASDM ソフトウェアのチェックサムやバージョン情報を交換します。

2. プライマリ装置は Auto Update Server にアクセスします。プライマリ装置がアクティブ状態にない場合、セキュリティ アプライアンスはプライマリ装置をフェールオーバーしてから Auto Update Server にアクセスします。

3. Auto Update Server は、応答でソフトウェア チェックサムおよび URL 情報を示します。

4. プライマリ装置が、アクティブ装置またはスタンバイ装置のいずれかでプラットフォーム イメージ ファイルのアップデートが必要なことを確認すると、次の動作が実行されます。

a. プライマリ装置は、Auto Update Server の URL を使用して HTTP サーバから適切なファイルを取得します。

b. プライマリ装置はイメージをスタンバイ装置にコピーし、プライマリ装置でイメージをアップデートします。

c. 両方の装置に新しいイメージがある場合、セカンダリ(スタンバイ)装置が先にリロードされます。

セカンダリ装置がブートされるときに中断のないアップグレードを実行できる場合、セカンダリ装置はアクティブ装置になり、プライマリ装置はリロードします。プライマリ装置は、リロードが完了したらアクティブ装置になります。

スタンバイ装置がブートされるときに中断のないアップグレードを実行できない場合、両方の装置が同時にリロードします。

d. セカンダリ(スタンバイ)装置だけに新しいイメージがある場合は、セカンダリ装置だけがリロードします。プライマリ装置は、セカンダリ装置のリロードが完了するまで待機します。

e. プライマリ(アクティブ)装置だけに新しいイメージがある場合、セカンダリ装置がアクティブ装置になり、プライマリ装置はリロードします。

f. アップデート プロセスは、再度ステップ 1 から開始します。

5. セキュリティ アプライアンスが、プライマリ装置またはセカンダリ装置のいずれかで ASDM ファイルのアップデートが必要なことを確認すると、次の動作が実行されます。

a. プライマリ装置は、Auto Update Server が提供する URL を使用して HTTP サーバから ASDM イメージ ファイルを取得します。

b. プライマリ装置は、必要に応じて ASDM イメージをスタンバイ装置にコピーします。

c. プライマリ装置は、装置上で ASDM イメージをアップデートします。

d. アップデート プロセスは、再度ステップ 1 から開始します。

6. プライマリ装置が、コンフィギュレーションのアップデートが必要なことを確認すると、次の動作が実行されます。

a. プライマリ装置は、指定の URL を使用してコンフィギュレーション ファイルを取得します。

b. 両方の装置で同時に、新しいコンフィギュレーションが古いコンフィギュレーションに置き換えられます。

c. アップデート プロセスは、再度ステップ 1 から開始します。

7. チェックサムがすべてのイメージおよびコンフィギュレーション ファイルと一致する場合、アップデートは必要ありません。プロセスは、次のポーリング時間で終了します。

Auto Update プロセスのモニタリング

debug auto-update client コマンドまたは debug fover cmd-exe コマンドを使用して、Auto Update プロセス中に実行されるアクションを表示できます。次に、 debug auto-update client コマンドの出力例を示します。

Auto-update client: Sent DeviceDetails to /cgi-bin/dda.pl of server 192.168.0.21
Auto-update client: Processing UpdateInfo from server 192.168.0.21
Component: asdm, URL: http://192.168.0.21/asdm.bint, checksum: 0x94bced0261cc992ae710faf8d244cf32
Component: config, URL: http://192.168.0.21/config-rms.xml, checksum: 0x67358553572688a805a155af312f6898
Component: image, URL: http://192.168.0.21/cdisk73.bin, checksum: 0x6d091b43ce96243e29a62f2330139419
Auto-update client: need to update img, act: yes, stby yes
name
ciscoasa(config)# Auto-update client: update img on stby unit...
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 1, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 1001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 1501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 2001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 2501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 3001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 3501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 4001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 4501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 5001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 5501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 6001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 6501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 7001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 7501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 8001, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 8501, len = 1024
auto-update: Fover copyfile, seq = 4 type = 1, pseq = 9001, len = 1024
auto-update: Fover file copy waiting at clock tick 6129280
fover_parse: Rcvd file copy ack, ret = 0, seq = 4
auto-update: Fover filecopy returns value: 0 at clock tick 6150260, upd time 145980 msecs
Auto-update client: update img on active unit...
fover_parse: Rcvd image info from mate
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 20
Beginning configuration replication: Sending to mate.
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 50
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 50
 
auto-update: HA safe reload: reload active waiting with mate state: 80
Sauto-update: HA safe reload: reload active unit at clock tick: 6266860
Auto-update client: Succeeded: Image, version: 0x6d091b43ce96243e29a62f2330139419
 

Auto Update プロセスが失敗した場合、次のシステム ログ メッセージが表示されます。

%PIX|ASA4-612002: Auto Update failed: file version: version reason: reason
 

file は、失敗したアップデートに応じて、「image」、「asdm」、または「configuration」です。 version は、アップデートのバージョン番号です。 reason は、アップデートの失敗の理由です。