Cisco Intrusion Prevention System コマンド リファレンス for IPS 7.2
はじめに
はじめに
発行日;2013/10/16 | 英語版ドキュメント(2013/10/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

はじめに

内容

対象読者

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

内容

このマニュアルは、Cisco Intrusion Prevention System(IPS 7.2)用の CLI コマンドについて説明します。略語および関連のある IPS 用語を記載した用語集も含めてあります。ここでは、次の項について説明します。

「対象読者」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

対象読者

このマニュアルは、Cisco Intrusion Prevention System(IPS)センサーを設定および維持する経験豊富なネットワーク セキュリティ管理者を対象としています。IPS には、サポートされている IPS アプライアンスおよびモジュールを含みます。

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

 

項目
表記法

手順で選択する必要があるコマンド、キーワード、特殊な用語、およびオプション

太字 フォント

値、新規用語、または重要な用語を指定する変数

イタリック体

表示されるセッション情報、システム情報、パス、およびファイル名

screen フォント

ユーザが入力する情報

太字の screen フォント

ユーザが入力する変数

イタリック体の screen フォント

メニュー項目を選択する順番

[Option] > [Network Preferences]


) 「注釈」です。役立つ情報やこのマニュアルに記載されていない参照資料を紹介しています。



注意 「要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告 ユーザの身体、ソフトウェアの状態、または機器に被害が及ぶのを防ぐために、留意する必要がある注意事項が記述されています。記載された注意事項に従わない場合に、結果として発生するセキュリティ侵害が明確に特定されています。


関連資料

Cisco IPS 7.2 の詳細については、次の URL の次のマニュアルを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/vpndevc/ps4077/tsd_products_support_series_home.html

『Documentation Roadmap for Cisco Intrusion Prevention System 7.2』

『Release Notes for Cisco Intrusion Prevention System 7.2(1)E4』

『Cisco Intrusion Prevention System Device Manager Configuration Guide for IPS 7.2』

『Cisco Intrusion Prevention System Manager Express Configuration Guide for IPS 7.2』

『Cisco Intrusion Prevention System Sensor CLI Configuration Guide for IPS 7.2』

『Cisco Intrusion Prevention System Appliance and Module Installation Guide for IPS 7.2』

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。